「宇和島の散歩道」カテゴリーアーカイブ

ブラタモリで紹介された辰野川を散策してみた!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

はい、こんにちはセイコウです。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は、ブラタモリでも紹介されました藤堂高虎とうどうたかとらが付け替え工事を行った辰野川たつのがわ沿いを歩いてみました。

辰野川流域の寺町風景

辰野川沿いを歩いていて驚いたのはあるお寺が無くなっていた事でした。

この辰野川沿いは、宇和島市の新24景の22番に選ばれている「辰野川流域の寺町風景」のある通りとなります。

「宇和島新24景」も 今となっては、40年前に選ばれたモノになりますので 「新」と言って良いのかそこの処が、ちょっとわけありとなります。

これについては、新しく「宇和島新24景」を選びなおすような計画もあるよです。

辰野川は、野川の山奥からきさいや広場の横の下流へと流れて海へと流れ込んでいます。

辰野川が、付け替えられた事がよくわかるのは、JR駅近くの新町2丁目辺りで直角に曲がって海へと流れています。

もし自然に流れてる川なら直角に曲がる事はないですよね。

今回は、えんま様で有名な「西江寺せいごうじ」の近くの赤橋の辰巳橋たつみはしからスタートして辰野川に沿って歩き「金剛山大隆寺こんごうざんだいりゅうじ」をゴールにします。

寺町の風景と言われるだけあって辰野川沿いには、お寺の多い通りとなっています。

まず辰巳橋をスタートすると最初に「西江寺せいごうじ」があります。

西江寺せいごうじ」には、日本初の純国産蒸気船を作った前原功山のお墓があります。

辰野川流域の寺町風景

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

そして「選仏寺せんぶつじ」へと歩いていくとその途中の川沿いに黒柿の木があり その「黒柿」についての説明がされています。

選仏寺せんぶつじ」のすぐ横には「潮音寺」があります。

そして「潮音寺」に着いて驚いたのが、本堂が無くなっていた事です。

いつ壊したのでしょうか?

2015年に写真を撮りに行った時はまだ本堂はありました。

そして次に伊達家の菩提地の「龍華山等覚寺りゅうげざんとうかくじ」があります。

龍華山等覚寺りゅうげさんとうがくじ」から「金剛山大隆寺こんごうざんだいりゅうじ」を結ぶこの辰野川たつのがわ沿いの最短距離の小道を昔は、漆端うるしばたと言っていました。

こちらを通ってもう一つの伊達家の菩提寺となっています「金剛山大隆寺こんごうざん  だいりゅうじ」と向かいました。

興味のある方は詳しくは動画でどうぞ!

はい、という言う事で今回は、「ブラタモリで紹介された辰野川を散策」というタイトルで動画を作ってみました。

それでは今日のブログは、以上となります。

もし良かったとう方は、グッドボタンを

そして購読ボタンもよろしくお願いします。

コメントも頂けるとうれしいです。

それでは、バイ、バイ。

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

くわんおんはし

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

「くわんおんはし」ってご存じでしょうか?

別に 宇和島の方言という分けでもありませんが、橋の名前になります。

くわんおんはし

「くわんおん」をネットで検索してみると仏教語で「観世音(くわんぜおん)」の略とありました。

という事は、観世音「くあんぜおん」の「ぜ」が、省略されていますので 「観音(かんのん)」となりますね。

という事で「くわんおん」は、「観音(かんのん)」の事で「くわんおんはし」とは、漢字で書くと「観音橋(かんのんはし)」となるようです。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

それでは、この橋は旧宇和島市内のどこにあるかご存じでしょうか?

観音橋

この橋は、野川二区の辰野川に掛かっています。

この橋を渡って右へ曲がって先へ進むと階段がありその階段を登ると潮音寺になります。

しかし今は、その潮音寺の本堂は解体されていて空き地となっている状態です。

潮音寺
撮影:2024年1月7日
潮音寺
撮影:2015年5月31日
LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ぶらり濱御殿跡を1周してみた!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

前回は、天赦園を見学しましたので 今回は天赦園が作られていた濱御殿の敷地をぶらり1周してみました。

目的は、YouTube動画を作るために撮影しながら歩きました。

濱御殿は、宇和島藩2代藩主の伊達宗利むねとしが海を埋め立てて造成して作られた「濱御殿」で その後、百歳長寿の大名で知られる7代藩主の伊達宗紀むねただが隠居し今の天赦園が「南御殿」と言われるようになったあと池泉回遊式庭園を造り天赦園となりました。

この天赦園の名は、あの独眼竜で有名な秀宗の父、伊達政宗がんだ「酔余口号すいよこうごう」の中の漢詩の一節(てんゆるところ)から採って「天赦園」と命名されました。

YouTube動画を作るために「濱御殿」の事を調べていましたらまーきみ。さんからこの本の中に書かれている「濱御殿」についての内容を紹介されました。

それは、津村寿夫つむらすみお著作の本で昭和44年6月15日発行の「宇和島の明治大正史(後編)」にその事が書かれていました。

津村寿夫つむらひさおと読むようです。http://tack7.fc2web.com/nenpyou/tumurahisao.html

それを読むと「お浜御殿を買った男」の事が書かれていました。

濵御殿って売りに出されていたのでしょうか?

それとも一部「伊達宗城の隠居所」だけが、売りにだされていたのでしょうか?

この本を読んで思った疑問です。

この本によると「伊達宗城の隠居所」の場所は、何処にあったのかが謎でした?

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

最後には、この屋敷は吉田繁氏が所有していたと書かれていましたが、吉田繁氏所有となった「伊達宗城の隠居所」は、いつ頃まで現存していたのだろうという疑問も持ちました?

疑問を持つと ハッキリさせたくなるたちなので このことを伊達博物館へ問い合わせてみました。

すると調べてみますということで時間を下さいという事でした。

3日経ってもまだ連絡がありませんので なかなか調査が難航しているのかもしれません。

昭和46年の地図に載っている「吉田繁氏」の家屋は、濱御殿敷地からはずれている場所なのでどういう事なのかなと疑問符がつきます。

濱御殿の敷地は、現在残っています「天赦園」から「伊達博物館」「天赦公園」「宇和島東高校」そして「河野整形外科」手前角までを含めた敷地が、江戸時代「濱御殿」の敷地となっていました。

濵御殿

濵御殿

この江戸時代の濱御殿の敷地を 天赦園をスタート地点として1周を歩いてみました。

その動画がこれです。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

宇和島藩市中引廻しの刑の道順

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

最近は、国立国会図書館デジタルコレクションをよく見るよになりました。

今回は、昭和2年2月25日に発行されている「宇和島大観」という本の中で紹介されていた「畑枝の刑場」です。

時代劇を見ていると「市中引廻しの刑」というのを よく聞くことがありますよね。

市中引廻しは、江戸時代の日本で行われた刑で、死刑囚を馬に乗せ、罪状を書いた捨札等と共に刑場まで公開で連行していく制度でありました。

宇和島藩では、宇和島らしいやり方で「市中引廻しの刑」を やっていました。

それは、死刑囚を馬に乗せるのではなく牛に乗せて町中を引廻していたようです。

流石、闘牛の町、宇和島ですね。

昔は、闘牛とは言わずに「牛のつきやい」と言っていました。

その町を廻る道順ですが、北町立正寺前の獄屋から引き出された死刑囚は、六兵衛坂を通り本町、横新町、竪新町、亀屋横丁を抜けて再び本町に出で愛宕町、笹町、神田川原、佐伯町、櫻町、はまぐり横丁(焼き肉の「はちのす」の通り)、鎌原通り、樽屋町を裡町に出で浄念寺(浄満寺)上手横丁を抜けて丸穂の畑枝の刑場に送られていたようです。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

コースを地図で知りたい方は、まーきみ。さんのブログ畑枝の刑場(宇和島大観)で大正時代の地図と現在の地図で「中引廻しの刑の」コースが紹介されていますので そちらでご覧ください。

そして死刑囚は、畑枝の刑場の露と消えます。

当時死刑囚が通るときは、両側の町家は、固く戸を閉めて通行の人々は死刑囚の行手を避けて死刑囚を見る者は、ほとんどいなかったそうです。

それは、死刑囚にモノを頼まれたら あとで祟られるのではないかと恐れられたからだそうです。

「触らぬ神に祟りなし」と言いますからね。

 

 

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめて遊子水荷浦の段畑行ってみた!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

恥ずかしながらまだ遊子の段畑へ行った事がありませんでした。

そこで昨日は、サロンも定休日でしたので遊子の段畑へ行ってきました。
ホントは、日曜日に行くつもりでしたが、天気が良くなかったので月曜日となりました。

今回の「遊子水荷浦の段畑」へ行った目的は、YouTube動画の撮影でした。

撮影日を月曜日にしてホント良かったです。

天気も快晴で撮影日和でした。

まず遊子の段畑へ行ったことが無かったのでネット地図でアクセスを確認してみました。

近いうちに遊子の段畑へ行ってみようと思っていましたので うちに来店される何人かのお客様に段畑まで車で何分くらいで行けるかをお聞きしていましたら 大体お客様が、約30分くらいだと言われていました。

車での時間もわかれば予定も立てられます。

実際に行ってみると朝9時前にでて 「だんだん茶屋」の駐車場についてのが9時30分ほどでした。

だんだん茶屋駐車場

途中で車を止めて 遠くから見る段畑の風景を撮影しましたので。

駐車場で ジンバルにiPhoneをセットして車を下りてから周りの風景を撮影して さてどこからの段畑に登るのかなと見渡していたら 地元に人らしい人が軽トラから下りてこられたのでその方にお聞きすると こちらからだと教えて頂き見ると登り口の血う看板が下の方にありました。

段畑登り口

そこらか道を渡ると直ぐに段畑へと登る階段がありそこら段畑へと登って行きました。

遠くから眺めた段畑も良いですが、実際に段畑を歩きながら見る石垣の模様や波打って見える階段状の畑の模様もなんか癒されます。

遊子の段畑

遊子の段畑

 

そして段畑から見える海の風景も絶景です。

遊子の段畑頂上

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

段畑の頂上には、お墓があるんですね。

何年まえかに宇和島を舞台にしていた「海すずめ」でも段畑でロケをやっていましたね。

頂上から更に進むと段畑の裏側へと続く道があり途中まで行って段畑の裏の景色を撮影してまた少し戻り 柵がされてるところに開けるように書かれていたので そこの柵を開けて更に進みました。

遊子の段畑

ここからは、段畑を下りて行く道になっているようでした。

そして二手に分かれる道があり左へ行くと下の道路行くであろう道と右へ行くと段畑へと繋がる先ほど登って来た階段の場所となります。

そこで右へ行くことにしました。

そこからならだんだん茶屋の駐車場も近いですからね。

だんだん茶屋は、まだ営業をされてなくて その隣のだんだん屋は、営業されていましたのでそちらの方へ行って 昨年タモリさんが、鯛めしを食べた場所をお聞きしてみました。

だんだん屋

するとちょうどだんだん屋の正面の海岸端でロケをしていたそうです。

タモリのロケ地

それをきっかけにだんだん屋の方と色々とお話をさせてもらい帰りにジャガイモを買って帰りました。

だんだん屋は、月曜日が定休日の様でしたが、昨日は祭日だったので営業されていたようです。

 

遊子水荷浦「段畑を守ろう会」が運営するだんだん屋

営業時間:9時30分~16時30分
定休日:月曜日・木曜日
愛媛県宇和島市遊子2323-3

電話:0895-62-0091

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク