「これ以上竹島へ建造物を作らせないようにする」と公言!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

「これ以上は建造物を作らせないようにする」と総裁候補の高市元総務大臣が、竹島について公言されたということを韓国メディアが報道したとネットニュースで知りました。

このニュースってホント?

今までの総裁候補で 竹島についてこのような発言をされた総裁候補は、誰もいなかったと思います。

なぜ竹島の事を公約に掲げる政治家っていないのだろうと昔からずっと思っていました。

それは、日本の国会議員は、全員竹島を諦めているんだなと私は、そう感じていました。

また国会議員だけでなく大半の日本国民も諦めていると思もっています。

普通に考えるとまず取り返しようが無いですよね!

日本は、武力で奪還する事はできませんし 国際司法裁判所に訴えても相手国が裁判に応じないと裁判も行えないから手の打ちようがないので日本としては、「竹島は日本の領土だ」とただ言い続けることしかできません。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

ただ竹島に韓国が、建造物を建て始めたときに日本は、やめさせる事は、なぜできなかったのかとそんな事を思います。

直ぐに取り返せなくても20年先50年先を見越して取り返すための何らかの布石を積んでいく事をしないと状況は何もかわりません。

国際司法裁判所の今のルールを変更するように働きかけるとか 竹島にいる韓国人を竹島に入らせないように 今の日本の尖閣のような状態にさせるとか長い目でみて取り返すための行動を なにか起こさないと実効支配の年月が永くなればなるほど もし国際司法裁判所で裁判が出来たとしても日本にとって不利な状況になるのではないでしょうか?

実際に韓国の報道が伝えるように高市早苗総裁候補が「これ以上竹島へ建造物を作らせないようにする」ということを 公言をされたことについては、事実なのかわかりませんがホントに言われたのなら韓国にとっては、プレッシャーとなるでしょうね。

こういうことを公言できる首相がでないと竹島問題は、いつまでたっても解決しませんね!

昔、朴正煕パク・チョンヒ元大統は、竹島を「爆破したい」と発言しています。
韓国の大統領にそう言わせられるようなプレッシャーをかけられる日本にならないと駄目ですね!

 

次期首相の席を狙う高市元総務大臣、竹島(独島)について妄言「これ以上は建造物を作らないようにする」=韓国報道

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

KINDAIマスク買ってみた!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

先日ディーラさんが、来たときにそのディーラさんが、透明のマスクをされていました。

そして今こういうマスクが、発売されていますと紹介されてました。

ディーラさんが、言うには「表情が見える透明のマウスシールド」というのが、ウリのようです。

このマスクは、KINDAIマスクと言って 近畿大学は、「”オール近大”新型コロナウイルス感染症対策支援プロジェクト」に取り組んでいて その一環として理工学部機械工学科教授の西籔 和明らがプラスチック製の飛沫防止マウスシールド「近大マスク」を開発したということです。

そして近畿大学が東大阪市のものづくり企業の協力を得て製作した「近大マスク」を販売開始という事です。

価格は、1000円という事だったので試して使ってみる事にしました。

このKINDAIマスクは、メガネのように耳にかけるタイプなので 私のようにメガネをかけた上にマスクをかけても大丈夫なのか心配でしたが、実際マスクをかけてみると メガネをかけていても大丈夫でした。

ただシャンプーをしているときにマスクを付けて下を向くとマスクが、ずれ落ちそうになります。

なのでますくの耳掛けのところに紐を通す穴が開いていますのでそこへゴム紐を通して使う事で下を向いた時にずれ落ちそうになるのは、解消できそうです。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

KINDAIマスクを付けた感想は、口の周りの解放感ができて良い感じです。

KINDAIマスク

普通のマスクを長時間付けて仕事をしていると息苦しさがありますが、KINDAIマスクならそれが、解消されます。

KINDAIマスク

そして私のようにメガネをかけてる場合普通のマスクだとメガネが曇る場合もありますが、KINDAIマスクならメガネが曇る心配はないようです。

そしてマスクは、消毒したり洗ったりできますので何回でも使えます。

 

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

宇和島の商品券「お釣りは、いらない」と言って4枚出されるのも困る!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

昨日の話なんですが、カット代3850円のお会計で 宇和島の商品券4枚だされたお客様がおられました。

そこで「商品券では、お釣りが出せないのですが!」と言うと

「お釣りは、いいから」と言われました。

嬉しいのですが、こういう場合どうやって会計処理をすれば良いのか迷ってしまいました。

当サロンでは、業務用パソコンのサロンポスⅡを使っていますのでそのお客様の名前でカット料金3850円が、きっちりと処理されます。

そこへ売掛金の商品券4000円を打ち込むとパソコンでお釣りの150円が、どのように処理されるのか経験が、無くもしエラーとかあとあとめんどうな事になるのもいやなので処理の実行ができずに困りました。

これが、商品券でなく現金で頂いた場合お釣りをチップとして雑収入としてすぐ処理できます。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

また商品券を現金として処理していたら上記の現金処理と同じに処理ができます。

しかし当サロンでは、業務用パソコンを使っていて 商品券としての項目を作って売掛金処理をしていますので 上記の処理ができません。

悩んだあげく私が、持っている現金千円とお客様から頂いた千円分の商品券を交換して 商品券3枚と現金千円ということにして お釣りの150円をチップとして処理することにしました。

他になにか良い会計処理の方法があったのでしょうか?

もしカット料金3850円に対して売掛金の商品券4000円分を実行していたら業務用パソコンのサロンポスⅡでは、どういう処理が行われたのでしょうね?

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アプリのバグをレビューに書いたら1日で修正された!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

App StoreからParrot Teleprompterアプリをダウンロードして使っていたのですが、バージョン2.2.4から2.2.5にアップデートしたら英語と数字しか表示されず日本語が、全然表示されなくなりました。

次のアップデートで修正されるだろうと待っていたのですが、なかなか新しいバージョンにアップデートされないのでApp Storeからダウンロードしたアプリの評価とレビューを見てみました。

するとレビューは、英語と日本語のレビューでたったの2つだけしか入っていました。

日本語のレビューを読むとやはり英語と数字しか表示されず日本語が、全然表示されなくなり困っているという私と同じ症状になっている事が書かれていました。

最初は、私のiPhoneのiOSバージョンのせいかと思っていましたが、そうじゃなかったようです。

そこで私も「英語と数字しか表示されず日本語が、全然表示されないバグで困っている」という内容でレビューを書きこんでみました。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

するとなんとレビューを書いて1日後に新しいバージョン2.2.6のアップデートがあり バグがちゃんと修正されていました。

今まで通り日本語でも表示されるようになりました。

これは、たまたまだったのでしょうかね?

それとも私が、レビューにバグの事を書いたのが、きっかけとなったのでしょうか?

まぁどちらでもバグが直って良かったです。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

小学2年生の頃の私の文集が見つかった! 作文その9「僕の家」最終話

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

今日の「小学2年生の頃の私の文集が見つかった!」 作文その9「僕の家」です。

今回で「小学2年生の頃の私の文集が見つかった!」の最終話となります。

昭和45年2月12日に1枚の作文用紙を使って書いた作文です。

この作文は、先生より五重丸を頂いています。

作文その9「僕の家」1

この作文では、私の家族の事を紹介しています。

まずは、私の家は5人家族である事を紹介しています。

この頃は、愛宕町3丁目の魚屋さんの借家に住んでしました。

そして父と母の仕事の紹介をしています。

父と母は、理容店をしている事を紹介しています。

父は、理容師で母はその手伝いをしていました。

次に妹の紹介をしています。

「くみこちゃんと けいこちゃんは、あゆみ園に行っています。」と書いていました。

そうそう妹達は、あゆみ園に行っていました。

毎日バスで迎えに来ていましたね。

そして妹が、あゆみ園から6時になると帰って来ると書いてありました。

妹が、帰って来たら私が、妹達の子守をしていないといけなかったようですね。

作文その9「僕の家」2

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

この時の妹の歳は、上の妹が3歳で下の妹が1歳くらいですね。

作文の最後に父と母が、仕事から帰って来る時間が書かれていました。

「夜の8時半にお父さんとお母さんが、お店から帰ってきます。」と書いています。

そういえばそのくらいの時間に帰ってきていましたね。

愛宕町の借家は、ちょうど道路を挟んで目の前が父の理容店でしたので 親も子供3人だけを夜8時30分頃まで家においていても 何かあれば 1分以内には駆けつける事ができる距離だったので そんなに心配はなかっただろうなと思います。

そして借家と店とには、普通の電話ではなくて直通の電話のような通信装置がありましたので何かあれば親に直ぐに連絡も取ることができました。

こうやって 私が、小学2年生のときに書いた作文が、この歳になって読めるなんて思ってもみませんでした。

小学生のときに書いた作文や絵を残しておくのも良いモノですね。

タイムカプセルから出て来たみたいなものですね。

それでは、2021年の秋分の日をもって私の小学2年生の時の文集のお話は終わらせて頂きます。

 

 

小学2年生の頃の私の文集が見つかった!作文その1〜9まで

 

サイトマップ

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

白髪理容師のこだわり雑記帳