「政治関係」カテゴリーアーカイブ

「自分で自分を踏み殺した女子学生」樺 美智子

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

樺美智子かんば みちこさんってご存じでしょうか?

60年安保闘争で死亡した東京大学の女子学生としてよく紹介されます。

復刻 人しれず微笑まん―樺美智子遺稿集

石原慎太郎氏は、樺美智子かんば みちこさんの死について「自分で自分を踏み殺した女子学生」と表現しています。
これは、いったいどういう意味でしょうか?

なぜ石原慎太郎氏は、樺美智子かんば みちこさんの事をそのように言うのでしょうか?

ウィキペディアや他のネット情報で彼女の事を調べてみました。

彼女は、1937年(昭和12年)11月8日  生まれで1957年(昭和32年)11月の誕生日に日本共産党に入党しています。

その後、共産主義者同盟の活動家として1960年(昭和35年)6月15日 水曜日 の安保闘争に参加して亡くなります。

いくつかの文献では、樺美智子かんば みちこさんが活動家であったことを記述せず、単に「女子学生」「女子東大生」としか記していません。

これは、何か意図的にそう紹介しているのでしょうかね?

共産主義者同盟の活動家というより単に「女子学生」「女子東大生」とした方が、同情を誘いますよね。

私も今まで樺美智子かんば みちこさんを 普通の女子大生だと思っていましたのでデモに巻き込まれて不運にして亡くなられたのかと思っていました。

彼女は、学者を目指していて徳川慶喜とくがわよしのぶに関する卒論に取り組んでいました。

事件当日には所属していた国史研究室の先輩にあたる伊藤隆(当時修士2回生)と、こんな会話を交わしています。

伊藤隆に「卒論の準備は進んでいるか」と聞かれ

彼女は、「今日を最後にするからデモに行かせてほしい」と頼んでいます。

それに対して伊藤隆は、「じゃあ、それが終わったら卒論について話をしよう」という会話を交わし樺美智子かんば みちこさんは、帰らぬ人となりました。

1960年(昭和35年)6月15日 水曜日 のデモで全学連主流派が衆議院南通用門から国会に突入して警官隊と衝突した際に彼女は死亡したという事です。

享年22歳でした。

死亡当日は、淡いクリーム色のカーディガンに白のブラウス、濃紺のスラックス姿だったということです。

石原慎太郎氏が、「自分で自分を踏み殺した女子学生」と表現したのは、自分でそういう危険な道を選択したためという事で彼女の死は、自業自得だったという事を言っているのでしょうね。

警察病院の検死では死因は胸部圧迫及び頭部内出血となっていいますが、死に至った原因はハッキリしていないようです。

これについて警察側は転倒が原因の圧死と主張し、学生側は機動隊の暴行による死亡と主張しどちらが本当なのかわかっていません。

保阪正康氏によると、樺美智子かんば みちこさんの死に対し中国からカンパが寄せられたそうです。

当時の日本円で約1,000万円だったそうです。

それが、日本共産党が全額手中に収め、「これは前衛政党に送られたもの」と主張しもめた挙句に救援会が作られたが、樺美智子かんば みちこさんの霊前に供えられた香典はわずかに5万円であったということです。

これに対し、日本共産党は「わが党はこういう香典のあつかいはまったくやっていない」、「恥ずべきデマ」と否定しているということです。

はたして保阪正康氏の言う事が、正しいのか日本共産党のいう事が正しいのか?

保阪正康氏は、京都の私大に通っていた時は60年安保に反対する学生運動に参加する左翼系の学生でした。

そしてこのような発言もされています。

私たちは「安保条約について何も知らずにデモをした」などとやゆされます。条文を読まなければ反対してはいけなかったのか。そんなことはない。

この時代の大学生は、条文の内容も知らずにただ反対デモをしていたのです。

60年安保反対デモ
画像:yahoo画像より

 

もし条文を読んでいたら「反対デモ」なんて起こらなかったと思います。

東大に入れるような頭の良い学生ですからね。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

もし条文を読んでいて反対した学生がいたならその人は、本当の馬鹿ソ連の工作員ですね。

吉田茂が、アメリカと交わした最初の条約は、日本にとって不利な条約でした。

  • 基地を作る場合日本に相談しなくて良い。
  • 日本防衛の義務なし。
  • 期限は、無期限。

それを岸信介が、結んだ改定された安全保障条約は、

  • 基地を作る場合日本に相談する必要がある。
  • 日本防衛の義務あり。
  • 期限は、10年。

旧条約より良くなっている事がわかります。

このように改正される安全保障条約に対してあなたは、反対しますか?

当時は、デモをして「反対」の声を上げることが、ファッションだったと田原総一朗が、テレビで実際に語っていました。

当時、東大の安保闘争のリーダーは、西部邁にしべ すすむ氏でした。

田原総一朗は西部氏に「吉田安保と岸安保はどこが違うのか。それぞれを読んだか」と聞くと

西部氏は「読むわけないだろう。岸がやることはろくなものではない。日本を戦争に導くだけだ」と言っていたということです。

この60年安保闘争は、学生達のただの思い込みで「反対デモ」をやっていたんですね。

のちに条文の内容を知った60年安保を反対していた元全学連リーダーが、岸元首相の死に対してあなたは正しかったと弔文を書いたそうです。

樺美智子かんば みちこさんも安保の条文の内容を知らずに ただ反対運動をしていたのでしょうね?

もしそうだとしたら共産主義者同盟の活動家としての樺美智子かんば みちこさんの死は、いったいなんだったんでしょうね?

もし条文を読んで内容を理解していたら東大に入学できる頭の良い女子大生ですから反対デモに参加する事も無かったでしょうし死ぬことも無かったでしょうにね。

最後に樺美智子かんば みちこさんが、まだ高校生であった頃に書かれた遺稿というべきひとつの詩が残されていていますので それを紹介して今日のブログ記事は終わりにします。

 

最後に            樺 美智子

誰かが私を笑っている

こっちでも向うでも

私をあざ笑っている

でもかまわないさ

私は自分の道を行く

笑っている連中もやはり

各々の道を行くだろう

よく云うじゃないか

「最後に笑うものが

最もよく笑うものだ」と

でも私は

いつまでも笑わないだろう

いつまでも笑えないだろう

それでいいのだ

ただ許されるものなら

最後に

人知れず ほほえみたいものだ

復刻 人しれず微笑まん―樺美智子遺稿集

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

認知症の母はじめて代理投票をする!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

昨日2021年8月29日は、宇和島市の市議会議員選挙の投票日でした。

認知症の母の投票は、どうしようかと悩んでいました。

母に「今日は、市議会議員選挙やが、投票しに行くかな?」と聞くと

母が、「行ったらなんか貰えるん?」という返答を返してきました。

私は、「なんちゃ貰えんてや!」と言いました。

そんな事も忘れてるのかと思いました。

すると母は、ため息をついて「あ〜しんど」というので

それを聞いて母の選挙投票は、棄権しようかとも思いました。

 

母は、認知症の上に歩く事もおぼつかなく選挙会場では車椅子が必要です。

私の地区は、城東中学校が選挙投票の会場となっています。

とりあえず私は、午前中に投票をして選挙会場の様子を見てみました。

選挙投票

入口の方を見ましたが、車椅子は見当たりませんでした。

やっぱり車椅子は、無いのかと思い帰宅しました。

車椅子が、あったとしてもちゃんと立候補者の名前を書けるのかが問題でした。

そういえば最近字を書くことがないのでちゃんと字を書けるのかを確認してみました。

とりあえず文字は、わかる様に書けるのですが、文字が小っちゃくて横書きになります。

縦に書いてと言っても横に書いてしまいます。

まあ 字は、小っちゃくて横書きでも誰か分かればいいだろと思いました。

ただ選挙会場で 私が、母の乗ってる車椅子を押しても良いのかなという疑問もありました。

そこで市役所に電話をして聞いてみました。

すると城東中学校には、車椅子は用意されているという事でした。

そして選挙投票のときに母の乗る車椅子を付き添えの私が、押せるのかと聞くと選挙会場の係りの人が、対応するという事でした。

そして母は、認知症であるという事を告げて 投票用紙に名前を書く時どういう対応が取れるのかを聞いてみました。

すると代理投票という形が、取れるということでした。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

この代理投票は、係員が投票者本人に投票したい立候補者の名前を聞いてその立候補者の名前を係員が、投票用紙に書いて投票するという事です。

それを聞いて「それじゃぁ母は、投票は無理かもしれませんね。その時になって 上手く投票者の名前を係員につげられないかもしれませんから」というと投票したい立候補者の名前をメモしておいて投票用紙に書く時にそれを見て書くこともできます。ということでしたのでそれなら母も投票できるかなと思い母を選挙投票に連れて行く事にしました。

城東中学校について車に母を待たせて 駐車場の係りに車椅子の事を聞くと駐車場の係員が、無線で連絡を取って「体育館で係りの人に聞いて下さい」というので体育館で係員に聞いてみました。

すると体育館入口に置いてあるという事でした。

私が、朝来て見た時は気が付きませんでしたが、1台車椅子がありました。

それを押して母の待つ車まで戻ろうとした時にハッとしました。

選挙投票

 

車椅子を選挙会場まで押していくには、途中階段がありますのでどこかにスロープは、あるのだろうかとスロープを探すとありました。

今の学校は、ちゃんと車椅子の事まで考えて設計されてるんですね。

そのときは、ホント助かったと思いました。

母を選挙会場に連れて入り最初の受付で電話で聞いてわかってはいましたが、「車椅子は、私が押して行っていいのですか?」と聞くと係りの者が押しますのでそこの椅子にかけてお持ちください。と案内されました。

そして係員が、「字は書けますか?」というので「はい」と言って母にメモと投票用紙を渡して係員に車椅子をお願いしました。

ちゃんと母が、投票用紙に書けるだろうかと心配して見ていると記入する場所から投票箱の方へ係員が車椅子を押して行きだしたので一安心しました。

投票箱へ投票用紙を入れる時には、係員が車椅子に乗っている母が、投票箱に入れやすいように投票箱を傾けてくれていました。

 

そして係員が、車椅子の母を私の待つ場所まで連れて来てくださり「母は、ちゃんと書けましたか?」と私が聞くと「代理投票で投票しました」ということでした。

これで無事に 認知症の母も選挙投票をする事ができました。

あとで気が付いたのですが、母に老眼鏡を渡すのを忘れていました。(^^;)

帰りに車の中で母に「ちゃんと名前は書けた?」と聞くと

「書けた!」と言っていました。

ホントかぁー(笑)

城東中学校の係員さんどうもお世話になりました。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

旭日旗問題の起源は2011年のサッカーから!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

旭日旗問題の起源は2011年のサッカーのアジアカップ準決勝の日韓戦で先制PKゴールを入れた奇誠庸キ・ソンヨンという選手がカメラの前で左手で顔をかく「サルの真似」をして炎上しました。

この「猿真似」は韓国人が日本人を侮辱する時に使う行為だということです。

そしてその時の奇誠庸キ・ソンヨン選手のコメントが、「観客席の旭日旗を見て腹が立ってやってしまった」という言い訳でした。

その日の観客席には旭日旗が無かったということなのでその場しのぎの言い訳だったという事がわかります。

それまでは、旭日旗による反日活動はまだ無かった時代です。

この猿真似騒動は、かなりの規模で炎上し奇誠庸キ・ソンヨン選手は、「差別者」として批判されていました。

そして猿真似の言い訳をきっかけに旭日旗問題が始まり広がっていきました。

これは、私の想像ですが奇誠庸キ・ソンヨン選手のファンが、彼の言い訳を正当化するために旭日旗を戦犯旗だとしてドイツのハーケンクロイツと同等だとプロパガンダを始めたのではないかと想像します。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

またそれより前に旭日旗問題の火種はあったのかもしれません。 たとえば韓国の映画やドラマで旭日旗を戦犯旗だと扱っていたのかもしれません?

旭日旗問題が、こじつけだある事がよくわかるのが統一教会の以前のシンボルマークが、旭日旗に似たマークでした。

統一教会のシンボルマーク
統一教会の以前のシンボルマーク 画像:Wikipediaより

統一教会は、朝鮮半島のキリスト教の土壌から発生した宗教法人で文鮮明(1920年- 2012年)によって1954年に韓国で創設され旧名称は、世界基督教統一神霊協会せかいキリストきょうとういつしんれいきょうかいです。

当時もし韓国で旭日旗が、戦犯旗だという認識があれば統一教会のシンボルマークに旭日旗に似たマークは、絶対選ばなかったと思います。

このことから旭日旗問題が、こじつけだある事がよくわかると思います。

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

小山田圭吾がなぜ東京五輪開会式の音楽担当になったの?

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

東京オリンピック・パラリンピックの開会式で楽曲の作曲を担当することになっていた音楽家の小山田圭吾氏(52)が、学校時代に障害のある同級生らをいじめていたことが問題となり、19日に辞任しました。

なんと小山田氏は、過去に雑誌のインタビュー記事で、いじめをしたことを自慢げに語り、まったく後悔していないと述べていたことが最近、表面化してそのことがSNSなどで拡散されて問題が大きくなったようです。

その後、小山田氏は謝罪したようですが、焼け石に水で世論の激しい怒りは収まらず辞任へと追い込まれたようです。

この小山田氏の過去のインタビュー記事は、オリンピック委員会知っていたのでしょうかね?

東京オリンピック(五輪)・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長は、自分に責任があると言われていましたが、それって小山田氏の過去の事を承知した上で開会式の楽曲の作曲を担当させていたということなのでしょうかね?

またどういう経緯で小山田氏は、東京オリンピック・パラリンピックの開会式で楽曲の作曲を担当に選ばれる事になったのでしょうか?

私は、小山田氏についてまったく知りませんでした。

写真を見たらどっかで見た事があるなぁといった程度です。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

せっかく作るならドラクエのすぎやまこういち氏とかジブリの久石譲氏とか有名な人が作った方が良いんじゃないのかと個人的には思いました。

それか1964年の東京五輪に合わせて古関裕而さんが作曲し、選手団入場時に流された行進曲「オリンピック・マーチ」でも良いんじゃないかとも思います。

東京オリンピック・パラリンピックの開会式では、小山田氏の曲は使わないということですが、替わりの曲はちゃんと準備できてるのでしょうか?

どんな曲に変更したのか楽しみですね。

そして開会式前日の22日にも、ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)を扱った喜劇を演じていたとしてSNSなどで批判されていた開閉会式の制作・演出チームで「ショーディレクター」を務める元お笑い芸人の小林賢太郎氏が解任されたそうですね。

ネット上では「呪われた五輪」との声も聞かれる今大会。

これからは、大きなプロジェクトにかかわる場合スタッフ全員身体検査が必要になりますね!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

霞が関はファクス廃止を反対してペーパレス化を無視!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

河野太郎行政改革担当相が先月、霞が関の全省庁に要請したファクス廃止に対し、「できない」との反論が数百件寄せられ、政府が全廃を事実上断念したそうです。

ファックス廃止が、できない理由として情報漏えいの懸念や通信環境への不安などが理由で、一定程度の使用を認める方針なんだそうです。

ペーパーレス化に移行する場合でなくても、現状のやり方を変えると新しいやり方に慣れるまでは作業に不安を感じるものですから便利になるとしても、慣れているやり方の方がやりやすいと感じる人が多いという事なんでしょうね。

なので反対する理由として情報漏えいの懸念をもちだしているだけなんでしょうね。

なのでセキュリティーを確保する新システムを準備してからファックの廃止をすれば問題ないという事ですね。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

でも今の時代、霞が関ってメールさえ使っていない時代遅れなところなのですかね?

ビックリポンですね!

 

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク