「LINE」カテゴリーアーカイブ

LINE「Keep」8・28で提供終了へ「バックアップしてください」

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

LINE「Keep」8・28で提供終了へ「バックアップしてください」という記事をネットニュースでみました。

私としては、LINE「Keep」って何?

でした。

そこでLINE「Keep」について検索してみると下記のような事が書かれていました。

●LINEで扱うファイルがほぼ全て保存できる
Keepできるデータは、写真のほか、テキストや動画、音声メッセージ、さらにはWordやExcelなどのファイルも対象です。

●最大保存容量は1GB
Keepに保管できる容量は合計1GBまでです。

●保存期間はないが1ファイルが50MBを超える場合は保存期間が30日間に制限
50MBを超えるファイルは、30日間までしか保管されませんが、それ以下のデータについては無期限で保管し続けることができます。
動画などの大きなファイルをストックするのには向きませんが、一般的な画像やテキストの保管には充分です。

という事でした。

私の場合は、保存したい写真や動画が有った場合は、ダウンロードしてiPhoneのアルバムに保存していました。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

LINEは、使っていますが、家族で使う事が多くてLINEの機能については、あまり分かっていません。

なのでいざ友達登録をしよとすると「どうすんだっけ?」と 迷ってしま事が有ります(^^;)

なのでLINEの操作で分からない事があれば娘に聞くという感じでした。

今回は、LINE「Keep」が、8月28日でサービスの提供が終了してしまうのでバックアップを取って下さいという事でした。

私は、今までLINE「Keep」は、使っていなかったのでサービスの提供が終了しても問題はないようです。

今回の事で LINEのバックアップ設定で自動でバックアップできる事も今頃知りました(^^;)

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEで送られてきたQRコードから支払いする方法

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

ハサミを研ぎに出していましたら いつもならハサミが、返って来たときに支払い用のQRコードが、同封されていましたのでそれをiPhoneで読み取って支払いをしていました。

今回は、初めて支払い用のQRコードがLINEで送られてきました。

最初、LINEで送られてきたQRコードを見てこれを印刷して読み取れという事なのかと思いましたが、下の方へスクロールすると「画面に表示されてるQRコードを読み取る方法」というYouTube動画がありそれを再生してみてその通りに試してみたのですが、上手くいかず その事を相手に伝えるともう一つの方法を教えて頂きました。

1,QRコードの画像をタップする。

2,右下の下向きの矢印をタップして保存する。

3,アルバムを開いてQRコードの画像を開く。

4,右下横に出るマークをタップして青くする。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

5,青くなったらQRコードの画像をタップする。

6,すると下にメニューが、表示されるのでsafariで開くを選ぶ。

7,PayPayが、の支払い画面が開くのでそこから支払いをする。

最近まったくPayPayを使ってなかったんですが、こういう支払い方法もあるんですね。

段々と付いていけなくなりそうな気がしてきました。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

当サロンではLINE Payのご利用を一時取りやめます!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

メッセージアプリ「LINE」のユーザー情報が、アプリのシステム開発を請け負う海外の子会社からアクセスできる状態になっていた問題を受け、LINEは3月23日、コミュニケーション関連機能の開発や保守、運用について中国での業務を終了すると発表したということです。

これまで韓国のデータセンターのサーバーに保存していた画像や動画などのデータを、日本に移転するということです。

以前から「LINE」を使ってやり取りすると韓国に情報が抜かれるという話はありましたが、韓国にサーバーがあったからなんですね。

韓国に情報が抜かれるという話を聞いて以前友達にLINEしたときにメッセージの一番最後にハングルで「竹島は、日本の領土です」と書いて送った事が有りました(笑)

また「LINE」は、日本が作ったアプリか韓国が作ったアプリかという論争もありましたね。

よくわからないけど「LINE」は、日本と韓国両方がかかわっている事はたしっかなようですね。

とりあえず当サロンで取り扱っていますLINE Payにつきましては、韓国にあるサーバーが、日本に移転されるまでは、ご利用を一時取りやめにさせて頂きます。

理由は、韓国にあるサーバーを 日本に移すということですから その作業中になにかのトラブルが、起きる可能性もあるので その時にお金のやり取りしてるときにトラブルでエラーになると困りますので日本に完全に移す作業が終了するまではうちでは、取り扱いを一時中止します。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

でも韓国にあるサーバーを日本に移転ってどやってするんでしょうね。

韓国のサーバー自体を 日本に運ぶということはないでしょうね。

日本のサーバーの空きスペースにLINEデータを入れるといっていたので韓国のサーバーのデータのバックアップを取ってそのバックアップデータを 日本のサーバーにいれるんでしょうね。

もしそうした場合韓国のサーバーに残っているLINEのデータはどうするんでしょうね?

削除するのでしょうかね?

 

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

現金一切持たず、スマホ決済だけでは不安!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

都会の方では、スマホだけを持ち財布を持たない人もいるとか聞きます。

つい最近のことなのですが、エースワンではPayPayが使えるという事で 買い物をするたびに支払いはPayPayでしていました。

すると先日のこと一応レジに並ぶときにPayPayのアプリを立ち上げるのですが、今回はレジで待っている人がいなくて直ぐに私の会計をする事ができたのですが、iPhoneの画面を見てるとPayPayのアプリが、なかなか立ち上がってくれません。

レジ係も 私の買った商品の会計もすんで私の支払い待ちの状態となりました。

しかしPayPayの画面表示には、なっているのですが、立ち上がりきらずにQRコードのスキャンのアイコンが、表示されません。

 

だんだん焦って来て レジ係に「PayPayのアプリが、調子がわるようなので一度再起動してみます。」と言って再起動してまたPayPayのアプリを立ち上げたのですが、やっぱりアプリが、なかなか立ち上がり切りません。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

PayPay

またレジ係に アプリが、立ち上がらないことを言うと他のレジ係を呼んでこられ 私のiPhoneを覗き込み「これは、一度ドコモに見せた方がいいですね。」と言われました。

私のは、ドコモではないのですが、まあそれは置いておいて もうこうなるとPayPayは諦めて 現金で支払うことにしました。

ということで いっときレジを止めてしまう事になりましたが、私の後に 待ってる人は、居なかったので良かったです。

家に帰って調べていると原因は、iPhoneの容量不足が原因でした。

こういうトラブルが有る事を考えると やはり財布の持ち合わせも必要ですね。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「TikTok」が、日本でも使えなくなるかも!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

自民党の「ルール形成戦略議員連盟」は、個人情報が中国側に漏洩する恐れがあるとして、動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」を念頭に中国発のアプリの利用を制限するよう政府に提言する方針を固めました。

ティックトックは、中国企業が手がけた携帯端末向けアプリで、短時間の動画の編集、投稿ができることから若者を中心に世界的な人気を集めています。

アメリカでもポンペオ国務長官が今月、中国アプリの利用により、個人情報が中国に渡る恐れがあるとの認識を示しアメリカ国内で使用禁止にすることを検討していると表明しています。

そしてインドではサイバー空間の安全確保のためとして、既に使用禁止としています。

なぜTikTokがこれほど個人情報が中国に渡ると恐れられているのかですが、TikTokに限らずFacebookにしろTwitter にしろLINEにしろ個人情報は、これらを運営する企業に取られています。

FacebookやTwitter やLINEに渡る個人情報は、その企業内だけで利用されています。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

もしFacebookやTwitter を運営企業にアメリカ政府からその情報を提出するように要請されたとしても断ることができます。

しかし中国企業の場合は、中国共産党から情報を提出するように要請された場合断ることができません。

中国では、憲法序章において国家は中国共産党の指導を仰ぐとしており、実質的に共産党が国家の上に位置づけられているからです。

中国共産党は、憲法よりも上の強い立場にありますから 中国共産党から中国企業が、情報の提供を要請されたらそれに従わなければ犯罪者となってしましますので従わざるおえません。

なのでいくら中国企業が、個人情報を中国政府に渡すことは無いと言ってもそれは信用できないということですね。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク