「経理/会計」カテゴリーアーカイブ

自治会の会計監査のやり方について

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

今年も自治会の会計監査の時期がやってきました。

以前自治会で会計を7年やっていましたことから監査役を引き受ける事になりそれから4年ほどになります。

自治会で会計や監査役をする場合どこの自治会でもだいたいプロの会計監査ではなく素人の方が役をされていると思います。

私も会計についても監査についても素人です。

なのでプロの監査ってどうするのかも知りません。

ということで監査は自己流です。

どこの自治会でも監査をされる方って自己流だと思います。

要は、自治会会員さんから集めた会費(収入)から自治会のために使われた正当な経費(費用)を引いた金額が、ちゃんと帳面と現金が合っているかを確認すれば良いという事です。

今回は、私が会計監査でやっている自己流の監査方法を紹介します。

私の町内の自治会では、総会資料には、収支決算報告書という形で報告されるようになっていて損益計算書や貸借対照表の記載はされません。

そこで会計さんには、私が作った 損益計算書と貸借対照表をお渡しして  損益計算書 には収支決算報告書 の数字を入れて貰い 貸借対照表には、現金・預金・前期繰越金・剰余金または欠損金の金額を入れて貰い 会計資料と一緒に提出してもらっています。

会計さんに書いて頂く損益計算書と貸借対照表

まず最初に監査するときには、この表の貸借対照表を見て現金や預金の残高があっているかを現金と預金通帳で確認します。

損益計算書・貸借対照表
損益計算書と貸借対照表

そして帳面を見て前期繰越金 を確認します。

貸借対照表 左の合計と右の合計で左の金額が多ければ余剰金があり右の金額が、大きければ欠損金が発生している事になります。

その剰余金または、欠損金を合わせた合計を見て 左右の金額が同じであるかを確認します。

スポンサーリンク

貸借対照表 から計算された剰余金または欠損金は、修正しようのない真の金額となりますので 損益計算書での 剰余金または欠損金の金額が、貸借対照表の 剰余金または欠損金と同じ金額であれば計算間違のない事の証明となります 。

そして貸借対照表の片方の合計金額と剰余金または欠損金の合計金額が、次期繰越金となります。

次に 上の表の損益計算書を見ます。

ここには、収支決算報告書 の収入と支出の金額が記入されています。

まずは、各科目の金額があっているか確認をして剰余金または、欠損金を入れた金額の合計が左右合っているか見ます。

次に各科目の金額があっているか確認をして一番重要なのが、剰余金または、欠損金の金額です。

この金額が、先に見た 貸借対照表 の 剰余金または、欠損金の金額とあっていれば計算ミスはないという事になります。

今まで素人ながらに会計をしてきた経験から この表を使う事で検算と同じ事ができることがわかり監査のときに利用しています。

この表を使う利点は、例えば損益計算書で左右が合わずむりやり剰余金または、欠損金でつじつまを合わそうとしてもその下の貸借対照表での剰余金または、欠損金 の金額が、 損益計算書 の 剰余金または、欠損金 の金額 と合わなくなりますので 数字の誤りを探すにはうってつけの表です。(この表は監査の時に利用するのみで総会資料には載せません。)

この表に会計さんが直接金額を記入してもらう意味は、監査役に諸帳簿を提出する前に会計さん自身が、左右の数値が、合っているかどうか確認できますので もし合わなければどこかに計算間違いあるいは、記入漏れがあるか会計さん自身で確認できますのでそうして頂いています。

そのあとで帳簿を見て何か疑問点が、あれば領収書で確認または、会計さんや自治会長に問い合わせをします。

うちの自治会の場合は、どこでも監査役は2名おられると思いますが、まず会計さんが、私のところに会計の諸帳簿書類を持ってこられ私が、監査をしてからもう一人の監査役にその会計書類を持って行ってそこでもまた監査をしてもらう様にしています。

なかなか会計さんと2名の監査役の都合が合わないという理由もありますので こういう方法を取っています。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

インターネット伝送・サービス終了

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

ゆうちょBizダイレクト

私は、理容組合の支部の会計をしているのですが、毎月郵便局のインターネット伝送サービスを利用して組合員の会費の引き落としの手続きをしています。

会計になった始めの頃は、郵便局まで足を運んで手続きしていましたが、途中からインターネットを利用して家のパソコンからでも手続きができるようになり それからはずっとインターネットを利用して家のパソコンから組合員の会費の引き落とし手続きをしています。

そのインターネット伝送のサービスも2022年3月で終了してしまうという事です。

そのサービスの終了にともない新しく「ゆうちょBizダイレクト」という新しいシステムのサービスが始まるという事です。

この新しいシステムになると何が変わるのかというと 今までのインターネット伝送では、伝送サービスだけしか出来なかったのが、 「ゆうちょBizダイレクト」 になると従来の「ゆうちょダイレクト」オンラインサービスと「インターネット伝送」サービスの両方の機能が、1つのサービスで使えるようになるという事です。

「ゆうちょダイレクト」とは、インターネットバンキングの事です。

家のパソコンからインターネットでゆうちょ銀行の預金残高を確認できたりゆうちょ銀行または他銀行へ送金できたりする事ができます。

「インターネット伝送」 は、組合の会費の引き落としの手続きが家のパソコンからできる便利なサービスです。

スポンサーリンク

ただ来月4月から組合費の引き落とし手数料が、今まで1件につき25円でしたのが、1件につき54円に値上がりするという事です。

そして今まで利用料というのは、かかっていませんでしたが、2022年4月から毎月利用料が、1080円かかるようになるという事です。

もしパソコンを使わずに 郵便局に直接行って組合費の引き落とし依頼をすると月々2160円かかるようになるという事です。

この新しいシステムは、来月4月から利用できるようになるということで2022年3月末までは、新しいシステムと旧システムの併存期間となるようです。

そしてその期間中は、サービス期間として利用料金は0円で利用できるという事です。

これからは、インターネットを利用しないと経費が高くつくようになるという事です。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

伊予銀行の通帳年月日が元号から西暦になった!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookのお友達の記事を見ていましたら伊予銀行の通帳の年月日が、元号から西暦にかわっているという記事を見ました。

私もちょうど記帳していたので確認してみると ホント元号表記が、西暦表記にかわっていました。

伊予銀行通帳

記帳したときには、気づきませんでした(^^;)

ただ西暦表記だと年月日が、読みづらくなりました。

元号だと「31-02-24」このように元号、月、日と区切られますが、西暦になると年月日を表記するスペースの関係もあるので区切りが入らず「20190224」このように数字がづらっとならんで表記されますので読みづらいです。

今年5月になって元号が、替わっても通帳の年月日表記は、西暦のままになるんでしょうかね。

たぶん西暦表記のままになるんでしょうね。

また元号に替えるとなると費用の掛かる事でしょうからね。

ただ西暦になると読みづらくなるのがいけませんね。

これも慣れてきたら読みやすくなりますかね?

銀行としても元号が、わかるのが1ヶ月前と言う事で 新しい元号に直すのに間に合わないのかもしれませんね。

スポンサーリンク

なので西暦表記にしたんでしょうね。

本当であれば新しい天皇陛下が即位されてから新しい元号になるのが、本当だということですから仕方が無い事ですね。

ただこういう事から元号が、あまり使われなくなって行くような気もします。

歴史を知る上では、西暦を使うより元号がある方がわかり安ですけどね。私の場合はですけど。

西暦だとその時代をなかなかイメージし難いですからね。

他の銀行も元号から西暦に直しているのかなぁ?

郵便局の通帳を見てみるとまだ元号のままのよです。

郵便局は、どのようにするのでしょうかね?

コンピューターのソフトウェアを提供している会社は忙しくなりますね。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

e-Taxで確定申告完了!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

昨日の朝、e-Taxで確定申告完了しました。

去年は、マイナンバーになってカードリーダーを新しく買い替えて いろいろトラブりながらの申告でしたが、今回は 事前準備セットアップでちょっとつまづきましたが、あとはすんなり申告作業ができました。

すんなりいけば e-Taxは、とても便利です。

確定申告や決算書に数字を入れれば自動計算してくれ税額の計算もしてくれますし去年の情報も反映してくれるので入力を省略できるのも楽です。

わざわざ税務署に行かなくてもすみますしね。

これならうちのように小さな商売ならわざわざ税理士さんにお願いする必要も無いような気もします。

うちでは、税理士さんを利用した事がないから 税理士さんにお願いしたら幾らくらいかかるか知りませんが、その費用の節約もできますね。

スポンサーリンク

昔、私の父から私に店の名義を変えた時に 税務署から税理士さんのところへ会計について習いに行って下さいという通知が来て税務署指定の税理士さんの所へ習いに行きました。

その税理士さんは、ものすごく熱心に教えて頂き しかもタダでいろいろ教えて頂けてホントに勉強になりました。

その費用は、税務署からでていたんでしょうけどね。

おかげさまで税理士さんにお願いしなくても 決算書など自分で申告できています(^^)

これでやるべき仕事を一つ終えました。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

e-Taxで申告の準備

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

金曜日の夕方に 税務署からのお知らせ【申告に関するお知らせ】という件名でメールが届きました。

国税庁のホームページでe-Taxで申告が、できるようになったというお知らせです。

サロンの会計は、会計ソフトでやっていますので 既に去年の決算書はできています。

この決算書を  e-Tax に添付して提出する事もできますが、それをすると何千円かの費用が掛かりますので 会計ソフトで作った決算書をプリントアウトしてから 毎年国税庁のホームページの「確定申告等作成コーナー」で 手入力で作成しています。

ただ面倒なのが、毎年「確定申告等作成コーナー」 で作成する前に事前準備セットアップ作業をしなくてはなりません。

e-Tax事前準備
e-Tax事前準備

これは、 「確定申告等作成コーナー」 を使うにあたってのバージョンアップのインストール作業をしなくてはなりません。

これを 怠るとマイナンバーカード認証でエラーとなるようです。

e-Tax事前準備
e-Tax事前準備

去年は、この マイナンバーカード用のカードリーダーでてこづりましたが、今回はスムーズに使用する事ができました。

PaSoRi

実は、金曜日の夜に 事前準備セットアップ作業 をしたのですが、上手くインストールできなかったのか 「 事前準備セットアップ作業 ができていません」というメッセージが、表示されて「確定申告等作成コーナー」で作業するところまでいけませんでした。

スポンサーリンク

そのため月曜日までまって ヘルプへ問い合わせようと思っていましたが、土曜日にもう一度チャレンジしてみました。

すると今回は、上手くインストールができたのか 「確定申告等作成コーナー」 の平成30年の決算書作成コーナーまで進む事ができました。

それでは、なぜ金曜日は上手くいかなかったのかを 考えみましたら金曜日は、バージョンアップインストーラーソフトのダウンロードを GドライブにしてそこからCドライブにインストールしていましたが、土曜日はCドライブに ダウンロードしてそこからインストールしました。

平成30年の決算書作成コーナー では、前年のデータを利用することで前年の情報を使う事ができます。

過去の年分データ読み込み
過去の年分データ読み込み

なので住所や氏名といった情報の入力を省く事ができますので すぐに決算書の入力作業に入れます。

過去の年分データ読み込み
過去の年分データ読み込み

取り合えず上手くインストールできて決算書を仕上げる事ができました。

あとは、所得の申告書作成をするのみです。

e-Tax 決算書
e-Tax 決算書
LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク