「自衛隊」カテゴリーアーカイブ

多用支援艦「げんかい」見学してきました!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

7月24日10時から12時 13時から16時 宇和島湾坂下津第2号岸壁で自衛隊多用支援艦「げんかい」の一般公開がありました。

多用支援艦「げんかい」

私は、午後1時30分頃に行きましたら 「げんかい」を見学するのに列が、できてますのでそこへ並んだのですが、なにやら「整理券をお持ちの方は、5分までに集合」と書かれています。

多用支援艦「げんかい」

どういう事かなと自衛隊の方に尋ねたら 午前中に整理券を配ってこちらで並んでいる方は、キャンセル待ちだという事でした。

「キャンセル待ちか」どうしようと思いいったん列から離れてテントの方へ向かいました。

自衛隊の知ってる方と少し話してまた「どうせ来たのだから待ってみようか」とまたキャンセル待ちの列に並ぶことにしました。

20分ほどしてどうやら見学できるようになりテントの方へと案内をされそこで説明を聞いてからグループでげんかいへと案内されました。

多用支援艦「げんかい」

 

多用支援艦の主な目的は、訓練用の射撃の的をワイヤーで引いたりエンジントラブルの起きた艦船を修理のできる港まで引いていく為の支援艦という説明をされていました。

ちなみに「げんかい」という名前の由来は、玄海灘からきているそうです。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

まず案内されたのが、艦の後ろの広い場所でそこで防火服の展示をしていました。

そこで実際に防火服を着る実演が、ユーモアを交えながら行われました。

実演は、アフリカのケニアから来られた方が、この服を1分できるというところを実際に見ることができました。

それが、終わると艦橋の方へ案内されて艦橋内の見学をすることができました。

多用支援艦「げんかい」の最高スピードは、17ノットということで原付の30km程のスピードしか出ないという事です。

多用支援艦「げんかい」

 

右側の椅子は、艦長この船の一番偉い方が座る椅子だということです。

そして左側の椅子は、艦長より偉い司令官が座る椅子だという事です。

「気分の良くなりたい方は、左側へ座って責任者になりたい方は、右側の椅子へ座ってみてください」とユーモアを交えなら説明をされていました。

キャンセル待ちで上手い事乗れて良かったです。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

多用支援艦「げんかい」7月24日一般公開

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

2022年7月24日10時から12時 13時から16時 宇和島湾坂下津第2号岸壁で自衛隊多用支援艦「げんかい」の一般公開があります。

地図

陸上自衛隊車両展示や航空自衛隊VR体験も予定されています。

げんかい

 

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

多用途支援艦げんかい
2019年7月 多用途支援艦げんかい見学
多用途支援艦げんかい
2019年7月 多用途支援艦げんかい見学
自衛隊
2019年7月 多用途支援艦げんかい見学
ジープ
2019年7月 多用途支援艦げんかい見学
バイク
2019年7月 多用途支援艦げんかい見学

 

 

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本の「レールガン(超電磁砲)」の開発計画

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

電磁力を使って弾を発射するレールガンはご存じでしょうか?

レールガン
(画像・動画は、防衛装備庁公式資料より)

防衛省はミサイル防衛ために、電磁力で砲弾を発射してミサイルを迎撃する計画を発表しました。

昨今、中国やロシアや北朝鮮などが研究開発を進めている変則軌道で飛ぶ極超音速兵器の攻撃に対して迎撃が困難とされる新たなミサイルの脅威に対し、日本が「ゲームチェンジャー」として開発に力を入れているのが、電磁力で砲弾を発射する次世代兵器「レールガン」です。

まだどこの国も「レールガン」は、完成させていません!

レールガン

レールガンとは、火薬を使わずに電磁力の原理で弾を高速で撃つ技術であり、電気を通しやすい素材で作ったレールの間に弾を置き、電流と磁界を発生させて発射する技術を使った兵器であります。

磁場のなかで電気を流すと力が発生する「フレミングの法則」で弾を動かすものであり、モーターや発電機など身近に使われる技術が基礎になっています。

その特徴は、
1
 電磁力の原理で迎撃弾を高速発射できる
2
 弾丸が小さく、探知・迎撃が困難
3
 電流の強弱で弾丸の速度を操作可能
4
 連射が可能
5
 弾丸がミサイルと比較し安価

 

防衛省は2022年度の予算案にレールガン関連費用として65億円を計上しました。

連射や飛しょう時の安定性といった要素技術を確立し、早期実用化を目指しています。

防衛省の外局である防衛装備庁は、1990年に口径16mmの小型レールガンの基礎研究を開始して その後口径40mmの中型レールガンを試作して、弾丸の高初速化や砲身の長寿命化の研究を実施して 段々と口径を大きくしているんですね。

レールガンの主な用途は極超音速〔マッハ5(約1702m/秒)以上〕の巡航ミサイルの防衛で 極超音速巡航ミサイル防衛では、迎撃側も極超音速で会合点に向かって飛しょうするのが重要です。

防衛装備庁で、レールガンは高速化のポテンシャルが極めて高いため、適性が高いと判断されたようです。

実際、同庁の試作レールガンでは2230m/秒(約マッハ6.6)の初速で重量約300gの弾丸を発射できるという事です。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

同庁は搭載プラットフォームを公開していないが、用途から考えれば自衛隊駐屯地やイージス艦に搭載する可能性が高いようです。

但し、一番のネックが弾丸を発射するためには大きな電力が必要であり、より少ない電力で弾丸を飛ばすための工夫が必要です。

もしその工夫ができなければレールガンを艦船に搭載して発射しよとすると宇宙戦艦ヤマトが波動砲を発射する時のように 艦船で使われてる全電力を止めてレールガンに電力を集中させなくてはならなくなります。

そして次に発射するまでに アメリカでは4分かかっているということです。

なので連射を実現するためには、大きな電力の供給が絶え間なくできるシステムの開発が不可欠です。

この大電力の随時供給ができるシステムが完成できればレーザー砲の開発にも大いに貢献できます。

元々レールガン開発は、各国で行われていましたが、それらの計画はほぼ全てとん挫して その最先端を走っていたアメリカが実用化まであと一歩の2021年6月にレールガンの開発中止を発表しました。

一方、日本のレールガン開発はと言うと1980年代から行われていました。

ただ軍事的目的ではなく現在のJAXAによる宇宙船開発のために研究されていたということです。

兵器としての開発は日本は出遅れましたが、本格的な開発は2016年から開始したにも関わらず、アメリカでも克服が困難だった「アーク放電」という問題をあっさりと克服して、レールガン開発の先頭を走ることになったということです。

これも宇宙船開発時代からの地道な努力が役立っているということです。

このレールガン開発には、ロシアと中国といった国が難色を示しており、彼らが開発してきた極超音速兵器を無力化する恐れがあるからです。

日本でレールガンが、完成すれば日本がゲームチェンジャーとなり拒否的抑止力も上がる事だと思います。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「おちょやん」こと「浪花千栄子」

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

NHK連続テレビ小説「おちょやん」見られていますか?

NHKの朝ドラは、「あまちゃん」からずっとみています。

今、放送している「おちょやん」ですが、タイトル知らずに見ていました(^^;)

「おちょやん」は、実際に活躍していた女優さんの話ということは、知っていましたが、その女優さんが誰なのかはしりませんでした。

そして昨日その女優さんが、「浪花千栄子」だとしりました。

しかしその女優さんの名前を聞いてもピンときませんでした。

「浪花千栄子」が、出演していた私が、知っているテレビドラマでは『太閤記』や『細うで繁盛記』などに出演されていたという事です。

名前を聞いてもピンときませんでしたが、「オロナイン軟膏」のホーロー看板の人と聞いてやっとピンときました。

オロナイン軟膏

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

 

あの「オロナイン軟膏」の看板の女の人だったんですね。

最初からそうとわかっていてドラマの見方も変わっていたかもしれません。

朝ドラの中でも描かれていましたが、実際に2代目天外と新人女優九重京子との間に子供が生れたのをきっかけに離婚されてるんですんね。

この新人女優九重京子は、元宝塚歌劇団出身ということです。

そして1973年12月22日に、消化管出血のため死去されたということで66歳でなくなられているようです。

没後、勲四等瑞宝章受章されているんですね。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

宇和島上空をバズって飛ぶ謎の飛行機!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

本来バズの意味は、日本語でいう「ブーン、ブンブン」の音から来た英語の擬声語で、騒音のほかガヤガヤした話し声なども示す ものです。

今は、「バズる。」といえばウェブ上で特定の話題が一挙に広まる意味 をいいます。

昨日の愛媛新聞記事に「南予地区で相次いで目撃されている航空機の低空飛行が、21日午後、鬼北、松野両町で再び確認された。という記事でした。

愛媛新聞
2019年11月22日愛媛新聞記事

この飛行機は、米軍の空中給油機だと推測できると書かれていました。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

実は、このシルエット私も自宅の外で空を見上げた時に見かけたことがありました。

あれは、米軍の空中給油機だったんですね。

新聞の写真で紹介されている空中給油機は、プロペラ機ですのであの轟音の理由も理解でしました。

自宅から見た時は、プロペラ機だとはわかりませんでした。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク