「政治関係」カテゴリーアーカイブ

これからの本人確認はマイナンバーカードのみとなる!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

政府は携帯電話や電話転送サービスを「対面」で契約する際、事業者に対し、マイナンバーカードなどに搭載されているICチップの読み取りを本人確認方法として義務付けることを決定したようです。

これは、少し前に議員が、スマホを乗っ取られた事に起因しているともいます。

あの時、携帯ショップ側が、マイナンバーカードを読み取り機に通していたら偽造されたマイナンバーカードとわかり議員のもスマホを乗っ取られる事なく被害には合わなかっただろうと思います。

今までは、運転免許証などの本人確認書類の券面偽造による携帯電話の不正契約が相次いでいるという事で 政府は今後、ICチップの読み取りアプリの開発を検討するとしているという事です。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

インターネットなどを通じた「非対面」での契約の際には、顔写真のない健康保険証などの本人確認書類や、運転免許証の画像を送信する方法は廃止し、原則としてマイナンバーカードに一本化するという事です。

警察庁によると、今年1月から4月までの間、全国のSNSを使った投資詐欺の認知件数は2508件、被害額はおよそ334億3000万円に上っているということで政府はこうした対応によって、携帯電話を用いた特殊詐欺などの犯罪を減らしたいと考えているようですが、こいうのってけっこうイタチごっこだったりするんですよね。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

戸籍謄本をとったら驚きの料金

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

久しぶりに市役所に戸籍謄本を取りに行きました。

「私の兄妹の結婚前の戸籍謄本を取ってください」という事でしたので受付で そのように言って戸籍謄本の交付の申請をお願いしました。

すると申請書を出されてそこに 本籍とか私の父の名前を書くようになってました。

久しぶりに本籍と父の名前を書きました。

父も亡くなってもう23年程経ちますから父の名前を書くような事もありませんでしたしね。

そして本人の証明書としてマイナンバーカードか運転免許証をお願いしますという事で マイナンバーカードを提出しました。

そのあとあまり待つことも無く戸籍謄本を受け取りまいた。

そのあと料金が750円だと言われ思わず受付の人に「高いですね」と言ってしまいました(^^)

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

この事を Facebookへアップすると

戸籍全部事項証明(戸籍謄本)・戸籍一部事項証明(戸籍抄本) 1通 450円
除籍全部事項証明(除籍謄本)・除籍一部事項証明(除籍抄本) 1通 750円
改製原戸籍 謄本・抄本 1通 750円
戸籍の附票 謄本・抄本 1通 300円

このような料金になっているという事がわかりました。

最初は、350円くらいかなと勝手に思っていましたが、倍以上の料金でしたのでビックリしました(^^;)a

そして市役所の支払いも機械化されていて その場で会計も完了するようになっていました。

市役所も新しくなって便利になっていました。

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

輸血のはじめて物語

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

血液が生命や力の根源であるという考え方は、古くからあったようです。

1616年にウイリアム・ハーベーが、「血液の体内循環論」の発表をきっかけに、動物の血管の中にビールや尿など、あらゆる物質を注入する実験が始まりました。

1616年と言ったら日本では、元和2年で 大阪夏の陣の1年後ですね。

ちなみに輸血拒否で有名な「エホバの証人」は、1870年代の初め、アメリカの一都市から始まったキリスト教系の新宗教団体で チャールズ・テイズ・ラッセルを長とする聖書研究の集まりが発足して 以後そのグループが発展して現在の「エホバの証人」の団体となったという事です。(ウィキペディアより)

話をもどして1616年当時、注入用の器具として使われたのは、主に羽軸と動物の膀胱を組み合わせたもので、これは現在の点滴用器具の先駆けをなすものといわれています。

この時代には、科学者のなかにさえ、子羊の血液を犬に注入すると、羊毛やひづめが生えてくるばかりでなく、そのほえ声も羊の鳴き声になってしまうと、真剣に議論した科学者がいたそうです。

現代のコロナワクチンでさえも色んな噂が飛びましたからね!

1667年 に輸血医ドニは、 人間に対する輸血として認められている最初の輸血を行っています。

貧血と高熱のある青年に半パイント(約225mL)の小羊の血液を輸血しました。

この輸血で青年は顕著な回復をみせたんだそうです。

なのでこの後も、輸血医ドニは、小羊の血液を用いて輸血を行い続けました。

しかし、ついに一人の患者を死なせてしまいす。

当然と言えば当然ですよね。小羊の血液ですから。

このために彼は殺人者として扱われ、長い裁判の結果、無罪となりました。

しかしこれをきっかけにフランスでの輸血は禁止されてしまいます。

これにならって、イギリス議会やローマ法王庁からも輸血禁止令が出され、ヨーロッパでの輸血は全くなくなりました。

それから時が経ち1818年 ジェームズ・ブランデルは、ガン患者に人間の血液を輸血して失敗します。

1825年 出産時の失血で死に瀕した婦人に輸血をしてこれには成功します。

イギリスの産科医であったブランデルの成功は世界中に伝わり、再び輸血について注目が集まります。

しかしながら、当時はまだ、血液型はもちろん、血液を体外に採り出したときに凝固するのを防ぐ方法も知られていなかったため、輸血に伴って起きる重い副作用や死亡事故などは当たり前の事だったようです。

従って、本格的な輸血の始まりは、血液型や抗凝固剤などが発見される20世紀まで待たなければなりませんでした。

1900年 オーストリアのカール・ランドシュタイナーは、ABO血液型を発見します。

彼はオーストリアの医師で、人間同士の血液でも、混ぜ合わせると血球の凝集が起こる場合があることを知りました。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

これが今日よく知られているABO血液型の発見です。

これによって、これまで輸血の際、型の合っていない血液を使用したために生じた重い副作用や死亡事故を減らすことができるようになりました。

1914年には、 抗凝固剤の発見があります。

血液型が発見された後も、血液を体外に採り出したときに固まってしまう問題が未解決でしたが、クエン酸ナトリウムを血液に混入すると固まらないことが分かります。

この血液型と抗凝固剤の発見により、血液を採取して保存しておき、必要なときにそれを取り出して輸血に使用することが可能になりました。

1937年に 世界初の血液銀行が設立されました。

これはアメリカの医師 ファンタスが、シカゴにあるCook County病院内に設立したものです。

1回の採血量は500mLで、その保存期間はたったの10日間だったそうです。

血液を血球と血しょうに分離する技術も、このころ開発されました。

また、1930年代末に始まった第2次世界大戦では、大変多くの輸血が行われ、傷病兵の生命を救いました。

1940年 ラントシュタイナーとウィーナーがRh血液型を発見

1943年 血液保存液(ACD液)が開発される

1944年 Cohn コーン(米・ハーバード大学) 血しょう分画製剤の製法を完成

近年、輸血の方法は大きく変わりました。

それまでは、まくら元輸血やガラス瓶に採取した血液をそっくりそのまま輸血する方法でしたが、今日では、プラスチック製の血液バッグに採取した血液を、血球や血しょうに分けて輸血する成分輸血が主流となっています。

また最近では、他人の血液を輸血せずに、患者自身の血液を輸血する自己血輸血という方法もあるんだそうです。

血液が神秘的なものと信じられていた古代から今日まで、血液とその輸血は数多くの障害や紆余曲折を経て効果的安全な輸血ができるようになったんですね。

輸血拒否で有名な「エホバの証人」は、1870年代の初め、アメリカの一都市から始まったキリスト教系の新宗教団体という事ですから この頃は、まだ輸血の安全性は、確立されておらず今の様に安全では無かったので禁止したのではと私は、勝手に解釈しています。

「エホバの証人」は、宗教上の理由「旧約聖書も新約聖書もはっきりと,血を避けるよう命じています。」と書いてあるという主張で輸血ができないという事のようですが、全世界のクリスチャン皆が、輸血拒否をしているわけではないので「エホバの証人」の聖書の解釈の問題だけの様に感じます。

1985年に川崎市で起きた事故では、信者の親が輸血を拒否、小学5年生の男の子が死亡した事例があります。

子どもたちの権利や命が信教の自由のもとで奪われていいのでしょうか?

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

憲法改正ができない理由が、今の日本のマスク事情から見えてきた!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

今年3月13日から政府の方針で、マスク着用は個人の判断にゆだねられることになりました。

私は、3月13日に近所のスーパーへ マスクをせずに行ってみましたら皆さんマスクをされていましたので「ヤバイ!マスク自由化の日を間違えたかな」とドキッとした事がありました。

その話を上の妹にしたら「お兄ちゃん、恥ずかしいけんマスクして行ってはや!」と言われる次第です。

ネットニュースを見ていると3月18日と19日、朝日新聞社が全国世論調査で、「あなた自身はマスクを着けることが減ったか、減らなかったか」というアンケートを取ったようです。

その結果は「減った」という回答が23%で「減らなかった」と答えた人はなんと74%もあるという事です。

日本ではマスクを外すことへの抵抗感が強く、政府がどう言おうと外さない人が多い事がわかります。

日本人が「マスクをはずせない理由」には「6つの要因」が有るという事です。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

(1)日本人の徹底したリスク回避志向
(2)日本人は「目」で、欧米人は「口」で表情を判断する
(3)日本語の「周波数」により、英語ほどには発声も聞き取りも難しくない
(4)アメリカと日本での「マスクの象徴」の違い
(5)花粉症や感染症対策における「慣れ」と「信頼感」
(6)「過剰な自意識」が働く、日本の“お家芸”「ザ・同調圧力」

上記の6つの理由の内、(1)と(6)の影響が大きいのではないでしょうか?

(5)の花粉症もあるとは思いますが。

日本人は世界的にみてもリスクを極端に恐れる「ゼロリスク志向」の人が多いといわれています。そして「同調圧力」で他者の目を気にする日本人が多いという事ですね。

今の日本のマスク状況を鑑みると 長年憲法改正ができない理由が、分かるような気がしました。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

坂本龍一さんと塩崎恭久元官房長官は、バリケード封鎖を行った仲だったんだ!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

「世界のサカモト」と評された音楽家の坂本龍一さかもとりゅういちさんが3月28日、死去されていた事がニュースになっていました。

享年71歳だったそうです。

坂本龍一さんの音楽は、好きですが思想は受け入れられませんでした。

そんな有名人が、もう一人います。

宮崎駿さんのアニメは、好きですが、思想はちょっとね(^^;)

坂本龍一さんは、1978年にイエローマジックオーケストラ(YMO)を結成し1983年に解散します。

1983年には、大島渚監督の「戦場のメリークリスマス」に出演します。その時の出演条件は、「戦場のメリークリスマス」の音楽も担当させてほしいという事だったそうです。その時の音楽で英国アカデミー賞作曲賞を受賞しています。

1988年には、映画「ラストエンペラー」の音楽でアカデミー賞作曲賞、翌年にグラミー賞を受賞しています。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

1993年には、YMO「再生」(再結成)アルバム「テクノドン」を発表などなど。

坂本龍一さんが、亡くなられて初めて知ったのですが、愛媛県の塩崎恭久元官房長官と高校で同級生だったんですね。

塩崎恭久さんのウィキペディアにこんな記事が紹介されていました。

高校時代は学生運動・学園紛争の全盛期にあたり、塩崎も革命的共産主義者同盟全国委員会系の社会科学研究会に所属して、東京都立新宿高等学校では生徒会長も務めたが、学生運動への参加を嫌う学校側に対し、自由な運動の容認を要求し、校長室を数人で占拠して、10日間のストライキを行うなどした。

新宿高校での学生運動の中心は塩崎恭久、坂本龍一、馬場憲治で、3人でバリケード封鎖等を行った。坂本から「どうせ、おまえはそのうち自民党の代議士になるんだろうから、そのときは応援に行ってやるよ」と言われていた。その後、坂本とは学生時代に女性問題をめぐって袂を分かっていたが、坂本がアカデミー賞を受賞した際に塩崎が祝いを送り、交流が再開。坂本は塩崎の応援演説へ駆けつけた。

坂本龍一さんと塩崎恭久さんは学生時代に女性問題をめぐって袂を分かっていたってちょっと気になりますね。(^^;)

坂本龍一さんのご冥福をお祈り申し上げます。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク