「風習」カテゴリーアーカイブ

お施餓鬼の時にお寺への お包みは何と書けば良いの?

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

昨日は、私の父のお墓のある大超寺でお施餓鬼がありました。

今までずっと 母にお寺の事は任せていましたのですが、母も85歳になり そろそろ私もお寺の事をわかっていないといけないと思う様になりました。

こういう仏事ごとって苦手なんですよね(^^;)a

今回お寺に持っていくお包みには、なんと書けば良いのかなと疑問に思い母に聞くと 「なんて書きよったやらろう?」

「え〜〜〜!」

去年まで書いていたじゃない! 忘れたの?

私が、お寺にお包みを持って行っていたのですが、なんて書いてあったか記憶にないんですよね!

じっくり見た事も無かったし(^^;)

こんなことならなんと書いてあるかじっくり見とけば良かったなぁ!

「お施餓鬼」

それとも

「ご霊前」

いやいや

「ご仏前」

かなぁ?

そこでネットで調べてみると 「お布施」と書けば良いとありましたので 「お布施」と書こうと思いましたが、念の為に 大超寺に聞いてみる事にしました。

お寺で聴くのが間違いないですからね(^^)

スポンサーリンク

するとやはり「お布施と書いて頂けば良いです」と言う事でした。

そのお布施の金額を 母に聞くとそれも「いくらやったやろ?」

「え〜〜〜!」それも忘れたの!

そういえば母は、家計簿つけていたのでそれを見ればわかるだろうと思ったのですが、最近家計簿も書かなくなっていて その家計簿もどこにのけたかわからないという事でした。

以前母から この金額は、聞いた記憶があり薄っすらとした金額は、覚えていましたのでその金額を入れる事にしました。

まあ「お布施」ですから決まった金額は、ないでしょうからね。

もし記憶違いだったとしても包んだ金額は、気持ちですから間違いという事は無いでしょう。

これでお施餓鬼へ 行く事が出来ます。

行きしに 車の中でそういえば池に浮かべる船って あれって有料だったのかな?

と突然思い母に聞くと やっぱりそれもあまり覚えていない様で 嫁さんに聞くと 何百円かで買っていたよという事でした。

何種類かあり 一番高いのを買っていたということでした。

大超寺について船を見ると一番高いのは、500円でしたのでそれを購入して池に浮かべました。

そしてお寺へお布施を納めに受けへと持って参りました。

 

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本の風習「ゆびきりげんまん」

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

今日は日本の風習の「ゆびきりげんまん」です。

「ゆーびきーりげんまん ウソついたらハリせんぼんの〜ます。ゆびきった。」

これは、子供の頃に誰もが約束するときに小指どうしを絡めて歌いながらやっていたと思います。

この「ゆびきりげんまん」を 漢字で書くと「指切拳万」と書きます。

この「拳万」って何の事かわかりますか?

「拳万」とは、「にぎこぶしで1万回殴る」という意味です。

そして「針千本呑ます」は「裁縫針さいほうばりを1000本呑ませる」という意味です。

この「指切拳万」は、いつ頃できたのでしょうか?

諸説あるようですが、この約束行為は江戸時代中期に遊郭ゆうかくから発祥はっしょうした日本の伝統的な風習だということです。

男女が愛情の不変を誓い合うあかしとして遊女が客人に、小指の第一関節から指を切って渡したことに由来しています。つまり、それほど愛してるということを意味し、貰う客人も、遊女の真剣な想いに応えるくらいの気構えが必要であったとされていたそうです。

「指切」というのは、室町時代には女性への刑罰として実施されていたそうです。

この風習が、博徒集団でも広がり、親分に対する忠誠の誓いに利用されるようになりもっとも、博徒集団においては組織内で和を乱した場合に、親分に対する謝罪の意思として指を切断することでけじめをつけることとされました。

という事でヤクザのエンコ詰めは、この指切りの風習に由来するものであります。

実は、以前(トンイ)韓国の時代劇ドラマを見ていた時にトンイとトンイの義理の兄が「ゆびきりげんまん」をするシーンがあり 日本と同じく小指どうしを絡めて約束していたので 昔の韓国でも「ゆびきりげんまん」の風習があったのかと疑問に思ったことがありました。(日本の様な歌は歌てはいなかったですね)

「ゆびきりげんまん」って日本が、起源ではなかったの?

スポンサーリンク

この事を調べてみると 台湾、韓国、中国、アメリカでも「ゆびきりげんまん」はあるようです。

アメリカは、日本のアニメの影響という情報もありました。

中国では、昔約束する時に行われていて これを破ると指を切る必要があったという事です。

韓国ドラマは、小指同士を絡めるだけでしたが、ネットで調べると小指同士を絡めたあと親指同士をくっつけてそのあと手の平を合わせるという方法でした。

すると台湾も韓国と同じような指切のようです。

日本の様に歌は、歌わない様です。

 

最後に 日本の「ゆびきりげんまん」で

「指切拳万 ウソついたら針千本呑ます。指切った。」

このあとに まだ続きがあるという事でした。

そのあとに「死んだら御免ごめん。」と続くという事です。

これは、「死んでお詫びをする」という事だそうです!

 

今日は、「ゆびきりげんまん」についてのお話でした。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本の風習「子供の歯が抜けたら、上の歯は縁の下、下の歯は屋根の上に投げる」

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

今日の日本の風習は、「子供の歯が抜けたら、上の歯は縁の下、下の歯は屋根の上に投げる」です。

これは、子供の頃にやっていた風習ですね。

私の場合は、上の歯が抜けたら縁の下に「ネズミの歯より早よ生えろ!」と言って投げ込み

下の歯が、抜けたら「雀の歯より早よ生えろ!」と屋根に向けて投げていました。

そのようにしろと親から教わりましたので。

これは、健康で丈夫な歯が生えてきて欲しいという願いが込められた風習だと思います。

ただいつからこの様な習慣が、出来たのかはわからないんですけどね。

でも このような風習は、調べてみると日本だけではなく世界でもあるようです。

日本とよく似た様な風習は、中国のようです。

スポンサーリンク
中国では、「上の歯は、ベッドや布団の下に、下の歯は屋根にのせる。」という事です。
次に似てるのが、韓国で「カラス、カラス、古い歯をあげるから、新しい歯を持ってきて」と、歯を屋根に投げながら言うという事です。
アメリカでは、「枕の下に抜けた歯を入れておくと、歯の妖精が歯を持っていくかわりにお金を置いていってくれる。」という事です。
これって 親が、お金を枕の下に置いてくれるんでしょうかね?
アメリカに似ているのが、フランスで「抜けた歯をまくらの下に入れておくと、ル・プチスーリという小さいねずみが歯と交換に、お金を置いていってくれる。」という事です。

フランスでは、ねずみの「ル・プチスーリ」という名前まで決まってるんですね!

ニュージーランドのマオリ族の風習では、「抜けた歯を枕の下にいれておくと、歯と交換でお母さんとお父さんがお金をくれて、お母さんたちは歯を、ワイカトという立派な川に投げる」という事です。

 

コスタリカでは、抜けた歯をアクセサリーにしてしまうというアイデアで お母さんが、抜けた歯をペンダントやイヤリングにしてプレゼントしてくれるんだそうです。

 

エジプトでは、太陽に向かって投げるという事です。

トルコでは、抜けた歯を、子供になってほしい職業に関係ある土地に埋めるんだそうです。
例えば医者だったら病院の地面だったり サッカー選手だったら競技場の地面にというふうに。
ロシアは、地面にあるねずみの巣穴に落とす。という事です。
ネズミの巣穴を見つけるのが、大変そうですね(^^;)
オーストラリアのアボリジニーでは、まだ小さいタコの木の茎に、歯を埋めるんだそうです。そうすると、新しい歯もタコの木と一緒にりっぱに生えてくるという事です。

 

最後にドイツでは、別になにもしないという事です。(^^;)
子供の歯が、抜けた時の風習は、日本だけではなく世界でも色々と風習があるんですね。

 

今日は、「歯が抜けたら、上の歯は縁の下、下の歯は屋根の上に投げる」についてのお話でした。

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク