「皇室」カテゴリーアーカイブ

将来女性天皇誕生の確率が上がるようだ!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

現在、皇室典範では、男系の男子が皇位を継承すると定められています。

男系の男子とは、父方が天皇の血を引く男子のことです。

なぜ男系男子でないと駄目なのか。

天皇家は、初代より皇統を絶やさないために血のリレーをしてきました。

成長して同じ花を咲かさなければなりません。

たとえ話をすると

「(皇統)の種」を男とします。

「畑」を女とします。

どの畑に皇統の種を蒔いても 皇統の芽が出て成長して花を咲かせまたそこから皇統の種が取れます。

しかし皇統の畑であってもそこに皇統以外の種を蒔くと 皇統以外の芽しかでません。

成長して花を咲かせても違う花が咲いてしまいます。

なので男系の血でなければ駄目なのです。

スポンサーリンク

愛子内親王殿下を将来天皇にという女性天皇待望論もありますが、皇室典範で冒頭に書いているように定められていますので皇室典範を改正しない限り女性天皇が、誕生する事はありません。

歴史的には、推古天皇をはじめ、8人の男系女子の女性天皇が存在していましたので、女性天皇が誕生すること自体は伝統に反するものではありません。

ただその場合であっても あくまでも男系女子となりますので歴史上、女系女子や女系男子の天皇は存在していません。

現在の例でいうと 愛子内親王殿下、眞子内親王殿下、佳子内親王殿下は男系の女子ということになります。

そして愛子内親王殿下、眞子内親王殿下、佳子内親王殿下が、将来一般の男性とご結婚されてご出産され男の子が生まれた場合は、女系の男子ということになり また女の子が生まれたら女系の女子となりますので歴史上それらの親王または内親王が、皇位を継承した例はありません。

今後、皇位継承権を持つ悠仁親王殿下がご結婚をされて、男の子が生まれなければ今の状況では、誰も皇位を継承することができなくなってしまいます。

その時の保険(血のスペア)として、旧宮家の男系男子の方と愛子内親王殿下、眞子内親王殿下、佳子内親王殿下が、それぞれ結婚し男の子が生まれれば もしもの時の保険となり そこから天皇を出す事もできるのではと思っていましたが、これは机上の空論となるようです。

眞子内親王殿下は、一般人の小室圭さんとそして佳子内親王殿下も一般人の方と交際が報じられています。

愛子内親王殿下も一般の人とご結婚となると 悠仁親王殿下のご結婚相手となる妃殿下には、かなりのプレッシャーがかかる事になると思います。

もし悠仁親王殿下に男の子が、授からなければ今まで脈々と受け継がれ続いてきた男系男子の天皇の時代が終わり女性天皇の誕生もやむなしとならざる得ません。

そして伝統を変えるという事は、その時から終わりの始まりとなります!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

小室母の元婚約者が400万円の返金を求めることは一切いたしません!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

秋篠宮眞子内親王あきしのみやまこないしんのうと小室圭さんの結婚が、正式に認められて結婚が決まれば徐々にメディアは、お祝いムードをつくり小室圭さんを持ち上げるコメンテーターも増えて来るのではないでしょうか。

そして小室圭さんのお母さんにお金を貸していた元婚約者が悪者にされてしまうんじゃないかという気もします。

小室圭さんの母の元婚約者が「400万円の返金を求めることは今後一切いたしません!」と『週刊現代』がスクープしたということです!

400万円の返金を求めていた元婚約者に何が起きたのでしょうかね?

いろいろと想像してしまいます!

皇室を巻き込んだこの騒ぎに精神的に疲れてしまったのでしょうか?

それとも皇室関係者から「元婚約者」に400万円を支払うから小室さん側へは、400万円の返金を求めることは今後一切しないという約束をさせたのか?

とにかく「元婚約者が400万円の返金を求めることは今後一切いたしません!」という発言があったので秋篠宮皇嗣殿下は長女の眞子内親王のご結婚を「認める」と言及をされたのかもしれませんね。

もともと元婚約者は、小室さんの母と結婚するつもりでいたのですから400万円を貸すという気持ちではなく援助するという気持ちでお金を渡していたのかもしれないですね。

スポンサーリンク

結婚すれば生活を共にするのですから そして小室圭さんは、自分の子供になるのですからね。

そのため小室母子もお金は援助して貰っていたという認識だったので かたくなに400万円の返済を拒否したのかもしれませんね。

しかし人間は、感情の動物ですから元婚約者は、小室さんの母と結婚が、破断したために今まで渡していたお金を返して欲しいと思うように心変わりしたのか またはメディア関係者に知恵を付けられて400万円は貸したということになったのかもしれませんね。

小室さんも元婚約者から400万円の返済を 受けたときに返す事を表明していればこんなに皇室を巻き込むような騒ぎにならずにすんだのにね。

元婚約者に何があったのかは、わかりませんが元婚約者が「400万円の返金を求めることは今後一切いたしません!」ということで秋篠宮眞子内親王あきしのみやまこないしんのうと小室圭さんの結婚が、一歩前に進んだようです。

400万円の返金を求めないということであるのなら それなら初めから400万円の返金をもとめなければ皇室を巻き込む騒動にならなくて良かったのではと やきもきさせられた国民からは、そういう声も上がり元婚約者が悪者になる可能性も無きにしも非ずのような気もします。

秋篠宮眞子内親王あきしのみやまこないしんのうと小室圭さんの結婚が、正式に決まったとしてもあ結果的に400万円を貸したとされる元婚約者が泣き寝入りする形になる事から心から祝福できる国民はどれだけいるでしょうか?

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「結婚は生きていくために必要な選択」との眞子さまの発言!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

昨日ネットでAERAのニュース記事で「眞子さま「結婚は生きていくために必要な選択」に国民複雑 心配する声は届かないのでしょうか」という記事を読み その記事に対してもコメントが、数多く寄せられていました。

宮内庁が13日に発表した秋篠宮家の長女・眞子さまのお気持ちを記した文書が、さまざまな議論を呼んでいる。文書では、小室圭さんとの結婚の延期を発表するとともに、「生きていくために必要な選択」と意志を貫く姿勢をみせた。瞬く間に「眞子さま」がトレンド入り。ネットは声の大きな人が目立つとはいえ、速報の反応を見る限り、世の中の理解を十分に得られたとはいいがたいように思えるが……。

記事は、このような内容で秋篠宮眞子内親王あきしのみやまこないしんのうは、小室圭さんとの結婚は、自分の意思を貫かれるというものでした。

眞子さまと小室圭さんとの結婚で 一番障害となっているのが、小室さんの母親が、お付き合いしていた男性よりお金を援助して頂いていたということで その男性は、お金はお貸ししたもので返金を望んでいるとの主張で小室さん側は、そういう認識でなかったという事でお金を返金する意思はなさそうでトラブルとなりそれが、世間が知る事になりその問題が解決するまではという事で眞子さまと小室圭さんとの結婚が、延期となっています。

ということで元々の原因は、小室圭さんの母親とお付き合いしていた男性とのあいだの金銭問題で 小室圭さんには直接は関係の無い話ではありましたが、そのお金が小室圭さんの学費に使われていたということですから小室圭さんにまったく関係がないとは言えないようですので小室圭さんが、その男性にお金は、返金すると伝えればこんなに話が、こじれる事はなかったのにと思いますが、小室圭さんも貸して頂いたという認識がないのか返金に応じる話は聞かれませんのでこのような状況となっています。

その事で多くの国民が、この眞子さまと小室圭さんとの結婚を望ましくないと思っているようです。

皇族でなくても結婚相手の親に金銭問題があるとなると その家に娘を嫁がせるとしたら普通の家庭でも心配しますよね。

スポンサーリンク

今回この記事に寄せられたコメントで 眞子さまと小室圭さんとの結婚に一時金として税金が、使われることに納得がいかないというコメントが多数寄せられていました。

もし小室さん側で このような金銭トラブルがなければ一時金について国民が、どうこういう事は無かったのでしょうけど反対している国民からすると自分の意思を通して結婚されるなら税金で賄われる一時金は、使って欲しくないという思いが強いようです。

ということは、もし眞子さまが自分の意思を貫かれて結婚を望んでおられるのであれば眞子さまが、一時金の1億5000万円を辞退して結婚されるのであれば結婚に反対している国民も納得するのかもしれませんね。

もし眞子さまと小室圭さんの結婚が、正式に決まればマスコミは、小室圭さんを持ち上げるような報道をするのでしょうね。

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

女系天皇は、遺伝子組み換え食品と同じ!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

現在、愛子内親王殿下を将来の天皇にという国民からの声があります。

私は、今まで歴代の天皇は男系で繋いできているのでその伝統を守って欲しいと思っています。

歴代天皇には女性もいたということで 初めての女性天皇は6世紀末に即位した推古天皇でした。その後再び皇位に就いた2人を含め、飛鳥、奈良と江戸時代に計10代8人の女性天皇が誕生したということです。

これらの前例からして皇室が今のような状況であれば昔ならば「男系女子」の 愛子内親王殿下 が、天皇になられる可能性もあったということです。

しかし今は、女性が天皇に即位することは法律で認められていませんから法律が、改正されないかぎり 愛子内親王殿下 が、天皇になられることはありません。

この女性天皇の話題が出ると「女性天皇」と「女系天皇」の違いがわかっていたない人達もおられるようです。

もし法律が、改正されて 愛子内親王殿下 が、天皇になられ子供が、生まれたらその子供は、男子であれ女子であれ「女系男子」「女系女子」となってしまいます。

今まで歴代 8人の 女性天皇もいましたが、8人とも 愛子内親王殿下 と同じく男系女子であったということです。

男系だったから中継ぎ的に女性天皇として認められたんですね。

そして 8人 の女性天皇の子供は、天皇にはなっていないということです。

スポンサーリンク

なぜ今の法律で女性は、天皇になれないのかを 推測するとたぶん何代か未来に女系天皇が、誕生する恐れを考慮してもし女系天皇が誕生するとそこで王朝の交代となってしまう事を恐れての事のように推測します。

それまでは、2700年にわたって万世一系で歴代天皇が続き一度も王朝交代は行われていません。

男系で繋いできたことでここまで 万世一系 でこられたことは、偶然かもしれませんが、証明されています。

しかし途中で女系になってしまったら将来どんな負の連鎖が起こるかもしれないという心配もあります。

今まで続けてきた伝統を 途中で止めてしまうと天皇家に危機的状況が起こる事は現在証明されています。

まずは、側室制度をやめた事と日本は、戦争に負けGHQによって宮家の数を減らされた事で 現在皇室にとって男系男子の天皇となられる若い男子が1人という危機的な状況となっています。

今まで男系で歴代繋いできた天皇を 女系にしてしまったらそれは、皇室にとって終わりの始まりになるかもしれません!

遺伝子組み換え食品もそれを食べて将来どんな悪影響がでるかわからないから反対する人達も大勢います!

女系天皇も遺伝子組み換え食品と同じで将来皇室にとって どんな悪影響がでるかわからないから今までの伝統を守って天皇は、男系で繋いで王朝を替える事無く続いていく方が良いということですね!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

髭の殿下の女系天皇容認論に対する見解!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

天皇陛下、上皇陛下は、女系天皇についてどのようなお考えをお持ちなんでしょうね?

このような事は、お立場上なかなか公に発言はできない事だと思いますが、もし忖度をするならば天皇陛下も上皇陛下も女系天皇につては反対のお考えなんだろうなと想像します。

この件について過去に皇族の親王殿下が、実際に女系天皇についてのお考えを表明されておられました。

それはひげの殿下として知られる 三笠宮 寬仁親王 殿下みかさのみやともひとしんのうでんかが、平成の時代に女系天皇容認論に対する見解を表明されています。

三笠宮 寬仁親王 殿下は、 上皇陛下の従弟いとこにあたり平成24年に多臓器不全で薨去こうきょされました。 髭をたくわえた容貌から、「ヒゲの殿下」の愛称で知られていました。

三笠宮 寬仁親王 殿下は、憲法上の制約もあり、天皇および皇族が女系天皇の是非について自らの意見を公にするのもはばかれる事から 公なものではない私的な見解と前置きした上で 自身が会長を務める福祉団体「柏朋会はくほうかい」の会報『ざ・とど』で、女系天皇についての見解を述べられています。

この機関紙は市販されてなくこの中で、 三笠宮 寬仁親王 殿下は、 女系天皇に明確に反対し、旧皇族の皇籍復帰などを求められています。

三笠宮 寬仁親王 殿下 は、平成の時代に「歴史と伝統を平成の御世でいとも簡単に変更して良いのか」と女系天皇を容認する意見を批判し、また「万世一系、125代の天子様の皇統が貴重な理由は、神話の時代の初代神武天皇から連綿として一度の例外も無く、『男系』で続いて来ているという厳然げんぜんたる事実」と主張しされています。

その上で男系継承を維持するための方法として下記のような4つの案を提示されたいます。

スポンサーリンク
  1. 皇籍離脱した旧皇族の皇籍復帰。
  2. 女性皇族(内親王)に旧皇族(男系)から養子を取れるようにし、その方に皇位継承権を与える。
  3. 廃絶になった秩父宮や高松宮の祭祀を旧皇族に継承してもらい、宮家を再興する。
  4. 昔のように「側室」を置く。自分(寛仁親王)としては大賛成だが、国内外共に今の世相からは少々難しいかと思う。

この案の中で一番現実的なモノは、「2」案だと思います。

皇室典範を改正して天皇陛下の長女愛子内親王殿下、秋篠宮殿下の長女眞子内親王殿下と次女の佳子内親王殿下の3人と旧皇族の男系男子の男性と結婚されることのほうが、旧皇族の復帰より新しい宮家の創設のハードルもさがるのではと考えます。

また女性宮家を反対している人達も納得いく解決策になるのではないでしょうか。

ただ眞子内親王殿下には、小室圭さんの問題がありますが今のままでは、小室圭さんとの結婚は国民の理解は得られないと思います。もっと早い段階で 小室圭さんが、母親に代わって400万円を返していく旨を表明していればこんなにこじれる事は無かったのではと思います。

 かつて男系が途切れそうになった危機的状況に遭遇したときも血縁関係からは遠い六等親の男子を天皇に即位させて そのような危機的状況を乗り越えて先人は男系の皇統を守り続けてきました。

なぜ男系で繋ぐことにこだわるのかについては、男性の性別を決める遺伝子にY染色体があり初代の男系のY染色体は、どんな直径から遠くなっても男系の男性の中で継承されY染色体は男性しか継承できないということです。

男系男子で皇統を受け継ぐ伝統は、Y染色体の継承でもあるんですね。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク