「パソコン」カテゴリーアーカイブ

Microsoftを騙ったウイルス感染サポート詐欺の対処方法

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

パソコンの症状

ネットを見てるといきなりパソコンが、「ダイニバンクトロイヤに感染しています」とウイルスに感染したような音声アナウンスが、鳴りだしパソコンに表示されてるMicrosoftの電話番号へ電話をかけるように指示がされます!

Microsoftウイルス感染サポート詐欺

画面に表示されている警告に表示されている「Cancel」を押しても警告は閉じず新たな警告が表示されます。

またマウスの矢印が消えて操作ができなくなります。

Microsoftウイルス感染サポート詐欺

これは、Microsoftを騙ったウイルス感染サポート詐欺ですのでMicrosoftの電話番号へ電話をかけると有料サポートに加入するように勧められます。

Microsoftウイルス感染サポート詐欺

これを解決するのは、有料サポートを受けなくてもご自身で解決できます。

解決方法は、2つあります。

解決方法

1.ブラウザを閉じる方法。

「Ctrl」+「Alt」+「Delete」キーを3つ同時に押します。

ブルー画面になりパソコンの中央の一番下にタスクマネージャーをクリックしてタスクマネージャーを開きます。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

タスクマネージャー

開いて少し待つと使ってるブラウザ名が表示されます。例えば「Googlechrome」を使われていましたら「Googlechrome」ブラウザ名が表示されますので「Googlechrome」を選択して右下の「タスク終了」をクリックするとブラウザが閉じます。

タスクマネージャー

※[Ctrl]+[Shift]+[Esc]でもタスクマネージャーを開く事ができます。

2.パソコンを強制終了させる方法。

「Ctrl」+「Alt」+「Delete」キーを3つ同時に押します。

ブルー画面になりパソコンの右下の右端に表示されてる電源マークよりそれをクリックしてシャットダウンします。

強制終了

パソコンを再起動してブラウザを開いた時に「復元しますか」というメッセージが出る場合が、あるかもしれませんので「復元しないようにして下さい」復元するとまた「ウイルス感染サポート詐欺」の表示が復元されます!

まとめ

Microsoftを騙ったウイルス感染サポート詐欺の画面が、表示されて音声が流れても慌てずに1.ブラウザを閉じる方法または、2.パソコンを強制終了させる方法で対処できますので 落ち着いてどちらかの方法で対処しましょう。

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Microsoftにかけてはいけない電話番号!050-3196-4508

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

3日の夜に妹からLINE電話がかかり妹が使っているパソコンがおかしくなったという事でした。

事情を聴くとネットを見てるといきなりパソコンが、ウイルスに感染したような音声アナウンスが、鳴りだしパソコンに表示されてる電話番号へ電話をするような指示がされているということです。

そこで私は、たぶん詐欺だと思い「そこには電話をするな」という事と「パソコンに表示されてるものに触らないように」と 指示をしてパソコン画面にどのようなモノが表示されているのかを見るためにLINEのビデオ電話にしてかけ直し妹のパソコンの画面を見てみました。

するとまだパソコンからアナウンスが流れていました。

このような音声で案内する詐欺は初めてです。

パソコン画面を見ると中央に警告文章が表示されていて右下に Microsoftと表示された下に電話番号「050-3196-4508」が表示されています。(電話番号は、これとは違う場合もあるかもしれません)

Microsoftウイルス感染サポート詐欺

ものすごく精巧につくられた詐欺です。

パソコン初心者だったら騙されると思います。

これは、Microsoftを騙ったウイルス感染サポート詐欺です。

もしこのような状況になった時は、絶対にパソコン画面に表示されているMicrosoftの電話番号に電話をかけてはいけません。

ネットで調べてみると実際にこの電話番号にかけると外国人が電話にでてサポートをするふりをしてパソコンをチェックするという口実をつくり遠隔操作に誘導するようです。

それから指示に従い操作すると遠隔操作によりパソコン内を調べるふりをしてパソコンにエラーが起きていることを指摘して有料サポートに加入するように勧められるようです。

そこで妹に画面の表示を消すのに「Cancel」を押すように伝えました。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

Microsoftウイルス感染サポート詐欺

すると新たな警告が表示をされ表示されている警告は、消せないようになっているようです。

Microsoftウイルス感染サポート詐欺

そこで仕方がないので強制終了するよに言いました。

タスクマネージャーからブラウザだけを閉じる事もできますが、強制終了の方が、電話から説明するのに手っ取り早いので。

強制終了のやり方は、「Ctrl」+「Alt」+「Delete」キーを3つ同時に押します。

ブルー画面になりパソコンの右下の右端に表示されてる電源マークよりそれをクリックしてシャットダウンします。

強制終了

シャットダウン後に パソコンを起動して確認してみて下さい。

ウイルス感染サポート詐欺の表示は、消えています。

新たにブラウザを立ち上げた場合「復元しますか」というメッセージが出るかもしれませんが、「復元しないようにして下さい」復元するとまた「ウイルス感染サポート詐欺」の表示が復元されるかもしれませんので!

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Google Chromeよりの「ne03.biz」の迷惑ポップアップ通知を削除する方法!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

最近パソコン画面の右下に迷惑ポップアップが、表示されるようになりました。

Google Chromeよりアンチウイルスサブスクリプション期限切れです!

そのポップアップは、「ウイルスに感染している可能性があります。」データを保護するには、ここをクリックして下さい。と表示されるものです。

このポップアップは、以前に訪れたサイトで、通知許可をOKしたら表示されているものです。

私は、あまり許可しないのでなぜ通知が来てるのかがよくわかりません。

このブラウザの許可設定を取り消せば、迷惑ポップアップは表示されなくなりますので許可設定を取り消すことにしました。

それでは、Google Chromeでポップアップ許可の設定を削除する手順を説明します。

私のパソコンに表示される迷惑ポップアップは、「ne03.biz」というサイトの誘導ポップアップですのでこれを削除します。

Gogole Chrome設定

 

 

【1】GoogleChromeのブラウザの右上端の1「…」をクリックしてプルダウンメニューを開き、2「設定」をクリックして「Googleの設定」が表示されたら「プライバシーとセキュリティ」まで下へスクロールすします。

Gogole Chrome設定

 

【2】「プライバシーとセキュリティ」の中の「サイトの設定」▶をクリック

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

Gogole Chrome設定

 

【3】「サイトの設定」内の「すべてのサイトに保存されている権限とデータを表示」▶をクリック

Gogole Chrome設定

【4】サイトの一覧が表示されたら、「並べ替え」で「名前」を選択します。

Gogole Chrome設定

【5】サイトがアルファベット順に並べ替えられるので、その中から「ne03.biz」を見つけたら、右端の「…」(縦表記)をクリックします。

Gogole Chrome設定

【6】メニューが表示されたら「データを削除」をクリックします。

Gogole Chrome設定

【7】「サイトデータを削除しますか?」と表示されるので「削除」をクリックします。

Gogole Chrome設定

これで完了です。

他にも削除したい迷惑ポップアップが、ありましたらこれを【4】から繰り返します。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Google Chromeよりアンチウイルスサブスクリプション期限切れです!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

昨日、パソコンをつけるとパソコン画面の右下にポップアップが、表示されよくみるとGoogle Chromeのポップアップでした。

右下にポップアップが、表示されることは珍しくないのですが、今回の表示内容は初めての事です。

Google Chromeよりアンチウイルスサブスクリプション期限切れです!

そのポップアップには、「ウイルスに感染している可能性があります。」データを保護するには、ここをクリックして下さい。とと表示されています。

そしてその上の表示を見ると赤のバックカラーで「アンチウイルスサブスクリプション期限切れです!」賞味期限が過ぎた後コンピューターは、影響をうけやすくなります。多くの異なるウイルスの脅威

Google Chromeよりアンチウイルスサブスクリプション期限切れです!

と表示されています。

まず私は、「アンチウイルス サブスクリプション」なんて利用していません。

昔からウイルスバスターを利用していますので すぐにこのポップアップ表示は、怪しいと思いました。

そこでいつものようにポップアップ表示を消そうと「×」印をクリックしたのですが消えません。

そこでちょっと様子をみていると少しして自然に表示が消えました。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

このような内容の表示は、偽物なので絶対ボタンをクリックしてリンク先のサイトへ飛ばされないようにすることです。

表示が、出てもほっておくと自然と消えますので 何もしない方が良いです。

触らぬ神に祟りなしといいますからね。

しかし厄介なことにネットを見ているとこのポップアップが、頻繁に表示されるようになりました。

こうなると設定で通知をオフにするしかないですね。

Windows10の場合は、右下の一番右にある吹き出しのマークをクリックします。

すると通知の表示が出てきますのでその一番右上に通知の管理が、ありますのでその中の通知を「オフ」にするかまたは、その下にある「送信元ごとの通知の設定」でGoogle Chromeを「オフ」に設定するかです。

Google Chromeよりの「ne03.biz」の迷惑ポップアップ通知を削除する方法!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

明治天皇の玄孫である竹田恒泰氏クラブハウスにBANされる!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

Zoomに続いて クラブハウスも中国の技術でサーバーも中国国内に置かれ情報が、中国に漏れているという可能性もあるということです。

クラブハウスブームの追い風で中国Agora株が急上昇して2倍に跳ね上がっているということです。

Agoraは動画・音声・ライブインタラクティブ配信プラットフォームで、シリコンバレーのサンタクララと中国上海にオフィスを構えています。

スタンフォード・インターネット・オブザーバトリー(SIO)の最新調査で、クラブハウス入室中の各利用者のメタデータを含むパケットがエンド・トゥ・エンド暗号化もない平文でAgora社に送られていることがわかり、クラブハウス社が対応に追われているということです。

クラブハウスが開発したのはUI的な部分であって、クラブハウスの音声プラットフォームを動かしているのは上海Agora社ということです。

音声データのホスティングをしているのもAgora、インターネット配信をやっているのもAgoraというわけです。

となると、気になるのはAgoraのサーバーの所在地です。

これは米中両国にまたがっていますので、仮にクラブハウスの音声データが中国側のサーバを経由する場合、中国政府から捜査や治安目的で会話のデータの引き渡しを求められたら応じなければならないという、やっかいな法的義務が生じます。

中国は、中国憲法より中国共産党の方が上ですからね!さからえませんね。

クラブハウスは「リアルタイムで世界中の人とおしゃべりができる。音声は録音・保存・公開禁止だから気兼ねなく話せる」ことで中国で爆発的に広まりました。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

中国国内で利用禁止になる直前まで、天安門、 新疆ウイグル自治区、香港問題で大盛況だったので、言いたい放題したデータが逮捕に使われたら目も当てられませんよね。

そこで心配になってスタンフォード大がネットワーク解析ツールのWiresharkなどを使って調べてみたら、データは案の定Agora経由で処理されていることが判明したというわけです。

ユーザー固有IDとルームIDのメタデータが暗号化もない平文で送られている実態までわったということです。

つまり「ユーザーのネットワークにアクセスできる第三者」は簡単に送信内容にアクセスできて、「同じチャンネルに入っているかどうかを見れば、ユーザー同士がしゃべっているかどうかもわかる」ほか、発言主のIDとプロフィールの照合も可能でぜんぜん「ここだけの話」じゃないってことですね。

「中国政府が国家の安全を脅かすと判断した場合、Agoraは問題の音声の特定と保存をサポートしなければならない」とレポートにはあるということです。

サーバーが米国内なら中国政府からの請求に応じる必要はありませんが、中国国内なら逆らえません。

どおりで明治天皇の玄孫である竹田恒泰氏が、クラブハウスでBANされて困惑されていましたが、クラブハウスでウイグル問題を話したようで そうだとしたらクラブハウスの情報が中国共産党に渡りBANされる可能性もありますね!

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク