「医療関係」カテゴリーアーカイブ

「真面目な人」が、この病気にかかるのが特徴です!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

昨日は、午前中仕事を休んで認知症の母を市内の病院に連れて行きました。

今までは、市外の病院に連れて行っていたのですが、母も長い時間車に乗るのもしんどいので 市内の病院が良いだろうという事で市内の病院を替わりました。

今までは、上の妹に市外の病院へ連れて行ってもらっていたのですが、妹の都合がつかず私が連れて行く事になりました。

市内の病院ですから 朝早く家を出た事もあり病院に一番乗りできました。

今までは、妹が脳神経外科の病院へ連れて行っていたので 母の正式な病名を 私は直接医師から聞いた事がなかったのでこの際だから医師にお聞きしました。

すると母の正式な病名を聞いたら「レビー小体型認知症」で「パーキンソン症状」を 伴っていると言われました。

そして医師が、「お母さんは真面目な人でしたか?」

と訊くので私は「はい、真面目な人です。」と答えました。

すると医師が、「真面目な人」が、この病気にかかるのが特徴です。

という事でした。

それを聞いた私は、「が~ん!」

自分で言うのもなんなんですが、私も「真面目な人」なので

なんか私の将来を診断された気がしました!(^^;)

 

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

「レビー小体型認知症」と「パーキンソン症状」というのをネットで調べてみました。

「レビー小体型認知症」とは、原因は不明で、脳の広い範囲にレビー小体という異常な蛋白がたまり、脳の神経細胞が徐々に減っていく進行性の病気だという事です。

1990年代の後半になって広く知られるようになった比較的新しい病気という事です。

症状は、時間や場所、周囲の状況に対する認識や会話をした際の理解力など、悪い時と良い時の差が目立つという症状だという事です。

また幻視は、実際には存在しないものが見えるという症状ですが、人や子供が見えると言われることが多いそうで また幻視は夜間に多くなるということです。

パーキンソン症状は、体や表情が硬くなり体の動きが減り、運動がぎこちなくなり、手が震え、姿勢が前傾になって、バランスを崩しやすくなり、小股で歩く、突進して止まれなくなるなど、いくつかの運動症状が出現する状態になるということです。

この説明を読んで手の震えは無いものの母の症状とあっています。

また立ちくらみや失神、便秘などの自律神経症状が起こることもありそのほか、誰かがいる気配がすると感じたり、家族が偽物だと思ったり、自分の家ではないと思ったりする妄想が出ることもあるという事です。

やはり母も自分の家ではないと思ったりする事があります。

いきなり「もう帰るよ!」と私に言ってくる事もありました。

そして「知らない人が、2階にいる!」とか 今は、そういう母の幻視を楽しむ事にしました。

今日は、どんなものが見えてるんだろうと。

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

国内用ワクチンパスポートは、社会復興を進めるためのツール

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

国内用ワクチンパスポートを作るという話ですね。

経団連では、「ワクチン接種記録(ワクチンパスポート)の早期活用を求める」提言を行い、割引や特典付与、国内移動やツアーでの活用、優先入場、活動制限の緩和を求めているようですね。

ワクチンを接種している人は、ワクチンパスポートは賛成でしょうけど接種をしていない人は、それは不公平だという事で反対される人もおられるでしょうね。

国内用ワクチンパスポートって接種後の有効期限っていつまでなんでしょうね?

ワクチン接種しても抗体が、いつまでも持続できるわけじゃないですからね。

またワクチン接種しているからと言って 感染しないというわけでもないようですしね。

ただコロナにかかっても ワクチン接種者であれば重症化しにくいというだけの事ですよね。

要は重症化しにくい人には、どんどん動いてもらって社会復興を進めもらう狙いがあるんでしょうね。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

ワクチンパスポートは、ワクチンを接種された方に社会復興を進めてもらうためのツールなんだと思います。

なのでワクチン接種をしてない人は、感染しそうな場所に行って感染すると危ないので行かない様にしてね!ということなんでしょうね。

もし有効期限があるなら接種するのはワクチンパスポートが、始まってから接種する方が良いかも知れませんね。

ワクチン接種して抗体が、できるのは1週間後だったですかね。

2週間だったかな?

それじゃぁ 2回目接種して2週間後からワクチンパスポートは、有効になるということでしょうかね。

もし有効期限があるなら8月に接種している私は、ワクチンパスポートを使えるようになっても使える期間が少なくなるか直ぐに期限切れになるかもしれませんね(^^;)

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ワクチン接種したくない派だった私が2回目接種を終えて!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

ワクチン接種の話が、出た頃私も嫁さんも接種したくないと思っていました。

その理由は、急いで作られたワクチンという事と治験についても時間をかけていないという事で信頼できなかった事が理由です。

そして宇和島市では、感染者があまり出ていなかったので 自己防衛していれば感染する事も無いと思っていましたので リスクを取って ワクチンを接種する事もないという考えもありました。

そんな私が、なぜワクチンを接種する事になったのかですが、宇和島でも感染者が、ボツボツと出始めたという事もありました。

私は、理容師をしていますのでいろんなお客様が、来店されますので宇和島市でも感染者が、増えて来ると感染確率が上がります。

なのでこの頃からワクチン接種を考えるようになりました。

もうその頃は、世界でもまた日本でもファイザーワクチンが、接種されるようになっていました。

そして宇和島市でもワクチン接種が、はじまり私の嫁さんも医療従事者ということで一般の人より早く接種をしなくたは、ならなくなり同僚が、接種するなか自分だけ接種しないというわけにもいかなくなり接種したようです。

カットに来店されるお客様なども接種された方も来店されるようになり そのお客様の話などを聞いて大丈夫そうだなと自分なりに確信しましたのでワクチンの予約をすることになりました。

ワクチンを接種して亡くなられた人も居るという情報も聞きましたが、私の身近な人では、そういう人はいなかったので自分も大丈夫だろうという安易な思いもありました。

宇和島でもワクチンの予約をするのに電話が、繋がらずなかなか予約できない人もいるという話を聞いて ワクチンを希望する人が、多いという事は理容店をしていて店主が、ワクチンを接種していないという事は、お客様も気にするのではという事も考えました。

お客様も安心して来店してもらうには、ワクチン接種しておく方が良いかなという事も考えました。

そういう理由でワクチン接種したくない派だった私が、接種することを決断しました。

どうせワクチン接種するなら日本でも数多く接種しているファイザーが良いなと思いました。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

言ってみれば日本でファイザーを接種された人は、私から見れば治験したのと同じことですからファイザーなら自分なりに信頼できるワクチンだと思いファイザーが接種できる内に早めに予約しておこうという動機付けにもなりました。

私の家族では、3番目のワクチン接種となりました。

1番は、嫁さんで2番目は、母で3番目が、私です。

次女は、10月に接種する予定のようです。

1回目の接種は、接種した腕が、筋肉痛のような感じで発熱とか倦怠感もありませんでした。

多くの人が2回目に副反応が、出やすいということで 2回目の接種は、私もちょっと気になっていましたが、1回目と同じく筋肉痛だけで発熱とか倦怠感もありませんでした。

なので逆に ホントに効いてるのかという心配があります。

ただ個人的に良かった副反応がありました。

20年前から24時間365日呑気症に悩まされていましたが、その呑気症が、ワクチン接種をして24時間症状が治まった事です。

最初は、偶然かと思いましたが、2回目のワクチン接種でも同じ様に24時間だけ症状が治まりましたので偶然では、無かったようです。

なぜワクチン接種をして呑気症が、24時間だけ治まったかの原因はわかりませんが、ワクチン接種した腕の筋肉痛のせいで 神経が、そちらの方へ行って呑気症が、治まるのかなとそんな事を想像しています。なので筋肉痛が、治まって来るとまた呑気症の症状が出だすのかなと自分なりに仮説を立てると辻褄が合う様な気がします。

今のところワクチンを接種したことで具合が、悪くなったということはありません。

ただ将来の事はわかりませんが。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2回目のワクチン接種を完了しました!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

8月23日は、2回目の新型コロナワクチン接種日でした。

接種場所は、1回目と同じで近所の小林小児科です。

2回目ワクチン接種

歩いて1分の場所です。

ネットで取った予約時間は、15時30分でしたが、1回目のワクチン接種後に頂いた次回予約時間は、15時から16時の予約となっていました。

なので15時前に小林小児科へ向かいました。

受付をして少し待つと私の名前が、呼ばれ診察室へ入りました。

そして1回目と同じく変わった事は、無いか聞かれて「別にありません。」というと看護師さんから、どちらの腕にするか聞かれましたので前回と同じく左腕にワクチン接種して頂きました。

この間1分もかからない程で終わりました。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

診察室を出ると30分まで待合室で休んで下さいと看護師さんから言われ時計を見ると前回は、15分ほどでしたが、今回は25分ほど待合室で休むことになりました。

休んでいると看護師さんが、前回のように「今回もファイザー社のワクチンを打ちました。」と言って接種証明書と薬を持って来られ接種証明書は、再発行されませんので無くさないように保管しておいて下さいと言われました。

そして時間が、来るまでは休んでいてくださいと念を押されました。

休んでいる間、別に異常もなく時間がきましたので病院をあとにしました。

私の個人的ワクチン接種の興味は、1回目のときに20年間続いている喉の症状呑気症どんきしょうが、1日だけでも治まったので あれは、偶然だったのかそれとも必然だったのかを確かめるためにも2回目のワクチン接種は、絶好のチャンスです。

果たしてどういう結果がでるのかが楽しみです!

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

頻繁に喉からこみ上げる「うっ!」となるげっぷのようなしゃっくりのような症状

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

もう20年も前から起きている症状で365日毎日頻繁に喉からこみ上げる「うっ!」となるげっぷのようなしゃっくりのような症状に悩まされています。

以前は、市が行う健康診断でもその事を訴えたことがあったのですが、食事をする時に空気を一緒に飲み込んでいるんだろうと言われました。

しかしこの症状は、食後とは関係なく1日中起こります。

最近になってやっとネットで調べてみると私と同じ様な症状で悩んでいる人も居る事がわかりました。

この症状は、「呑気症どんきしょう」または「空気嚥下えんげ症」というようです。

今までは、こういうった症状名も知りませんでした。

「呑気症は機能性胃十二指腸障害の一つと言われていて、胃潰瘍のような粘膜に傷ができることで起こる病気ではないため、『ここからが病気』との線引きが難しいんだそうです。

一番は、ストレスが原因となることが多く、症状には波があり症状が長期化したり悪化したりしないと病院にかからない人も多いのが現状だということです。

前回、ブログにも書きましたが新型コロナワクチン接種の1回目を受けた時に なんと365日毎日起きていた症状がおさまり喜んでいましたら、2日目から少し症状がでるようになり3日目で元に戻ってしまいました。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

一体あれは、何だったんだろう?

という思いがあります。

以前、ホルモン治療で薬を飲んでいる時に五重肩の痛みが、取れたことが、ありましたので今回のワクチン接種で 喉の症状が治まれば良いなという事は思っていました。

それが、自己暗示となり1日だけ効果があったという事なのでしょうかね。

今日、23日は2回目のワクチン接種日です。

今回も1日だけ喉の症状が治まるのか それとも今回はそういった事は起こらないのか?

もし起こらなければ、一回目のあれはただの偶然だったという事になりますね。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク