「映画・ビデオ・DVD・LD」カテゴリーアーカイブ

映画ボヘミアン・ラプソディを観てきた!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

昨日は、仕事が定休日でしたので見たいと思っていた「ボヘミアン・ラプソディ」を観てきました。

久しぶりの映画鑑賞です。

「ボヘミアン・ラプソディ」は、イギリスのロックバンド「クイーン」を描いた映画です。

そして私が最初に買ったロックのレコードが、「クイーン」のレコードでした。

私が、クイーンを知るきっかけになったのが、「’39サーティナイン」という曲でした。

IMAXで観たい気持ちは、ありましたが最初どこの映画館で観ようかなと迷いました。

大洲のシネマサンシャイン・エミフルのシネマサンシャイン・そして松山市の衣山IMAXシネマサンシャイン!

やっぱり衣山IMAXで観ることにしました。

ただ月曜日嫁さんを職場に送ってから衣山まで行くと映画の開始時間ギリギリなんですよね。

開始時間は、午前10時10分からなので一か八か衣山を目指しました。

ナビの目標地点を衣山に設定すると到着時間も やはり10時10分少し前でした。

パルティフジ

そして衣山に到着したのが、午前10時6分でぎりぎり間に合いました。

シネマサンシャイン衣山

早速受付でチケットを購入何人か並んでいました。

私の順番が、来てチケットを購入すると受付の女性スタッフから「シニアでしょうか?」と訊ねられました。

チケット

なので私の年齢を言ってシニアでは無い事を告げました。

何年か前に夫婦で大洲のシネマサンシャインに行った時に それを聞いて欲しかったです!

夫婦で行ったらどちらか50歳を越していたら割引きが受けられるサービスがあったという事を知らずに正規の料金で映画を鑑賞した事がありましたので。(^^;)

IMAX

衣山のIMAXは、初めての体験ですので席を選ぶのにどの辺りがいのか迷いました。

とりあえずH-13の中央の辺りの席を選びました。

館に入ってみると その後ろの席でも良かったかなと思いました。

 

スポンサーリンク

いよいよIMAXを体験します。

IMAX料金は、通常料金+400円で 2200円でした。

スクリーンも大きく映像も高品質で綺麗で音響もスゴイです。

低音の響きが、胸にズンと重く伝わってきます!

この映画「ボヘミアン・ラプソディ」は、IMAXを選んで正解でした。

迫力のある音響でクイーンの曲を楽しめます。

この映画「ボヘミアン・ラプソディ」は、クイーンの物語というよりかは、ボーカリストの「フレディ・マーキュリー」にスポットをあて描かれた映画です。

クイーンの前身は、映画でも描かれていたようにブライアン・メイとロジャー・テイラーの在籍していたバンド「スマイル」で ボーカル兼ベースのティム・スタッフェルが脱退し その後任として、フレディ・マーキュリーが参加します。

映画では、フレディ・マーキュリーが、ブライアン・メイとロジャー・テイラーの前でアカペラで歌い2人を魅了して自分を売り込む様子が描かれています。

1970年7月12日のライブより「クイーン」と名乗り始め何人かのベーシストが加入と脱退を繰り返し、最終的にオーディションで加入したのが、ジョン・ディーコンで1971年2月のことでした。クイーンの英公式サイトでは、4人が揃った1971年を正式なバンド結成の年としています。

映画を観てるとボーカリストの「フレディ・マーキュリー」が、バンドに加わった事で今のクイーンのカラーができあがったように感じました。

曲は、メンバー全員が作っていた様です。

「フレディ・マーキュリー」は、曲に対して妥協せず自分が納得のいくまで曲を作り込んで行く様子が映画で描かれています。

その様子が、「Bohemian Rhapsodyボヘミアン・ラプソディ」の延々と繰り返す「ガリレオ」のコーラスから、次第に曲の形が整っていき映画のタイトルにもなっている「Bohemian Rhapsodyボヘミアン・ラプソディ」のレコーディングの様子です。

この曲を初めて聞いた時に 今までに聞いた事の無い革命的なロックでこれは、オペラをロックにした様なそんな感じに思えました。

この「Bohemian Rhapsodyボヘミアン・ラプソディ」の詞の内容をわかってラストの20世世紀最大の「ライブ・エイド」チャリティーイベントコンサートで「フレディ・マーキュリー」が歌う「Bohemian Rhapsodyボヘミアン・ラプソディ」のシーンを観ると泣けてきます。

字幕に翻訳された詞が表示されますので見ながら歌を聞いてみて下さい。

映画では、「フレディ・マーキュリー」は、「ライブ・エイド」へ参加する前に自分が隠してきた秘密「エイズ」である事を クイーンのメンバーに告白します。

Bohemian Rhapsodyボヘミアン・ラプソディ」の曲は、「フレディ・マーキュリー」本人の事を歌っている様でそれが、いっそう泣けてきます。

「フレディ・マーキュリー」は、ゲイもしくはバイセクシュアルであり、エイズの合併症の肺炎で1991年に45歳の若さで死亡する。

クイーンを知ってる人ならきっと感動できる最高の映画です。

是非IMAXシアターでご覧あれ!

冊子

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

映画「オデッセイ」を観た!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

以前テレビであった洋画を ブルーレイに予約録画していてなかなか見られずやっと先日の日曜日に観る事ができました。

この映画は、映画館で観てみたいなぁと思っていた映画でしたが、見に行く事はできませんでした。

そういえば大洲の映画館は、2019年1月6日で閉館してしまうんですね。

すると宇和島から近くの映画館となると伊予市のエミフルまで行かなくては、ならなくなりますね。

話が、それましたが映画「オデッセイ」は、人類による有人火星探査ミッション<アレス3>が、火星の荒れ狂う嵐によって中止に追い込まれます。

そしてミッションに参加した6人のクルーは撤収を余儀なくされますが、その最中にクルーのひとりであるマーク・ワトニーは暴風に吹き飛ばされ、死亡したと判断されてしまいます。

そして残りのクルー5名を乗せたロケットは、マーク・ワトニーを火星に残したまま火星を脱出して地球へ帰還して行きます。

死んだと思われていたワトニーは、奇跡的に生きていました。

独りぼっちで火星に取り残され、地球との交信手段もなく、次にNASAが有人機を送り込んでくるのは4年後です。

生命を維持していくために不可欠な食糧も酸素も水も絶対的に足りません。

そのあまりにも過酷な現実を直視しながらも、ワトニーは決して生き延びることを諦めませんでした。

スポンサーリンク

もし一般の人間なら絶望いてしまうでしょうね!

ワトニーが、植物学者という設定が良いですね。

火星基地にあるジャガイモを 基地内で栽培しまた水を作りだしてNASAが有人機を送り込んで来る4年後まで生き延びる事を模索します。

そしてNASAとの通信も試みます。

やがてワトニーの生存を知って衝撃を受けたNASAや同僚のクルーは、地球上のすべての人々が固唾をのんで見守るなか、わずかな可能性を信じて前代未聞の救出プランを実行します。

ラストの救出劇も なかなかハラハラします。

絶望的な状況でも冷静になって希望を持って知恵を使えば助かる道が開けるんでという事なんですね。

あのアポロ13号も地球から離れた宇宙空間で宇宙船事故が発生してNASAの知恵と宇宙船の3人のクルーの冷静な対応で無事に地球に帰還する事ができましたからね。

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

宇和島の映画館で1970年(昭和45年)頃に観た映画

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

1970年、昭和45年といったら何を思いだしますか?

この年の1月に特撮の第一人者だった円谷英二映画監督が亡くなられていますね。

そして3月には、「よど号ハイジャック事件」が、発生した年でもあります。

4月には、アポロ13号が、月に向かう途中で司令船の液化酸素タンクの爆発事故を受け無事帰還した年でもあります。

5月には、瀬戸内シージャック事件が発生して犯人を射殺した年でもあります。

ボーリングブームが、到来した年でもあります。

 

私は、昭和45年と言われてもピンときませんが1970年と言われると真っ先に思いだすものがあります。

それは、EXPO’70が直ぐに頭に浮かびます。

そう日本万国博覧会です。

会場は、大阪でありました。

1970年3月14日に開幕されました。

大阪万博でのメインのシンボルが、「芸術は爆破だ!」でおなじみの岡本太郎の「太陽の塔」です。

太陽の塔は、子供ながらにカッコイイなぁと憧れて太陽の塔の絵を よく描いていましたね。

当時親に「万博に連れて行って」とお願いしましたが無理でした(^^;)

スポンサーリンク

「記録映画 日本万国博」の映画を小学校から見に行った記憶があります。

どこの映画館だったかは、記憶にありませんが(^^;)

作られた年を調べてみると1971年となっていますので それ以降に見に行った事になりますね。

その映画で観た光景で今でも印象に残っているのが、親の手と子供の手に手錠をして歩いている光景でした。

これは、子供が迷子にならない様にという事だったんでしょうね。

そして学校から見に行った映画に「ボクは五才」も1970年公開の映画でした。

この映画は、実際にあった事をモチーフに作られた映画で 高知に住む5歳の幼児が、大阪で出稼ぎ中の父に逢うために単独で以前自分が描いたスケッチを頼りに無銭旅行をする物語でした。

そして「ボクは五才」と同時上映が、「ママいつまでも生きてね」でした。

この映画は、将来プロ野球選手になることを夢見ていた少年が、ガン(骨肉腫)にかかり左手だったか切断して 息を引取る時に母親に「ママいつまでも生きてね」と言って亡くなってしまう内容だったと記憶しています。

あと1970年(昭和45年)3月21日に公開に「ガメラ対大魔獣ジャイガー」が、上映されました。

舞台は、日本万国博覧会会場ですね。

この映画は、従弟と映画館を見に行きました。

この頃は、まだ宇和島にも映画館が沢山ありましたが、まさか宇和島から映画館が無くなってしまうとは、想像もしていませんでした。

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

昨日の朝は、町内清掃日でそれが終わってから施設の散髪へ行ってきました。

午後からは、何も予定が無かったのでDVD鑑賞をしました。

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

 

映画のタイトルは、今日のブログのタイトルがそれです。

サブタイトルに「繰り返される夏の一日、何度でも君に恋をする」です。

最近DVDを観るといったらアニメが多いですね。

下の妹が、「兄ちゃん観さいや!」って持って来てくれるので。

今回のもアニメです。

これも全然前情報入れずに観ました。

私は、監督が誰で声優が誰かについてはまったく気にしません。

サブタイトルから中学生か高校生の恋愛モノである事は、想像はつきまいした。

が、「繰り返される夏の一日、何度でも・・・・」この部分が気になりました。

「繰り返される・・・」「何度でも・・・」?

これは、映画を観ると直ぐに理解できました。

この映画は、「if」(もしも)を テーマにした中学生の恋愛ストーリーで その中にSF的な 要素も入っていますが、「君の名は。」のような壮大さはありません。

スポンサーリンク

もしも あの時こういう行動を取っていたら どうなっていたのだろうか?

ストーリーとしては、「if」これの繰り替えしのオムニバス映画のような感じです。

観ていて途中からラストは、どういう風に終わらすんだろうとそれが、気になってきました。

こういう感じのストーリーってラストの終わらせ方が難しいですからね!

 

この映画を観て私的には、背景の風景の色彩や光の使い方がとても綺麗で このような映画の世界観は好きです。

そして思春期ならではの女の子に対する男の子のドギマギ感や男の子よりも少し大人びている女の子のちょっと性的な魅力をかもしだいしている描き方もよかったです。

ヒロインの少女と付き合っているわけではないけど気になっているその少女から いきなり「私と駆け落ちして!」と 言われたら自分だったらそんな勇気ないんぁ!なんて観ていてそんな事も思ったりしてました(^^;)

この映画は、オタクに向いてるかんじかなぁ。一般の人には、どうだろうという事を感じた次第です。

Facebookのお友達は、この映画を観に行かれたようですが、DVDまでは買われていないという話をされていました。

もし私が、映画を観てもDVDまでは買うにはいたらなかったでしょう!(^^;)

といって けしてつまらない映画ではありませんでした。

これは、観る人に寄って感想は違うと思いますが。

おまけ情報として ヒロインの名前の「なずな」の語源は(なでな)の変化から「撫でたいほど愛らしい花」の意からきてるそうです。そして夏に枯れて無くなることから 「夏になるといなくなる花」なのだそうです。これを知ってみるとラストでは、なるほどねってなると思います。

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

メアリと魔女の花

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

昨日は、仕事がやすみだったので「メアリと魔女の花」のDVDを鑑賞しました。

これを 見るのに何の前情報も入れずに観ました。

昔のジブリらしい作風だなと感じながらとても楽しく観る事ができました。

観終わって「メアリと魔女の花」は、ジブリが作ったのかと思いました。

この「メアリと魔女の花」は、『借りぐらしのアリエッティ』と『思い出のマーニー』の米林宏昌監督の最新作だということです。

スタジオジブリの制作部門の解体後、新しく設立されたスタジオポノックの第1回の作品で 本作品の原作はメアリー・スチュアートの『The Little Broomstick』という児童文学作品で 初版本は1971年に発行されているかなり古い作品のようです。

『思い出のマーニー』と『借りぐらしのアリエッティ』も以前観ましたが、ジブリらしさというのは、あまり感じなかった作品でしたが、「メアリと魔女の花」は、ジブリそのものって感じでした。

ジブリそのものというより 宮崎駿そのものという感じでしたね。

別に嫌みで言ってるわけではありませんよ。

米林宏昌監督は、宮崎駿そのものと言われる事は、いやかもしれませんが!

ジブリらしさを 出そうと思って作ったのか それは、意識せずに作ったのかは、わかりませんが、もし意識せずにつくったとしたらジブリのDNAを引き継いでいるという事ですね。

スポンサーリンク

この作品の中で 夜間飛行という花が、この世で最強の魔法を作ることのできる珍しい花で それを魔法学校の女子生徒が見つけ学校の校長へ渡します。

その花を使って魔法学校の博士が、この世で最強の魔法を作ろうと実験を繰り返しますが、なかなか上手く制御ができずそれを見かねたその花を見つけた女子生徒が、その花を学校から盗み出し人間の世界へと持ち去ります。

そしてラストでメアリは、「こんなものはいらない!」と言って 空に投げ捨てます。

この夜間飛行という花で原発に例えているような気もしました。

そいうい意図は、なく作られているのかもしれませんが、人それぞれ受け取り方は、千差万別ですからね。

そういえば この作品は、あまり話題にならなかった様な気もします。

あまり評判は、良くなかったのでしょか?

やはりジブリのパクリだという批判もあるのでしょうかね?

私は、面白ければそれは気にせず見られますので(^^)

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク