「YouTubeの使い方」カテゴリーアーカイブ

YouTube上で「顔のぼかし処理」をする方法!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

YouTubeに動画をアップしてその映像の中に映ってる人の顔をぼかしてアップしたい場合があります。

そんな時にYouTube上でぼかし加工が出来る様になっています。

それも2つの方法が用意されています。

「顔のぼかし処理」と「カスタムぼかし」です。

カスタムぼかし」は、以前紹介しましたので今回は、「顔のぼかし処理」について紹介します。

今年10月に長女の結婚式でギターの弾き語りをしまして その動画をアップする為には、その映像の中に映っているお客様の顔と新郎新婦の顔にぼかし処理をしてアップしなくてはなりませんでした。

そこで今回は、YouTubeの「顔のぼかし処理」を使ってみました。

この顔ぼかし処理は、自動で人の顔を認識して人の顔をピックアップして左側に顔写真をリストアップしてくれます。

その中でぼかしを入れたい人だけを選んでチェックを入れると チェックを入れた人物の顔だけにぼかし処理がされるようになっています。

これは、便利です。

ただ認識してくれない場合もありますので チェックを入れてリプレイして確認して認識してくれなかった人物の顔は、「カスタムぼかし」の方を使って行いました。

しかし「顔のぼかし処理」をしたあとで続けて「カスタムぼかし」処理をして保存しても「カスタムぼかし」でのぼかし処理が反映されていませんでした。

そこで「顔のぼかし処理」した動画をいったんダウンロードしてからまたアップロードしてから「カスタムぼかし」をする事でやっと反映してくれました。

これでやっと「長女の結婚披露宴でのギターの弾き語り」をYouTubeにアップする事が出来ました。

スポンサーリンク

 

「顔のぼかし処理」の手順

1.動画加工ツールをクリックします。

ぼかし処理

2.顔ぼかし処理の編集をクリックします。
ぼかし処理

3.左側に顔のリストが表示されます。

ぼかし処理

4.リストの中からぼかし処理をする顔にチェックを入れ右下の保存ボタンをクリックします。

ぼかし処理

5.そして右上の保存ボタンをクリックして完了です。

ぼかし処理

この様な感じにぼかし処理がされます。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブルーレイでYouTubeが見れたんだ!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

サロンのテレビが、映らなくなり平成28年年末に購入したパナソニックの4Kテレビ55型・ビエラ「DX850」の「お部屋ジャンプlink」の不具合は、今まで使用していたブルーレイDIGAディーガ(DMR-BZT701)との相性が悪いという事で DIGAディーガ(DMR-BRZ1020)と交換して頂きました。

その交換して頂いたブルーレイで YouTubeが、見られる事をつい最近になって知りました。

「お部屋ジャンプlink」を使う為に サロンのテレビとリビングのブルーレイを LANケーブルで繋いでいますのでネットにもつながっています。

何気なしにブルーレイのリモコンをいらっていたらテレビの画面が変わりその中に 「テレビでネット」というメニューがありました。

YouTube

 

YouTube

それを選択するとYouTubeのメニューが、表示されました。

YouTube

スポンサーリンク

YouTube

これで ブルーレイからYouTubeが、見られる事を今回初めて知った次第です。

サロンのテレビでは、YouTubeを見られるのでリビングのテレビでもYouTubeが、見れると良いなと思っていましたが、その思いが叶えられることとなりました。

YouTube

 

YouTube

ブルーレイでネットに繋ぐことは、まったく考えていませんでしたので棚から牡丹餅でした。

YouTube

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

YouTubeの動画加工ツールで動く対象に「カスタムぼかし」加工の使い方!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

YouTubeに新しいぼかし機能である「カスタムぼかし」機能が追加されました。

この機能は、動いている対象にぼかし(モザイク)を かける事ができます。

これを使うと対象が、動いていてもぼかしが、動きについていってくれますので動画では便利な機能ですね。

 

では、使い方を説明します。

(1)まずは、動画の管理より編集したい動画の編集ボタをクリックします。

YouTubeぼかし
(2)次に動画加工ツールをクリックします。
YouTubeぼかし

(3)次に「ぼかし」をクリックします。

YouTubeぼかし
(4)次に「カスタムぼかし」の編集をクリックします。

YouTubeぼかし

(5)次に「ぼかし」を入れたい範囲をマウスでドラッグして赤枠で囲みます。

YouTubeぼかし

(6)マウスを離すと囲んだ箇所に「ぼかし」処理が行われます。

スポンサーリンク

YouTubeぼかし

(7)下の「完了」ボタンをクリックします。

YouTubeぼかし

(8)そして「カスタムぼかし」の「適用済み」を確認してその上の「保存」をクリックします。

YouTubeぼかし

(9)次に表示されるメッセージの右下の保存ボタンをクリックします。

YouTubeぼかし

(10)動画が、編集中と表示されますのでこの表示が消えると完了です。

YouTubeぼかし

動いている動画にぼかしがかけられる様になったので これから新しい動画をアップ出来そうです。

こんな感じです!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

YouTubeは、見ていた!非公開動画を!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

YouTubeは、非公開動画もちゃんとチェックしているんですね!

これは、ちょっとビックリでした。

実は、以前次女からの頼みで 次女のiPhoenに撮っている動画をパソコンでDVDに焼いて欲しいと頼まれた事がありました。

友達の結婚式に映すためのDVDを作りたいということだったので。

そこで次女のiPhone7を 私のノートパソコンに繋いでその動画を パソコンへ取り込もうとしたのですが、うまく取り込めずいったんLINEで私のiPhoe6に動画を送ってもらい それをパソコンに取り込もうとしたのですが、それも上手くいかず最終手段として 一度YouTubeにアップロードしてから私のパソコンへダウンロードする事にしました。

アップロードする時は、非公開アップロードで行いました。

これで上手く私のパソコンに動画を取り入れる事ができて無事DVDに焼く事ができました。

そこでYouTubeにアップロードした非公開の動画は、削除しようと思っていたのですが、その作業は明日でいいかとそれから削除するのをわすれていました。

久しぶりに動画の管理画面を見ると 非公開でアップロードした動画にも関わらず著作権侵害を表す(c)マークが、表示されていました。

そこで 思ったのが、非公開にしているのになんで著作権侵害の訴えが来るのかと不思議に思いました。

調べてみると非公開であっても システムが、ちゃんと調べているんですね。

YouTubeは ”Contents ID”というシステムで、映像や音声の情報が登録されていて、新たにアップされた動画が著作権違反していないかどうかを自動的にチェックしているという事です。

取り合えず削除しようと思っていた動画なので 良いのですが、(c)マークが、表示されてしまうとちょっとややこしくなります。

(c)マークが、付いた状態で削除しても(c)マークが、残ってしまうという事なので まずは、(c)マークを消してから動画を削除しなくてはなりません。

その手順は、右側に表示だれている(C)マークをクリックします。

 

非公開動画も著作権侵害

非公開動画も著作権侵害

非公開動画も著作権侵害

詳細の右側の「曲を削除」をクリックします。

非公開動画も著作権侵害

非公開動画も著作権侵害

下の方へスクロールして右側の「曲を削除」を クリックします。

非公開動画も著作権侵害

非公開動画も著作権侵害

スポンサーリンク

これで曲は、削除されましたのんで 一番右上にある保存ボタンをクリックします。

非公開動画も著作権侵害

するとメッセージが、表示されますので そこの保存ボタンをクリックします。

非公開動画も著作権侵害

これで時間を置くと(C)マークの表示が消えます。

非公開動画も著作権侵害

非公開動画も著作権侵害

非公開動画も著作権侵害

マークが、消えた事を 確認してからその動画を削除します。

(このあとでYouTubeが、用意しているBGMを入れる事もできます。)

動画を削除する場合は、動画の管理画面から行います。

動画の編集をクリックして 一番下の削除を選んで削除ボタンが表示されたらそれをクリックすれば削除は、完了です。

非公開動画も著作権侵害

非公開動画も著作権侵害

 

今回、非公開動画であってもYouTubeは、ちゃんとチェックしているんだという事を知りました。

非公開でも著作権に関する動画をアップすると著作権侵害の警告がきますので気を付けましょう!

もし警告が、来た場合は音楽を入れ替える事で問題を解決できる方法もあります。

下記の図の1に書いているように元の音楽の上にYouTubeが、用意しているBGMを入れてこの問題を解決できる場合もあるようです。

その場合は、下記の図の2の音楽を選んで3の中からBGMを選んで4の保存をクリックします。

動画にBGM挿入

これで新しいBGMが、動画に挿入されて「著作権保護されたコンテンツが含まれています」の表示が消えて問題は、解決します。

「著作権保護されたコンテンツが含まれています」このメッセージが、表示されても何もしなくてもそのままほっといても問題はないようです。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

YouTubeからの収益が受け取れなくなってしまいました!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

昨日YouTubeの収益を確認すると収益を表す折れ線グラフが、2018年2月21日以降からずっと「0」を指しています。

今までなら少なくてもいくらかの収益が、発生していたのですが、「著作権で何かやらかしてしまったかな?!」とドキッとしてしました。

そこで「著作権侵害ステータス」「コミュニティ ガイドライン違反ステータス」を確認するといずれも問題ありませんでした。

そこで「YouTube パートナー プログラムの概要」を見るとパートナー資格の要件が、新しく変わったということでした。

普通ならメールで連絡があるのに そんなメールを受け取った記憶がありません。

見逃がしてしまったのか?

という事で前々から恐れていた事が現実のモノとなりました。

ユーチューバーの迷惑行為が、日本をはじめ世界でもニュースで取り上げられる事例が増えてきました。

それによりYouTubeも動画の収益化について何らかの規制をかけてくるんだろうなと想像していました。

それが現実のモノとなったわけです。

私が、YouTubeの収益受け取りプログラムに参加したきっかけは、旅行で撮った1本の動画をYouTubeにアップした事でした。

それ以前もYouTubeに動画は、アップしていましたが、動画に広告を付けると収益化できるという事など全く知りませんでした。

収益化のきっかけとなったその1本の動画とは、「美人バスガイドさん」というタイトルでYouTubeにアップしていた動画です。

この動画のアクセス数が、急上昇しているということで YouTubeからメールが、あり「YouTube パートナー プログラム」に参加しないかというお誘いでした。

内容を読むと この動画に広告をつけると広告の掲載料を受け取れるというモノでした。

その頃は、まだYouTube側からお誘いが無いとアップした動画に広告を付ける事が出来なかったようです。

そこで初めてYouTubeにアップした動画に広告を付ける事で広告掲載の収益を受け取れる事を知り収益化できそうな動画には、収益化登録をしていました。

と言っても皆さんが想像するような収益にはなりませんでしたけどね(^^;)

YouTubeに動画をアップしている人の約90%は、月に1,000円前後の収益しか受け取れていないという事です。

スポンサーリンク

残りの10%が、高額な収益を受け取る事のできるユーチューバーという事です。

私の場合は、その90%の中の一人ですね。(^^;)

今度、新たなパートナー資格の要件として動画をアップしてYouTubeから広告収益を受け取るには、2つの条件を満たさないと収益受取プログラムに参加できなくなりました。

その条件が、厳しいモノで「YouTube パートナー プログラムの概要」にこの様に掲載されていました。

2018 年 1 月 16 日、YouTube はパートナー プログラムの新しい資格要件を発表しました。チャンネルの過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間、チャンネル登録者が 1,000 人に到達すると、このプログラムに参加できるかどうかが審査されます。

という事になりました。

私の場合この2つの要件とも満たせていませんので残念ながら動画に広告を付けて収益化する事が出来なったわけです。

まあ私の場合は、収益といっても雀の涙ほどでしたので貰えなくなったとしても そんなにショックは無いのですが、でも今まで貰えていたものが、貰えなくなるというのは残念な事です。

もし何万円も受け取っていたならショックでしょうけどね!

まあYouTubeからペナルティーを受けて広告の掲載が出来なくなったわけではなく 広告収入を貰うための条件が、厳しくなったというだけなので頑張って その条件を満たせばまた収益化ができるようになります。

YouTubeパートナープログラム

私の場合、過去 12 か月間の総再生時間3,344時間なので これを 4,000 時間にする必要があります。
そしてもうもう一つの条件のチャンネル登録者数ですが、今現在435人ですのでこれを1,000 人にする必要があります。

これらが、達成できたら自動的に審査対象となって 審査に合格すればまた収益受け取りプログラムに参加出来るという事です。

まず再生時間については、動画をもっと数アップすることでクリアすることは、できると思いますが、チャンネル登録者数を増やすというのはとても難しいです。

これは、視聴者に次も観たいという気持ちになってもらえるような動画をアップしないとなかなか登録してもらえないと思いますので大変です。

YouTubeもこの様に厳しい資格要件にすれば 質の良いYouTube動画が増えて行き 視聴者に取っては質の良い面白い動画が視聴できる様になると思いますから良い事だとは思います。

私が、今までYouTubeを利用してきた目的は、YouTubeから収益を得る事ではなく収益は、おまけ(始めた頃は収益が貰えるってしらなかったし!)みたいな感じでブログの小道具として使っていましたので まあこれからも収益には、関係なくブログの小道具としてボツボツ動画をアップしていこうとは思っています。(^^)

でわでわ!

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク