「超常現象(心霊・UFO・超能力)」カテゴリーアーカイブ

素粒子物理学の視点から考える幽霊の正体は?!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

最近では、アメリカ政府は、UFO(未確認飛行物体)について、軍が分析した報告書を公表するようになり、140件以上の目撃情報があったと明らかにしました。

今回は、UFOの話ではなく幽霊の話になります。

今から100年以上も前に「魂の重さ」を計ろうとしたダンカン・マクドゥーガル博士という医師がいました。

マクドゥーガル博士は、入院している瀕死の結核患者が横たわるベッドを当時の最新型の精密な秤で計量し、死の直後の体重の変化を調べていたということです。

記録によればマクドゥーガル博士は6人の末期患者を計量し、死の瞬間に立会ったといいます。

ではいったい何の目的で、死の前後の体重の変化を調べたのでしょうか。

それは死後に肉体を離れていく「魂の重さ」を割り出すためだったのです。

博士は死後に失われる体液やガスも考慮に入れて入念に計算し、人間の「魂の重さ」は4分の3オンス、つまり「21グラム」であると結論づけました。

その後1911年に再び実験をしました。

その実験では魂の重さを計るのではなく、魂の写真を撮影するというものでした。

つまりマクドゥーガル博士は次の段階の実験として患者の死の瞬間を撮影していたのです。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

十数人の末期患者の死に立会い、実際に死の瞬間を撮影すると死の瞬間の人間の頭部には「星間エーテル」にも似た光が取り巻いているということです。

この光が肉体から離れていく「21グラムの魂」であるということです。

ちなみに星間エーテル(interstellar ether)とは中世の物理学の概念である「エーテル理論」に基づく天界を構成する物質のことでもちろん現代の科学では否定されています。

そして現代では、幽霊の正体の仮説としてアクシオンではという仮説もあります。

アクシオンは中性で非常に微小な質量で(質量ゼロではない)、従来の物質とは相互作用しません。

「奇妙な光子(strange photon)」とも呼ばれ、理論上の予測では、アクシオンが実際に存在するならば、電磁場で光子に変化したり戻ったりすると考えられています。

電磁場で光子に変化したり戻ったりするというのは、まさに現れたり消えたりする幽霊そのものです。

そして幽霊は電磁場の強いところで現れるというのもよく聞く話です。

まだ発見されていない超対称性粒子やアクシオンといったダークマター(暗黒物質)の候補となる理論上の粒子が存在すれば人間が発見できていない素粒子で幽霊が構成されているかもしれませんよね。

ヒッグス粒子の存在の予測はされていたものの長年確認されていませんでしたが、2012年にはスイス・ジュネーブ郊外に設置されている大型ハドロン衝突型加速器(LHC)で発見されたようにアクシオンといったダークマター(暗黒物質)が、発見されれば幽霊も科学的に証明される日が来るかもしれませんね。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

かぐや姫解散コンサートで「私にも聞かせて」の心霊の声が!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

かぐや姫の解散コンサートで録音されたテープに女性の声で「私にも聞かせて」という音声が、入っていました。

これは、有名な話で私も実際にこの音声テープを持っていて そのテープを聞いてハッキリと「私にも聞かせて」と女性の声が聞こえた事は確認しています。

これにまつわる話で 私が、聞いた話では、かぐや姫の解散コンサートへ向かっていた女性が、途中で事故にあって亡くなられたという事で その女性の「解散コンサートを観たかった」という思いがテープに録音されたのではという事を聞いた事が有りました。

最近この事についてネットで調べてみると 私が、聞いた話とは違う「私にも聞かせて」の女性の声にまつわる話がありました。

それは、解散コンサートの半年ほど前にさかのぼります。

病気を抱えていたかぐや姫の女性ファンが、かぐや姫メンバーの南こうせつさんのラジオにハガキを出されたということです。

「最後の解散コンサートに行こうと思ってチケットも買ったのですが、重い病気を持っているので、コンサートに行けるかどうかわかりません」というものでした。

南こうせつさんは、病気の女性を励ましましたが、残念ながら彼女は亡くなってしまったそうです。

解散コンサートからしばらく経って、録音したテープにある異変があることにスタッフの一人が気づいたそうです。

コンサートを録音したテープには、不自然な女の声が録音されているということでした。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

MCが終わり、拍手が観客席から聞こえてくる瞬間に、

「私にも聞かせて・・・」

と、細い声ながら、はっきりとした音声でテープに入っていました。

そしてこれは、私も聞いた事のなかった話でしたが、「私にも聞かせて・・・」この音声テープを逆回転させると、「私もそこに行きたかった・・・」と聞こえるというのです。

(0:35)辺りから「私にも聞かせて・・・」の音声が聞こえてきます。

(0:02)辺りから「私もそこに行きたかった・・・」の音声が聞こえてきます。

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

UFO遭遇時の自衛隊機の対応で河野前防衛相が指示

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

河野太郎前防衛相は、自衛隊が未確認飛行物体(UFO)などに遭遇した場合の対処方法をまとめ、同省や自衛隊に指示したというニュースを聞いて これは米国防総省がUFOの可能性がある映像を公開したことを受けての対応だと思いました。

これは、アメリカから日本の自衛隊もUFOの情報を収集するよにとの要求があったのでしょうかね?

 対象物は、UFOやドローンなども含めて「我が国の防衛および警備に影響を及ぼす恐れのある空中における識別不能の物体」と定義して遭遇した場合は、報告した上で「可能な限り写真撮影等の記録に努め、必要な分析を行う」ことを求めているという事です。

 河野氏は、「万が一、遭遇した時の手順をしっかり定めたい」としているということです。

また河野氏は、UFOは信じていないとも言っていたようです。

信じてないというのは「地球外生命体」による「未確認飛行物体」という意味でのUFOの事でしょうね。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

UFOすなわち「未確認」の「飛行物体」に関しては日本を防衛する自衛隊としては真剣に考えなければなりません。

ロシアや中国が、公表されていない未知の偵察機を日本の領空内に送り込んできて詳細がわからなかった場合もそれは未確認飛行物体、すなわちUFOですからね。

もし「地球外生命体」が、UFOで地球を侵略しにきたらその時は、世界が手を取り合って一つになれるんでしょうね!

そんな時でも日本は、憲法9条の制約を受けながら戦わないといけないのでしょうね!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

タクシーに乗せた女性が消える話のルーツ

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

 

はい、こんにちはセイコウです。
いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

今の時期にはちょうど良い話だと思いますので 今日は、「宇和島の幽霊話」をご紹介します。

これは全国的によくある「タクシーの怪」の話ですが、宇和島でも昭和の時代によく噂された幽霊話です。

私の住んでいます宇和島市でもこういう話がありました。

三浦のあるトンネル付近で深夜にタクシーの運転手が、女性のお客さんを乗せました。

運転手が「どちらまでですか?」と聞いたらその女性は、「市立病院までお願いします」という事で タクシーは市立病院へと向かいました。

そして病院について「はい、着きましたよ」と運転手が、後ろを振り返ると 後部座席に乗せたはずの女性のお客さんの姿が無く そのお客さんが座っていた場所のシートがびっしょり濡れていたということです。

この話は、当時宇和島でも有名な話で宇和島に住んでる人なら皆さん一度は聞いた事のある話だと思います。

この話によく似た話は全国にあります。

深夜タクシーが女性のお客さんを乗せ、女性客に告げられた家に到着すると女性のお客さんが「お金を取って来ますので」といってその家の中に入って行きました。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

中々家から出て来ないので運転手は、玄関まで行って呼び鈴を鳴らすと、タクシーに乗せた女性とは違う人が出てきて運転手が事情を話すと「誰もタクシーを使って帰ってきていませんが」と言われます。

「そんなバカな」とタクシーの運転手が言うと その家の人にどんな人だったかと聞かれてタクシーの運転手がその女性の特徴を話すと「それは1年前に死んだうちの娘です」と言われたという話です。

全国ではこれに似た話がいろいろありその他の話では、家まで行かずに途中で消えてしまうというパターンとか女性を乗せた場所は実は、事故の起きた場所であったり、墓地であったりします。

この「タクシーの怪」のルーツは明治期の落語家・三遊亭圓朝によって創作された怪談落語で「真景累ヶ淵しんけいかさねがふち」の怪談落語の「豊志賀とよしがの死」で豊志賀とよしがの幽霊が駕籠かごに乗った話がルーツという説があります。

豊志賀の死

1793年,根津七軒町に住む富本の師匠豊志賀は,出入りの煙草屋新吉と年が離れているがいい仲になる.実は豊志賀は宗悦の長女-1794年,弟子の若いお久との仲を邪推したせいか,豊志賀の顔に腫物.これがどんどん腫れてくる-看病に疲れた新吉が,戸外でお久と出くわす.2人で鮨屋の2階に上がると,急にお久の顔が豊志賀のようになる-びっくりしてお久を置き去りにして勘蔵の家に戻ると,重病の豊志賀が来ている.駕籠に乗せて戻そうとすると,七軒町の隣人がやって来て,豊志賀が死んだという報せ.駕籠にいるはずだと一笑に付して中をのぞくと無人-豊志賀は自害.新吉の妻を7人まで取り殺すという遺書を見つける

はい、という事で今日のブログは以上となります。

いかがでしたでそしょうか?

もし良かったという方は、「いいね」や「シェア」を宜しくお願いします。

コメントも頂けると嬉しいです。

それでは、バイバイ!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

前世や生まれ変わりを信じますか?

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

あなたは、前世や生まれ変わりを信じますか?

テレビの特番などで前世や生まれ変わりの紹介をする事もありますよね。

私も もしかしたら生まれ変わりってあるのかもって考えた事があります。

もしも生まれ変わりが有るとして考えたらどういう理論が成り立つのだろうって考えてみました。

これは、ぜんぜん科学的根拠はありません。

ただの思いつきです。

私が、考えた説は2つあります。

「記憶伝達説」と「意識伝達説」です。

生まれ変わりが、有るとしたらなぜその人が生まれ変わりだとわかるのでしょうか?

テレビでよく紹介されるのは、まだ幼い子供の記憶で その子が、産まれる前の事を親に話すことで 親が、もしかしたらこの子は、生まれ変わりなのではと思うようです。

まずは「記憶伝達説」ですが、もし生まれてきた子供が、父方か母方の血筋のDNAのように血筋の誰かの記憶を受け継いだとしたらどうでしょう。

記憶を伝達する手段として 精子と卵子が血筋の誰かの記憶を保存していると考えます。

受精したときに母方の記憶を受け継ぐか父方の記憶を受け継ぐかが決まるとしたら生まれた子供は、会話ができるようになったら受け継いだ血筋の誰かの記憶の話をするかもしれません。

ただこの理論でいくと父親と母親が、子供をつくるまでの記憶しか記憶の伝達ができませんけどね。

あと「意識伝達説」もまったく科学的根拠のない思いつきです。

人間は、微細な電気信号で身体を動かしています。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

なので意識というのも電気信号が関係してると思います。

この意識の中に記憶も保存されてると考えます。

人が亡くなった時にこの人の記憶を保存した意識のエネルギーが、放出されて新しく生まれる生命に伝達されるのではという「意識伝達説」です。

これなら前世は、完璧ですね。

まあ突拍子もない説ですが。

しかしこの突拍子もない説というのはとても大切です。

宇宙が何でできているかを調べてみると、「陽子」や「中性子」など観測されている物質は全体の約4パーセントにすぎないといいます。

その5~6倍は未知の物質(ダークマター)が占めていると考えられます。

残りはダークエネルギーと呼ばれている正体不明のものだということです。

なのでまだ科学では、解明できない意識のエネルギーが、あると考えるのも有だと思います。(^^)

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク