「YouTubeの使い方」カテゴリーアーカイブ

アルミボルトクリッパーを購入

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

昨年YouTubeで俯瞰撮影するために必要な俯瞰撮影用の台を作ろうと思い立ち百均で材料を買って来て俯瞰撮影台を作りました。

アクセスガイド

これならiPhoneで俯瞰撮影するには、とても最適な台でしたが、カメラを使って俯瞰撮影をしようとすると カメラのレンズが、編みの目に入らないので この網の目を切るためだけにアルミボルトクリッパーなるアイテムを購入しました。

アルミボルトクリッパー

約2500円ほどでした。

さっそくアルミボルトクリッパーを使って網の目の真ん中に カメラのレンズが、入るくらいに網の目の4カ所を切断しました。

俯瞰撮影台

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

俯瞰撮影台

するとちょうどいい具合にカメラのレンズが、入るくらいの網目となりました。

俯瞰撮影台

これで YouTube撮影をする時にカメラでも俯瞰撮影ができるようになりました。

俯瞰撮影台 俯瞰撮影台 俯瞰撮影台 俯瞰撮影台

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

YouTubeStudioに「ショートファンドを申請」表示が!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

3日くらい前からYouTubeStudioに「ショートファンドを申請」表示が、されていたのですがスルーしてました。

ショートファンド

そして昨日ちょっと気になって「ショートファンドを申請」をタップしてみました。

ショートファンド

すると

YouTube ショート ファンド晃一村上 様、10月 は YouTube ショート ファンドの対象になりませんでした。必ず次の月はやってきます。制作を続けているクリエイターの皆様には、毎月 YouTube ショート ファンドの対象となったかどうかが通知されます。通知を受け取った後もこのページが表示される場合は、以下をご確認ください。正しいアカウントにログインしていることを確認してください。別のアカウントにログインしている場合は、アカウントを切り替えてください。

こんな文章が、表示されました。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

以前からYouTubeでもTikTok(ティックトック)のような動画が、アップできるようになった事は、知っていましたが詳しくは、知りませんでした。

そこで調べてみるとYouTubeショート動画の特徴は以下の通りでした。

  • 動画の長さは最大60秒まで
  • タイトルに「#Shorts」のハッシュタグをつける
  • 縦長の動画にする

ショート動画を投稿する際は、この3点を守って投稿するようにすれば良いようです。

YouTubeのショート動画は、収益化の対象ではないので広告を配信することはできないようです。

しかし、エンゲージメントの多いショート動画を制作したクリエイターに対し、「YouTubeショートファンド」から報奨金が提供されるそうです。

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

YouTubeは、ワクチン誤情報を削除・コロナ関連動画も13万件以上削除

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

YouTubeが、コミュニティガイドラインの誤報対策のポリシー「Misinformation policies」を更新しました。

ワクチンに関する新たなガイドラインに「ワクチンについての誤った情報に関するポリシー」を発表しYouTubeで許可されていないコンテンツの一例として ワクチンの安全性・効果・成分について有害で誤った情報が含まれるコンテンツが削除されるということです。

次のようなコンテンツは、YouTube で許可されていません。

  • ワクチンが次のような慢性的な副作用を引き起こすと主張する:
    • がん
    • 糖尿病
    • その他の慢性的な副作用
  • ワクチンは発病のリスクを軽減しないと主張する
  • ワクチンに、胎生の生体物質(例: 胎生組織、胎児細胞株)や動物由来成分など、ワクチンの成分表に記載されていない成分が含まれると主張する
  • ワクチンに、ワクチンを接種した人を追跡または特定するための成分やデバイスが含まれると主張する
  • ワクチンが人の遺伝子構造を変えると主張する
  • MMR ワクチンが自閉症を引き起こすと主張する
  • ワクチンは人口削減の陰謀の一環であると主張する
  • インフルエンザ ワクチンが不妊症などの慢性的な副作用を引き起こすと主張する
  • HPV ワクチンが麻痺などの慢性的な副作用を引き起こすと主張する

YouTubeでは2020年10月、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の医学的に誤った情報に関するポリシー」を策定しており現在まで13万件以上の動画が それに違反したとして、削除されたという事です。

ワクチンが慢性的な副作用をもたらし感染拡大や感染自体を減らせないと主張したり、含まれる成分に関する不正確または誤解を招くコンテンツが削除される対象になるようです。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

また承認されたワクチンが自閉症やガンや不妊症などの原因になるとか、またはワクチンに含まれる成分がワクチンを受けた人を追跡できると主張するコンテンツなども削除対象になるようです。

ただし一部削除の対象外となるコンテンツもあるようでそれは、科学におけるオープンな議論の重要性を考慮し、ワクチンについての政策、新しいワクチンの臨床試験、過去のワクチンの成否についてのコンテンツは削除されないということです。

また、ワクチンについての個人的な体験談についても、他のコミュニティガイドラインに抵触せず、チャンネルそのものがワクチン接種への躊躇を助長させない限りは、削除されないということです。

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

久しぶりにYouTubeに動画アップ!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

久しぶりにYouTubeに動画をアップしました。

なんとYouTubeは、6カ月以上動画のアップがないと収益化を取り消されるということです。

なので月に最低でも1回は、YouTubeに動画をアップしようと思っていたのですが、8月はアップできませんでした。

まあそれには、少し事情があって私にとってYouTube撮影に必要なアプリが、不具合で使えなかったために撮影する事ができませんでした。

そしてそのアプリもようや最近修正されたのでまた撮影する事ができるようになりました。

そこで今回は、2021年9月19日に書いたブログ記事「iPhone 13 Proの予約注文争奪戦での失敗談!」 を元にまたYouTube動画を作ってアップしました。

最近動画をYouTubeにアップして字幕をを付けるようになりました。

YouTubeには、字幕もなんと自動で付けてくれる機能があるのですが、やはり誤字なんかもけっこう起こります。

そこで今回は、台本のセリフをコピーして字幕に貼り付けてみました。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

するとYouTubeが、私のトークに合わせてその台本のセリフを画面画面で割り振って表示してくれますので これの方が、誤字になる事がないから良いですね。

今までは、動画の中に直接字幕を入れる事もありましたが、YouTubeに字幕機能があるのでこれを利用する方が楽ですね。

何と言ってもYouTubeでは、台本のセリフを丸々コピーしてテキストに貼り付けると勝手に字幕を私のトークのタイミングに割り振ってくれるか楽ですね。

あと説明にチャプターを付けるようにもなりました。

ただこれは、めんどくさい作業ではありますが、観る人には便利な機能だと思います。

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

以前詐欺団体だと思っていたらJASRACと提携してる実在する海外団体だった!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

以前長女の結婚式で私が、中島みゆきの「糸」の弾き語りをした動画と その練習風景を撮影した2つの動画をYouTubeにアップしていました。

するとそれらの動画に対してContent ID による「著作権侵害の申し立て」を受けていた事がありました。

相手は、「COMPASS_CS, SOCAN」と「VCPMC_CS, SUISA_SESAC_CS」の名称で表示されていました。

まずは、「COMPASS_CS, SOCAN」に対して異議申し立てをしましたら何の返答もなく30日の期間が過ぎて私の異議申し立てが、通った結果となり「COMPASS_CS, SOCAN」の表示も消えていました。

そして今度は、糸の練習風景を撮った動画にきている「著作権侵害の申し立て」に対して「VCPMC_CS, SUISA_SESAC_CS」に異議申し立てをしようとしたところ それらの名前が消えていて代わりに著作権者「Muserk Rights Management」という名前が表示されていました。

ネットで「Muserk Rights Management」を検索してみると なんと JASRAC が、2020 年 3 月から、JASRAC の管理する国内楽曲が米国において YouTube で配信される際の録音使用料の徴収を、Muserk 社に委託する契約を結んでいますということでYouTube 上では Muserk Rights Management の名称が用いられていますということです。
Muserk Rights Management は JASRAC から委託を受けた正当な権利者ということでしたので異議申し立てはしない事にして放置していました。

昨日久しぶりに中島みゆきの「糸」の弾き語りの練習風景動画の管理画面を確認してみるとJASRACから委託されてる「Muserk Rights Management」の名前が消えていました。

Muserk Rights Management

替わりに著作権者として「FILSCAP」「KOMCA_CS」「SUISA_SESAC_CS」「MUST_CS」「BUMA CS」これら5つの名前が表示されていました。

JASRACが提携する実在する海外団体

 

そこでまたネットで これらの名前を検索してみました。

するとこの名前の中にJASRACが提携する実在する海外団体の名前も入っていることがわかりました。

ここで紹介されていた6つの団体は、JASRACが提携する実在する海外団体の可能性が高いという事で以下の名前が紹介されていました。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

「APRA_CS」「SOCAN」「CASH」「MUST_CS」「MACP」「SUISA_SESAC_CS」の6団体です。

そのブログでは、実際にこれらの団体に再取材をして、上記の6団体はいずれも、JASRACが海外各国でJASRAC管理楽曲の著作権を管理する契約を結んでいる団体とみられることが確認できたという事です。

(APRA_CS:オーストラリア、SOCAN:カナダ、CASH:香港、MUST:台湾、MACP:マレーシア、SUISA_SESAC_CS:スイス)。

今回、私の中島みゆきの「糸」の弾き語りの練習風景動画で 正当に著作権を主張してきているのは、「SUISA_SESAC_CS(スイス)」「MUST_CS(台湾)」の2つのようです。

残りの3つについてもJASRACのホームページで調べてみると「FILSCAP(フィリピン)」「KOMCA_CS(韓国)」「BUMA CS(オランダ)」ということでした。

調べてみると世界各国にJASRACが提携する実在する海外団体が、数あるようです。

これを見ると以前詐欺団体かと思っていた名前まで掲載されていました。

ちなみにその詐欺団体か思っていた団体の名称は、「COMPASS_CS(シンガポール), SOCAN(カナダ)」で実際に異議申し立てもしましたが、30日経っても相手から返答がなかって私の異議申し立てが、通った結果となった事がありました。

あの頃は、JASRACと提携していなかったんでしょうかね?

海外の著作権管理団体

外国団体の管理作品(レパートリー)を日本国内で利用する場合

JASRACの管理作品(レパートリー)を海外で利用する場合

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク