「防災」カテゴリーアーカイブ

昔の地名を変更するのはある意味危険な事!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

宇和島市も 昔と今では町名が変わってるところがあります。

昔の町名というのは、ちゃんと理由がありその町名が付けられています。

例を上げると今は、愛宕町ですが昭和41年以前までは、大工町と言われていました。

これは、宇和島藩御作事奉行おさくじぶぎょう配下の大工職人が、多く居住していたのでこの名前が付いたそうです。

そして樽屋町たるやまちは、元禄頃の記録では木挽町こびきちょうとありますが、後に樽屋たるやが多く居住したので樽屋町たるやまちと改称されたといわれています。

という風に昔は、意味があってその町の名前がついていました。

そして昔の人は、その土地が危ない土地である事を後世に伝えるために その名前をつけている地名もあります。

その地名に入ってると「危ない」と言う危険を知らせるために使われている漢字があります。

「龍・竜」の文字が、入ってると激しい豪雨や津波があった場所だと言われています。

「龍・竜」が入っている場合は、昔水害が起きた場所をさす場所かもしれませんね。

「鮎」は、揺らぐ(あゆく)からきていますので地盤の弱い土地を意味しています。

「蛇」は、土砂、濁流が押し寄せる危険性がある地名に入っている漢字です。

おなは、「男浪おなみ」と書いて「女」と読みやすくなったもので津波をあらわしているようです。

「亀」は、獲物を食いちぎるので 陥没地帯をさしています。

スポンサーリンク

亀=噛めで水の浸食を受けやすい場所をさしています。

「駒」は、込み入った小さな谷や沢や崩れやすい窪地の事を言います。地盤が弱いため洪水の警告の意味があるようです。

「椿」は、そばゆが由来の椿という言葉。戯ゆとは、柔らかい風が吹く様子や刈り取るという意味があります。

崖が、刈り取ったように削られる崩壊しやすい地形を言いう様です。

「梅」は、埋めるに由来しています。土砂崩れや液状化や埋め立てたところをさしています。

地盤が、緩いため陥没や液状化に注意が必要な土地に使われているようです。

「倉」は、江戸時代に崖崩れや雪崩などの災害が起こり易い場所に「倉」という字を入れたという事です。

「芝」は、シカをさしシカとは、低地を言います。

芝の入っている地名は、川の氾濫や浸水の危険が高い事をつたえてるということです。

川の近くにある土を芝土というようです。

現代社会では、その土地の名前が縁起が悪いからといって元の地名の漢字を変えてしまって 昔の人々が残した意味が伝わらなくなっている地名が多くなっています。

もしその地の名前を変更する場合でも その昔の土地の名前と由来を碑にして残して置くべきですね。

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

人は、なぜデマだとわかっていてトイレットペーパーを買うのか?デマに惑わされない方法!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

新型コロナウイルスに関するデマの影響を受け、宇和島でもドラッグストアなどでトイレットペーパーが売り切れとなっている事態が、広がっているようです。

しかしトイレットペーパーが品薄になるというのは、デマであり製紙工場には、たくさんの在庫があるということです。

人は、なぜデマだとわかっていてトイレットペーパーを買うのでしょうか?

ニュースでは、トイレットペーパーを買われていた人にインタビューをされていました。

すると「デマだとわかっていても もしも必要な時に買えなかったら困るから」という理由で買っているということでした。

人って デマだとわかっていても「もしも」という時の事を考えるようです。

実際にトイレットペーパーが、買えなかったら皆さん困りますよね。

スポンサーリンク

でもこう考えるとどうでしょうか。

今回デマとわかっていてトイレットペーパーを購入されていた人達が、家に今回購入されただけのトイレットペーパーを備蓄されていたとしたら それでも中には心配性の人がいて買いに行かれる人もおられるかもしれませんが、これだけトイレットペーパーの在庫が家にあれば大丈夫かなと考える人もいると思います。

そうなると心にも余裕ができ今回のようにデマに踊らされる人も減るのではと思った次第です。

今は、地震災害が起きた時のために非常用持ち出し袋を用意してその中に水や食料そして自分の必要とするモノを入れて準備することが推奨されています。

日頃から「もしも」の時のために 水や食料や生活必需品を備蓄しておく習慣をつけておけば少しでも心に余裕ができ デマかどうかわからない情報を受けても冷静な判断ができるようになれるのではないでしょうか。

「転ばぬ先の杖」といいますが、「もしも」という考えを持つのであれば 間際になって慌てるのではなく日頃から「もしも」の時の事を考えて準備しておく習慣をつけておくことをお勧めします。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リュックの中の防災グッズ!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

10月9日には、新しく購入した防災リュックを しょうかいしましたが、今回はそのリュックの中に入れている防災グッズをご紹介します。

防水防災リュック

今までの防災リュックでは、防災グッズが増えて収まらなくなりましたので 先日 Amazonで防災リュック用にALLCAMP 防水リュック を購入しました。

今日は、その中に入れている防災グッズをご紹介します。

防災グッズ
防災グッズ

まずは、ジェットボイルの「マイクロモ」です。

ジェットボイル
ジェットボイルの「マイクロモ」
ジェットボイル マイクロモ
ジェットボイルの「マイクロモ」

専用クッカー(カップ) の中に部品がすべて収納できこれを組み立てガスカートリッジのガスの火でお湯を3分弱で沸かすことができる便利なキャンプギアです。

 

保存水

500ml保存水を4本(2L)入れています。2024年11月1日まで有効期限があります。

保存水 2024年11月1日まで

 

保存食です。この保存食は、お湯や水で作る事ができます。

保存食
保存食

お湯なら15分、水なら60分で食べられるようになります。

水の量で普通のご飯やリゾットにもなります。

お湯を入れて15分待たないといけないので 冬場に外で作る場合は、保温バックに入れて待つ方が良いと思います。

もし入れずに作ると冷えてしまいそうな気がします。

「えいようかん」という羊羹で5本入りです。

羊羹

5年間長期保存が効きます。

 

サクマ式ドロップスです。

ドロップ
サクマ式ドロップス

手動式ラジオライトです。

これは、以前購入していた非常用持ち出し袋に入っていました。

電池は、単2電池2本使用することでライトにもラジオにも使えます。

ライトの後ろには、ハンドルが付いてありこれを回すことで電気を起こし電池が、切れてもライトやラジオを使用する事ができます。

 

ロウソクとライターと歯ブラシとナイロンです。

ロウソク

 

マスクです。

マスク

軍手です。

軍手

ウエットナップです。ウエットティッシュですね。

ウエットティッシュ

トイレ袋です。

スポンサーリンク
トイレ袋

使用した後に凝固剤を入れて固めて燃えるゴミで処分します。

 

これも以前の非常用持ち出し袋に入っていたレインジャケットです。

レインジャケット

貼るカイロ10個入りです。冬は必要アイテムですね。

カイロ

防塵用マスクです。

防塵マスク

防塵用ゴーグルです。

防塵ゴーグル

津波の去ったあとは、粉塵が舞うので防塵マスクや防塵ゴーグルは、必需品ですね。

 

マイクロトーチですで。これは、ガスバーナーのように火力が強いので風が、吹いてる時でも使えそうです。

マイクロトーチ

お墓参りに行って線香に火をつけるとき風があると百円ライターでは、なかなか上手く線香に火をつける事ができません。

 

ホイッスルです。誰か助けを呼びたいときに使います。

ホイッスル

ホイッスルって空を飛んでいるヘリコプターにも音が届くそうです。

ポケットコートです。

ポケットコート

バンソウコウです。

バンソウコウ

割りばし2本です。これは、しんばしでおかずを買った時に貰ったものです。

割り箸

今のところは、これだけですがまだ入れておきたいモノがあります。

それは、夏に避難したときの対策として虫対策用の防虫シートや防虫ブランケットです。

あとラップとか紙の皿とかも そうそうランタンも。

あれやこれやと言ってると限がないですがね!

まあ「備えあれば患いなし」と言いますからね。

 

そして私の家族の防災リュックです。ちなみに今までは、真ん中の非常用持ち出し袋へ防災グッズを入れていましたが、色々買い足していくうちに荷物が入らなくなり大きめのリュックを買いまいした。

家族の防災リュック
左から 次女、嫁さん、私の防災リュック

 

避難段階

 

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

防災リュック用に ALLCAMP 防水リュック 大容量 40Lを購入!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 

非常用持ち出し袋
非常用持ち出し袋

だいぶ以前に購入していた非常用持ち出し袋の中身が、増えてきて今のリュックでは、収まらなくなりましたので 新しく大容量40LのALLCAMP 防水リュック(5580円)をAmazonで購入しました。

ALLCAMP 防水リュック
ALLCAMP 防水リュック

このリュックの名前は、「 ALLCAMP 」(オールキャンプ)と読むのでしょうか?

製造元は、メイドインチャイナでした。

メイドインチャイナという事で 耐久性に不安はありますが、非難用に使う事を目的としているので 再々使うモノでは、ないので耐久性はあまり心配しなくても良いかなと思っています。

最初どんなリュックが、良いかをアウトドア用のリュックで探していましたが、なかなか思うようなリュックが見つかりませんでした。

たまたまAmazonでこのリュックに目がとまりました。

リュックの色が、イエローで結構目立つデザインでインパクトがありました。

その目立つデザインも気に入りましたし防水になっているという事で防災リュックとしても適しているかなと思いました。

リュックの外側には、仕切りが無くリュックの唯一の外ポケットは、真ん中にファスナーが、縦についていてそこへモノが、入れれるようになっています。

ALLCAMP 防水リュック

荷物を出し入れする開口部の場所には、ファスナーは無く開口部を巻いてロックして止める(ロールトップタイプ) ようになっています。

ALLCAMP 防水リュック
ALLCAMP 防水リュック

ロールトップタイプ のメリットとデメリットには、このような事があるようです。

【メリット】
・入り口からの雨の侵入がない
・巻き加減で容量が調整できる

【デメリット】
・開け閉めに手間がかかる
・縦長のモデルが多く、底に入れた荷物が取り出しづらい

スポンサーリンク
ALLCAMP 防水リュック

実際にやってみて 私個人的には、「開け閉めに手間がかかる」 という感じはしませんでした。

また大容量40Lと書かれていましたので 大は小を兼ねると言いますから沢山入る方が良いだろうと思いこれに決めました。

サイズ:幅210mm×高さ690mm×奥行き340mm(容量約40L)。重さ:約1.10kg。

ALLCAMP 防水リュック
ALLCAMP 防水リュック

ただ40Lの大容量っと書かれていてもなかなかそのサイズをイメージできません。

ちょうどこの ALLCAMP 防水リュック を Amazonで購入された方のレビューが、書かれていましたので読んでみると 防災リュック用として購入された人も何人か居られその中のお一人が、実際に このリュックにどんな物を入れられているかを写真に撮られて紹介されていましたので このリュックを買うための判断基準にさせて頂きました。

実際に届いてリュックの実物を見ると最初の印象が「でけー!」でした。

ALLCAMP 防水リュック
ALLCAMP 防水リュック

そして物を入れていないリュックを背負って鏡を見るとやはり「でけー!」という感じでした。

ALLCAMP 防水リュック
ALLCAMP 防水リュック

こんだけ大きかったら今準備している避難用グッズは、余裕で入るなと思いました。

実際に今ある避難用グッズを 新しく購入した ALLCAMP 防水リュック に入れると余裕で入りました。

ALLCAMP 防水リュック
ALLCAMP 防水リュック

そしてこのリュックには、スマホを入れるための防水ケースも付属されていました。

ALLCAMP 防水リュック
ALLCAMP 防水リュック

実際に荷物を積めてリュックを 背負ってみると安定感があり疲れにくそうな感じがしました。

ALLCAMP 防水リュック
ALLCAMP 防水リュック

また機会をみてリュックの中身も紹介したいと思います。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジェットボイル「マイクロモ」が、届きました!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

以前防災グッズを ネットで見ていてジェットボイルを知りました。

説明ビデオを見てると専用クッカー(カップ)の中に スタビライザー( ガスカートリッジ 台座)やガスカートリッジやゴトクやバーナーが、収納できて使う時には、そこから取り出して組み立て簡単にお湯が、沸かせるのを見て便利なモノがあるなと欲しくなりました。

それからジェットボイルの事についてYouTubeなどで紹介している動画を見ているとジェットボイルにもいろんなタイプのモノがある事を知りました。

このジェットボイルは、防災グッズではなくてキャンプでよく利用されてるアイテムなんですね。

私は、アウトドア派ではないのですが、防災アイテムとして欲しいなと思いました。

これが、あれば避難場所でカップラーメンやアルファー米を作る時に使うお湯を用意する事ができますからね。

そして クッカーの中に必要な部品が全部収納できてサイズもコンパクトですから非難袋の中にも入りそうです。

これよりも大きいサイズもあるようです。

ジェットボイル の商品の中で一番安いモノは、ジェットボイルZIPという商品で9,900円(税別)があります。

最初は、サイズもちょうど良さそうなサイズで この「 ZIP 」を購入しようと思っていたのですが、調べているうちに「 ZIP 」 には、点火ボタンが無くライターなどで火を付ける必要があるということがわかりました。

どうせ買うなら点火ボタンが、有る方が便利だなと思いました。

しかし購入するときに悩んだのが価格の差でした。

点火ボタンの有るか無いかで約1万円ほどの差がありました。

思案したあげく点火ボタンのある「マイクロモ」という製品に決めました。

スポンサーリンク

「マイクロモ」の価格は、19,980円です。ガスカートリッジは、別売りなのでこれにプラス460円(税別)がかかります。

点火ボタンの有る無しで何故ここまで価格に差がでるんでしょうね?

そしてAmazonで注文しましたら昨日届きました。

さっそく箱を開けて組み立ててみました。

ジェットボイル マイクロモ
専用クッカーの中から部品を出します。
ジェットボイル マイクロモ
スタビライザー・バーナー・がスカートリッジ・ゴトク
ジェットボイル マイクロモ
スタビライザー(ガスカートリッジ台座)
ジェットボイル マイクロモ
ガスカートリッジ
ジェットボイル マイクロモ
バーナー
ジェットボイル マイクロモ
専用クッカー
ジェットボイル マイクロモ
ゴトクをつけた状態

何回かYouTubeでジェットボイルの動画を見ていましたので説明書を見なくても組み立てる事ができました。

説明書によると この ジェットボイル は、熱効率の高いアウトドア用調理器具で -6℃まで安定した火力を発揮するサーモレギュレーターを搭載しているという事です。

ジェットボイル マイクロモ
点火

これを登山などに使うならいざしらず もし災害時の避難場所で使用する考えであれば宇和島市内なら -6℃になるようなことは、ほとんどないでしょうからね。

ジェットボイルは、コジー(断熱カバー)で覆われているからお湯が沸騰しても専用 クッカーを持っても熱くないようです。

ジェットボイル マイクロモ

外で使うときに風が、あると上手く点火できるのかが心配です。

もしもの時の為に ライターは一緒にいれて置く方がいいでしょうね。

こんど一度これでお湯を沸かして非常食を作ってたべてみようかなと思っています。

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク