「天体観測」カテゴリーアーカイブ

2012年5月21日金環日食観測

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

12年前の昨日、ブログ仲間の ケース家さん、まあくんさん、私の3人で 金環日食をケース家さんの店の前の方から観測しました。

2012年5月21日(月)6時25分より観測
ケース家さん まあくんさん
観測場所:宇和島市栄町港2-2-5(徳田理容室前)

朝5時頃起きると宇和島は、雨が降っていて金環日食観測は、絶望的でしたが、雨天でも まあくんさんは、宇和島へ来られるという事でしたので 集合場所のケース家さんのところへ観測のカメラと三脚を持って向かいました。

6時頃には、雨は、やんだのですが、空は、雲っていて観測は、無理かなぁと思っていましたが、空を見てると雲の切れ間より 太陽が、覗いていました。

日食メガネレンズ
OLYMPUS デジタルカメラ SZ-30マルチレコーディング シルバー 1600万画素 光学24倍ズーム 広角25mm 3.0型液晶 3Dフォト機能 フルハイビジョンムービー SZ-30MR SLV

そこで 急いで三脚をセットしてカメラを取り付け 昨日作った 観測メガネを カメラに取り付け太陽へとカメラを 向けました。

太陽が、かけて行く様子を カメラで捕らえる事が、出来ました。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

金環日食
7時19分
金環日食
7時20分
金環日食
7時21分
金環日食
7時22分

そして 太陽が、リング状になるクライマックスの瞬間が、近づいてきましたが、だんだんと雲がその光景を覆い隠していったのです。
金環日食
7時25分

という事で その時に撮影した動画です。

ここからは、動画で悲痛な悲鳴を!
7時25分

金環日食
7時28分

残念ながらリング状の太陽を 見る事は叶いませんでしたが、それでも この天気でも諦めずに観測したおかげでその過程を見る事はできました。(^^)

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本の探査機スリム月面着陸に成功 世界5カ国目!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は20日、小型月着陸実証機「SLIM(スリム)」が月面着陸に成功したと発表しました。

という事で日本の月面着陸は、旧ソ連、米国、中国、インドに続く世界5カ国目の快挙です。

着陸直前に、搭載した2台の小型ロボット「LEV―1」「LEV―2」の分離にも成功したようです。

ただ心配なのが、スリム本体の太陽電池が発電できてないという事です。

これは、着陸時の姿勢が予定通りでなかった可能性があります。

スリムは、着陸用の5本脚で月面を捉えられていない可能性を心配します。

スリムから分離された小型ロボット「LEV―1」「LEV―2」は、スリムが着陸した姿の撮影や状況確認もするようになっていますので早くスリム本体の姿勢がどうなっているのかを観たいですね。

数時間はバッテリーを動かし、飛行ルートのデータを優先的に地上で受信したという事でとりあえずデータを取る事が出来たという事なので良かったです。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

スリムは2023年9月、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられ、同12月に月の周回軌道に入り2024年1月19日午後から高度を下げ、20日午前0時頃より月面へ降下を開始し予定通り約20分後に着陸できました。

地球から月へ行くのに これだけの日数をかけたのは、スリムの燃料を節約して月へ行くために地球を公転する月の重力を利用して軌道を変更する月スイングバイなどを利用するために これだけの日数をかけたようです。

スリムの着陸目標地は月の「神酒みきの海」の「SHIOLI」クレーター(直径約300メートル)付近の傾斜地で誤差100メートル以内のピンポイント着陸です。

これの成否判定には約1カ月かかる見通しだそうですが、計画した軌道をなぞることができているので実証できた可能性が高いようです。

JAXAは今後、太陽の向きによって太陽電池が復活するのを待ち、搭載した分光カメラで月の地下のマントル由来の岩石の成分を分析し、月誕生の謎を探りたい考えだという事です。

海外では大きく報じられているようですが、日本国内ではあまり大きく報道されてないみたいですね。

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

昨夜はドキドキしていました!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

このブログが、公開される時間には、結果が出ています。

果たして成功なのか失敗なのか!

朝起きるとニュースで聞くことになるでしょう。

なんの話かと言いますと日本の実証機「スリム」が、日本初の月面着陸に挑戦します。

2024年1月20日午前0時20分頃月面に着陸予定です。

もし着陸に成功するば旧ソ連、米国、中国、インドの順次いで世界で5番目となります。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

日本の月面着陸は各国とは比べ物にならないくらいの難易度の高い着陸に挑戦しています。

これまで各国の月面着陸は、着陸地点の誤差が数キロ以上ある「大体この辺」という場所に降り立っていたのに対し 今回の日本の実証機「スリム」による月面着陸は、他国とは桁違いのピンポイントの100メートル級を目指すというモノです。

ピンポイント着陸を成功させれば今後効果的で高効率の月・惑星探査の将来の資源開発に大きくつながります。

今まで世界がやってきた着陸は、降りられるところに降りるというモノでしたが、日本が目指す着陸は、降りたいところに降りるという技術です。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本も実証機「スリム」で月面着陸に挑戦!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

今までに月面着陸は、旧ソ連、米国、中国、インドの順で既に達成しています。

実は、日本も1993年4月11日、ソ連、アメリカに次いで、世界で3番目に月面到達を果たしています。

ただ月面着陸ではなく工学実験衛星「飛天ひてん」を月のゆたかの海へ落とすという形で見事に月の目標地点「ゆたかの海」へ「飛天ひてん」を落とすことに成功しています。

なので日本は世界で3番目に月へ爪痕を残しているという事です。

今回は、日本も2024年1月20日未明に実証機「スリム」によって月面着陸に挑みます。

スリム月面着陸

もし日本が、月面着陸に成功すれば世界で5カ国目となります。

「なんだ5番目かぁ」と思う人も居るかもしれませんが、日本の月面着陸は各国とは比べ物にならないくらいの難易度の高い着陸に挑戦しよという事です。

これまで各国の月面着陸は、着陸精度の制約から位置の誤差が数キロ以上ある「大体この辺」という場所に降り立っていたのに対し 今回の日本の実証機「スリム」による月面着陸は、他国とは桁違いのピンポイントの100メートル級を目指すというモノです。

スリムは宇宙航空研究開発機構(JAXA)の計画で月面へのピンポイント着陸を小型軽量の機体で実証することを通じ、効果的で高効率の月・惑星探査、将来の資源開発につながるという事です。

日本のスリムは、名前の通り機体は高さ2.4m、縦1.7m、横2.7m、で燃料を含む重さは700キロほどと軽く乗用車より小さいほどの機体に、大きな期待が集まっています。

スリムの坂井真一郎プロジェクトマネージャ(JAXA宇宙科学研究所教授)によると「ピンポイント着陸を実証できれば世界初だが、そこにだけに意義があるのではなく他国の持たない技術が非常に大きなアドバンテージ(優位)となり、今後の国際協力で役に立てる」という事です。

着陸作業は、まず1月19日午後10時40分頃、高度15キロを航行するスリムが、飛行機の数倍という秒速1.8キロから減速し、降下を開始します。

スリム月面着陸

月面周回機「かぐや」が、2007~2009年の探査で得たクレーターの地図と照合して、機体の位置や高度をリアルタイムで把握し降下開始場所から800キロ離れた、着陸地点上空へと向かいます。

この「画像照合航法」の原理は、デジタルカメラの顔認識機能と同じで、顔ではなくクレーターを目印にするものだという事です。

スリム月面着陸

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

日付が変わる1月20日午前0時頃、着陸地点上空の高度7キロにさしかかると、垂直に降下を開始しカメラの画像から岩などの障害物を検出して自ら回避するほか、レーダーによる高度や速度の精密計測も活用すし0時20分頃、月面の低緯度の平原「神酒みきの海」にある「シオリクレーター」付近の、半径100メートルの円内に着陸する予定です。

一連の着陸過程を例にたとえると「新千歳空港の上空を通過し、20分後に甲子園球場の中にピタッと降りることに挑戦する」というモノだそうです。

着陸の制御は、相模原市にある管制室から指示を出すのではなく、機体が自律して進めるためいったん着陸の降下を始めると中止はできず、管制室からは見守ることしかできません。

なので着陸の降下中は、運を天に任すしかないようです。

スリムは小型ロボット「レブ1,レブ2」も載せているので着陸直前の高度2メートルから2体を分離し、スリムが着陸した姿の撮影や状況確認、通信などを行うようです。

このうち「レブ1」は飛び跳ねるなどして移動するタイプで、「レブ2」は球形で、着地後に卵が割れるように変形して2輪で走るものでどちらもユニークな移動方法を取ってるようですね。

スリムの月面着陸に関しては、短めの5本足が特徴で まず1本の「主脚」で月面に接地し、次に残り4本の足も使って、15度の傾斜地に、上り坂に向かってしがみつくように倒れ込む「2段階着陸方式」を取るということです。

わざと転倒させる着陸方式を取るのは、傾斜地に確実に着陸する方法を研究者たちの知恵でひねり出した結果だそうです。

スリム月面着陸

でもわざと転倒させて大丈夫なんでしょうかね?

「はやぶさ」や「はやぶさ2」が、行った小惑星の「イトカワ」や「リュウグウ」の重力とは、桁違いに月の重力は、大きく地球の重力の1/6ですからね。

1月20日未明には、着陸の成否が明らかになり、ピンポイント着陸の成否の判定には1カ月ほどかかる見込なんだそうです。

着陸位置の確認ってけっこう日にちがかかるんですね!

とにかくセイコウいや成功する事を祈っています。

 

実証機「スリム」の開発費は約149億円(打ち上げ費用の一部と初期運用費用を含む)かかってるという事です。

小型月着陸実証機(SLIM)の月面着陸の予定について

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

NASAが放った宇宙船が、小惑星に命中「人類初の地球防衛実験成功」

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

米航空宇宙局(NASA)は、小惑星に宇宙船を衝突させ小惑星の軌道を変えることを目指した人類初の地球防衛実験を試みました。

9月27日午前8時14分、DART(二重小惑星軌道変更実験)の宇宙船を地球から1080万キロメートル離れた宇宙空間で直径160メートルの小惑星ディモルフォスに衝突させ小惑星の中心から約17メートル離れた地点に衝突したと明らかにしました。

NASAは今後、地上及び宇宙望遠鏡観測を通じて、軌道が実際に変更されたかを確認する予定だそうです。

小惑星衝突実験は、未来に起きるかもしれない小惑星の衝突を事前に防止するための地球防衛プログラムの一環として企画されました。

昨年11月に地球を出発したDART宇宙船(550キログラム)はこの日、衝突の4時間前にディモルフォスと9万キロメートル離れた地点で最後の飛行経路調整を実施した後、自動航法システムを利用して目標地点に向かいました。

衝突の2分30秒前にはイオンエンジンを消し、慣性で小惑星ディモルフォスに向かい突進し衝突した瞬間の速度は秒速6.1キロメートルで音速の18倍だったという事です。

DART宇宙船に搭載されたカメラは衝突の3秒前まで小惑星を撮影して地球に送られてきました。

衝突後の状況は7日前に分離されたキューブサット「LICIAcube」が撮影任務を受け持ったという事です。

イタリア宇宙局が製作した重量14キロのLICIAcubeは、ディモルフォスから55キロメートル離れた地点で衝突の3分後からカメラを作動させLICIAcubeが撮った最初の写真は衝突後24時間以内に確認できるとNASAは明らかにしました。

初の地球防衛実験の対象となった小惑星ディモルフォスは、直径780メートルの小惑星ディディモスから1.2キロメートル離れて11時間55分の周期で公転する二重小惑星系の小さな惑星です。

NASAは衝突の衝撃でディモルフォスの公転軌道がやや内側に変わり、公転周期が最大で10分短縮できると予想しています。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

NASAの予測によると、DARTが小惑星に衝突すると100億ジュールの運動エネルギーが発生し その結果、衝突噴火口が作られ、宇宙船の質量の10~100倍に相当する物質が噴出すると予測し 予測通りならば約100トンの岩石物質がこなごなに散らばり、ディモルフォスに幅10メートルの衝突口が生じるという事です。

この物質を押し出すのに必要な力は、ちょうど反対方向に小惑星を押し出す力として作用するためロケットの推進原理に似ているという事です。

問題は、衝撃の強さを左右するディモルフォスの表面がどれほど硬いのかがわからないことだそうです。

小惑星が硬い岩だということを前提に、宇宙で巨大なビリヤードゲームをしているとし「これは基本的に簡単な物理学の方程式で解決できるが、実際には当てはまらない場合が非常に多く起こっている」という事です。

実際に米国と日本の探査船が訪れた小惑星リュウグとベヌは、当初の予想より表面が硬くなかったという事です。

岩石よりも強度が弱い場合、衝突の結果を予測するのははるかに困難になり小惑星の表面が柔らかいほど、衝撃の余波が長くなり衝突口が大きくなるという事です。

NASAは今後、4つの地上天文台とジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡、ハッブル宇宙望遠鏡を通じてDARTの軌道の変化を観測する計画だという事です。

ディモルフォスがディディモスの前を通過したときの光が、以前と比べてどのように変化したかを比較し分析する方法を用いるという事です。

欧州宇宙局は、今回の実験がどれほど成功したかを調べるために、2024年10月にHERAという名の探査船をここに送る計画で2026年末にここに到着し、搭載した高解像度カメラと2台のキューブサットで、2つの天体にどんな変化があったのか、2つの惑星の物質は具体的にどんな成分なのかを調べる予定だそうです。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク