「政治関係」カテゴリーアーカイブ

ガソリン車から電気自動車に代わったら原発プラス10基が必要になる!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

2030年には、ガソリン車は、作られなくなるということです。

とはいえ今までのガソリン車が、なくなるという事でもありません。

さてさて2030年頃には、どのくらい電気自動車が走っているのでしょうね。

道路では、信号待ちの時に非接触式で車に充電ができるようになるシステムの構想もあるようです。

電気自動車の台数が、増えてくればパーキングにも充電システムが、設置されているでしょうね。

そうなるとパーキングでは、駐車料金のほかに充電料金も取れるいようになるでしょうね。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

日本自動車工業会の豊田会長が語ったところによれば「現在日本にある乗用車が全部EVであった場合、夏の電力消費ピーク時には10~15%電力が不足し それを解消するには、原子力発電でプラス10基、火力発電であればプラス20基が必要」だということです。

もし火力発電を増やせばCO2削減に逆行してしまい かえってCO2が増えてしまう事になってしまいます。

かといって原子力発電所を増やすというのも国民からは、受け入れられないと思います。

さてさて10~15%の電力不足分は、どうやってひねり出すのでしょうか?(^_^;)

日産によると、「リーフ」の1日当たりの“停車率”は現状で平均95%以上ということで停車中のEVの大半はガレージや駐車場などで充電施設=送電網につながれた待機状態であるから、停車中の大量のEV(に内蔵されている電池)を統合して巨大蓄電池として使えば、ピーク時の電力不足も解消するし、不安定な再生可能エネルギーも無駄なく使えるというのですが、はたしてそう都合よくいくものでしょうかね?

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

試験的に市レベルでネット選挙を試してみても良いのでは!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

現在マイナンバーカードを使って年に一度ネット申告をしています。

前々から選挙の投票もネットからできると良いなと思っていました。

いきなりネット投票ができないのであれば従来通りの当日投票と期日前投票に加えてネット投票もできるようになれば良いなと思っています。

今は、いろいろとマイナンバーカードに紐づけようとしていますので それならマイナンバーカードを持っている人は、ネット投票も選択できるようになれば良いなとそんな事を思っています。

ネット投票が実現できたら何より投票が手軽になります。

投票所に出かける必要がなくなりますから投票率が上がると思います。

在外投票や障がい者の投票も便利になります。

そして、投開票に関わるコスト人件費を減らすことができます。

無効票も減り、開票スピードは劇的に上がります。

もし投票手段がネット投票のみになれば、選挙の投票が20時に締め切られる場合、20時で全議席が確定することになります。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

完全にネット投票のみになれば出口調査は無くなりますね!

ただネット投票を実現しようとすると問題点もあります。

システム障害が起きた場合のバックアップやサイバー攻撃によるリスクそして新たなタイプの選挙違反もでてくるかもしれません。

有権者がその選挙結果が公正であることをどう検証できるか?

これについては、世界で唯一ネット投票が、実施されてるエストニアでは、ビットコインで有名になったブロックチェーン技術で管理されており、管理者でさえ改ざんできないようになっていて開票のプロセスは、オブザーバーとして誰でも参加し監視できるようにしているということです。

ネット選挙投票の導入が進まないのは、先に掲げた理由もありますが、一番は2007年から始まったエストニアのネット国政選挙結果が原因かもしれません。

ネット選挙を導入したエストニアでは国政選挙に対する国民の投票行動が、がらりと変化して2003年までは第三党だった改革党が、2007年以降、4回の国政選挙ですべて第一党に躍進したという事です。

ネット先進国エストニアが証明した「ネット選挙を導入すると、得票の傾向が大きく変わってしまう」という、ネット選挙投票で起きた現実があるのかもしれません。

日本でもまずは、実験的にどこかの市の市議会議員選挙からネット選挙投票を試してみるのも良いのではないでしょうか!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ロシアが、人工衛星破壊実験で宇宙ごみ大量発生!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

プライス米国務省報道官は11月15日の記者会見で、ロシアがミサイルを使った人工衛星の破壊実験を同日実施したと発表しました。

大量の宇宙ごみの発生も確認したとしており、国際宇宙ステーションの宇宙飛行士らへの脅威を高める「危険で無責任な行為だ」と非難しました。

ロシアは、米宇宙軍によると昨年4月と12月にも衛星破壊実験を繰り返しており米国は、ロシアが攻撃手段の開発を加速させて宇宙空間の軍事利用を進めているとみて警戒を強めています。

今回の実験の詳細は不明だという事ですが、国務省によると、ロシアは自国の衛星をミサイルで破壊し、確認できるだけでも1500個以上の宇宙ごみが発生したという事です。

そして他にも追跡できない小さな宇宙ごみが多数拡散したとみられています。

人工衛星破壊実験の歴史は、1950年代に初期の写真偵察衛星が実用化されるとすぐに、敵の軍事衛星を攻撃する衛星攻撃兵器の開発が始まりました。

人工衛星の軌道は詳細にコントロールされていますが、衝突や衝撃へ耐性をもたせる設計はほとんどされていません。

そこでアメリカでは地上から打ち上げたミサイルを人工衛星に直接体当たりさせる直接上昇方式の兵器が主に開発されました。

一方、ソビエト連邦では、地上から打ち上げたロケットで誘導体を目標となる人工衛星と同じ軌道に遷移させ、接近させて誘導体を自爆させて その破片によって目標を破壊する共通軌道方式の兵器(キラー衛星)が研究されました。

のちに核弾頭による衛星破壊も考案されましたが、1967年の宇宙条約において、大気圏外における核兵器利用が制限されたため、核による衛星攻撃兵器はそれ以降すすめられていません。

中華人民共和国は、2003年から弾道ミサイルを転用したASATの実験を進めていたと見られており、このASATは2007年1月11日の人工衛星破壊実験により、その存在が公式に認められることとなりました。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

この実験で使用されたASATは中距離弾道ミサイル 東風21号 (DF21) をベースとした固体ロケット開拓者1号 (KT-1) で、弾頭には運動エネルギー弾頭を用いたと見られています。

実験では四川省の西昌宇宙センター付近から打ち上げられ、高度約850~860kmの軌道に存在した同国の老朽化した気象衛星(風雲一号C型)に命中、これを破壊しました。

2013年には、中国としても国際的非難を避けるためにあからさまな衛星攻撃兵器の実験はできず、2010年頃から、DF-31の改良型をベースとした弾道弾迎撃ミサイルの実験を行っていますが、衛星攻撃兵器の実験も兼ねているとみられています。

インドは、2019年3月に東部オディシャ州の施設からミサイルを発射し、高度約300キロの衛星を破壊することに成功したと発表しました。

その実験によってインドはミサイルによる衛星破壊に成功した4カ国目の国となりました。

現在は、人工衛星を地上や空中から発射したミサイルで攻撃する場合、発射の場所が察知されてしまうため攻撃者を隠すのは難しく、実際の攻撃には大きな政治的リスクが伴います。

このため攻撃機能を有する人工衛星(キラー衛星)を秘密裏に軌道上に待機させておくというアイディアが提唱されています。

衛星攻撃兵器の目標は敵側の人工衛星であり特に偵察衛星が主な攻撃目標とされていますが、衛星の破壊によって生じるのが、スペースデブリと言われる宇宙ゴミです。

スペースデブリ増えると他の人工衛星にも危険が及び向こう何年も宇宙活動を脅かし続けることになります。

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マイナンバーカード保有者に最大2万円分のポイントを付与

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

首相と山口氏の会談でマイナンバーカード新規取得者や保有者に対し、最大2万円分のポイントを付与することも申し合わせをしたそうですね。

  1. カード取得時に5000円分
  2. 健康保険証としてのカード利用開始に7500円分
  3. 公的給付金を受け取る預貯金口座とひも付けた場合に7500円分

政府もなかなかマイナンバーカードの普及が、進まないので色々とエサを撒いてくれます。

まだマイナンバーカードの取得者は、4割にも達していないようです。

私は、既にマイナンバーカードと「健康保険証」を紐づけしていますが、宇和島市でマイナンバーカードを「健康保険証」として対応できる医療機関は、市立病院だけで調剤薬局は、2軒だけです。

これでは、マイナンバーカードと「健康保険証」を紐づけてもまだまだ役には立ちません。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

今は、銀行で新しく口座を開設するときは、マイナンバーカードが、必要だということですが、これは預金口座のひも付けをするということなのでしょうかね?

皆さんが、嫌がってるのは銀行口座とマイナンバーカードと紐づけると資産が、ガラス張りになってしまうという事なんだと思います。

なので公的給付金を受け取る預貯金口座とひも付けた場合に7500円分貰えるという事ですから預金口座を複数持っている方は、その中で休眠口座に紐づけすれば安心だと思います。

マイナンバーカード保有者に最大2万円分のポイントを付与が、実現すれば私の場合は、既にマイナンバーカードを作った時に5000円の控除を受けたので残りの15,000円頂けそうです。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

期日前投票で認知症の母は、今回も代理投票でお願いした。

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

今回の第49回衆議院議員総選挙と最高裁判所裁判官国民審査は、期日前投票で母と2人で夜7時過ぎに市役所へ行って投票をしました。

期日前投票

当日は、ちょうど養老院の散髪の予定となっていましたので。

期日前投票へ行く前に市役所へ問い合わせをして 車椅子があるかと入口へ入るためのスロープがあるかを確認しましたら入口に車椅子は置いてありスロープもあるという事で安心しました。

少し前に防災ラジオで「期日前投票」のお知らせを聞いていて ラジオでは「期日ぜん投票」と言っていましたので「あれっ」と思いました!

私は、今まで「期日まえ投票」と言っていましたので。

正しくは、「期日ぜん投票」が、正式な言い方のようですが、「期日まえ投票」と言う方が、テレビなどでも一般的に広がってるので 呼び方は、どちらでも良いようですね。

話を戻しますが、母が認知症になって今回で2回目の選挙投票となります。

1回目は、宇和島市議会議員選挙の時でした。

この時は、当日に私の地区の選挙会場である城東中学校へ行き投票をしました。

この時、はじめて母は代理投票なるものを経験しました。

選挙投票では、家族が付き添ってその家族が代わりに選挙の投票用紙に代筆する事は認められていません。

なので投票場で「代理投票でお願いします」と言えば 選挙投票会場の係り員2名が、代理投票で母に代わって選挙の投票用紙に候補所の名前を書いて投票してくれます。

その時に本人に 誰に入れるかを係り員が訪ねます。

代理投票

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

 

認知症が、軽ければ自分の意思を伝えられますが、重くなると自分の意思を係員に伝えられません。

その場合は、前もって投票する人の候補者名を書いたメモを持たせておきます。

前回の投票の時も投票する候補者の名前を書いて そのメモを母に持たせて問題なく代理投票できましたので 今回も同じく投票する候補者のメモを持たせて代理投票をお願いしました。

こういう事を書くと 母本人の意思とは関係なく 私が投票したい人の名前を書けるのではという意見もあると思います。

それは、その通りです。

今回も母が誰に入れたいのかは、私はわかっていましたので 母の意思での投票となっています。

裁判官についても今までどうしていたかもわかっていましたので それをメモに書いていました。

そしてどこの政党に入れるかも見当がつきました。

ただメモにその政党名を書くのを忘れてしまっていました。(^^;)

なので係員が、党名を母に読み上げている様子でした。

とりあえず母も3件の投票を無事終わらせることができ 2人の係員が、一足先に投票を終えた私が待つ出口まで母の車椅子を押して連れて来てくれました。

代理投票でメモを持たすというのは、問題があるかもしれませんが、これが駄目だと認知症の人は、選挙の投票はできなくなりますね!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク