「事件・事故」カテゴリーアーカイブ

また宇和島で架空請求で200万円詐欺被害!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

昨日の愛媛新聞を見てると また宇和島で架空請求詐欺被害があったようです。

被害者は、70代女性でだまし取られた金額は、200万円です。

被害の経緯は、11月29日に女性宅に「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」と書いたハガキが届いたという事です。

そのハガキに記載されている電話番号に 電話をしたところ弁護士を名乗る男から「相手方に200万円を支払わなければ訴訟を取り下げて貰えない」と 言われ男が、立て替えたとする200万円を支払うよう求められたという事です。

ここで おかしいのが、70代女性があった事もない弁護士が、なぜ200万円を立て替えて払っているのかという事ですね。

ここで女性は、おかしいと思わなかったのでしょうかね。

女性は、12月10日指定された関西地方の住所に宅配便で現金を送ったということです。

もし私なら着払いで ビックリ箱を送りますけどね(笑)

スポンサーリンク

新聞の内容では、なぜ70代女性が、騙されてしまったのかがよくわかりません。

もし私のところに「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」というハガキが届いたとしても 「消費料金?」なんの事かピンとこないから確認する為に宇和島の裁判所に直接電話をかけてみます。

この女性は、「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」というハガキに心当たりがあったのでしょうか?

もし心当たりがあるとしたら騙されてしまうかもしれませんが、何も心当たりがなければ騙される事はないと私は思うんですがね。

ハガキの内容が、巧妙に書かれていて騙されてしまうんでしょうかね。

まだうちには、架空請求のハガキが届いた事が有りませんのでどのような内容が書かれているのかわかりませんが、この様なハガキが届いて気になる場合は、ハガキに書いてある電話番号には、絶対電話はせずに直接裁判所に電話して確認する事ですね。

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あの東名「煽り運転」死亡事故で「無罪」の可能性があるそうだ!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

昨日朝の番組で あの東名高速の「煽り運転」についての事をやっていました。

昨年6月、東名高速で「あおり運転」をされた車が大型トラックに追突されて夫婦が死亡した事故です。

この事故はパーキングエリアの通路に車を止めていた石橋和歩被告(26)が静岡市清水区の萩山嘉久さん(当時45)から注意されて立腹し、一家のワゴン車を執拗に追跡し追い越し車線に無理やり停車させて追突事故を引き起こし、萩山さんと妻(同39)が死亡し同乗していた当時高校生と小学生の姉妹も軽傷を負っています。

横浜地検は、法定刑の重い危険運転致死傷と監禁致死傷で起訴しました。

危険運転致死傷と監禁致死傷は共に懲役20年です。

しかしテレビで言っていた事は、この事故で、萩山さんの車は停止してから3分後に別の車に追突されているため危険運転致死傷にはあたらないという事です。

また監禁致死傷も進路を塞いで車を停車させた行為が、法律上の監禁に当たらないという事です。

スポンサーリンク

という事で「無罪」になる可能性もあるような事を言っていました。

これでもし「無罪」という判決がでたとしたらなんかやりきれないですね!

両親を亡くされた子供さんからすると殺されたみたいなものですから死刑にして欲しいくらいの気持ちを持っているのではないでしょうか。

高速道路で停車させられる事が、なければこの様な事故に巻き込まれる事なく楽しい家族旅行でしたのにね。

単純に考えれば煽られて追い越し車線で停車させられた為に後ろから追突され死亡したのですから加害者が悪いに決まっています!

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ニュースにならない功罪!明屋書店前歩道橋転落事故!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

「明屋書店前歩道橋転落事故」は、真実なのかデマなのか?

実は、このニュースが報道されない事でデマだという噂が広がっている様です。

今週火曜日にFacebookのお友達が、新田町の明屋書店前の歩道橋から人が転落してそこへ 車が来て頭部をかれて即死という記事が、アップされたことで歩道橋からの転落事故を知りました。

 

Facebookでその記事についての情報交換が始まり歩道橋から転落は、考えられないからもしそうだとすると自殺ではという話になっていきました。

そこで翌日愛媛新聞を見ましたが、その事についての記事は、どこにも書かれていませんでした。

その事でやっぱり自殺では、という話になりました。

一般人が自殺をした場合は、ニュースとして取り上げられないという事を聞きました。

またダムでの自殺もニュースとして取り上げられないそうですね。

新聞に取り上げられない事からFacebookのお友達の中にも その記事はデマではという意見もありました。

また嫁さんの職場でもこの事故の話が、話題になっていた様で職場では、あれはデマだという話になっているようでした。

スポンサーリンク

デマだという根拠は、警察に問いあわせた人が居たという事でそういう事実は、ないという話だったとか。

私の次女のお友達のお父さんが、実際にその現場に居られたという事で 歩道橋から転落したのは、おじいさんであった事と Facebookの記事では、車にかれたという事でしたが、次女のお友達のお父さんの話では実際には、かれる寸前で車は停止したという事でした。

そしてその運転手に「大丈夫ですか?」と声をかけられたという事です。

報道されない事で憶測ばかりが広がって行きます。

明屋書店のご近所の方にお話をお聞きしましたら歩道橋から人が転落したという事は事実でした!

そして転落した人は、車にかれていないのではと話されていましたが、転落現場あとを見られた人は、血の海だったという事でした。

実際に事故が、あっても報道されない事でデマだという噂が広がる事もあるよです。

2018.11.09追記

2018.11.8の情報では、歩道橋から落ちた人は、亡くなられていないようです。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

その後「紀州のドンファン」事件はどうなったのだろうか?

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

次から次へと色んな事件が、起きて古い事件は、忘れ去られてしまいます。

紀州のドンファン事件も 埋葬されていた愛犬から覚醒剤が検出されなかった事でマスコミもその後報道しなくなりました。

警察も ビール瓶を2千本から押収して調べていたはずですが、その後の結果は、どうだったのかの発表がありません。

覚醒剤反応が、検出されたのであればニュースになるはずですが、そのニュースは私は聞いていません。

という事は、検出されなかったのか または、まだビール瓶の覚醒剤検出作業が続いて居るのでしょうか?

スポンサーリンク

週刊文春によると その後紀州のドンファンこと和歌山県田辺市の資産家・野崎幸助氏(享年77)が、「遺言状」を残していたことが「週刊文春」の取材で判明したという事です。

2013年に野崎氏が直筆で記した文面には、自身と会社の全財産を故郷の田辺市に寄付すると綴られていたそうです。

 

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

これからは、逮捕したら容疑者にGPS付ける必要があるのでは!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

大阪府警富田林とんだばやし署で樋田淳也ひだじゅんや容疑者(30)が弁護士と接見後に面会室から逃走するという事件が起きました。

8月18日現在まだ捕まったというニュースは聞いていません。

最初この事件を知った時に思った事ですが、もしかして 弁護士が脱走の手助けをしたのではないかと思ってしまいました。

そう思った理由は、面会室で弁護士と接見した後に 間仕切り用のアクリル板を壊して逃げたという事でしたので何か弁護士が手助けしたのかと思ってしまいました。

普通警察署の間仕切りのアクリル板って壊れるような作りになっていないと思うので 外部からの協力者がいないと脱走できないのではと思いました。

でも事件が、わかってくると大阪府警富田林署もなんともずさんな事をしていたんですね。

大阪府警富田林署は弁護士が夜間に接見する際、面会室の隣室に署員を配置しておらず、面会室の出入りを感知するセンサーの電池も抜いていたという事です。

こんなずさんな事をしていたんですね。

もしかして樋田淳也ひだじゅんや容疑者は、大阪府警富田林署のこの様なずさんな事を知っていたんでしょうかね?

そうでないとアクリル板を足で蹴って壊し逃走するような行動って 普通考えない様な気がします。

でも接見した弁護士もヘンですよね。

樋田容疑者は接見が終わる前、弁護士に「接見の終わった事を署員には言わなくてもいい」という趣旨の話をしたからと言って 弁護士は接見が、終わってから警察署員に何も告げることなく帰ってしまうというのもどうかと思うんですけどね。

スポンサーリンク

これって 容疑者の逃走の手助けをしている様な感じですよね!

こういう事は、一般庶民からすると有り得ない事だと思ってしまいます。

これについては、弁護士の事務所は「取材には一切答えられない」と話しているそうです。

その後大阪府警富田林署は当時、約1時間45分間にわたって接見終了に気付かず、その間に樋田容疑者が逃走してしまったという事です。

大阪府警富田林署は、樋田容疑者が1人になる時間を狙って計画的に逃走した疑いがあるとみているという事です。

こういう逃走事件が、起きると一般市民は怖いですから これからは、逮捕したら容疑者にGPSチップなどを付けるようにしないといけませんね。

人権云々って言っている場合ではありません。

逃走犯は、逃げるためには、何をするかわかりませんから早く捕まえる為にもこれからは逮捕したらGPSの装着は必要ですね。

早く捕まえる事は、犯人の為にもなることですからね。

それ以上の罪を重ねさせなくてすみますからね。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク