セイコウ のすべての投稿

【職業】 理容師  【血液型】 B型 (凝り性)  【趣味】 映画、ビデオ鑑賞、パソコン、ピアノ、ギター

宇和島市立病院で「コンシェルジュ」アプリのちょっとしたトラブル!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

昨年、宇和島市立病院で コンシェルジュというアプリをインストールして使い始めました。

そのアプリには、私と母の二人を登録しています。

そのアプリは、予約当日前に明日が、予約日であるという通知が届くようになっています。

それは、昨年12月に母の通知が、きて体験していました。

そして昨日は、私が市立病院で検査を受ける日した。

しかしその前の日にアプリから一切明日が予約日であるという通知が入りませんでした。

そして市立病院へ行ってアプリで受付をするとエラーで受付ができず「受付窓口へ行ってください」とのメッセージがでました。

受付でその事をいうと3ヶ月間来院していないとアプリでの受付ができないという事でした。

なので3ヶ月以上経ってる場合は、受付窓口にて受付をしなくてはならないようです。

そしてアプリから前日通知が、来なかったのも3ヶ月たっているからですかと聞いてみました。

すると詳しくは、あちらの総合案内で聞いて下さいと言うことで検査が終了して帰しに聞いてみる事にしました。

そこでやっと通知が来なかった理由がわかりました。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

昨日は、CTの検査のみで診察はありませんでしたのでアプリの通知が来なかったという事でした。

この通知システムは、医師の診察を受ける時でないと通知がこないシステムになっているという事でした。

これが、わかる前にちょっとしたトラブルがありました。

コンシェルジュアプリを開くと再試行してくださいというメッセージがでて使えなくなりました。

そこでアプリの担当者が、来て対応してくれたのですが改善されませんでした。

いろいろやっているうちに やっと原因がわかりました。

それは、アプリ担当の方のコンシェルジュアプリを開くとやはり「再試行してください」という私と同じメッセージがでて使えない状況でした。

コンシェルジュ

そして総合案内のスタッフの方のアプリもエラーがでて使えなくなっている状況でした。

ということでアプリの大元自体に問題がある事がわかりました。

担当の人が、アプリの会社に電話しておきますということで私は帰宅して夕方アプリを確認してみると改善されていました。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カムカムエヴリバディと「木綿のハンカチーフ」

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

今は、NHKの朝ドラ「カムカムエヴリバディ」を見ています。

今回の内容は、朝ドラを見られていない人にはよくわからない内容です。

トランぺッターの大月錠一郎は、トランペットのコンテストに勝ったらるいに「僕と一緒になって欲しい」と告げていました。

そして大月錠一郎は、見事優勝します。そして結婚の約束をした

大月錠一郎(オダギリジョー)は、るい(深津)に正式に結婚を申し込みます。

そして その大月錠一郎は、デビューアルバムのレコーディングのため東京で生活することになりました。

今回のコンテストの審査委員長の笹川社長(佐川満男)の自宅で娘の奈々(佐々木希)に面倒を見てもらいながら順調に準備を進めていきます。

一方、るいは錠一郎と再会できるクリスマスライブの日を楽しみにしながら待ち続けていました。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

ところがそんなるいの元に、クリスマスライブが延期になったという知らせをトミーから聞きます。

前回からのストーリーでこの先の想像がつきました。

社長の娘の奈々と大月錠一郎の間に恋愛感情が生まれてややこしくなるんだろうなと!

この回を観ていて太田裕美の「木綿のハンカチーフ」の歌の内容を想起してしまいました。

そして最後は、るいは、大月錠一郎に木綿のハンカチーフを下さい的な結末になるんじゃないかなと。

その伏線が、大月錠一郎を慕っていたベリー(市川実日子)が、るいに言った「東京は(私みたいな)やたら小綺麗な女がぎょうさんいてんねんで」と言ったセリフが物語っている気がします。

るいのお母さんの話のときも最後は、るいの母は、るいを置いてアメリカ人と一緒にアメリカへ行ってしまうという不幸なストーリーでしたので今回も幸せな終わり方は、させない様な気がします。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

YouTubeのショート動画へ投稿してみた!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

2020年からYouTube Shortsができました。

YouTubeのショート動画とは、最大60秒までの縦型の動画を投稿し閲覧できるYouTubeの新しいサービスでTikTokのような短い動画が対象です。

YouTube Shorts動画投稿時にタイトルの横に「 #Shorts」タグ入れることでYouTube Shortsと認識してくれるようです。

特徴は、スマートフォンの画面いっぱいに動画が表示され、スクロールすることで次の動画へとすぐに切り替わることです。

従来のYouTubeでは、ユーザーは動画のサムネイルを見て、興味のある動画をタップ・クリックし再生していましたが、
YouTubeショート動画では、見たい動画を選択する必要がなく、興味のない動画はすぐにスキップできます。

ただYouTube Shortsは、広告が動画に挿入されないので収益化はできません。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

前々から投稿してみようと思っていましたが、動画のネタがなくて投稿できていませんでしたが、先日ネタができまいたので 今回はじめてYouTube Shorts動画をアップしてみました。

その動画が、これです。

木のテーブルの裏にお菓子の包装が、くっついていたのでそれを撮影してYouTube Shorts動画に投稿してみました。

これって静電気の悪戯なんでしょうかね?

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今は、名前のローマ字表記が『名→姓』から『姓→名』になったの?

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

ローマ字で自分の名前を、書く場合名前が先で姓を後に書きますよね。

オリンピック前に

河野元外相は「習近平主席が、Xi(姓)Jinping(名)、文在寅大統領が、Moon(姓)Jae-in(名)と表記されている外国の報道機関が多いわけでございますから、安倍晋三も同様に、Abe(姓)Shinzo(名)にしたいと考えている」

と話していたそうです。

それを受けて2019年5月21日に文化庁が「ローマ字で名前を書く場合にもそのまま姓・名の順番で書くことが望ましい」という事を呼びかけると通知したようです。

という事で今は、日本人の名前をローマ字で書く際、これまでとは逆で、日本語表記と同じ姓→名の順番になっているのでしょうか?

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

なんと教科書大手の三省堂の 英語教科書出版は、平成5年の教科書から一貫して姓→名の順番でやっているという事です。

でもなぜ日本では、ローマ字表記では名前が先が一般的になったのでしょうね?

国語辞典編さん者飯間浩明氏は「日本は明治時代にヨーロッパに追いつけ追い超せといって欧化政策というのを
とります。その中で、名前の書き方も欧米式にするべきということで名前→名字の順にするように徐々に
なってきたようだ。」という事です。

実は2000年にも一度、「ローマ字で名前を書く場合にもそのまま姓・名の順番で書くことが望ましい」と呼び掛けていたのですが、なかなか定着せず約20年越しに、再度の呼びかけという事のようですね。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日で私も還暦です!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

今日で私も60歳になりました。

しかし60歳だという認識というか実感がわきません!

自分で歳を取ったなぁという思いもありませんしね。

そしてとうとうカウントダウンの歳となりました。

というのも私のお祖父さんが、66歳で他界しているですよね。

父から聞いた話では、私のお祖父さんは朝散歩に出ていて昔の裁判所の近くで倒れていて亡くなったいたそうです。

そして父が、私によく「親父よりは長生きせんといけん!」と言っていました。

その私の父もお祖父さんより1年長生きしただけで67歳で他界しました。

その流れからするとやっぱり想像してしまいますよね!

お祖父さん66歳で他界、父67歳で他界していますので どうしても 私は、68歳かなと嫌でも想像してしまいます。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

なので私が、68歳を無事に迎える事ができ1年1年歳を更新していければ私にとっては、本当におめでたい誕生日となる事だと思っています。

救いとしては、私は父親似ではなく母親似ですから大丈夫かなという希望もあります。

ただ母親似だということで 将来私も母親のように認知症になってしまうのかなぁという心配も持っています。

これは、私だけでなく親が認知症だとその息子や娘は、その心配を多少なりとも持っているようです。

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク