「経理/会計」カテゴリーアーカイブ

PayPay危機一髪

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

昨日いつものようにエースワンへ買い物へ行きいつものようにPayPayで支払いをしようとレジに並ぶ前にPayPayのアプリをタップしました。

起動したかと思ったら起動せずアプリが開きません。

3回目にようやく開く事ができました。

すると今回初めてログイン画面が表示されました。

いつもならすぐに使える状態で立ち上がるのですが、ログイン画面が表示されるのなんて今回初めてです。

「何で?」

また急いでいる時に限ってこんな事になります。

パスワードを入力しようとしら 最初は、電話番号を入力するようになっていました。

そこで電話番号を入力してからパスワードを入力してログインボタンを押すと パスワードが違いますと表示されます。

2回試したのですが、やはりパスワードが違いますと表示されます。

もう時間がないので 今回は現金で支払う事にしました。

スポンサーリンク

家に帰ってから パスワードを確かめるとパスワードは合っています。

そしたらなぜパスワードが違いますと表示されるのだろうといっとき考えました。

まさか乗っ取られた?

PayPayのログイン画面を よく見ていると下の方へ 外部のアカウントでログインという表示があります。

PayPay

PayPayのIDとパスワードを控えているメモを見るとIDには、Yahoo IDと書いていましたので外部のアカウントからログインするんだとわかりました。

どおりでIDとして電話番号を登録したおぼえありませんでした。

やっぱり IDとパスワードは、ちゃんとメモしておかないといけませんね。

Yahoo JAPAN IDからログインすると無事PayPayのアプリを立ち上げる事ができました。(^^)

でもPayPayログアウトしていないのにログイン画面が表示されることあるのですか?

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

PayPayで支払ったら10倍の金額を支払ってしまった!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

昨日エースワンで買い物をして PayPayで支払いをした時に事件が起きました。

レジ係の人もちゃんと金額「857円」を確認して支払いのボタンを押したら「PayPay」という音声とともに あ〜ら不思議金額が、10倍の「8,579円」に まるでマジックショーを見ているみたいでした!(^^;)

私は、自分の目を疑いました。

えっ!なんで?

そして レジ係の人も慌ててヘルプを呼んでいました。

ということで 私が利用した現金用のレジが一時ストップしてしまいました。

私のサロンでもPayPayを取り扱っていますので ちゃんとパソコンからすぐに返金が、できる事もわかっていましたので私は、冷静でした。

以前も同じような事がエースワンでありました。

スポンサーリンク

前回は、支払う金額が「386円」だったのが、「PayPay」と音声が聞こえた時に金額を見るとあ〜ら不思議なんと「38円」と表示されていました。

前回は、金額が足りなかったので足りない分を私がPayPayで再度支払えば良かったのですが、今回は私が払い過ぎていますので エースワン側から私のPayPayに払い戻しをして貰う形になります。

これは、パソコンからでないと対応できないのでレジ係では、対応できないので慌てたのでしょうね。

その後、レジ係の人が、呼んで頂いたヘルプの方の対応で無事に私のPayPayに差額分が、返金されました。

PayPay

支払いボタンを押した時に数字キーに私の指が触れたのでしょうかね?

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

素人による自治会の簡単な会計監査手順について!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

こんにちは、セイコウです。

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

今日は、自治会の会計監査の手順についてご紹介します。

以前ブログにも書きましたが、私は自治会の会計を7年間やりその後、理容の支部組合の会計を12年務め今年やっと卒業させて頂きました。

そして自治会の会計役を退いたときに 監査役をやってほしいという事で、今は自治会の監事となっています。

私の場合、商業学校を卒業しているわけでも簿記の学校を卒業しているわけでもありませんので簿記何級という認定も持っていません。

簿記は、高校生の時に授業で少し習った程度です。

という事で 私は、会計にしても監査にしても素人です。

その素人なりに自治会や組合で会計を務めて来た経験から会計監査についての手順をご紹介させて頂きます。

監査を行う場合は、監事2人と自治会長と会計が立ち合います。

監査に必要な諸帳簿について

監査を受けるのに必要な諸帳簿ですが、「予算書」「決算報告書」「帳簿」「預金通帳」「領収書」「現金」残高がある場合は、現金も用意します。

そして私の場合は、がつながった表を会計さんにお渡ししてそれに金額を入れて提出して頂いています。あと前年度の決算資料も用意しておくと支出の監査をするときに便利です。

損益計算書・貸借対照表

監査をする手順

決算書報告書については、自治会によって様式はいろいろだと思ます。

収入、支出、次年度繰越金、だけで表された会計報告形式で貸借対照表を付けられていない場合もあると思います。

貸借対照表が無い場合には、現金残高や預金残高の金額が書かれていませんので現金や預金の金額が決算書報告書からは、わかりません。

その場合は、まず現金出納帳の前期繰越金額と預金の前年度の年度末残高を確認して現金残高と預金残高を足して繰越金額が合っているかを確認します。

年度末に現金の残高を預金に入金して現金が、0円の場合は預金通帳だけで確認ができます。

次に現金残高がある場合は、本年度末の現金の残高が帳簿と合っているかを 現金出納帳と実際の現金を数えて確認します。

現金を数える場合は、金種の枚数を数えて金額を確認する方が、数え間違いが防げます。

金種

そして預金通帳の本年度残高を確認して現金残高と預金残高を足して次年度繰越金と合っているかを確認します。

本年度現金残高+本年度預金残高=次年度繰越金

スポンサーリンク

次に本年度末の現金残高と預金残高を足した金額と前期繰越金額とを比べて本年度残高が、多ければ剰余金(黒字)となり少なければ欠損金(赤字)となります。

(本年度現金残高+本年度預金残高)ー 前期繰越金額

= 「+なら剰余金」 で

= 「ーなら欠損金」です。

 

次にこの欠損金・剰余金の金額が、自治会の「収入」から「支出」を引いた時に同じ金額になるかを確認します。

同じ金額になれば計算間違いや記入漏れはないという事になります。

もし同じにならなければ収入か支出の金額に間違いがあるということになります。

会計ソフトを使っている場合は、そういう間違いはないと思います。

次に自治会員から集めた自治会費の合計・収入金額を確認します。

これは、自治会員数と年会費を掛けた数字で会費の合計金額が確認できます。

あと雑収入が、ある場合はその金額と自治会費の合計金額が、収入金額と合っているかを確認します。

次に支出についてですが、前年度の決算書の支出の部を見て 本年度との金額の差を確認してみます。

もし前年度よりも支出金額が多い場合その科目に注目して原因を確認します。

どういった目的で使われたかわからない場合は、会計さんや自治会長さんに訊ねます。

あと帳簿と領収書の突合せをして帳簿に書かれてる支出の日付や支払われた金額に対してその領収書があるかを確認します。

この帳簿と領収書の突合せは、監事さんによってどこまで調べるかは、まちまちだと思います。

監査が、終わりましたら監査報告書を作成して監事さんが署名捺印をして終了となります。

はい、という事で今日のブログは以上となります。
いかがでしたでそしょうか?
もし良かったという方は、「いいね」や「シェア」を宜しくお願いします。
コメントも頂けると嬉しいです。
それでは、バイバイ!

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

会計引き継ぎ完了!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

昨日は、ゆうちょ銀行の口座の名義変更をする書類をそろえる事ができましたので新会計さんのところへ その書類と帳簿などを持って新会計さん宅へ行って引継ぎを行いました。

12年前に新会計さんのお父さんから会計を引き継ぎそして 今回その息子さんに会計を引きついて貰えたので私の中では、なにか運命てきなモノを感じています。

これで肩の荷を下ろす事ができました。

スポンサーリンク

でもこれから1年間は、いろいろと新会計さんのサポートをして行かなくてはならないと思います。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

組合会計引き継ぎはややこしい!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

晴れて今月6日の役員総会で 12年務めました会計を卒業することができました。

そして新たに副支部長の役を仰せつかりました。

会計の引継ぎで一番ややこしいのが、ゆうちょ銀行の通帳の名義変更です。

準備する書類が、「氏名変更・改印届書」と「振替口座移動届書」と「通帳」と組合の「規約書」と「役員名簿」と「議事録」です。

議事録の中に会計が、新会計に変わった事が記載されていないといけないそうです。

そして「規約書」と「役員名簿」と「議事録」は、2通づつ必要といことでこれらの書類には、すべて「この規約の記載内容について事実と相違ないことを証明します。」と書き支部長名支部長の住所を記載して印鑑を押さなければなりません。

規約書には、組合の設立年月日も必要だということです。

最初設立年月日が、わからなかったので法人化した年月日を規約書に書いていましたが、ゆうちょ銀行側で設立年月日が登録されていて理容組合宇和島支部の設立年月日がわかりました。

そして「お取引目的等の確認のお願い(人格なき社団のお客様)という書類を書かなくてはなりません。

スポンサーリンク

これもややこしい書類で組合の活動目的を細かく書かなくてはなりません。

そしてこれも2通づつ必要です。

2通づつ必要なのは、組合の口座が2つあるからです。

1つは、普通の通帳ともう1つは、通帳のない口座です。

通帳のない口座に組合員の会費が引い落とされてこの口座に振り込まれます。

そのため書類が2通づつ必要だという事です。

他の銀行でも法人になると こんなにややこしい手続きをしなければならないのだろうか?

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク