「YouTubeの使い方」カテゴリーアーカイブ

準備が面倒なのでLEDリングライト照明を出しっぱに!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

以前は、YouTubeの動画を撮る時に照明を出して一々組み立ててセッティングしていましたが、最近は照明を出したり片付けたりするのが、面倒なので片付けずに そのままサロンの隅っこに出しっぱなしにしています。

照明

この照明サロンの風景に溶け込んでいるのか お客様も気づかないのか この照明の事を お客様から聞かれることもありません。

最初は、お客様から「これは、なんですか?」と聞かれるかなと身構えていましたが、何の反応もなくてなんか拍子抜けした感じです。

実は、これに似たアイテムでローラーボールというパーマをかけるときに使う機器が、ありますのでお客様は、それだと思われているのかもと 私なりに勝手に想像しています。

ローラーボール

スポンサーリンク

このLEDリングライト照明は、仕事にも使う事ができますので出しっぱなしにしていても良いかなと最近思うようになりました。

LEDリングライト

■LEDリングライトが、気になる方は下記からどうぞ!

Arisen [2019最新版] 直径48cm/18インチ LEDリングライト カメラ写真ビデオ用照明キット 80W 2700K-5500K二色無段階調整 480個の高輝度SMD LED 2Mライトスタンド、Youtube、自撮り撮影、生放送、化粧、スマートフォンや一眼レフカメラなどに使う

私YOUTUBER(ユーチューバー)になります!その15「LEDリングライト を購入」

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1年前のYouTube動画を再編集してアップ!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

1年前に「素人による自治会の簡単な会計監査方法」31分49秒の動画をYouTubeへアップしていました。

1年経ちますが、再生回数はそんなに多くはなく5223 回の視聴となっていました。

「自治会監査」でYouTubeで検索をかけるといちおうトップにはあ、表示されるのですがね。

自治会の監査というテーマが、ニッチ過ぎるのかもしれません。

これは、以前私がブログに書いた記事を動画にしたもので ブログでは、会計監査の時期がくるとよく読まれる記事でしたので動画にしても需要があるかもと思い作ってみました。

スポンサーリンク

しかしあまり再生回数は、伸びていません。

そこでYouTubeStudioでこの動画の視聴維持率を確認するとどのあたりで視聴維持率が、下がっているのかがグラフでわかりますので その下がっている場所をカットしてその動画を再編集し直して22分25秒まで縮め「”短縮版” 素人による自治会の簡単な会計監査方法」として再アップロードしました。

ホントでしたら3月中にアップしたかったのですが、なかなか思うように事が運ばなく今のアップとなってしまいました。

視聴維持率の下がる場所をカットして再編集してアップしましたのでどう視聴維持率がかわるか実験ができます。

果たして結果はどうなりますか?

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

YouTubeチャンネルの概要の説明文を英語表示させてみた!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

YouTubeチャンネルの概要の説明文を英語表示させてみました。

それでは、チャンネル名と概要の説明文を英語表示させる手順を紹介します。

YouTubeチャンネルより「チャンネルカスタマイズ」をクリックします。

YouTube

 

チャンネルのカスタマイズの「基本情報」を選びます。

YouTube

 

次に言語を追加をクリックします。

YouTube

 

右側の枠の▼より言語を選びます。

YouTube

YouTube

 

スポンサーリンク

 

言語を選んだら左の日本語のタイトルと内容をコピーしてGoogle翻訳などを利用して翻訳をします。

翻訳したものを右の枠へ貼り付けます。

YouTube

 

貼り付けたら右下の「完了」をクリックします。

YouTube

 

最後に右上の「公開」をクリックすれば公開されます。

言語を確認するには、YouTubeチャンネルの右上のアイコンをクリクしてプルダウンメニューから登録したい言語を選んで確認をします。

YouTube

英語で登録しましたら英語を選択するとYouTubeチャンネルの概要のタイトルや説明文が英語で表示されます。

YouTube

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「Google翻訳」対「DeepL翻訳」

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

ちょっと前からYouTubeのコメントで海外からのコメントも増えてきました。

そこで今までは、「Google翻訳」でコメントを翻訳して返信していました。

しかし「Google翻訳」で翻訳しても理解できないコメントがあることがあります。

例として「Big ass ballast tank」というコメントを頂きました。

これを「Google翻訳」で翻訳すると「大きなお尻のバラストタンク」となります。

何かよく意味がわかりません。

あるときFacebookのお友達から良い翻訳アプリがあると教えていただきました。

DeepL」という翻訳アプリです。

DeepL翻訳

 

これを使って先ほどの英文「Big ass ballast tank」を翻訳すると「大容量のバラストタンク」と翻訳されました。

スポンサーリンク

こちらの方が、意味がわかりますよね。

「DeepL」翻訳アプリスゴイなと思い他のコメントも翻訳してみました。

このコメントも「Google翻訳」で翻訳したときに意味が、よくわからなかったのです。

「Google翻訳」で翻訳するとこんな感じです。

「Holy overloaded batman, either that or her fish hold has flooded either way your not going to able to afford to pay me to get on that…..」これの意味が、「聖なる過負荷のバットマン、それまたは彼女の魚のホールドがいずれかの方法で氾濫しましたあなたはそれに乗るために私にお金を払う余裕がないでしょう…..」

と よく意味がわからない文章となりました。

これを「DeepL」翻訳アプリで翻訳すると「Holy overloaded batman, either that or her fish hold has flooded either way your not going to able to afford to pay me to get on that…..」

「なんてこったいバットマンだ!彼女の魚倉が浸水したのか、どちらにしても私に乗ってもらうためのお金を払う余裕はなさそうだ…..」となり「DeepL」翻訳アプリで翻訳する方が、意味がわかり易く翻訳してくれます。

なので最近は、英語のコメントは、「DeepL」翻訳アプリで翻訳するようになりました。

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

少年YouTuber「中学校にも登校しない」宣言!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

10歳の小学生が、2017年に小学校で宿題をしていなかったことをきっかけに担任教師とトラブルになりその子は不登校となりそんな中でYouTubeのチャンネルを「2017年3月26日に登録」して 沖縄から世界に発信『ハイサイまいど!』という記事で注目を集めたんだそうです。

その記事の影響が大きく、たちまち人気YouTuberの仲間入りを果たしYouTubeの公式チャンネルの登録者数は4月16日で、13万7000人と表示されているんだそうです。

その少年YouTuberが、今度は「中学校にも登校しない」と宣言したことで物議を醸しているといういことです。

この宣言をしたことで少年YouTube本人よりも父親に対する疑問の声が広がってるんだそうです。

日本では、小学校、中学校は義務教育ですから親は、子供を学校へ行かす義務があると思うんですが、義務違反に問われないのでしょうかね?

学校でいじめを受けて不登校になっている子供もいるでしょうけど この少年YouTuberはそういう理由ではなさそうですしね。

少年YouTuberの親の反論としては、

子どもが学校に行かないからと言って親は教育を受けさせる義務を放棄してるわけではない。それに通信制じゃなく家庭内で教育を受けされることはできるし、そもそも我が家はホームスクーリングだってずっと言ってるしな!

ということのようです。

海外では、ホームスクーリングというのは、聞きますが日本でも認められているんですかね?

スポンサーリンク

義務教育について調べてみると 子どもは、学校へ行く義務はないんだそうです。
実は、義務教育の義務は、大人の義務なんだということです。

憲法では、教育は、子どもにとっての権利であって、義務ではなく子どもが健やかに学び育つ権利を保障する義務を大人に負わしているということです。

ということは、義務教育だからと言って小学校、中学校へ行かせなくても自宅で 子供に勉強を教えていれば学校へ行かせなくても良いということなんでしょうかね!

でも母親が、専業主婦または、父親が専業主夫なら可能かもしれませんが、親が共働きではなかなか子供に親が、勉強を教えることはできませんよね。

また家庭教師を付けたとしても学校と同じ時間家庭教師を雇ったら家庭教師代が、バカにならない金額になると思います。

それなら学校へ行かせる方が、だいぶ安くつくでしょうね。

まぁ この少年YouTuberは、YouTube登録者数が13万7000人もいるという事でかなりの収益を貰っているのかもしれませんんね。

学校へ行かなかった少年が、将来社会人になったときにどんな大人になっているかが楽しみですね。

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク