「迷惑メール」カテゴリーアーカイブ

ご利用中の楽天会員アカウントへのログインが確認されました。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

またパソコンのメールボックスにこのようなフィッシング詐欺メールが入っていました。

●●●@●●●.com 様

ご利用中の楽天会員アカウントへのログインが確認されました。

◆ログイン情報

・ログイン日時 :2020/1/5 6:25

・IPアドレス  :67.204.44.173

上記のログイン記録にお心あたりがない場合は、お客様以外の第三者によってログインされた可能性がございます。

下のリンクをクリックして、安全なサーバーを使用してアカウント情報を確認してください。続けるにはこちらをクリック 万が一、身に覚えのないご利用やご注文が確認された場合は、楽天市場トップページより「ヘルプ」をクリックいただき、「ヘルプ・問い合わせトップ」画面下部の「楽天市場へ問い合わせる」から「楽天市場お客様サポートセンター」へお問い合わせください。

※本メールはご登録いただいたメールアドレス宛に自動的に送信されています。※本メールは送信専用です。ご返信いただきましてもお答えできませんのでご了承ください。

楽天株式会社

このメールの本分に書かれている「続けるにはこちらをクリック」に隠されてるURLは、下記のような長いURLとなっています。

「http://www.rakuten-card.co.jp.userid2454492371.dnstojmyhostingltomyinfo.ddnsfree.com」

スポンサーリンク

このURLを見ると一見「楽天カード」のURLの様に見えますが、実際の楽天カードのURLは、「https://www.rakuten-card.co.jp/」こんなにシンプルなURLです。

しかし偽メールの隠れURLは、以下の様に長いURLで 本物の楽天ドメインは、「.co.jp」ですが、偽のURLは、「.com」となっています。

「http://www.rakuten-card.co.jp.userid2454492371.dnstojmyhostingltomyinfo.ddnsfree.com

この偽URLも「.co.jp」に見せかけていますが、「.co.jp」の後も「.」ドットで区切られあとに続いて最後は、「.com」となっています。

本物の「.co.jp」ドメインであれば「.co.jp」のあとに「/」スラッシュで区切られてあとこのような感じで「https://www.rakuten-card.co.jp/service/?」に続きます。

偽メールに隠されてるURLは、本物に勘違いさせるために この様に長いURLの「.com」ドメインになっています。

「rakuten-card.co.jp.userid2454492371.dnstojmyhostingltomyinfo.ddnsfree.com」

このようなフィッシィングメールに騙されない様に気を付けましょう!

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この度、VISAカードWEBサービスに対し、第三者によるアクセスを確認いたしました。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

VISAカード <nakaosocho@globe.ocn.ne.jp>【重要:必ずお読みください】という件名のメールが届きました。

内容は、以下の様な内容です。

VISAカードWEBサービスご登録確認

いつも VISAカードWEBサービスをご利用いただき、ありがとうございます。この度、VISAカードWEBサービスに対し、第三者によるアクセスを確認いたしました。万全を期すため、本日、お客様のご登録IDを以下のとおり暫定的に変更させていただきました。お客様にはご迷惑、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。何卒ご理解いただきたくお願い申しあげます。http://www.visa-card-jp.xyz/inet/life/ninsyou/entry/top上記VISAカードWEBサービスIDは弊社にて自動採番しているものですので、

弊社は、インターネット上の不正行為の防止・抑制の観点からサイトとしての信頼性・正当性を高めるため、

大変お手数ではございますが、下記URLからログインいただき、

任意のIDへの再変更をお願いいたします。

なお、新たなID?パスワードは、セキュリティの観点より「8桁」のご登録を強くおすすめいたします。

http://www.visa-card-jp.xyz/inet/life/ninsyou/entry/top

*他のサイトでも同じIDをご利用の場合には、念のため異なるIDへの変更をおすすめいたします。

まずこのメールに記載のドメインが怪しいです。

http://www.visa-card-jp.xyz/inet/life/ninsyou/entry/top

有名な金融機関が、「.xyz」というドメインは使わないでしょう。このドメイン初期費用は、たったの「25円」で取得できます。更新料は、ちょっと高めのようですが!

普通なら信頼のある「.co.jp」「.jp」「.com」が、有名企業であれば一般的です。

あとURLも怪しいです。

VISAカードWEBサービスであるならいまどき「http:」は無いでしょう!

まず金融関係で「https:」ではなく「http:」であれば怪しいとみるべきです。

スポンサーリンク

「https:」とは、HTTPS化することにより通信の暗号化ができ「通信内容の盗聴」や「通信内容の改ざん」を防ぐことができます。

また、「https:」SSLサーバー証明書(組織認証型)は認証局がWebサイト運営者の実在性を確認しており、全てのWebページにおいて第三者のなりすましではないことを証明することができます。

なのでこのようなメールが、来た場合メールに記載されているURLが「http:」であれば絶対クリックしないようにしましょう。

また表面上は、「https:」であっても裏では、「http:」という場合もありますので これの簡単な見分け方は、マウスでURLの上にカーソルを重ねると裏のURLが、カーソルの上に表示されますのでそれで裏のURLを確認して下さい。

表では、嘘のURLを書く事ができますので見た目だけでは信用しない様にしましょう。

 

このメールに記載のURLをクリック(タップ)すると、会員番号やメールアドレスなどの各種情報を入力させるVISAカードサイトを騙る偽サイトへ誘導されてしまいます。

偽サイトは、本物のサイトとそっくりに作られていますのでネットに慣れていない人だと騙されてしまう場合もあります。

またURLをクリック(タップ)したりすると詐欺メールを不特定多数に送っている場合は、このメールは、生きているという情報を相手側に伝える事にもなりますので無視しておきましょう。

今では、「https:」を使った詐欺サイトもあるようです。

なので気になる場合は、ブラウザから直接その本物のサイトのURLを打ち込んでそのサイトを表示させて確認しましょう。

 

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

迷惑メールが来て困っています!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

パソコンに迷惑メールが来て困っています。ルールを設定して迷惑メールに振り分けても迷惑メールは
毎回メアドもタイトルも変わって迷惑メールが次々に来るので、ルールを決めても、全く無意味です。
何か良い方法は、無いでしょうか?
メール振り分けルール

と ネットで迷惑メールについて調べていたらこのようなスレットを見かけました。

これは、私も以前どうにかならないものかと考えたことがありました。

でもルール設定しても毎回メアドもタイトルも変わって迷惑メールは、送られてくるので ルール設定しようがありません。

今は、ほったらかしで貯まったら削除する様にしています。

あらためて何か良い方法が、ないかを考えてみました。

スポンサーリンク

そこで思いついたのが、逆転の発想で迷惑メールをルールで振り分けるのではなく 必要なメールを設定で別のフォルダに移動させてば良い事に気が付きました。

迷惑メールは、毎回メアドもタイトルも変わって送られてくるのでルール化のしようがありません。

しかし必要なメールは、毎回メアドもタイトルもかわりませんから 必要なメールをルール化して振り分ける方が早いです。

どうですか?

目から鱗じゃないですか!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お客様宛にお荷物のお届にあがりましたが不在の為持ち帰りました!宇和島にSMSで知らせる業者おるか?

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

2019年11月12日15時44分SMSが、届いた事を知らせる音がiPhoneから聞こえました。

そのSMSを見ると「お客様宛にお荷物のお届にあがりましたが不在の為持ち帰りました。下記よりご確認ください。」 rre89.tumblr/com

というメッセージが届きました。

詐欺SMS
詐欺SMSメッセージ

まず私は、店舗兼住宅で仕事をしていますので普段の日なら家にいますので この ようなSMS メッセージが、届くのはおかしく すぐに詐欺ではないかと疑いました。

そこでこのメッセージに書かれてるURLを ネットで検索してみるとヒットしました。

やはりフィッシィング詐欺メッセージで実在する企業になりすまして個人情報を詐取するようです。

スポンサーリンク

そう言えば以前も似たような詐欺がありましたね。

たしか佐川急便や日本郵便でもありました。

これらフィッシング詐欺サイトは、iPhoneの場合はApple IDやパスワードなどの個人情報を不正取得するフィッシング詐欺ページが表示され、Androidの場合は不正なアプリのインストールを目的としたページが表示されます。

指定されたURL先でメールアドレス・ID・パスワードを入力させて個人情報を盗むようですので絶対に入力しないようにして下さい。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Amazonプライムを騙る偽メール

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Amazonプライムを騙る偽メールが届きました。

メール自体は、Amazonのメールによく似せていますので騙される人もいるかと思います。

偽メールの見分け方ですが、メールの内容の中に「Amazon ログイン」というリンクが貼り付けてあります。

ここへマウスを重ねるとURLが、表示されます。

このURLを見ると本物か偽物か判別が可能です。

今回届いた内容に貼り付けられているURLを確認しますと「https://www.amazon.co.jp.am2onesos1ces.gq」となっています。普通AmazonのURLであれば「 https://www.amazon.co.jp /」のように「 .jp 」の後ろに「/」 が入ってあとにURLが続くはずですが、この偽メールには、 「 .jp 」の後ろに「/」 が、入らずに「.」になっています。

これは、どういう意味かというとAmazonのドメインは、    「 amazon.co.jp 」なのですが、この偽メールのドメインは、  「 amazon.co.jp.am2onesos1ces.gq 」このように長いドメインとなっていますのでAmazonとはまったく別のドメインであることがわかります。

スポンサーリンク

Amazonの本物のドメインは「 .co.jp 」なのに偽物は、「 .gq 」となっています。「 .gq 」は、 赤道ギニアに割り当てられたドメインです。

今回送られてきたAmazonの偽メールは、以下の内容でした。

あなたも騙されないように気を付けて下さい。

Аmazon お客様 

残念ながら、あなたのアカウント Аmazon を更新できませんでした。
これは、カードが期限切れになったか。請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由で発生する可能性があります。 アカウント情報の一部が誤っている故に、お客様のアカウントを維持するため Аmazon 情報を確認する必要・ェあります。今アカウントを確認できます。
Аmazon ログイン なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に遺憾ながら、アカウントをロックさせていただくことを警告いたします。 パスワードを変更した覚えがない場合は、至急(03)-5757-5252までお電話ください。

お知らせ:              パスワードは誰にも教えないでください。   個人情報と関係がなく、推測しにくいパスワードを作成してください。                大文字と小文字、数字、および記号を必ず使用してください。                 オンラインアカウントごとに、異なるパスワードを使用してください。
どうぞよろしくお願いいたします。
Аmazon

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク