「オークション」カテゴリーアーカイブ

ヤフオク 元払いと着払いどちらが良いのか?

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

最近妹に頼まれヤフオクを再開しました。

久しぶりにヤフオクを始めると いろいろと経験します。

昔とヤフオクのシステムも変わっていました。

先日こんな事がありました。

妹に頼まれての商品なので発送は、着払いにしています。

そしてその商品が、落札されました。

落札者からの連絡で発送は、夜間指定となっていましたので 最終配達時間を指定して着払い発送しました。

落札者に 商品を着払いで送ったら中々商品を受け取ったという連絡が、貰えませんでした。

そこで 発送するときにお問い合わせ番号をお知らせしていましたので その番号で配達の状況を確認してみました。

お問い合わせ番号って ちゃんと商品が発送されているかどうかを知る為に落札者の為にあるものだという認識でした。

しかし 今回このお問い合わせ番号って出品者の為にもなる事を知りました。

ヤフオクは、新しいシステムになって 落札者が、商品を受け取ったあとに 受け取ったというボタンを 押さないと商品代が、出品者に入金されないシステムになっていますので 受取連絡が遅いと出品者は、ちゃんと商品を受け取ったかどうかの確認が必要になってきます。

先日落札者に商品を 発送したのですが、なかなか受け取ったという連絡がなく そこで商品の状況を 調べるためにお問い合わせ番号を使ってネットで確認してみました。

スポンサーリンク

すると商品は、落札者へ配達されているのですが、不在の為に宅配業者は、商品を持ち返っている事がわかりました。

また再び配達されたようですが、その日も不在の為に落札者が、商品を受け取れなかったようです。

お問い合わせ

こういう状況なので なかなか商品を受け取ったという連絡が届かなかったようです。

こうなると気長に待たなくては、ならないのでしょうかね?

これなら 着払いじゃなく元払いで送った方が良かったのか?

しかし 元払いだからといって宅配業者は商品を 置いて帰る事はないでしょうね。

だから着払いでも元払いでもこういう時は関係無いか!

最近ヤフオクを はじめて受取連絡が、こんなに遅れた事はありませんでした。

そして 評価は、不用ということでした。

今は、評価をしても落札した商品は、非表示になりますから落札した商品を他人に知られる事は、ないのですがなぜ評価をしないで下さいというのかが、ちょっと私には、わかりません。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヤフオクの新しいシステムにも慣れてきました!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

最近ヤフオクを再開してヤフオクの新しいシステムにも慣れてきました。

ヤフオクの決済方法は、「Yahoo!かんたん決済」のみとなったようです。

これは、詐欺対策のために一番良い決済方法だと思います。

「Yahoo!かんたん決済」の流れは、Yahooが、出品者と落札者の間に入りお金の管理を代行してくれます。

ヤフオクで商品を落札したら 落札者は、商品代金をヤフオクへ支払います。

すると出品者へ ヤフオクより「落札者の送り先情報」と「商品代金が支払われましたので商品を発送して下さい」という連絡メールが届きます。

そこで出品者は、商品を落札者へ発送し落札者へ「発送連絡」をします。

この時に荷物の「お問い合わせ伝票番号」を入力して落札者へ知らせます。

落札者が、商品を受け取ったら「受取連絡をする」ボタンを押すことでYahooが、預かっていた商品代金が、手数料を引かれた金額で出品者の口座へ振り込まれます。

落札者が、商品を受け取ったにも関わらず「受取連絡をする」ボタンを押し忘れていても一定期間が経過すると自動的に振り込まれるようになっている様です。

最後にお互いに評価をして取引が終了します。

 

新しいシステムになって 落札者からの質問で戸惑った事がありました。

まだ出品商品が、入札されていない時点での質問が届き

「同県内の様ですが、どちらからの出品で手渡しは可能でしょうか?」という質問でした。

これについては、お断りしました。

スポンサーリンク

まだ相手が同県内でもどこの誰かがわかっていませんし手渡しの場合は、トラブルになる可能性もあるかもしれません。

また手渡しをするという事になると お互いに会う時間を決めて待たなくてはならなくなり時間に縛られることになりますし発送すればちゃんと発送したという証拠も残りますので手渡しでするよりかは安心だと思います。

あと送料については着払いにしています。

ヤフオクが、新しいシステムを導入する前までは、元払い、着払い落札者の要望でどちらも対応していましたが、今回は、妹に頼まれた商品なので商品代金に送料が、混ざって振り込まれると計算がややこしくなってくるので着払いにしています。

そして出品者としては、着払いの方が世話が無いですね。

と言う事で 着払いで出品しているのに落札された段階で「送料を元払いには、できないでしょうか?」という問い合わせもありました。

以前なら元払いにも応じていましたが、今回は先に述べた理由の他に 新しいシステムになって商品を出品する時に「着払い」で登録して出品していますので システム上「元払い」に変更して問題が起きないのかが、よくわからなかったので 「元払い」には応じず「着払い」でお願いしました。

取引を重ねていると どうしたら良いか戸惑う時がありますね。

あと気が付いたことは、相手の評価で「落札商品情報」が公開されなくなりましたね。

昔、ヤフオクをしている時に落札者から「評価はしないで下さい」というお願いを受ける事もありました。

以前は、評価をすると相手がどんな商品をいくらで落札したかがわかる様になっていましたので それを嫌う落札者もいましたので 落札商品情報が公開されなくなったんでしょうね。

「評価はしないで下さい」という人は、だいたい落札した商品を 落札額より高く転売しようと考えている人ですから落札金額を知られたくないという事ですね。

あと出品料が、無料になっていますね。

昔は、出品料10円取られていましたが、無料になったのは良いですね。

昔に比べるとヤフオクも安全に取引できるようになりました。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヤフオクから違反申告が来た!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

5月27日に ヤフオクより初めて「違反申告」というモノを受けました。

今、ヤフオクに出品しているモノは、妹に頼まれた「リカちゃん人形」です。

ヤフオクの「違反申告」には、何が違反なのかが書かれていません!

ただ出品中の商品がガイドラインに照らし適切な出品であるかを確認するようにという事しか書かれていません。

なので私は、何が違反なのかさっぱりわかりません。

「違反申告」するのなら何が違反なのかハッキリ書いて欲しいモノです。

この「違反申告」は、ヤフオクユーザーが違反を見つけて申告するシステムになっているようです。

違反商品の申告

ヤフオク!の商品ページ内の「出品者情報」の下にある

『違反商品の申告』という部分をクリックして、

全部で15個ある項目から違反内容を選択し

違反商品の申告

その他には、細かく内容について記述されています。

違反商品の申告

それらを選んで送信ボタンを押すようになっています。

 

スポンサーリンク

取り合えず何が、違反なのかわかりませんので 妹に頼まれて出品している商品で詳しくわからなく その出品商品に自信が持てませんので出品をいったん取り消すことにしました。

こういう場合は怖いですね。

出品している商品は、自分には興味の無いモノなのでよくわからないものですからね。

取り合えず何が、違反しているのかを調べてみる事にしました。

商品等と関係のないカテゴリーに出品していなか確認してみましたが、これは大丈夫でした。

次に商品タイトルとその出品している商品の写真に間違いが無いかも確認しました。

タイトルに付けてる商品名は、出品する前に商品の箱に書いてある商品名をそのまま書いていますので間違いは無いはずです。

そして出品している写真を見ながら説明文に目をやりましたが、別に間違った説明をしているわけでもありません。

すると商品の写真を見ていて ある事に気が付きました。

商品の箱に印刷されてる商品の写真と 箱に入っている人形が、着ている服が違っているのです。

「もしかしてこれか?」と思いヤフオクで 同じ商品が出品されていないか検索をかけてみると何点かヒットしました。

それと比べてみると私が、出品している商品の箱と その中に入っている人形が、違っている事が判明しました。

やっと「ヤフオク違反申告」の理由がわかりました。

でも なんで箱と中に入っている商品が違ったんだろう?

人形を確認しているときに箱に入れ間違えたのか?

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

出品者は、入札者が入札している金額がわかるんですか?

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

ヤフオク

先週来店されましたお客様と話ていましたらヤフオクの話になりました。

お客様は、出品経験がないということでよくヤフオクを見ては、欲しいモノがあると落札されているという事です。

私は、お客様とは逆で 出品ばかりで落札の経験はあまりありません。

その事をお話しすると お客様より質問を受けました。

「出品者は、入札者が入札している金額がわかるんですか?」という質問でした。

どういうことかというとヤフオクをされた事のある人ならわかると思いますが、例えばデジカメが出品されていて スタート価格が5000円で出品されていたとします。

Aさんが、このデジカメを10000円までなら落札しても良いと思い入札金額に10000円の金額を入れます。

Aさんは、他に競う入札者が居なければオークション終了期日が来れば入札金額に10000円の金額を入れていますが、スタート価格の5000円でデジカメを落札する事が出来ます。

しかし他に入札者が、加わるとそこから競りが始まり5000円の価格が上がっていきます。

しかしAさんは、最初に10000円を入れてますので Aさんは、10000円を越えるまでは、何も操作しなくても自動で入札金額が、上がっていきます。

この時Bさんは、Aさんはいくらの金額を入札しているのか知りたいと思います。

お客様が、質問された事は、「Aさんが入札している10000円という金額は、出品者側にわかるのか?」という質問です。

スポンサーリンク

残念ながら入札者が、いくらの金額を入札しているかは、出品者側ではわかりません。

もしこれが、わかれば出品者は、サクラを使って入札金額を引き上げる行為ができますからね。

と 答えるとお客様も納得されていました。

今度は、私の方からお客様へ質問させて頂きました。

「落札者としたら商品の発送は、元払いと着払いどちらが良いですか?」とお聞きしてみました。

すると 元払いの方が、商品が届いた時に支払いの手間がなくて良いと言われていました。

以前、私がヤフオクをしていた頃は、元払いでやっていましたが、今回からは、着払いにしています。

ヤフオクのシステムが、変わって直接本人とのやり取りが、なくなったので 説明文に発送するときの箱のサイズを書いていれば こちら側がどこから発送するかわかりますので 落札者側でいくらかかるかがわかりますし 発送するときに 送料を払う手間も省けます。

またいったんヤフオクが、中間に入り相手に商品が、届いてからの支払いになりますので送料を いったん出品者が、建て替えなくてはならなくなりますのでね。

「ヤフネコ!」を使えば送料を建て替えなくてもいいのですが、コンビニまで商品を持って居てから発送しなくてはなりませんので「ヤフネコ!」よりかは、クロネコで送る方が、私に取っては楽ですね。

また自宅から発送が、できますので入金確認後の発送が早くなりますので落札者にとっても良いと思います。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヤフオク出品後に商品説明の誤りに気がついた!どうしよう?

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

今、妹に頼まれた商品を何点かヤフオクに出品しています。

何年か前には、まだYahooオークションと言っている頃によく出品していて慣れていたのですが、それから最近までヤフオクから遠ざかっていて 最近始めたらYahooオークションの名称が、ヤフオクになっていてシステムも昔とは、変わっていて戸惑う事もあります。

そんな中最近出品した1点の商品の説明文に出品してから誤りがある事に気が付きました。

サイズの誤りでした。

最初は、そのオークションの取り消しをして説明文を直してから再出品しようと思い取り消しの操作をしていたら 何とシステム利用料がかかるというメッセージが表示されました。

オークションを取り消しても、出品システム利用料、オプションシステム利用料は、通常どおり請求させていただきます。また、取り消したオークションの再出品には、新たに出品システム利用料やオプションシステム利用料がかかりますのでご注意ください。なお、入札者がいる場合はオークションを取り消す前に、入札者のためにオークションを取り消す理由を商品説明に追記していただくことをおすすめします。オークションを取り消したくない場合は、ブラウザの戻るボタンをクリックして、前のページにお戻りください。このオークションを本当に取り消しますか?

え〜!と思い他に何か良い方法は、無いかと思い「オークションの早期終了」の設定をしてましたので 早期終了をしてみよとやってみたら入札者が、居ないとこの操作は、できないというメッセージがでました。

入札者がいないオークション(入札を取り消した場合を含む)は、早期終了できません。「オークションの取り消し」をご利用ください。

そこで 説明文の修正が出来ないかヘルプを 探してみましたが見つける事が出来ず「オークションの管理」の項目を 見てみいると「オークションの編集」というのがあり これで修正できるかもとやってみると 修正ではなく追加説明が出来る様になっていました。

スポンサーリンク

助かりました。

この追加説明で 誤っている箇所の説明を書いて 正しいサイズを追加説明することができました。

ヤフオク追加説明

長年やってなかったらトラブルがあるとあたふたします(^^;)

 

あとからわかりましたが、入札者が、いなければシステム利用料はかからないようです。

ヤフオク取り消す場合の注意

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク