「映画・ビデオ・DVD・LD」カテゴリーアーカイブ

一番最初に男女の入れ替わりネタをやった作品は?

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

一番最初に日本で男女の入れ替わりネタをやった作品は、何なんだろうと思いちょっと調べてみました。

男女が、入れ替わるネタの作品と言ったらまず頭に浮かぶのは、大林宣彦監督の『転校生』だと思います。

転校生』は、1982年(昭和57年)に公開された日本映画で山中恒の児童文学『おれがあいつであいつがおれで』の最初の映画化作品でロケは、尾道でされています。

1982年版を「尾道転校生」と呼び そしてリメイク版が2007年版「長野転校生」と呼び分けをしています。

1982年(昭和57年)に公開された日本映画『転校生』は、

明るくクラスの人気者である斉藤一夫。彼のクラスに、ある日転校生がやってくる。その転校生とは、実は幼いころ近所に住んでいた、幼馴染の斉藤一美だった。一夫と一美は、学校の帰り道、ちょっとした弾みで一緒に石段を転げ落ちてしまう。それによって、二人の身体と心は入れ替わってしまっていた。つまり一夫の体に一美の心が、一美の体に一夫の心が入ってしまったのである。

ウィキペディア(Wikipedia)より

冒頭でも紹介しましたように『転校生』の元ネタとなったのが、『おれがあいつであいつがおれで』は、山中恒の児童文学で 旺文社の『小6時代』に1979年4月号から1980年3月号まで12回に亘って連載されました。

これは、読んだ覚えがりますが妹の本で読んだんだったろうか?

おれがあいつであいつがおれで』のストーリーは、

斉藤一夫は、小学6年生のやんちゃで元気な男の子。ある日、一夫のクラスに幼馴染の女の子、斉藤一美が転校してくる。幼い頃の思い出をみんなの前であっけらかんと話す一美と、それをうとましく思う一夫。そんな二人の身体が、ひょんなことから入れ替わってしまう。

とりあえず、お互いの振りをして生活することにした二人だが、他人の、それも異性の生活になかなか馴染むことが出来ず、素の自分が出てしまう。周囲も、まじめでおとなしくなった一夫と、男勝りで荒っぽくなった一美に対して違和感を抱くようになる。

一美の服を着て、女言葉を使い、一美らしく振る舞うことになってしまった一夫。スカートをはいて登校すれば、友達だった男の子にスカートめくりをされたり、一美から、自分が生理になると聞かされ慌てたりと、男の子であった一夫にとって、女の子として過ごす生活は戸惑うことばかり。しかし、そんな自分を心配してくれる一美も、男の子としての生活の中で辛い目にあっていると知って彼女を思いやるようになり、二人は次第に絆を深めていく。

そんな中、一夫の父親の転勤が決まり、一美は今度は一夫として、また転校することとなった。離れ離れになったら、もう二度と元の身体に戻れない・・・。果たして二人は、元に戻ることが出来るのだろうか?

ウィキペディア(Wikipedia)より

おれがあいつであいつがおれで』の2年前1975年には、集英社の『週刊マーガレット』39号~1976年14号に連載されたドタバタラブコメディーで『ボクの初体験』は弓月光による男女が入れ替わるストーリーで連載されていました。

高校生の宮田英太郎は、もてるわりにあまりにも純情であるため、すぐふられてしまう。20人の女の子にふられた事を冴木みちる率いる美女連盟にからかわれたことで絶望し自殺を図るが、妻・人浦春奈を脳腫瘍で亡くした人浦狂児が仮死状態の英太郎を発見し、彼の脳を春奈に移植してしまう。

春奈として生き返った英太郎は、生来の純情さより自分の裸を見られず着替えも満足にできない状態であったが、自分(英太郎)に対する美女連盟の態度に怒り、春奈の姿を利用して自分をふった女の子達への復讐を誓う。”英太郎の春奈”は、星辰学院へ編入しみちると同じクラスに入るが、さんざん自分をいじめたみちるが自分を好きだったことがわかり、人浦博士も英太郎を元に戻すことを決意する。手術当日、春奈とみちるが人浦邸に向かう途中、道路に飛び出した春奈の身代わりとなりみちるが交通事故に遭ってしまう。人浦博士はみちるを助けるため、彼女の脳を英太郎の身体に移植する。

スポンサーリンク

かくして、”英太郎の春奈”と”みちるの英太郎”の物語は始まる。

ウィキペディア(Wikipedia)より

これは、私もリアルタイムで読んでいました。

そして『ボクの初体験』の2年前1973年には、「ポンポコ玉(あべこべ玉)」が、男女が入れ替わる特撮テレビドラマが放映されています。

同じ日に隣同士に引っ越してきた立花家と河井家だが、ライバル意識が強かったにも関わらず、中学生同士の百合と陽一は仲良くなった。2人は空き地でタヌキのぬいぐるみを拾ったのだが、それは宇宙人のペケペケで2人に赤い玉と青い玉をくれた。その玉を使うと10分間だけ入れ替わることができるのだ。そのせいで2人の周りは大騒動に巻き込まれるのだった。

ウィキペディア(Wikipedia)より

そして一番気になっていました日本で一番最初に男女の入れ替わりネタをやった作品は、なんと驚いたことに昭和7年に 原作はサトウハチローの「あべこべ物語(原題・あべこべ玉)」で男女の入れ替わりネタの小説が書かれていました。

男女の入れ替わりの発想が、こんなに早くからあったんですね。

あらすじ

東京に住む小学6年の妹千枝子の家に千葉中学二年(旧制)の山上運平が帰ってきた。二人は時計の中から、不思議な赤い玉を見つける。それはほら話ばかりする「でたらめのおじさん」がもってきた「ポンポコ玉」という赤い玉だった。その玉は、持ち主の願い事を一度だけ叶えてくれるという。しかし二人はその前でケンカしてしまい、朝起きると入れ替わってしまっていた。

家族はおかしくなった二人を不審に思う。しかし、その「ポンポコ玉」は叶えてもらった願い事をほかの人に言うと死んでしまうという。その恐ろしさもあって元に戻れない日々が続く。

運平になった千枝子は言葉づかいやしぐさなどで友人たちに笑われ、千枝子になった運平はさまざまなことでドジをしてしまう。

ついには野球の試合にでた運平(千枝子)を助けに行くために、千枝子(運平)は虎刈りにして野球に出場する。ところが、最後にはその秘密をばらしてしまい、二人は「むにゃむにゃ」といいながら「永遠の眠り(いうまでもなく、死)」についてしまった。

しかし、それまでのことは二人の見ていた夢だった。

ということで昭和7年、原作はサトウハチローの「あべこべ物語(原題・あべこべ玉)」が、日本ではじめて男女の入れ替わりネタを取り扱った作品でした。

  • 1932年(昭和7年)「あべこべ物語(原題・あべこべ玉)
  • 1973年(昭和48年)「ポンポコ玉(あべこべ玉)
  • 1975年(昭和50年)『ボクの初体験
  • 1979年(昭和54年)『おれがあいつであいつがおれで
  • 1982年(昭和57年)『転校生

サトウハチロー プロフィール

本名・佐藤八郎。1903(明治36)年5月23日、小説家・佐藤紅緑の長男として東京・牛込に生れる。16(大正5)年、早稲田中学に入学するが落第、転校、留置所入りを重ね、勘当されること十七回、放蕩の青春を送る。父の弟子・福士幸次郎の影響で詩に興味を持ち始め、19(大正8)年、幸次郎の紹介で西条八十の門弟となる。26(大正15)年処女詩集『爪色の雨』(金星堂)出版。作詩のほかレポーター・脚本家・映画プロデューサーと多彩な分野で活躍した。売れっ子ゆえに、子息・四郎氏が知るだけでも各レコード会社別など20余の筆名があり、2万編を超える詩作は日本音楽著作権協会も把握しきれていないという。53(昭和28)年の童謡集『叱られ坊主』(全音楽譜出版社)で、第4回芸術選奨文部大臣賞受賞。61(昭和36)年、代表作とされる詩集『おかあさん』(オリオン社)出版。62(昭和37)年「ちいさい秋みつけた」で日本レコード大賞童謡賞、さらに翌63年には日本放送協会放送文化賞受賞。66年紫綬褒章、73(昭和48)年11月3日には、勲三等瑞宝章を受章するが、同年11月13日永眠(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
サトウハチロー 僕の東京地図』より
LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

復活の日で新型コロナウイルスは、56年前に予言されていた?!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

2020年3月11日、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は、新型コロナウイルスの感染拡大について、「パンデミック」の状態にあると表明しました。

パンデミックとは、感染症の広がりが制御不能となり、世界中が感染の危険にさらされる状態を意味します。

映画「復活の日」は、ご存じでしょか?

小松左京が1964年に書き下ろしで発表した日本のSF小説で、1980年6月に東宝系で公開されたSF映画です。

この映画「復活の日」が、今世界で猛威を振るっている新型コロナウイルスの状況と似てるとネットで話題になっています。

映画「復活の日」に登場する新型ウイルス「MM-88」は、イギリス陸軍細菌戦研究所で試験中だった猛毒の新型ウイルスで それが職業スパイによって持ち出されますが、産業スパイの乗った小型飛行機が、冬のアルプス山中に墜落しウイルス保管容器は砕け散ってしまします。

そして春が訪れて気温が上昇するとMM-88は大気中で増殖を始め、全世界に広まり当初は家畜の疫病や新型インフルエンザと思われていましたが、心臓発作による謎の突然死が相次ぎ、おびただしい犠牲者を出してなお病原体や対抗策は見つからず、人間社会は壊滅状態に陥ってしまいます。

半年後、夏の終わりには35億人の人類を含む地球上の生物が、ほとんど絶滅してしまい生き残ったのは、南極大陸に滞在していた各国の観測隊員約1万人と、海中を航行していたために感染を免れた原子力潜水艦の乗組員たちだけでした。

ネットの一部では、復活の日に登場するMM-88のように新型コロナウイルスも人工的に作られた細菌だとささやいている人もいるようです。

映画「復活の日」に登場する猛毒の新型ウイルス「MM-88」の意味は、MMはMartian Murderer(マーシアン・マーダラー、「火星の殺人者」の意)の頭文字、88は継代改良した88代目の菌種の意味です。

そして今世界で猛威を振るってる新型コロナウイルスは、「COVID-19」とWHOは名付けました。

スポンサーリンク

この「COVID-19」意味は「Coronavirus Disease 2019」を略した「2019年に確認されたコロナウィルスによる病気」という意味になります。

「COVID-19」の発音は、「コヴィッド ナインティーン」といいます。

この名称は、ウイルスの名前ではありません。

このウイルスは、太陽のコロナのような外観をもっていることからこの名前がついたようですが、コロナウイルスにも色々あって、SARSやMERSのウイルスもコロナウイルスの一種となります。

今は、小中高と学校が休校となりいろんなイベントも中止され相撲は、無観客試合となり春のセンバツ高校野球は、史上初の中止という決定となりました。

そして東京オリンピックもできるのだろうかと心配されている状況です。

新型コロナウイルスも早く終息して 無事オリンピックも開催できればいいのですが、映画「復活の日」のような事にだけはならないことを祈っております。

復活の日 復活の日 (角川文庫)
復活の日〔新版〕 復活の日 角川映画 THE BEST [Blu-ray]

 

新型コロナウイルス感染症の対応について

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

映画での2つのはじめての経験!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

衣山シネマサンシャイン

11日の日曜日に「アルキメデスの大戦」を松山の衣山シネマサンシャインに観に行きました。

実は、この日は映画のハシゴをしようと予定していました。

「アルキメデスの大戦」 を観たあとに もう1本の映画を観る計画です。

今まで映画のハシゴをした経験はありませんでした。

そのもう1本の映画は、「天気の子」です。

実は、この「天気の子」は、先月7月にエミフルのシネマサンシャインで観ていました。

本当は、「天気の子」 をIMAXで観たかったのですが、時間の関係で IMAX で見る事ができなかったので その時は、普通の映画で観る事を選択しました。

そこで今回 「アルキメデスの大戦」 の映画を観るので ついでに IMAX で 「天気の子」 を観る事を計画しました。

一度観た映画を 映画館で2度観るのも初めての経験です。

IMAX で観るためには、衣山シネマサンシャインで観る必要がありました。

スポンサーリンク

あとは、 「アルキメデスの大戦」 と IMAX の 「天気の子」 の時間が被らないかの心配がありましたが、調べてみると 10時20分からの「アルキメデスの大戦」 を観れば終了が、12時40分で IMAX の 「天気の子」は、12時45分からですので 「アルキメデスの大戦」 が終わってちょうど5分後に IMAX の 「天気の子」 を見る事ができることがわかりました。

「アルキメデスの大戦」 から IMAX の 「天気の子」を観るためには、5分の余裕しかありませんので チケットは、 「アルキメデスの大戦」 と IMAX の 「天気の子」 を2つ合わせて購入する事にしました。

チケット

そして 「アルキメデスの大戦」 が、終わって急いでトイレに行って そして IMAX の 「天気の子」 のチケットを女性の従業員に渡して機械でチェックを受け IMAX の館へと向かいました。

1日に映画を2本観て思った事は、夏は上に何か着る上着がある方が良いなと思いました。

夏は、館内にエアコンが効いていますので1本目だけなら大丈夫なのですが、1本目で冷えた身体のまま2本目を見るとけっこう寒いです。

あと2本目は、身体も疲れますね(^^;)

そして中食を取るのも1本目を観たあとで5分しか余裕がないので ホットドックを買う時間もありませんでしたのでお腹が空きました(^^;)

1日に映画を2本観るという事は、今回が最初で最後だと思います。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アルキメデスの大戦を観てきました!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

これは、予告を観て見て観たいなと思っていた映画です。

衣山シネマサンシャイン

昨日松山の衣山シネマサンシャインで観てきました。

アルキメデスの大戦

原作を読んでいないので前情報なしで観ました。

ただわかっている事は、この映画の内容は、実在の戦艦や人物は、登場しますが、内容はフィクションであるということだけです。

アルキメデスの大戦

冒頭から戦闘シーンで戦艦大和が、沈められるシーンから始まります。

今までに無いアイデアの内容の戦争映画でした。

日本と欧米の対立が激化の一途を辿っていた第二次世界大戦前の昭和8年に 日本帝国海軍の上層部は超大型戦艦「大和」の建造計画に大きな期待を寄せていました。

そこに待ったをかけたのは、海軍少将・山本五十六です。

「これからの戦争は航空機が主体になり、巨大戦艦は不要になるであろう」と考えている山本五十六海軍少将は、平山忠道造船中将が計画している無駄に大きい巨大戦艦の建造計画案ではなく、対航空機戦闘を考えた藤岡喜男の案を支持ます。

山本五十六 は、これからの戦いに必要なのは航空母艦だと進言しますが、 上層部は、 世界に誇れる壮大さこそ必要だと考え戦艦「大和」の建造を支持します。

平山忠道造船中将 は、自らの巨大戦艦の建造案「大和」を新型戦艦造船会議で通したいと考え 不当に安い見積もりを会議へ提出しました。

危機を感じた 山本五十六 は、天才数学者・櫂直(菅田将暉)を海軍に招き入れようと白羽の矢を立てますが、櫂 は軍隊を嫌って なかなか 山本五十六 に協力しようとしません。

そこで 山本五十六 は、 「軍艦の増強に際限なく金が注がれ、やがて欧米との全面戦争へと発展してしまう。そんなことはあってはならない!」と、 櫂に訴えます。

櫂は、悩んだ末日本の未来を守るため、海軍への入隊を決意し協力することを決断し平山の計画を阻止するために、 山本五十六 は、元帝大生の櫂 直(かい ただし)を海軍主計少佐に抜擢します。

スポンサーリンク

巨大戦艦の建造案 が、会議で通りやすいように建造費が安く見積もられことに対して裏があるのではと 疑いを抱いていた 山本五十六 は、 こんな予算では、 戦艦大和 を作れない事を証明し不正を暴き大和の建造計画を潰そうと 天才数学者・櫂直(菅田将暉) に不正を暴く任務を与えます。

櫂の数学的能力で、「戦艦大和」建設にかかる莫大な費用を試算し、その裏に隠された不正を暴くことで計画を打ち崩す計画が進められます。

櫂 は、持ち前の度胸と頭脳と数学的能力を活かし、前途多難な試算を行っていきます。

だがそこに、帝国海軍内の 「大和」の建造を支持 する 上層部 という大きな壁が立ちはだかります。

櫂 は、メモ程度の資料から戦艦大和の建造費を割り出すという難問を鉄の使用量から戦艦の造艦費用を割りだす方程式を作って行く過程がドラマとして面白いです。

櫂 に 戦艦「大和」の建造費の不正を暴かれますが、その言い訳でなぜ安く見積もったかの理由を聞くとなるほどと思ってしまいす。

その説明で会議では、戦艦大和の建造に傾きます。

戦艦大和を阻止を考える 山本五十六 はピンチを迎えますが、櫂 は、 難問を解いて行くうちに戦艦大和の欠点を見抜いていてピンチを切り抜けます。

しかしご存じのように戦艦大和は実際に誕生します。

櫂が見抜いた欠点で戦艦大和の建造計画は、潰れたはずなに建造されてしまします。

平山忠道造船中将は、 櫂 に自分の思いを訴えかけます。

それもなるほどな!と思う理由があります。

興味のある人は、映画で鑑賞してみ下さい。

この映画は、お勧めです。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「天気の子」を観てきました

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

「天気の子」は、 2019年7月19日公開 のあの「君の名は。」で有名な新海誠監督による日本のアニメーション映画作品です。

この「天気の子」は、試写会をしなかったということなので 何の情報もなく「天気の子」をエミフルのシネマサンシャイン7番館で観ました。

席は、「H-13」を選びました。「君の名は。」の時は、 7番館の「G-13」 でしたのでそれより1つ後ろです。

このあたりが、一番観るのに良さそうです。

新海誠監督 の作品は、絵が綺麗ですね。

「君の名は。」 を見た時は、絵の綺麗さに感動しました。

「天気の子」で 目を奪われたのは水の表現が素晴らしかったです。

雨が、地上に落ちてきて弾けるシーンなんか上手く表現しているなと感心しました。

ここからあらすじになります。

高校1年生の森嶋帆高もりしま ほだかは家出して フェリー で東京本土にやってくるところからストーリーが始まります。

東京では、ネットカフェ暮らしで残金が尽きてしまい、上京するフェリーで出会ったライターの須賀圭介を頼って以前貰った名刺をたよりに事務所を訪れます。

圭介は姪の夏美と2人だけの零細編集プロダクションを営んでおり、雑誌『ムー』などで記事を書いていました。帆高は住み込み・食事付きの条件に惹かれ、そこで働く事になります。

2021年(令和3年)夏の関東地方では、長期間にわたって雨の日が続いていましたが、その状況でも晴天を呼ぶ「100%の晴れ女」がいるという都市伝説が流れていました。帆高はある事件から天野陽菜あまの ひなという少女と出会います。

スポンサーリンク

彼女こそがその晴れ女で、祈るだけで短時間・局地的にですが確実に晴れ間を呼び寄せる能力の持ち主でした。

森嶋帆高 は、晴れ女の能力で商売をすることを提案し彼女もその話に乗ります。 「晴れ女」は次第に評判を呼び、順調に仕事も増えていきテレビ局からも注目されるまでになりました。

しかし能力の代償として、陽菜の身体は次第に薄く透明になっていくことに気づきます。

森嶋帆高 は、最終的に人柱として彼女が犠牲になることで異常気象が収まるという伝承を知ることになります。

あらすじは、ここまでにしておきます。

映画を観ながら最後どういう結末にするんだろうという事を考えていました。

悲しい終わり方なのかそれともハッピーエンドなのか?

新海誠監督 は、いくつかのラストを考えていたのかもしれませんね。

「君の名は。」のようにわかりずらいストーリーではありませんので 今回の「天気の子」は、1回見たらちゃんと理解できます。

うるっとくるシーンもあります。

良い作品ですので 是非劇場へ行ってご鑑賞下さい。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク