「Amazon」カテゴリーアーカイブ

孫の誕生日プレゼントをAmazonから送ったら!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

孫の誕生日プレゼントをAmazonから送ったらミスをしてしまいました。

以前送った時は、ギフトオプションの表示があったのですが、今回は、その表示が無く次のページで表示されるのかとボタンを押し進めていったらそれで発送が完了していまいプレゼント用のラッピングをして送る事ができまでんでした。

でも以前は、ちゃんと表示されたのに今回は何故表示されなかったんだろうと 表示を見落としてしまったかなぁ?と

それともカートに入れずに 「直ぐ買う」を選んだのがいけなかったのか?

という事で 長女にこの事を知らせておきました。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

そして昨日、Amazonからのメールを見たら荷物を玄関に置いてる写真が届いたので留守だったのかなと思った!

その事を長女に尋ねたら留守じゃなかったけど 玄関に置いてあったという事でした。

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クレジットカード問題で発送がストップしていた商品が無事届いた!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

先週の金曜日にAmazonで注文していまいした「Lomicallロミコール スマホ スタンド ホルダー」2個が、無事27日に届きました。

このスマホ スタンドは、YouTubeを見ていて あるYouTuberさんが使われていました。

それを見て なかなかデザインも良いスタンドだと思いどこのメーカーが、販売しているのだろうと思い YouTubeに映ってるスマホスタンドを一時停止して スタンドに書いてる名前を読もうとしたのですが、ピントがボケていてよめなかったのでこのスマホスタンドを Googleの画像検索にかけてみました。

すると同じモノが、ヒットして商品名もわかりました。

Lomicall

そこでAmazonからその商品を購入する事にしました。

価格も1500円弱だったので2つ注文をしました。

ところが、クレジットカードの限度額オーバーで 注文が通らず急遽コンビニ払いで対応しました。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

前回書いたようになんとiPhone13Pro 2台分の請求がクレジット会社に行っていて限度額オーバーになっていました。

その「Lomicall スマホ スタンド ホルダー」が無事届きました。

その「Lomicall スマホ スタンド ホルダー」をiPhone13Proのカメラのポートレートモードで取った写真がこれです。
ポートレートモードは、背景をボカシて被写体を際立たせて写真が撮れるモードです。

以前からこういう写真をとりたかったんですよね。

Lomicall スマホ スタンド ホルダー
写真:iPhone13Proポートレートモードで撮影
Lomicall スマホ スタンド ホルダー
写真:iPhone13Proポートレートモードで撮影
Lomicall スマホ スタンド ホルダー
写真:iPhone13Proポートレートモードで撮影

Lomicall スマホ スタンド ホルダー 角度調整可能, 携帯電話卓上スタンド : 卓上 充電スタンド, 横, 縦, スマフォスタンド, アイフォンデスク置き台, aluminium, アイフォン, アンドロイド, 2021 iPhone13 mini pro promax 12 mini 11 Pro Max, 11 プロ マックス XS Max XR X 8 plus 7 7plus 6 6s 6plus 5 5s se se2 第二世代, Xiaomi Redmi Note 8 9 10 pro mi, huawei p20 p30 lite, Xperia, android対応

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クレジットカードが、使えなかった以外な理由

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

先週金曜日にAmazonで 2点の商品をクレジットカード支払いで購入しました。

金額は、3千円弱の商品です。

そして日曜日の夜に気が付いたのですが、Amazonからメールが届いていました。

visa

「お支払いの利用承認が得られませんでした」というものでした。

それによると下記のような内容が書かれていました。

この注文の支払いについて承認が得られなかったことをお知らせいたします。

入力した名前、有効期限、または郵便番号が銀行の情報と一致しないと、カード発行元が支払いを承認しない場合があります。

4日以内に有効なお支払い情報に更新いただけない場合、誠に勝手ながら、ご注文をキャンセルさせていただきます。※

私は、いつもの詐欺メールだろうと思っていましたが、一応確認してみました。

メール内容に貼り付けられている「支払い方法を更新する」のボタンのリンクを確認すると どうも本物のAmazonからのメールのようでした。

本物だとすると対応をしなくてはなりません。

もしかしてまたクレジットカードの有効期限が切れていたのだろうか?

いやそれは、ないはずです。

今月これより前にAmazonでクレジットカードで商品を購入ができていますので。

ということは、何に問題があるのだろうか?

とりあえずAmazonのメールの「支払い方法を更新する」のボタンのリンク先へ行って確認してみる事にしました。

すると住所が、「愛媛県」の次に「宇和島市」の表示がなく「長堀」の町名が、表示されていました。

原因は、これかと思い修正する事にしました。

しかし修正の仕方が、わからず新規の住所を登録して対応してみることにしました。

新規の住所とクレジットカード情報を入力して対応してみましたが、エラーとなり支払いを完了する事ができませんでした。

そこで思ったのが、クレジットカード支払いではなく他の「支払い方法」にしないと駄目なのかと思いその日は、遅くなりましたので月曜日にAmazonに問い合わせる事にしました。

Amazonサイトのヘルプからカスタマーサービスには、amazon.co.jp/contact-us からご連絡いただけます(チャット・電話)を選びます。

次に 電話でのサポートが必要ですか? Amazon.co.jp からお電話いたしますを選びます。

適切な担当者からお電話をいたしますので、お問い合わせの内容を教えてください。より「問い合わせる内容」を選んでその下の「ご注文の商品」にチェックマークを付けます。

「お問い合わせ内容を選択してください」を選んでプルダウンメニューから項目を選んでいきます。

次に「お問い合わせ方法を選択してください」の下の「電話」のボタンをクリックするとこちらの電話番号を入力するフォームがあるので そこへ自分の電話番号を入力します。

電話番号入力フォームの最初に(+81)と表示されています。

81というのは海外から電話をかける場合に必要になる数字で国番号になります。

ということは、海外から電話がかかってくるようです。

(+81)は、「0」の意味になりますので市外局番が、「0895」なら最初の「0」は、入力せずに「895」と入力します。

(+81)895ー〇〇〇〇ー△△△△このような感じになります。

ということでAmazonから電話が、かかってくるシステムになっています。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

入力してクリックすると1分もかからない内に電話がなりあまり待つことなく問い合わせができました。

Amazonの電話の担当者は、日本語のできる外国人女性が対応していました。

そこで確認のために「愛媛県」の次に「宇和島市」の表示がなく「長堀」の町名が、表示されていた事を話すとそれは、クレジットカードでは、問題ではないということでした。

Amazon側でもクレジットカードの利用確認を取ってみましたが、やはりダメだということでした。

仕方がないので 支払方法を変更してコンビニ支払いにする事を申し出ました。

するとこの電話で対応できるというのでさっそくコンビニ支払いに変更してもらいました。

そしてクレジットカードの件は、クレジットカード会社に問合わせて下さいという事でした。

とりあえずコンビニから入金をしてメールを確認すると

ご注文の商品代金をお支払いいただき、ありがとうございました。Amazon.co.jp が発送する商品の場合、お届け予定日に合わせて商品が出荷されますので、発送完了時に送信されるEメールをお待ちください。

というメールが、届き商品の件は、商品が届くのを待つのみとなりました。

次にカード会社へ電話をして確認するとクレジットカードが、使えなかった以外な理由がわかりました。

カードの限度額オーバーとなっていたため使用できなかったという事です。

その限度額オーバーとなた原因は、iPhone13ProをAppleで購入したときにクレジットカードの期限切れになっていた事で今回の件が誘発されていました。

その時にクレジットカードの期限を変更したのですが、直ぐに反映されずに翌日に持ち越しました。

そして新たに注文した時にいきなりiPhone13Pro 2台分の料金が、表示されて 私も驚き台数の選択で1台に変更して注文をかけました。

そして1台のiPhone13Proが、無事送られてきました。

しかしクレジットカード会社には、2台分の請求が行っているという事です。

その中の1台は、仮請求状態となっていてiPhone13Pro2台分の金額が、クレジットカードの限度額を圧迫していたために新たに購入しようとした商品は、限度額オーバーになってしまいクレジットカードが、使えない状態になっていたようです。

そしてカード会社が言うには、もう1台分のiPhone13Proの仮請求状態のモノは、Appleから請求取り消しの連絡が来ると思いますからそれまで待ってくださいという事でした。

取り合えずクレジットカードが、使えなかった理由もわかりましたので一安心しました。

でもこんな事は、はじめてです。

そしてAmazonから来たメールを詐欺メールと思い込んで放置していたら 商品はキャンセルされているとことでした。

あなたもネットで買い物するときは、お気を付け下さい。

その後、カードの限度額を調べてみました。

もう何十年も前に作っていたカードだったので限度額がいくらだったかというのも覚えていませんでした。(^^;)a

調べてみたら20万円でした。

20万円じゃぁiPhone13Pro2台買えません(笑)

でも考えようによれば限度額20万円で良かったのかもしれません。

もし限度額が、それ以上だったとしたらiPhone13Proの2台分の請求がクレジット会社で通ったかもしれませんからね!

昔は、銀行からカードを作ってくれとよく頼まれてクレジットカードは、お付き合いで作っていましたので使う事も無いと思っていましたので盗難の事も考えて限度額も最低で良いと思って作っていました。

まさかネットでクレジットで買い物する時代が、来るとは当時考えもしませんでした。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ちびくろサンボ」が、売られてた!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

Amazonで「ちびくろサンボ」が、売られていました。

黒人差別になるということで絶版になったという事を聞いていましたのですが!

ちびくろ・さんぼ3巻セット

 

「ちびくろサンボ」は、小学生の低学年の頃に学校の本に載っていた記憶がります。

「ちびくろサンボ」で印象に残っているのは、最後トラが、木の周りをグルグル回っているうちに溶けてバターになりその挿絵のトラが溶けてバターになった絵がとても美味しそうに見えた事を記憶しています。

そんな「ちびくろサンボ」の本が、ある時期に黒人差別になるという理由で絶版になったという事を聞きました。

そして日本のマンガの「ジャングル黒べえ」もそのあおりで絶版になったということです。(現在は出版されているようです)

「ちびくろサンボ」を読んだときそんな黒人を差別だなんて考えもしませんでした。

まあ小学生の低学年でしたからね。

「ちびくろサンボ」は、黒人のサンボが主役のお話しです。

どんな内容かというと、かわいい男の子「サンボ」がジャングルでトラに出会い、何度も食べられそうになったとき、それぞれ機転をきかせ生き延びるというものです。

最後には、トラがお互いに喧嘩をはじめ木の周りをグルグルまわりトラ同士が溶けて、バターになってしまいます。

そのバターでサンボは、お母さんにホットケーキを焼いてもらい、家族でたくさん食べたという楽しい空想の物語でした。

こういう内容ですから「サンボ」は、機転の効く頭の良い男の子として描かれています。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

まったく差別とは関係のないお話です。

それでは、なぜ黒人差別ということになったのでしょうか?

それは、主人公の男の子の名前にあったようです。

この男の子の名前の「サンボ」の語源について、従来どういう批判がされていたかというと、スペイン語のZambo で、O脚あるいは猿という意味であるということです。

アメリカでスペイン人が奴隷をさして「サンボ」といっていたということです。

「ちびくろサンボ」の作者のヘレン・バナーマンは、この猿という意味から取ってサンボという名称をつけたという批判を受けていたということです。

しかし名前の問題については、最近、径書房から出されました『ちびくろサンボ速報』の中で、国連関係機関に勤めてインドで長く仕事をしておられた方が、インドのチベット方面のシェルパ族では、「サンボ」というのは、日本で言うと「太郎」みたいな非常にありふれた名前で、「マンボ」「ジャンボ」もよくある名前であると書かれています。

サンボが「優秀な」、マンボが「たくさんの」、ジャンボが「大世界」という意味があるそうです。

ヘレン・バナーマンさんは、たぶんインドのチベット方面のシェルパ族が使っていた名前からとったんだろうと私は思います。

その証拠としては、著者のヘレン・バンナーマン(1862〜1946)は、英国婦人で、医者である夫とともにインドに長い期間滞在していました。

そのときにチベット方面のシェルパ族が使っていた名前からヒントを得て主人公の名前に「サンボ」という名前を付けたんだと思います。

自分が、作った絵本の主人公の名前に奴隷を意味するような名前は普通つけませんよね!

1898年、彼女がインド高原の避暑地に残してきた子どもたちに、インド人の男の子を主人公にした手作り絵本を送ったことが「ちびくろサンボ」の そもそもの始まりだったということです。

そういった経緯もあり「サンボ」は、黒人を差別する意味はまったく無いという事も理解され絶版となっていた「ちびくろサンボ」もまた出版されるようになったのでしょうね。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

孫に絵本を送ろうとAmazonで注文をしようとしたら!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

昨日孫の写真を送ってと長女に頼んだら写真と動画をiPhoneへ送って来てくれました。

今は、スマホで簡単に動画や写真を送れますからこういう時は、便利ですね。

そして100日でお食い初めをしたということでその写真も送って来てくれました。

ホントは、5月のゴールデンウイークに帰って来る予定でしたが、今は、コロナの状況なので帰ってくるのを断念しました。

孫に前々から絵本を送ってやろうと思っていましたのでこの機会に絵本を送る事にしました。

小さい頃から本の読み聞かせをすると良いという事を聞いていましたからAmazonで絵本を注文することにしました。

絵本は、0歳から読み聞かせできる絵本もあるんですね。

絵本は、まだちょっと早いかなと思っていましたが、0歳からの絵本がある事を知りそれらの絵本を3冊選び送る事にしました。

それらの本をカートに入れて手続きに進むといつもと注文方法が違っていました。

今までは、クレジットカードの番号は、以前登録しているので 再登録する必要が、無かったのに今回は、番号の再登録をしなくてはなりませんでした。

今回は、ウイルスバスターの決済保護ブラウザを使ってるためかなと思いつつ手続きを進めました。

Amazon

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

長女の住所へ送るので長女の住所を追加して最終確認のボタンをクリックしたところ画面が白くなり中央でグルグル回転するアニメーションから なかなか先へ進む事ができなくなりました。

10分20分してもアニメーションは、グルグル回り続けています。

Wi-Fiの電波が、弱いせいかなと思いWi-Fiを置いているリビングへノートパソコンを持って移動しました。

しかし結果は変わらずアニメーションが、終わる事はありませんでした。

仕方ないので その画面はそのままの状態にしておいてもう一度ブラウザを立ち上げてAmazonにアクセスしてみました。

すると商品が、カートに入ったままの状態になっていましたのでもう一度注文をやり直す事にしました。

クレジットの二重払いにならないかなと心配はありましたが、注文の手続きが、進まなくなったブラウザを閉じて念のためにパソコンを再起動してから もう一度注文をする事にしました。

そして決済保護ブラウザも使わずに注文操作を行いました。

すると2回目の注文は、最後まで操作する事ができ確認メールも届きました。

これで無事注文する事ができました。

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク