「積水ハウス関係」カテゴリーアーカイブ

浄化槽法定検査

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

一昨日電話があり「浄化槽法定検査を受けるようにとハガキが届いていると思いますが午前中検査に伺います」との事で「時間は?」と訊ねると「8時30分に伺いますので 浄化槽の検査が出来るように車を止めているようでしたら移動させておいて下さい」という事でした。

浄化槽法定検査

そして昨日の朝8時30分に予定通り検査に来られました。

普通は民間業者が、定期的に検査をしているか別いいいのにと思うのですが、民間業者がちゃんと検査をしているかのチェックをしているのかとも思いました。

定期検査の場合は、民間業者が点検しない浄化槽から排出される水を持ち帰って検査をするそうです。

スポンサーリンク

帰り際に検査の係りの人から今回の検査では、異常はなかったという事でした。

そして2〜3週間後に持ちかった水の検査結果が、届きその時に振り込み用紙が、同封されているという事で それで振り込む様になる様です。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サロンのホスクリーンが落ちてきた!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

サロンのユーティリティーの天井に取り付けています物干しアイテムの「ホスクリーン」の片方のポールが落ちてきました。

ホスクリーン

外に干している物干しをユーティリティーに片付けているときに 「ホスクリーン」 に引っかかり 「ホスクリーン」 のポールが、はずれて落ちたようです。

そこで 「ホスクリーン」 のポールを取り付けようと ポール掛けフック にポールを挿そうとするのですが上手く入りません。

色々とポールを回転させて挿しこもうとするのですが、それでもはまりません。

ホスクリーン

そこで積水ハウスへ電話をしたのですが、ちょうど定休日でしたので緊急時の対応をするカスタマーへ電話をして事情を説明しましたが、そこも対応は明日になるという事でしたので明日まで待つ事にしました。

そこで自分でも色々試してみよとやってみる事にしました。

最初この 「ホスクリーン」 という商品名が、わからなかったのでネットで「室内用物干し」で検索をしてサロンのユーティリティと同じ商品を見つける事ができ商品名もわかりました。

そしてその商品名で 「ホスクリーン」 の取りつけ方でネットで検索してみるとYouTubeで取りつけ方が紹介されていました。

それを見るとホスクリーンのポールを取り外すときは、真上に押し上げて左回しにして引っ張ると取り外せる事がわかりました。

そして取り付ける時は、その逆ではずしたポールを真上に軽く押し上げポールを右へ回せば取り付けらるという事でした。

動画では、なんの抵抗も無く ポール掛けフック の穴に挿しこんでいますが、うちの場合は穴の途中で止まって奥へ挿入できません。

スポンサーリンク

そこで何故だろうとポールの先端をながめていると六角レンチが、入るようなくぼみがありましたので もしかしたらとひらめきました。

ホスクリーン

ポール掛けフック の穴に 六角レンチの突起へポールのくぼみを入れてひねると穴の出入り口の開閉ができるようになっているんだなとイメージができました。

そこで ポール掛けフック の穴 を確認すると六角レンチの突起がありました。

ホスクリーン

それをラジオペンチでひねると穴が広がりました。

ホスクリーン

この状態でポールを挿入すると奥まで挿し込む事ができその状態でポールを右へ回すとポールを固定する事ができました。

ホスクリーン

物干し を片付けるときに 「ホスクリーン」 に引っかかり無理にポールがはずれたので ポール掛けフック の穴 が閉じた状態になったようです。

ホスクリーン

自分で直す事ができたので積水ハウスに連絡をしました。

ホスクリーン

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

防音施工してないけど防音効果のある家!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

ハウスメーカーの家って機密性が高いイメージがあります。

なので今は、各部屋に換気扇を付けるようになっているようです。

機密性が高いという事は、外部からの音が、内部に伝わりにくいまたは、逆に内部からの音が外に漏れにくい効果があるようなイメージがあります。

我が家もハウスメーカーの積水ハウスで平成14年の9月にジオトリステージという商品名の店舗兼住宅を建てて頂き完成しました。

昔から映画が好きで家にホームシアターを作るのが夢でした。

その夢を仕事場のサロンに作りました。

当時は、まだまだ高かった50型のプラズマテレビをサロンの壁に設置して 音響は、7.1chのAVサラウンドアンプとBOSEのスピーカーを天井にそして低音専用のサブウーハーを設置してホームシアターを実現させました。

部屋を防音にするほど予算もなく防音施工はしていません。

もし防音施工するとしたらシアター・オーディオルームで230万円からするようです。

しかし実際に完成して 音を出してみると防音施工していないにも関わらず防音効果がある事がわかりました。

スポンサーリンク

防音施工していないので全く外に漏れないという事は無いのですが、外にでて耳をすませんば音楽をかけているのかなという感じの聞こえ方ですので全然近所迷惑になる事はありません。

積水ハウスのジオトリステージでは、壁には断熱材のグラスウールが、敷き詰められ窓は、ペアガラスとなっています。

天井は、ALCというコンクリートブロックのようなモノが敷き詰められてそのしたに断熱材のグラスウールが詰め込まれています。

ALC

この断熱材グラスウールペアガラスALCそして家の機密性が、防音の効果を手助けしているのかもしれません。

断熱材グラスウール

そしてカラオケをする時は、カーテンを閉めますので カーテンも防音の効果に多少役立っているのかもしれません。

この防音効果のおかげでWiiUゲーム機で夜でもカラオケを楽しめています。

先日Facebookのオフ会で 私のサロンでFacebookのお友達が来られてカラオケをする事になっていたので久しぶりに カラオケの音が外へ漏れないかの音漏れチェックをしてみました。

サロンに設置しているAVアンプはONKYO (TX-DS898)のサラウンドアンプです。そのアンプのボリュームを55にしてガイドボーカル入りのカラオケをかけて外にどの程度の音が漏れるかのチェックしてみました。

以前と同じくご近所には、ご迷惑にならない事が確認できました。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

浴室のドアを修理

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

母が、お風呂のドアが開かないと私に言ってきましたので見に行ってドアを開けてみると ちょっと開き辛くなっていました。

感触としては、脱衣所が真空になっている状態でドアを開けようとしている様な感触です!

この表現わかりますか?(^^;)

そこで昨日積水ハウスに電話をして見に来てもらいました。

スポンサーリンク

まずは、ドアの開き具合を確認されて蝶番をドライバーで調整されているようでしたが、いったんドアを取り外されました。

蝶番
ドア修理

蝶番で高さの調整ができるようになっているようですが、もう既にいっぱいだということでパッキンをかまして微調整をするこになりました。

パッキン

そして蝶番にパッキンをかまして調整されまたドアを元の様に取り付けられて開閉してみるとスムーズに開け閉めができるようになりました。

ドア修理
LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

我が家の手すり事情

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

平成14年9月に2階建てだった店舗兼住宅を3階建てに建て替えました。

店舗兼住宅ですので1階は、店舗で住居が2階と3階になります。

今日は、我が家の手すり事情について書いてみました。

我が家の手すりの付いている場所は、階段・1階サロンのトイレ・2階トイレ・お風呂に手すりが付いています。

3階のトイレには、手すりは付いていません。

階段の手すりは、木製ですので冬でも手すりを握った時に ひやっとする冷たさを感じたりする事はありません。

手すり
階段手すり

当初は、手すりが付いてあっても手すりを掴む事もなく階段の上り下りをしていましたが、気づくと手すりを持って階段の上り下りしていて手すりがあって良かったなぁと思うようになっていました。

トイレの手すりは、外見は木製に見えますが、握ってみるとアルミのパイプに木製の模様の何か?で覆っている感じのモノです。

スポンサーリンク
1階サロンのトイレの手すり
1階サロンのトイレの手すり

寒い時でも別に金属を触った様な冷たさはありません。

2階トイレの手すり
2階トイレの手すり

お風呂の手すりは、樹脂で作られた手すりだと思います。

お風呂の手すり
お風呂の手すり

私は、まだトイレやお風呂の手すりは、使わずにすんでいますが(^^;)

手すり
階段手すり

私の母は、今年86歳になります。住居が2階になりますので毎日階段を上り下りするので母にとって手すりは必需品です。

若いうちに家を建てると自分が歳を取った時の事は、あまり考えていないと思いますが、将来自分が歳を取った時の事も考えて設計しておかないといけないなと思った今日この頃です。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク