「自衛隊」カテゴリーアーカイブ

航空自衛隊のFー35A戦闘機墜落の原因

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

2019年4月9日(火)青森県の航空自衛隊三沢基地に配備された最新鋭ステルスF-35A戦闘機が同日19時25分頃、三沢基地を4機で離陸し約25分後に基地の東約135km付近太平洋上空を夜間飛行中1機がレーダーから機影が消え行方不明となったと報道されました。

このニュースを聞いて色々と行方不明の原因が頭を巡りました。

レーダーから消える前にパイロットから「ノック・イット・オフ(訓練中止)」という無線が入っていたそうです。

訓練中にパイロットが「訓練中止」を宣言する意味とは、どういう事なんでしょう?

何か緊急事態が、起きて「訓練中止」を宣言して レーダーリフレクターを収納して ステルスモードにしたからレーダーから消えたのかとも思いました。 ( レーダーリフレクターが、操作で収納できるようになっているのかはわかりませんが。 )

ステルス戦闘機でなければ機影が消えるという事は、墜落を意味すると思います。

その後のニュースでは、尾翼が発見されたという報道がありこれでどこかの海域に墜落した事が確実となったようです。

ただ回収されたという尾翼の映像は、報道されていません。やはり秘密の塊りだから隠密の内に回収したのでしょうか?

そしてパイロットは、緊急脱出をしていないという報道もされています。

もしパイロットが、緊急脱出をしていれば救助に向かえるように居場所がわかる信号が発信されるよになっているという事ですが、その信号も発信されていないということでパイロットは、脱出することなく機体と共に墜落したようです。

いったいどんな原因で墜落に到ったのでしょうか?

機体に何かトラブルが発生したのであれば4機で訓練飛行していたのだから機体の異変を仲間のパイロットに知らせると思うのですが。

墜落したのであれば 残りの3機のパイロットが墜落場所の確認をしていそうなものですが、それについては何も報道されないようです。

想像ですが、最新鋭機であればパイロットの操縦ミスで墜落しそうな時でも自動制御で墜落を回避するようなシステムになっていそうなものですけどね?

なぜ墜落する前に脱出できなかったのでしょうか?

スポンサーリンク

やはり最新鋭機ということでパイロットは、どうにか墜落しないように制御しようと最後まで努力していたのでしょうかね?

翌10日(水)には墜落と断定されました。 A型が墜落した事例は世界でこれまでに確認されていないということです。

これまでに日本では、 F-35A は2回ほど不具合があり1回目は、2017年の試験飛行中冷却系統の異常を知らせる警報装置が作動し緊急着陸しています。この時は地上の部品交換で飛行は再開されました。2回目の不具合は、2018年キャノピー(天蓋)のロック不備の警告ランプが作動しましたが、これは警告ランプの誤動作だったという報道もあるよです。

墜落となると 最新鋭ステルスF-35A戦闘機は、秘密の塊りですから日本での事故原因の究明はできないでしょうね。

中国やロシアにしてみたら墜落した F-35Aを自国で引き上げたいと思ってるでしょうね。

中国やロシアも秘密裏に潜水艦で探していたりして?

このF-35Aは、愛知県豊山町の三菱重工業の小牧南工場で組み立てられた初号機なので墜落は日本の責任にされそうな予感もします。

でも組み立てたあとの最終確認は、アメリカの技術者がするんじゃないでしょうかね?

アメリカにとっては、墜落の原因を「日本側の組立不備」あるいは、「パイロットの操縦ミス」にできれば、最も望ましいだろうしね。
そうすれば他国のF35Aへの影響がないからね。

今回の墜落で日航ジャンボ機123便が御巣鷹山に墜落したときの事を思い起こします。 いち早くボーイング社は、「圧力隔壁の修理ミス」と断定しましたもんね。修理ミスなら当機固有の問題であり、他国のジャンボ機への影響は考えなくても済みますからね。

今回は、 結論ありきの原因究明にならなければ良いですけどね。

11日(金)現在、パイロットは依然として行方不明であり、捜索が続いています。 消息を絶ったF35Aは 細見彰里3等空佐(41歳)通算飛行時間3200時間のベテラン パイロットの操縦だったということです。

早くパイロットを無事救助できればいいのですが、捜索する場合ステルス機であるがゆえにかえってそれが、仇となりそうな気もします!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自衛隊哨戒機低空威嚇飛行とされる韓国の証拠写真のウソが判明!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

最初の問題は、韓国の自衛隊哨戒機へのレーダー照射問題でした。

レーダー照射とは、敵を攻撃する前に敵機に狙いを定めロックオンする攻撃一歩手前の状況です。

この問題については、韓国側の言い分が二転三転して話が噛みあわず日本政府は、レーダー照射の電波音を公表することでこの問題を終息させました。

しかし韓国側は、レーダー照射問題を 自衛隊哨戒機の低空威嚇飛行問題へと論点をすり替えてきました。

そして 自衛隊哨戒機の低空威嚇飛行とされる証拠映像などを公表してきましたが、その証拠映像も証拠とは、ならないようなモノばかりでした。

このYouTube映像は、 海上自衛隊・哨戒機P3Cオライオンによる、高度60mからの対潜爆弾による爆雷飛行の模様です。

この映像を見てもなんら恐怖を感じる様な事はないと思います。

韓国側が、自衛隊哨戒機の低空威嚇飛行だとされる証拠写真を出してきましたが、その写真では海水面は写っていませんが、このYouTubeの 海上自衛隊・哨戒機P3Cオライオンによる、高度60mからの対潜爆弾による爆雷飛行の模様 の映像では、ハッキリと海水面が写っています。

韓国側が出してきた自衛隊哨戒機の低空威嚇飛行とされる写真

そこでYouTubeの海上自衛隊・哨戒機P3Cオライオンによる、高度60mからの対潜爆弾による爆雷飛行の模様 の映像を切り取り韓国側が出してきた自衛隊哨戒機の低空威嚇飛行とされる証拠写真を比較検証してみました。

スポンサーリンク
低空威嚇飛行検証
海上自衛隊・哨戒機P3Cオライオンによる、高度60mからの対潜爆弾による爆雷飛行の模様

前回検証したように 自衛隊哨戒機 P-3C を積み重ね みました。

今回P-3Cの高度が60mとハッキリわかっていますので P-3C の機体の高さは、10.3mなのでそれを積み重ねる事で高度60mを飛行すると海水面が、写真にはどのように写るかがわかります。

自衛隊哨戒機 P-3C を積み重ねると6機目では、海水面が写っています。

しかし韓国側が出した低空威嚇飛行とされる証拠写真では、6機目でも海水面は写っていません。

このことから韓国側が提示した写真からは、高度を誤魔化して発表している可能性があることがわかります。

韓国青瓦台 に申し上げたい。

このYouTube の海上自衛隊・哨戒機P3Cオライオンによる、高度60mからの対潜爆弾による爆雷飛行の模様の映像を使ってまた捏造に使用しないで下さいね!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自衛隊哨戒機威嚇低空飛行とされる韓国証拠画像の怪しさ!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

韓国国防省は24日、海上自衛隊の哨戒機が、韓国艦艇に低空接近して「威嚇飛行した」と主張する証拠として5枚の画像を公開したが、なんの証拠にもなっていない。

最初動画を公開するといっていたが、あまりにも撮影時間が短いので写真にしたという。

前回の動画も11秒ほどのモノを出していたので 短くても出せばいいのにね!

この動画を出すと一発で海上自衛隊の哨戒機が、 低空威嚇飛行していない事がばれると思ったのでしょうね!

一般人が見て一番わかるのは、動画なんですけどね。

で 代わりに低空威嚇飛行をしたとされる写真を見ましたけど 写真には、海水面が写っていないので高さの確認が取れません。

海上自衛隊哨戒機

そこで韓国が出してきた威嚇低空飛行とされる写真を検証してみました。

海上自衛隊哨戒機

この型の 海上自衛隊哨戒機の高さは、10.3mですので 哨戒機を重ねていけば写真に写っている部分の高さの推測ができます。

スポンサーリンク

検証した結果写真に写っている哨戒機から下の高さが、約61.8mあることがわかります。

韓国がいう60mの高度を飛んでいたというのであれば写真に海面が、写っていてもいいはずですが、海面は写っていません。

なので動画を出してしまうと 一発で 哨戒機が、低空飛行していない事がバレると思って動画は、だせなかったのかもしれませんね。

次に韓国側が公表したレーダー写真のうち1枚には、レーダーの航空機探知モード「Air」の文字とともに、「Ht 200 ft(高度200フィート=約60メートル)とある。

レーダー映像
レーダー映像

 だが、文字を拡大すると、「200」と「ft」の間に不自然なスペースがあるのだ。このため、ネット上では「2000フィート(600メートル)から『0』を消して200フィートにしたのでは」と、疑いがでてきた。

この問題の発端は、 海上自衛隊哨戒機 が、韓国艦艇からレーダー照射を受けた事が問題だったのに日本政府が、大人の対応をした為に韓国側は、問題を完全にすり替え 海上自衛隊哨戒機 の低空威嚇飛行をでっちあげてきて韓国側が、いかにも被害者だという立場を強調してきている。

いつも自分達が、被害者にならないと気が済まない様だ!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

韓国艦が海上自衛隊機にレーダーを照射した本当の理由とは?

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket


つい先日このブログで 日本国憲法前文の中では、日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。

うたっていますが、なかなか信頼できない国もありますからね!と言った直ぐに 韓国海軍駆逐艦が石川県・能登半島沖で海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射するという問題が起こりました。

照射が2回にわたって行われていた事から これは単なる人為的操作ミスではなく何かの意図を持って行われたものだといわざる負えません。

この火器管制レーダーを海上自衛隊のP1哨戒機に照射する行為が、パイロットに取ってどんなに恐怖を与える行為であるか説明すると 銃を持っている韓国人が、日本人に対して銃口を向け指は、銃の引き金にかかっている状態であります。

あとは、引き金を引けば銃から弾が発射される状況です。

韓国海軍は、海上自衛隊のP1哨戒機に対してこの様な行為に及んだという事です。

スポンサーリンク

これについて韓国メディアなどは国防省関係者の話として、レーダーを使ったのは遭難した北朝鮮船捜索のためだったと報道しているが、言い訳になっていません!

船舶の捜索でミサイルを敵機に命中させるための火器管制レーダーを使用するわけがないからです!

韓国海軍駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した本当の理由を明らかにさせる必要があると思います。

 

 

LINEで送る
Pocket


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

軍事技術から転用・応用され平和利用されてるモノ!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket


以前軍事技術に繋がる研究はしないと言っていた大学がありましたが、軍事技術からの転用・応用され我々の身近で利用されている便利なモノって数多くあります。

一番有名なモノでは、インターネットですね。

インターネットは、1969年にアメリカがソ連からの核ミサイル攻撃を想定し、非常事態においてある中継拠点が破壊されても迂回して情報を伝達し指揮系統を失わなようにするための分散処理システムとしてインターネットの原型が開発され1988年にはアメリカで商用インターネットが始まり、1992年に「URL」、「HTTP」、「HTML」が考案され今日のインターネットが形づくられました。

そして次にGPSが有名ですね。

グローバル・ポジショニング・システム(GPS)は、軍事用のナビゲーションシステムとして開発された測位衛星の技術で、今ではカーナビなどで民間利用されています。

光ファイバーケーブルも核攻撃の電磁パルスでも破壊されないような通信ケーブルとして開発され これには、なんと日本人工学者である西澤潤一も深く関わっていると言う事です。極細の信号線で高速信号を長距離に伝搬でき、今日の高速インターネット回線として広く普及しています。

デジタルカメラも軍事技術からの転用で スパイ衛星で使われているCCDカメラと電子メモリー技術を使って開発されカナダ海軍出身のウィラード・ボイルらは、レンズから取り込んだ映像を電気信号に変換して記録可能とする技術を発明したのが始まりです。

携帯電話も アメリカの携帯電話会社であるモトローラー社が、軍事用無線機の技術を応用し携帯電話を開発しました。

パソコンも最初は、1946年に弾道計算を目的に開発されました。

IC集積回路のアイデア自体は1909年に英国王立レーダー施設で働いていたダマーにより発案され実際の開発はロバート・ノイスがアメリカ空軍の依頼を受けて始まり小型で処理が速く、また振動にも強く核ミサイルの先端にも取り付けられるという依頼のもとに制作されました。

補償光学は、人工衛星から地表を観測する際の大気のゆらぎを補正するための技術であり、もともとアメリカが他国の軍事用偵察衛星の形状を観測するために開発されました。

ロケットは、第二次世界大戦中にドイツが開発した軍事用燃料ロケット「V2ロケット」の技術は後の人工衛星打ち上げ技術に発展しました。

スポンサーリンク

原子炉は、マンハッタン計画で開発され原子爆弾の開発・製造のために開発された技術であり、原発が原爆技術の転用であることは言うまでもありません。

腕時計も 19世紀末のボーア戦争時、イギリス軍が砲撃のタイミングを測る懐中時計を革のベルトで手首にくくりつけて使ったことが腕時計の始まりであります。

ティッシュペーパーも 第一次世界大戦中に脱脂綿の代わりに開発され吸収力の高さからガスマスクのフィルターとして使われたが、大戦後に大量のティッシュペーパーが余ってしまったために アメリカのキンバリー・クラーク社がメイク落とし用として「クリネックス」の名で再度販売され今では生活に欠かせない日用品として消費されています。

缶詰は、1804年、ナポレオンが遠征における食糧問題を解消するためアイデアを募り、フランスのニコラ・アベールが瓶詰めを発明したがガラス瓶では重くて持ち運びしにくく破損もしやすいということから、1810年にイギリスのピーター・デュランドにより缶詰が考え出され現在に至るまでに殺菌方法や構造の改善がなされ、今では主に備蓄用食品として利用されています。

電子レンジは、1945年頃、アメリカのレイセオン社技術者であるパーシー・スペンサーが、レーダー開発の実験中に、偶然マイクロ波による急速な加熱現象を発見したことが電子レンジの始まりであります。

自動掃除ロボット「ルンバ」も、米国の軍需企業が生み出した製品です。製造元であるボストンのアイロボット社は、無人での偵察や爆弾処理技術で高い評価を得ている企業です。

サランラップは、昔の銃弾はとても湿気に弱く、雨で湿気て不発弾になることもあり第二次世界大戦の時に軍は湿気から銃弾を守るラップを開発しました。

テレビゲームは、原爆の開発者の一人であるウィリー・ヒギンボーサムは、コンピュータを平和利用できないか思案し、オシロスコープを使ってテニスゲームを開発しこれが世界初のテレビゲームとなりました。

カーディガンは、クリミア戦争のバラクラヴァの戦いで有名なジェイムズ・ブルデネルが考案しました。戦時中に怪我をした者でも着やすいように、保温のため着られていたVネックのセーターを前開きにし、ボタンでとめられる様にしたのが始まりである。

トレンチコートは、第一次世界大戦中のイギリス軍により、寒冷地での戦いに対応する防水型軍用コートとして開発された。

これらの様に軍事技術から生まれ今では、我々の生活には無くてはならない便利な製品があるのですから 軍事技術に繋がるからと言って研究開発しないというのは、それらが将来我々の生活に役立つ可能性のあるモノかもと思うとなんとも勿体ない話です。

LINEで送る
Pocket


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク