「マイナンバーカード」カテゴリーアーカイブ

愛媛県版のマイナポイントは自動で貰えるんだ!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

前回のマイナポイントの5千円は、PayPayで貰いました。

そして今回の健康保険証と預金通帳の紐づけをしてマイナポイント申請を8月にしました。

前回は、PayPayで貰ったのですが、今回はEdyで貰う事にしましたのでEdyの場合は、貰えるのが、10月10日になるということなのでまだ来月まで待たなくてはなりません。

そしてエースワンで Edyにチャージをしようとカードをチャージ機に置いたところ愛媛県版のマイナポイントが、付与されるという表示がされ早速付与しました。

そこで母のカードも持っていましたので母の分も付与して貰いました。

愛媛県版のマイナポイントでは、4千円のポイントが貰えますが、利用額の40パーセントが基本なので最大4,000円を貰おうと思うと一度に1万円チャージしないと4千円全額は貰えません。

なので私と母に付いたポイントは400円とか1000円の金額でした。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

最初、愛媛県版のマイナポイントは、別に申請しないと貰えないのかと思っていましたら なんとマイナポイント申請していたら自動で愛媛県版のマイナポイントも付与されるようになっているようです。

なんか得した気分になりました。

愛媛県版のマイナポイントを貰うための条件は、下記の様になっています。

マイナンバーカード取得者のうち、以下(1)(2)のいずれも満たした方
(1) 「健康保険証としての利用申込み」を行い、国のマイナポイントを申込
(2) 「公金受取口座の登録」を行い、国のマイナポイントを申込

という事でどちらか一方だけの登録だけでは愛媛県版のマイナポイント4000円は貰えないという事ですね。

PayPayだと愛媛県版マイナポイントは、10月1日のお買い物から貰えるようになるよです。
LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhoneからマイナポイント第2弾を申し込みました!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

iPhoneからマイナポイント第2弾を申し込みました。

まずは、母親の分を申し込んでみました。

母は、paypayやクレジットカードなどは、持っていないので第1弾の5千円を貰うためにエースワンで楽天Edyを作って5千円をもらいました。

今回の第2弾も楽天Edyで貰おうと思います。

マイナンバーカードと保険証の紐づけと公金受取口座の登録は、既に終わっていますのでポイントを申し込むだけです。

申し込みは、iPhoneのマイナポイントアプリから申し込みをします。

マイナポイント第2弾

マイナンバーカードを用意します。

マイナポイント第2弾

「はじめる」をタップするとパスワード入力画面が表示されますので4桁のマイナンバーカードのパスワードを入力します。

マイナポイント第2弾

マイナンバーカードの上にiPhoneを置きます。

マイナポイント第2弾

キャンペーンん選択では、「健康保険証としても利用申し込み」と「公金受取口座の登録」にチェックを入れます。

両方にチェックを入れる場合は、既に「健康保険証」と「公金受取口座の登録」申し込みを終えていなければなりません。

まだ申し込みをしていない場合は、マイナポータルから「健康保険証」と「公金受取口座の登録」申し込みをしておく必要があります。

マイナポイント第2弾

チェックを入れたら「2つ選んで次へ」をタップします。

マイナポイント第2弾

第1弾マイナポイントで受け取ったモノが、表示されますので同じで良ければそのままで もし他のモノで受け取りたい場合は、「修正」をタップして選びなおします。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

母は、楽天Edyしか受け取り手段がないので今回も楽天Edyでのままにしました。

マイナポイント第2弾

 

必要なデータを入力して「次へ」をタップします。

マイナポイント第2弾

 

マイナポイント第2弾

 

 

確認して良ければ、「確認して次へ」をタップします。

マイナポイント第2弾

利用規約に同意します。で「同意して申し込む」をタップします。

マイナポイント第2弾

申し込み状況を確認したい場合は、「申し込み状況を確認」を 終了させる場合は、「終了」をタップします。

 

マイナポイント第2弾

「申し込み状況を確認」するとこのような画面が表示されます。

マイナポイント第2弾

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マイナポイント第2弾を申請しようとしたら!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

昨日は、日曜日で時間があったので そろそろマイナポイント第2弾を申請しよと思い行動に移しました。

前回5千円を貰ったときは、Pay Payを選びました。

エースワンで買い物をするときにPay Payを使っていましたので利用度が多かったのでそれを選びました。

しかし昨年よりエースワンでPay Payが、使えなくなりましたので今は、それの代わりに楽天エディカードを作ってそれにチャージして使っています。

なので今回のマイナポイント第2弾を申請は、楽天エディで貰おうと思っています。

前回の5千円の時は、私の母は、楽天エディにポイントを貰いました。

なので今回も私の分と母の分を一度にしようと思います。

まずマイナポイント第2弾を申請をする前にマイナポータルアプリから「公金受取口座の登録」をしなくてはなりません。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

健康保険証の登録については、昨年私も母も登録は完了しています。

この2つを登録することで1登録7500円で 合計15000円のポイントが貰えます。

私と母の「公金受取口座の登録」を済ませ母のマイナポイント第2弾を申請するとポイントをどれに付与するかを選ぶところでつまづきました。

前回は、選ぶことができた楽天エディが、表示されていないのです。

その代わりに楽天エディ(アプリ)というのは、あるのですが、私と母がもっているのは、アプリでなくカードなのでカードの裏に記載されてる電話番号へ問い合わせをしてみました。

すると楽天エディカードは、7月の後半からでないと登録ができないという事で何日からという確かな日は、まだ決まっていないという事でした。

ということでマイナポイント第2弾の申請は、7月後半までまたなくては、ならなくなりました。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、マイナポイント申請する人が多くてサイトに繋がり難いそうだ!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

共同通信によると今回は、マイナンバーカード所有者向けの政府サイト「マイナポータル」にアクセスが集中し、つながりにくい状態が断続的に発生しているという事だ!

6月30日から「マイナポイント第2弾」が、始まったのが原因とみられ、ポイント申請が滞るなどの影響が出ているという事だ!

 ポイントを受け取るには、マイナポータルにアクセスし、カードに保険証機能を加える「マイナ保険証」の申し込みや、公的給付金の受け取り口座の登録を済ませる必要があります。

これをすると7500ポイントづつ貰え合計15000ポイントゲットできます。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

 サイトを管理するデジタル庁によると、6月30日夜から断続的につながりにくくなっているということで担当者は「時間をおいてアクセスしてほしい」と話しているということです。

ということで 私もちょっと日を置いて手続きすることにします。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「マイナ保険証」、4月に患者負担増

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

愛媛新聞を見るとこんな記事が目に留まった。

 マイナンバーカードを保険証としても使える「マイナ保険証」のメリットは、患者の診察時に過去の薬の情報を正確に医師と共有できるといったメリットがある。

その「マイナ保険証」を利用するとなんと4月から従来の保険証を使うよりり支払い金額が上がるという事だそうだ。

自己負担3割の場合、「マイナ保険証」を利用すると初診時の支払いは21円増えるということだ。

マイナ保険証が使える医療機関はまだ全体の14%と伸び悩むやんでいるというのに「値上げ」ともなる負担増は、患者にマイナ保険証の使用を遠ざけてしまうと思う。

この負担増は、医療機関側の収入を増やすことで、対象のサービスに取り組む医療機関を広げることがねらいなんだそうだ。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

マイナ保険証が使える医療機関を受診して、登録されている薬剤情報などを活用して診療を受けたときに月1回支払うそうだ。

例えば自己負担が3割の場合、初診は21円、再診は12円だ。

 もしマイナ保険証を使わずに、従来の保険証を出したとしても、マイナ保険証が使える医療機関なら初診で月9円(ただし2024年3月まで)の負担が新たにかかるということだそうだ。

マイナ保険証を利用できる医療機関を増やすためにすることが、マイナ保険証を利用する患者さんを減らすことにならない?これってマイナ保険証パラドックスだ!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク