「WordPress」カテゴリーアーカイブ

ブログにコピーライト表示の実験をしてみた!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

ブロ友さんが、私と同じWordPressの「テーマ:Twenty Fourteen」を使ってブログを書かれています。

そしてWordPressのフッターにコピーライトの表示をさせていましたので私も表示させてみようと思いました。

このブログの下の左には「Proudly powered by WordPress」と表示がされています。

ここへ自分のサイトのコピーライトを表示させるのです。

これをするには、WordPressの設定画面にログインしてから「外観」を選択してプルダウンメニューの一番下の「テーマエディター」を選びます。

そこから右側のサイドバーより「テーマフッター (footer.php)」を選びます。

そしてその中の一部を編集して保存すれば「Proudly powered by WordPress」から自分のサイトのコピーライトに書き換える事がでいます。

一番これが、簡単な方法ですがこの方法には欠点があります。

それは、WordPressのテーマが、更新されるたびに上書きされてしまいますので書き換えたコピーライトが、消えてしまいますので 更新のたびに編集しなくてはなりません。

これを 解消するには、子テーマを作りその中に必要なファイルを入れて「テーマフッター (footer.php)」に 自分のサイトに表示させるコピーライトを書いておけばWordPressのテーマが、更新されても上書きされる事がありません。

そこでこのブログではなく 今休眠中となっているWordPressで作ってるこれと同じ趣味のブログがありますのでそれでちょっと子テーマを作って実験をしてみました。

まずは、子テーマとなるフォルダーをつくりその中に必要な3つのファイルを入れてWordPressへアップロードします。

アップロード方法は2つあり 一つはFFFTPで直接アップロードする方法です。

「〇〇〇.com」→「ブログフォルダ」→「wp」→「wp-content」の順に開き「themes」というフォルダがあったら、それを開きます。

この中にWordPressのテーマがインストールされていますのでこのフォルダーの中に子テーマを入れます。

スポンサーリンク

もう一つの方法は、WordPressの「外観」の「テーマ」からもアップロードできます。

「テーマ」からアップロードするときは、アップロードするファイルの入った子テーマのフォルダーを圧縮してからアップロードします。

アップロードが完了したらWordPressの「外観」の「テーマ」からアップした「子テーマ」を有効化します。

最初の1回目は、他のテーマが表示されて失敗してサイドバーとフッターがリセットされてしまいました。

なぜだろうと調べていると style.cssファイルの編集をした時に間違って他のテーマの名前を書いていた為他のテーマが、表示されていました。

それを直すとちゃんと修正されてどうにか無事「Proudly powered by WordPress」から「© 2003-2019 Myブーム・独学でピアノに挑戦 All Rights Reserved.」このように変更する事ができました。

 

コピーライト
iPhone6に表示のコピーライト

 

ただヘッダー画像は、表示されてなかったのであとからカスタマイズから画像をアップしました。

あとリセットされたサイドバーとフッターは、リセットされたままですのでまたあとで「ウィジェット」から修正しないとなりません。

詳しくは、「WordPressのここが知りたい(WordPress 勉強ノート)」「WordPressにコピーライトを子テーマから表示させる方法!」でどうぞ。

 

 

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

WordPressにログインできない!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

昨日iPhone6からWordPressで作っている趣味のサイト「Myブーム・独学でピアノに挑戦」にログインしようとしたらいきなり英語の表示が出てしまいまいした。

やっぱり英語の表示がでるとドキッ!としてしまいます。

その英語の表示を読んでみると以前経験したエラーだとわかりました。

メモリーサイズが足りないというメッセージです。

このエラーの時は、FFFTPを使って直接レンタルサーバーでサイトを保存している場所にアクセスします。

そして wp-config.php フィルを一度ダウンロードして中に書かれているWP_MAX_MEMORY_LIMITの定義を確認します。

スポンサーリンク

すると以前と同じく「 WP_MAX_MEMORY_LIMITの定義 」 が、消えていましたので その定義が、書かれていた場所に「define(‘WP_MEMORY_LIMIT’, ‘80M’);」と書き込み wp-config.php を上書きしてアップロードしました。(書き込む前に念のために wp-config.php のコピーを取っておきます。)

そしてあらためて 「Myブーム・独学でピアノに挑戦」にログイン してみると今度は、無事ログインする事ができました。

詳しく知りたい人は、こちらのサイトをご覧ください。

致命的なエラー:許容メモリサイズ41943040バイトが使い果たされました(16384バイトを割り当てようとしました)

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

またWordPressにドッキリ!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

またWordPressにたまがされました!

サロンのホームページに お問い合わせフォームを作ろうとプラグインをインストールしていました。

するとまた画面が、真っ白になり英語の表記がされました。

確認のためブラウザの別ウィンドウからサイトを立ち上げてみました。

するとサイトエラーは、表示されずにちゃんとホームページが表示されましたので安心しそこから再度ログインして管理画面に入ろうとしたら先ほど表示されていたエラーメッセージの表示が出て管理画面に入る事ができません。

致命的なエラー

このような英語の表示です。

私英語苦手なもんでブラウザの翻訳にかけてやっとエラー表記の意味を理解しました。

致命的なエラー

なんとメモリーが足りないということのようです。

以前他のブログから WordPress に引越しした時にメモリーが足りなくて引越し作業が出来なかった事を思いだしました。

その時には、ファイルのメモリー数を書き換えてメモリー数を上げる事をしました。

今回もファイルのメモリー数を書き換えればいけるなと思いました。

しかしどこのファイルを書き換えればいいのかが問題です。

こういう時は、ネットで調べればすぐわかるだろうと思い今回のエラー表示をキーワードにして検索をかけました。

するとすぐにヒットしました。

スポンサーリンク

WordPress の情報は、沢山の人がアップされていますので助かります。

調べてみると情報が見つかりました。

wp-config.phpファイルの中のメモリー数を書き換えれば良いようです。

早速FFFTPソフトを使って WordPress サイトの中の wp-config.phpファイル をダウンロードしてメモリーの数値を書き換えようとしましたら肝心のメモリーの 定義 が、ファイルのどこを探してもみつかりません。

何でだ?

そこで別のブログの wp-config.phpファイル の中身を見ていると別のファイルには、 メモリーの 定義 が書かれていました。

エラーがでた WordPress サイトの中の wp-config.phpファイル には、 メモリーの 定義 が消えてなくなっていました。

それでエラーになったんですね。

そこで wp-config.phpファイル に メモリーの 定義を書き加えて上書きしてアップロードしました。

そして再度管理画面にログインをしてみました。

するとちゃんとログインすることができました。

お問い合わせのプラグインもちゃんとインストールできていました。

詳しく知りたい方は、下記のサイトをご覧ください。

致命的なエラー:許容メモリサイズ41943040バイトが使い果たされました(16384バイトを割り当てようとしました)

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

宇和島市立城東中学校第15期卒業生同窓会サイトの「お問い合わせ」がエラーに!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

2016年に 宇和島市立城東中学校第15期卒業生同窓会 40周年・前年度祭 を開くという事で同窓会のホームページを制作して欲しいと頼まれて最初は、簡単なモノを作りましたがその後正式にWordPressで作りました。

そしてその翌年の2017年には、同窓会40周年PART2が開催されました。

この時までは、同窓会のホームページの「お問い合わせ」は、正常だったのですが、昨日久しぶりに同窓会のホームページをチェックして見ると「お問い合わせフォーム」に「!」マークのエラー表示がでていました。

お問い合わせ

なぜだろうと「お問い合わせフォーム」 の設定を見てみると設定内容が、全部消えていました。

お問い合わせ

何で消えたんだろう?

思い当たる事は、WordPressはたまにプラグインの更新があるので 更新された時に設定が消えてしまったのか?そのくらいのことしか想像が付きませんでした。

スポンサーリンク

取り合えず再設定をして正常に動作するかを確認することにしました。

お問い合わせ

お名前、メールアドレス、題名、メッセージ本文へ書き込んで送信ボタンを押しました。

ちゃんと書き込まれた内容のメールが届きました。

これで正常に動作することが確認できました。

次に同窓会が開催されるのは、 2021年4月〜2022年3月 の 「60歳還暦お祝い」 の年と決めていますので それまでは、同窓会のホームぺージもあまり活用する事もアクセスされる事もないので今回気が付いて直すことができたので良かったです。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

WordPress のブログを音声入力で書く

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket


2〜3日前からノートパソコンの一部のキーが、反応しなくなりブログを書くのにも支障をきたすようになっていました。

いったいどういった原因なんでしょうね?

そこで何か良い方法がないかと思いついたのが、音声入力でした。

iPhone を使って文字入力をする場合は、音声入力をよく利用しています。

そこで WordPress のプラグインに 音声入力ができるプラグインがないか調べてみるとありましたのでそれを利用してみることにしました。

WordPress のプラグインって便利なプラグインが色々とありますね。

そのプラグインの名前は「WebSpeechAPI for WP」です。

WebSpeechAPI for WPプラグインを早速インストールして有効化して使ってみることにしました。

新規追加からエディターを開くと「START」と「STOP」のボタンが表示されているはずなのですが、どこにも見当たりません。

今回 WordPress のバージョンのアップデートをしたためにエディターが、新しくしGutenberg( グーテンベルク)になりそのためかなと思い以前使っていた古いエディターに戻してみました。

すると旧エディターには、ちゃんと音声入力をするための「START」と「STOP」のボタンが表示されました。

WebSpeechAPI for WP

やはり旧エディターでないと使えないようですね。

スポンサーリンク

あとは投稿の新規追加を開き、タイトル下に追加されている「Status画面」より「START」をクリックするとマイクを許可するかどうかブラウザ側が確認してきますので、「許可」します。

これだけで使えるようになります。

パソコンに内蔵マイクが付いてない場合は、外付けのマイクが必要です。

ただしサイトをSSL化対応しなければマイク自体が使えないようです。

後はブログに書きたいことを音声で入力するだけです。

言葉だけで入力できるので楽ですね。

ただ「、」や「。」は、キーから打たないと言葉で「テン」や「丸」と言っても変換されません。

(かっこ )や「鍵かっこ 」なども音声では入力できません。

あとブログのタイトルも音声入力では書き込めないようです。

記事を書き込む枠内しか駄目なようです。

なのでタイトルへは、記事を書き込む枠内で音声入力してからそれをコピペしてタイトルに貼り付けます。

アルファベットについては大文字で書き込まれます。

取り合えず音声で文字が入力できるようになりましたので良かったです。

LINEで送る
Pocket


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク