「iPhone13Pro」カテゴリーアーカイブ

スマホ用ジンバル「DJI OM5」でデビュー!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

月曜日は、ちょうどサロンも休みということで 購入したスマホ用ジンバル「DJI OM5」で外の撮影をしてみました。

スマホ用ジンバルDJI OM5

せっかく撮影するならYouTubeで使えるモノにしたいと思いましたので 小学生の時に愛宕町から宇和津小学校まで通っていたので その道のりを撮影してみました。

スマホ用ジンバル「DJI OM5」でデビュー

登校時の行きと帰りの道が、違っていましたので 行きと帰り道の撮影をしてみました。

宇和津小学校への「登校編」と「下校編」です。

そしてせっかっく宇和津小学校まで来たので学校の周りを一周してみました。

スマホ用ジンバル「DJI OM5」でデビュー

愛宕町から宇和津小学校まで歩いてみると 周りの風景もだいぶ変わっていました。

まず私が、住んでいた愛宕町3丁目も昔の面影がなくなってしまっていました。

私が住んでいました借家も無くなっていましたし 父がしていたお店も病院の駐車場になっていました。

実際にスマホ用ジンバルを使ってみて映像を見て感じた事なんですが、手振れが抑えられているため映像が見やすくて良いですね。

そして初めて使って分かった事なんですが、外で撮影していると太陽の強い日差しで撮影している画面が暗くなり見えません。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

これをどうにかしたいなと思いました。

そして撮影したものを見てあとから気が付いたのですが、カメラフレーム内の右側にジンバルの一部が、映ってしまっていました。

スマホ用ジンバル「DJI OM5」でデビュー

これの解決方法は、iPhoneにセットするマグネットクランプをカメラから少し離した場所に取り付ければ解決すると思います。

そして撮影しているときに心配していたことが起きました。

それは、電話がかかってきたことです。

これも機内モードにすれば解決しそうなんですが、機内モードにするとBluetoothも使用できなくなります。

スタビライザーとスマホはBluetoothでつながっていますのでBluetoothを切るわけにはいきません。
接続が切るとスタビライザーでスマホの操作(撮影の開始や終了)ができなくなってしまいます。

これでは不便なので、電話はかかってこないけどBluetoothは生かしたいという気持ちです。

これも改善は簡単にできるようです。

コントロールセンターの画面にして、Bluetoothのマークをタップしてオンにするだけで電話はかかってこないけど、Bluetoothは生きているのでスタビライザーの接続は維持されます。

これで今回ミスった事は、次回からは解消できます。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スマホ用ジンバルを購入

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

昨年だったか、いやもっと前だったろうかスマホ用ジンバルの購入を検討していましたが、なかなか決心がつかずにいました。

仕様目的は、YouTubeの撮影のために購入を検討していましたが、当時はまだiPhone6を使っていて長年使っていたのでバッテリーの持ちも悪くジンバルを使っての撮影には、難がありました。

そのためジンバルを購入することを ためらっていましたが、今では、iPhone13Proとなりましたのでバッテリーの持ちには、問題もなくまたカメラの性能も上がったのでスマホ用ジンバルの購入に踏み切りました。

前々から検討していたスマホ用ジンバルは、DJI OM5でした。

スマホ用ジンバルDJI OM5

スマホ用ジンバルDJI OM5

三脚もあり延長ロットで伸びるのも魅力でした。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

スマホ用ジンバルDJI OM5

スマホ用ジンバルDJI OM5

これにiPhoneをセットして手持ちで歩いて撮影しても映像が、ぶれずに撮れるのが魅力です。

以前「宇和島の散歩道」をネタに動画を作ろうかという構想は、持っていましたが、それを撮るにはジンバルが、必要だなと思っていました。

まずは、ジンバルの扱いに慣れなくてはなりませんので テスト撮影をして操作に慣れなくてはなりません。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhoneが、岩の隙間に落ちて取れなくなった!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

先週の日曜日に次女の帰りが遅いなと思ていたら21時30分頃に家の電話機に電話が、かかってきてこんな時間に誰だろうと思い電話を取ると次女からでした。

電話を取ると「お母さんに変わって」という事でしたので嫁さんに受話器を渡しました。

電話が終わり嫁さんに「何やったん?」と聞くと「iPhoneを落としたので今取りよるから心配せんといて」との電話でした。

どうも友達に電話をかりてかけてきたみたいです。

「iPhoneを落として場所が、わからないのかなぁ?」と嫁さんに聞きいたが、嫁さんも詳しいことは、電話の話から把握できてないようだ。

翌日、話を聞くと岩の隙間にiPhoneが、落ちて腕を入れて取ろうとしていたら その様子を見ていた周りのおじさんたちが、寄ってきてiPhoneを取るのをいろいろと手伝ってくれたそうだ。

周りのおじさんたちもいろんな方法を試してみたが、iPhoneを取ることができなかったというでした。

5~6時間粘ったようですが、次女も諦めてiPhoneは、そのままにして帰る事にしたという事です。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

するとおじさんが、「また、なんかえー方法を考えて挑戦してみてもし取れたら近くの管理人に渡しておくから」と言ってくれていたそうです。

次女の為に貴重な時間を割いて手伝ってくださった方々に本当に感謝です。

最終的には、iPhoneを取ることはできなかったけど「周りに親切なおじさん達が、居て良かったね!」と次女に嫁さんが話していました。

次女は、腕を岩の隙間に入れてiPhoneを取ろうとしていたの左腕は、傷だらけになっていました。

iPhoneは、上から覗き込んでも目視できない場所に落ち込んでしまったようでiPhoneの位置を確認するのに結構電話を鳴らして音を頼りにiPhoneの場所を確認していたという事でした。

もし外出先でiPhoneを無くしたときは、友達のiPhoneやスマホを借りてブラウザのプライベートモードからiCloud.comへアクセスして自分のiPhoneを探し用が済めばサインアウトしてiPhoneまたはスマホを返せば履歴が残らないので安心です。

次女が、仕事から帰ってきたらなんと新しいiPhoneを購入していて次女もiPhone13Proになっていました。

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhone13ProのNIMASOカメラレンズカバーを交換!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

iPhone13Proを購入したときにNIMASOカメラレンズカバーを取り付けて使っていました。

気が付くとそのレンズカバーにヒビが入っていました。

iPhone13ProのNIMASOレンズカバー

いつ、そして何故ヒビが入ったのかの原因について 本当に心当たりがありません。

私は、結構手を滑らせてiPhoneを落とすことがありますから iPhoneが、落下したときの衝撃でカメラレンズカバーにヒビがはいったのだろうと想像しています。

なのでiPhone13Proを購入してすぐにカメラレンズカバーを付けていて良かったと思っています。

本当ならNIMASOレンズカバーを購入したときには、2つ入っていたのですが、その内の1つは、嫁さんのiPhone13Proにつけましたので在庫が残っていません。

という事で ヒビが入ったNIMASOのカメラレンズカバーをまた購入しました。

最初カメラレンズカバーを外すときに簡単にはずすことができるのか心配していましたが、実際にやってみると簡単に外すことができました。

カメラレンズカバーのふちには、結構ホコリが溜まっていました。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

カメラレンズカバーを外して カメラレンズカバーに付いていた「アルコールパッド」と「乾いたクロス」を使ってカバーを付ける前にiPhoneのレンズ周りのホコリをそれらを使って綺麗に拭き取ってからカメラレンズカバーを取り付けます。

取り付けることが出来たら「乾いたクロス」を使ってカバーを少し押さえつけるような感じで隙間ができないように密着させます。

NIMASOレンズカバー

これで完了です。

今回、新しく購入したiPhone13ProのNIMASOレンズカバーなんですが、以前購入したモノと少し改良された場所がありました。

NIMASOカメラレンズカバー

それは、以前の(旧)カメラレンズカバーは、カメラレンズカバーの下に小さな穴が1つ開いていましたが、今回購入した(新)カメラレンズカバーには、小さな穴1つと少し大きめの穴が、1つ開いていました。

そして右上の黒の円の縁取りは、新しいカメラレンズカバーにはありませんでした。ちなみにここには、(新、旧)穴は開いていません。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhone13ProのNIMASOレンズカバーにヒビが!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

iPhone13ProのカメラレンズにNIMASOレンズカバーを取り付けて使っています。

そのレンズカバーに 気が付くとヒビが入っていました。

iPhone13ProのNIMASOレンズカバー

いつ、そして何故ヒビが入ったのかの原因がわかりません。

想像すると私結構手を滑らせてiPhoneを落とすことがあります。

なのでその影響でヒビが入ったのだと想像しています。

以前使っていたiPhone6も結構手を滑らせて落とすことが、ありました。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

そこで以前は、手帳型のケースを使用していました。

手帳型なら落としても衝撃が、手帳カバーで衝撃が、吸収されてiPhoneも安全です。

なのでiPhone13Proを購入したときも手帳型にしようかと迷ったのですが、iPhone13ProになるとiPhone6よりサイズも大きくなり手帳型のカバーにすると尚更サイズが、大きくなりズボンのポケットにはめにくくなるのではと心配して普通のケースにしました。

まあNIMASOレンズカバーをしていて正解でした。

もしレンズカバーをしていなければ レンズにヒビが入ってたかもしれませんからね。(^^;)

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク