「スポーツ」カテゴリーアーカイブ

サッカー日本vsベルギー戦

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

昨日の午前3時にロシアワールドカップの決勝トーナメント1回戦で日本vsベルギー戦がありました。

私は、前日にはわざわざ3時に起きてテレビ観戦しようという気はまったくありませんでした。

しかし たまたま3時過ぎに目が覚めてふともう日本vsベルギー戦始まっているなと思いつつ寝ようと思いそのまま寝て 次に目が覚めたのは、午前4時前だったか試合の結果どうなっているか気になって iPhone6でFacebookを開いてみたのですが誰も試合結果をアップしている人がいなくて せっかく目が覚めたのだからちょっとテレビをつけて点数の確認をしてみようと思い見てみるとちょうど 前半戦が終わったところで0対0の状態でした。

そこで日本vsベルギー戦を後半戦から観戦する事にしました。

なんと後半戦では、日本が1点を先制しましたので俄然応援する気になってそこから Facebookに点数をアップしながら観はじめました。

するとまた日本が、2点目を入れたのでもしかしたら勝てる様な気がしてきてあともう1点取って欲しいと思ていたら ベルギーに1点を返されそして2点目と同点に追いつかれてしまいました。

ゴールキーパーの川島も 2回の連続スーパーセーブでゴールを守って頑張ったものの最後アディショナルタイムでのベルギーの カウンター攻撃を受けゴールキーパーの川島も飛びついたもののボールに手がとどかずベルギーに3点目を許してしまい2対3で日本は、負けてしまいました。

スポンサーリンク

日本が後半2点を先行した時には、「勝てるかも」と思ってしまっただけに 逆転されて試合終了となってしまった時はホントに「はぁ〜」となり残念でした。

ネットで日本vsベルギー戦のコメントを見てみると2点先制した時点で ポーランド戦の時の様にパス回しで粘れば良かったのにという書き込みがありました。

ポーランド戦の時は、残り時間も10分ほどでしたし 日本とポーランドの利害が一致していたのでポーランドも攻めてきませんでしたが、ベルギー戦では残り時間もかなり残っていましたし それは通用しないというか もしそれをやっていたらポーランド戦でも物凄いブーイングでしたのにベルギー戦でそれをやっていればポーランド戦の時のブーイングの比では無かったでしょうね。

試合終了後インタビューで西野監督は、「何が足りなかったんですかね。」と言っていました。

何が足りなかったのでしょうね?

日本の選手の皆さんお疲れ様でした。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日大アメフト監督・コーチは、宮川選手の発言を完全否定!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

今、日大アメフト宮川選手が、危険タックルをして相手選手にケガを負わせたという事で それが内田監督からの指示だったという事で毎日のようにテレビで取り上げられています。

私は、ラグビーやアメリカンフットボールのルールは、よくわかりませんが、ボールを持っていない選手に ああいう危険なタックルをしたら駄目でしょうという事くらいはわかります。

最初にこのニュースを聞いた時は、試合直前に監督が、直接選手に相手の選手を潰せ(ケガを負わせろ)と 指示したのかと思っていました。

すると日本大学アメフト部の反則行為をした宮川選手が5月22日に日本記者クラブで会見しました。

その会見の中で反則行為は内田正人前監督やコーチによる指示だったと主張しました。

そしてこの様に反省の弁を述べていました。

「監督・コーチに指示されたが、やった自分が悪い」
「アメフトをやめる。その資格がない人間」
「被害届を出されても仕方ない」

そして その指示は、試合直前ではなく前日にコーチを通じて 宮川選手に伝えられていたという事でした。

日大アメフト

内田監督や井上コーチが、宮川選手を追い込んで行ったようです。

内田監督や井上コーチは、指示を否定しているようですが!

日大アフト監督コーチ

アメフトの監督って神のような存在なんですね。

スポンサーリンク

選手と直接監督が、話ができない様です。

内田監督からの指示は、井上コーチを通じて選手に伝えるようです。

こうなると 内田監督は、井上コーチに全責任を押し付けてしまう事も出来ますね。

会見で井上コーチは、「潰せ」の言葉を 宮川選手が勝手に過剰に忖度してしまったという言い方でしたね!

関学の被害者生徒の保護者が警察に被害届を提出するに至りました。

こうなると危険タックルをした宮川選手は、内田監督からの指示があったとしても 実際にケガを負わせてるので罪に問われる事になるんでしょうね。

ただ内田監督からの指示を断る選択肢もあったにも関わらず それを断ることができず実行に移してしまったという事で宮川選手は、危険タックルをして退場直後泣いて後悔しているようでした。

その時は、反則をした宮川選手も追い詰められていて 正しい判断のできる精神状態ではなくなっていたのかもしれませんね。

もし罪になるとしても そこのところは汲んであげて欲しいです。

いろんな状況がわかって来ると その犠牲となって負傷した選手はもちろん反則をしてしまった宮川選手も かわいそうですね。

今回は、アメフトでこういう事件が公になりましたが、アメフトに関わらず 他のスポーツでもこういう似た様な事が、あったというニュースが、また後から出てきそうな気もします。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク