「宇和島の散歩道」カテゴリーアーカイブ

赤染様の謎

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

最近、駅前からJRの機関庫を撮影しにいき ちょうど通りすがりに「赤染様」が、ありますのでついでに「赤染様」の撮影もしてきました。

そこで動画の編集をしてナレーションを入れるのに「赤染様」の事を調べるのですが、情報がとても少ないのに驚きました。

赤染さま

赤染さまへ上がる階段の前に鳥居がありますので 神社だということは、分かりますが「赤染様」の建物は、神社らしくないし祠という感じもしません。

赤染様

あの建物は、いつ頃に建てられたんでしょうね?

ネット情報では、大正時代この場所で殺人事件があったとも書かれていました。

赤く塗られた建物の正面の真ん中の石の台座には、「谷脇幸太郎」と書かれています。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

いったい「谷脇幸太郎」って誰なんでしょう?

そして建物の上には、「赤染大神六百年祭記念塔」という塔がありその右隣には、石塔がありそこにも文字が、刻まれていて「故二 四位 脇谷右衛門佐巽治之墓」と彫られています。

えっ!ここってお墓なの?

ネットでこれらの名前を 探してもヒットしません。

赤染様って謎の神社です。

 

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

宇和島にもトゥクトゥクが走ってるんだ!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

6月2日の日曜日に機関庫から赤染さまを撮影に行った時に 駅前を走るトゥクトゥクを目撃しました。

トゥクトゥクとは、バンコクではシンボル的な有名な乗り物で、トゥクトゥクと呼ばれる三輪タクシーです。

その名称の由来はエンジン音がそのように聞こえる、という事から始まったと言われているようでトゥクトゥクとは、主にタイやラオスで そう呼ばれる名称だそうです。

どこから走らせてるんだろと調べてみましたら 宇和島の道の駅のきさいや広場から走らせてるようでした。

宇和島のトゥクトゥク

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

乗られている方が、私の撮影姿を見て「ユーチューバーだ!」と叫んでいました(^^;)

トゥクトゥクは、宇和島に何台あるんでしょうね?

そして乗車料金はいくらくらいなんでしょうね?

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

赤染さまに動画撮影に

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

前々から「赤染さま」にも動画撮影に行こうと思っていたのですが、なにやら気味の悪い場所というイメージがありなかなか行くことができませんでした。

今回は、駅前からJRの機関庫を撮影しにいきましたので ちょうど通りすがりに「赤染さま」が、ありますのでついでに「赤染さま」も撮影することにしました。

恥ずかしながら「赤染さま」ってまだ一度も行った事がありませんでした。

ネットなどで写真では、見た事ありましたが、なんだか不気味な感じの場所で ネット情報では、昔あの場所で殺人事件が起きたという事も書いてありましたので一人で行くのも気が引けていました。

なので朝の明るいうちならと思い勇気をだして行ってみました。

まず最初に思ったのが、階段を上がる前にある鳥居のなんと低い事。

赤染さま

私の頭が、鳥居に当たるのではと思うくらい低く感じました。

そして階段を上がって行くと細道が、二手に分かれていて上に登る道を登って行きました。

すると下に 写真で見た事のある赤染さまが、見えましたので下だったのかと思い引き返し 下道から赤染さまへと行ってみました。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

赤染さま

左手には、廃屋となった家がありちょっと進むと狛犬があり その正面に 写真で見た事のある赤染さまの社がありました。

赤染さま

実際に来てみると赤染様は、朝だというのに薄暗く なんか異様な雰囲気を醸し出していました。

撮影もそこそこに その場を離れ階段を下りて行きました。

すると子供の頃山や草むらに入った時にズボンについていた盗人草といってたかんぁ?(ヌスビトハギ)が、ズボンに沢山ついていました。

そこで手で払ってのけていたら 「あっ しまった」これ動画で撮影しておけば良かったと思いとりあえず少なくなった盗人草を撮影しながら払いました。

それからまた 市内の撮影を始め駅前の方へと向かいました。

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

広小路1番地に宇和島尋常高等小学校があったの!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

私の父の同窓会冊子に昔の宇和島の写真が、いくつか紹介されていました。

それを見ていると広小路1番地に宇和島尋常高等小学校があったと書かれていました。

広小路と言えば、私が昔住んでいた場所になります。

私の住んでいた近くには、武徳殿もありました。

と 言っても私が、住みだしたことには、取り壊されてもうありませんでしたけどね。

この宇和島尋常高等小学校の有った場所には、旧宇和島藩の家老桜田家の屋敷があったという事です。

そして下の写真が、明倫小学校です。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

新築落成したのは、昭和7年ということです。

それから1年が経った昭和8年7月1日の深夜にけたたましくサイレンが鳴り響いたそうです。

南予時事新聞は、1ページ大の号外を発行し怪火と報じたそうです。

火事の原因は、放火だったそうです。

講堂のみを残して焼失してしまったそうです。

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スバル座(融通座)の歴史

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

スバル座の歴史は、明治16年に融通会所として建てられその後 民間に払い下げられ大正4年に大改装をして 当時ではスケールの大きな芝居小屋として発足したんだそうです。

Facebookのお友達からの情報では、内子の「内子座」のように舞台につながる花道があり、みんな座布団を使って座って観ていたんだそうです。

スバル座(融通座)

その後、昭和31(1956)年に 洋画専門の劇場を宇和島につくろうと、戦災に遭わなかった融通座の建物を再活用して映画館「スバル座」が誕生したんだそうです。

しかし時代の流れとともに、わずか9年ほどで幕をおろしたとういことですので昭和40年までは、この写真の建物は存在していたようです。

だとすると私が、3歳頃まではこの写真の建物は残っていたという事になります。

しかしその記憶が残っていません。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

ただ この建物の一部分の記憶が残っていました。

それは、この写真には写っていませんが、左側の建物に三角の屋根のようなものが、突き出していてその下に玄関のようなものがあったことを記憶しています。

映画館「スバル座」での最後の上映作品は『007/ゴールドフィンガー』だったようです。

その後明治調の建築様式をたたえた建物は、取り壊されてボーリングセンターとなりました。

ボーリングセンターの後ポルノ専門の映画館「ロマン座」と「スバル座」の二館となり その後「シネマサンシャイン」となりましたが、シネマサンシャインも2005年に閉館してその後マンションとなりました。(本町追手1丁目3-82)

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク