「超常現象(心霊・UFO・超能力)」カテゴリーアーカイブ

米国防総省UFO調査部署「Xファイル」組織設立へ

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

米国防総省が、UFOを調査する組織を設立する予定だとの報道がされています。

報道によると、米国防総省内に「空中物体識別・管理・同期グループ(AOIMSG)」を新たに設立される事が明らかになりました。

米政府と軍当局はUFOは実体がないという立場を明らかにしながらも内部的に数十年間UFOの正体を把握するための秘密プロジェクトを運営してきていたという事です。

しかしこれからは、公式組織を新設してUFOに対する調査を進めるということです。

でもなぜ今、UFOに対する調査を進める公式組織を新設する事になったのでしょうね?

この組織は米海軍内に作られた「未確認航空現象(UAP)究明タスクフォース(TF)」を継承するという事です。

国防総省は「新組織は『特殊用途空域(SUA)』内で関心対象を識別して航空機の安全と国家安全保障の危険を評価・緩和するために他の部署と調整する役割を果たすことになる」と説明しているようです。

UFO公式組織を新設したのは、他の部署とも連携を取りやすくするためなのでしょうかね。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

国防総省は今年6月、情報当局のUFO関連報告書を公開してから約5カ月後に関連組織を構成することになり当時、国家情報局長室は2004年から今年まで軍用機によって観測された144件の正体不明飛行体に対する分析結果を発表しました。

そして米当局はUFOの代わりにUAPという用語を使っています。

UFOといったら地球外生命体の乗り物というイメージが強いですからね。

それに物体なのかという確証もありませんしね。

報告書には一部のUAPは、確認可能な推進力の手段もなく 風の中で停止状態にあるか、突然動いたと思ったら相当な速度で移動するなど地球上の技術では不可能と思われる先端技術を見せたという評価がまとめられているという事です。

報告書はあわせて「UAPは米国家安保に脅威になりうる」とし「一つだけで説明するには不十分な現象」と記述してりうようです。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

口裂け女の噂の広がらなかった県

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

口裂け女は、ご存じでしょうか?

ウイキペディアによると1976年春から夏にかけて日本で流布され、社会問題にまで発展した都市伝説です。と書かれています。

口裂け女とは、

口元を完全に隠すほどのマスクをした若い女性が、学校帰りの子供に 「私、綺麗?」と訊ねてくる。

「きれい」と答えると、「これでも?」と言いながらマスクを外す。

するとその口は耳元まで大きく裂けていた、というもの。

もし「きれいじゃない」と答えると包丁や鋏で斬り殺される。

私の記憶に残っているのが、私が高校生の頃に「口裂け女」が、話題になっていたような気がします。

ちょっと前に「口裂け女」の事をテレビの番組でやっていました。

最初に「口裂け女」の話が、発生したのは、岐阜の鏡島大橋だそうです。

当時は、まだSNSも無かった時代になぜ「口裂け女」の話が全国に広がったのか。

最初に岐阜で発生した「口裂け女」の話が、滋賀と愛知そしていきなり長崎へ飛び火したという事です。

なぜいきなり長崎なのか?

全国の7割の絹織物を取り扱っていた卸問屋が岐阜にあったという事です。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

当時集団就職で岐阜に来た縫子さんの間でも話題となっていて 縫子さんが帰省した時に家の人に口裂け女の話をしてそれが、九州へと広がっていったそうです。

全国から絹織物を買い付けに来ていた業者さんも その話を聞いて全国へ広まっていったそうです。

それが、深夜ラジオで取り上げられていろんなリスナーから口裂け女の話が、ハガキでラジオへ送られてきて「口裂け女」の色んなバリエーションの話ができたという。

テレビで紹介されていた口裂け女の話は、全国に広がっているのにただ1つの県だけは、その地図から抜け落ちていました。

その県では、なぜ口裂け女の話が広がらなかったのかなと不思議に思いました。

その県とは、宮城県です。

日本地図

なぜ宮城県だけ抜け落ちているのか不思議でした。

番組では、その説明はありませんでした。

そう言えば コロナも最後まで広がらなかった県が、その隣の県にありましたね。

宮城県の隣の岩手県でしたね。

なんか不思議に感じました。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

素粒子物理学の視点から考える幽霊の正体は?!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

最近では、アメリカ政府は、UFO(未確認飛行物体)について、軍が分析した報告書を公表するようになり、140件以上の目撃情報があったと明らかにしました。

今回は、UFOの話ではなく幽霊の話になります。

今から100年以上も前に「魂の重さ」を計ろうとしたダンカン・マクドゥーガル博士という医師がいました。

マクドゥーガル博士は、入院している瀕死の結核患者が横たわるベッドを当時の最新型の精密な秤で計量し、死の直後の体重の変化を調べていたということです。

記録によればマクドゥーガル博士は6人の末期患者を計量し、死の瞬間に立会ったといいます。

ではいったい何の目的で、死の前後の体重の変化を調べたのでしょうか。

それは死後に肉体を離れていく「魂の重さ」を割り出すためだったのです。

博士は死後に失われる体液やガスも考慮に入れて入念に計算し、人間の「魂の重さ」は4分の3オンス、つまり「21グラム」であると結論づけました。

その後1911年に再び実験をしました。

その実験では魂の重さを計るのではなく、魂の写真を撮影するというものでした。

つまりマクドゥーガル博士は次の段階の実験として患者の死の瞬間を撮影していたのです。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

十数人の末期患者の死に立会い、実際に死の瞬間を撮影すると死の瞬間の人間の頭部には「星間エーテル」にも似た光が取り巻いているということです。

この光が肉体から離れていく「21グラムの魂」であるということです。

ちなみに星間エーテル(interstellar ether)とは中世の物理学の概念である「エーテル理論」に基づく天界を構成する物質のことでもちろん現代の科学では否定されています。

そして現代では、幽霊の正体の仮説としてアクシオンではという仮説もあります。

アクシオンは中性で非常に微小な質量で(質量ゼロではない)、従来の物質とは相互作用しません。

「奇妙な光子(strange photon)」とも呼ばれ、理論上の予測では、アクシオンが実際に存在するならば、電磁場で光子に変化したり戻ったりすると考えられています。

電磁場で光子に変化したり戻ったりするというのは、まさに現れたり消えたりする幽霊そのものです。

そして幽霊は電磁場の強いところで現れるというのもよく聞く話です。

まだ発見されていない超対称性粒子やアクシオンといったダークマター(暗黒物質)の候補となる理論上の粒子が存在すれば人間が発見できていない素粒子で幽霊が構成されているかもしれませんよね。

ヒッグス粒子の存在の予測はされていたものの長年確認されていませんでしたが、2012年にはスイス・ジュネーブ郊外に設置されている大型ハドロン衝突型加速器(LHC)で発見されたようにアクシオンといったダークマター(暗黒物質)が、発見されれば幽霊も科学的に証明される日が来るかもしれませんね。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

かぐや姫解散コンサートで「私にも聞かせて」の心霊の声が!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

かぐや姫の解散コンサートで録音されたテープに女性の声で「私にも聞かせて」という音声が、入っていました。

これは、有名な話で私も実際にこの音声テープを持っていて そのテープを聞いてハッキリと「私にも聞かせて」と女性の声が聞こえた事は確認しています。

これにまつわる話で 私が、聞いた話では、かぐや姫の解散コンサートへ向かっていた女性が、途中で事故にあって亡くなられたという事で その女性の「解散コンサートを観たかった」という思いがテープに録音されたのではという事を聞いた事が有りました。

最近この事についてネットで調べてみると 私が、聞いた話とは違う「私にも聞かせて」の女性の声にまつわる話がありました。

それは、解散コンサートの半年ほど前にさかのぼります。

病気を抱えていたかぐや姫の女性ファンが、かぐや姫メンバーの南こうせつさんのラジオにハガキを出されたということです。

「最後の解散コンサートに行こうと思ってチケットも買ったのですが、重い病気を持っているので、コンサートに行けるかどうかわかりません」というものでした。

南こうせつさんは、病気の女性を励ましましたが、残念ながら彼女は亡くなってしまったそうです。

解散コンサートからしばらく経って、録音したテープにある異変があることにスタッフの一人が気づいたそうです。

コンサートを録音したテープには、不自然な女の声が録音されているということでした。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

MCが終わり、拍手が観客席から聞こえてくる瞬間に、

「私にも聞かせて・・・」

と、細い声ながら、はっきりとした音声でテープに入っていました。

そしてこれは、私も聞いた事のなかった話でしたが、「私にも聞かせて・・・」この音声テープを逆回転させると、「私もそこに行きたかった・・・」と聞こえるというのです。

(0:35)辺りから「私にも聞かせて・・・」の音声が聞こえてきます。

(0:02)辺りから「私もそこに行きたかった・・・」の音声が聞こえてきます。

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

UFO遭遇時の自衛隊機の対応で河野前防衛相が指示

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

河野太郎前防衛相は、自衛隊が未確認飛行物体(UFO)などに遭遇した場合の対処方法をまとめ、同省や自衛隊に指示したというニュースを聞いて これは米国防総省がUFOの可能性がある映像を公開したことを受けての対応だと思いました。

これは、アメリカから日本の自衛隊もUFOの情報を収集するよにとの要求があったのでしょうかね?

 対象物は、UFOやドローンなども含めて「我が国の防衛および警備に影響を及ぼす恐れのある空中における識別不能の物体」と定義して遭遇した場合は、報告した上で「可能な限り写真撮影等の記録に努め、必要な分析を行う」ことを求めているという事です。

 河野氏は、「万が一、遭遇した時の手順をしっかり定めたい」としているということです。

また河野氏は、UFOは信じていないとも言っていたようです。

信じてないというのは「地球外生命体」による「未確認飛行物体」という意味でのUFOの事でしょうね。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

UFOすなわち「未確認」の「飛行物体」に関しては日本を防衛する自衛隊としては真剣に考えなければなりません。

ロシアや中国が、公表されていない未知の偵察機を日本の領空内に送り込んできて詳細がわからなかった場合もそれは未確認飛行物体、すなわちUFOですからね。

もし「地球外生命体」が、UFOで地球を侵略しにきたらその時は、世界が手を取り合って一つになれるんでしょうね!

そんな時でも日本は、憲法9条の制約を受けながら戦わないといけないのでしょうね!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク