新天皇即位後の疑問

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

今年の5月には、平成の天皇陛下が退位され皇位継承順位1位の皇太子徳仁親王こうたいしなるひとしんのう (1960年2月23日(昭和35年)58歳) が新天皇に即位されます。

そして皇太子徳仁親王こうたいしなるひとしんのうが、天皇に即位されることで皇位継承順位が変わります。

天皇は、皇統の男系男子が継承することになっていますので 新天皇陛下の長女愛子内親王あいこないしんのうは継承者とはなれません。

新しい皇位継承順位は、

皇位継承順位 1位は、新天皇の弟の秋篠宮文仁親王 あきしののみや ふみひとしんのう

(1965年11月30日 (昭和40年) 53歳 )

皇位継承順位 2位は、 秋篠宮文仁親王 あきしののみや ふみひとしんのう第1男子 悠仁親王 ひさひとしんのう

(2006年9月6日 (平成18年) 12歳 )

この様になるようです。

スポンサーリンク

そして皇太子が、無くなり 秋篠宮文仁親王 あきしののみや ふみひとしんのう皇嗣こうしになられるという事です。

そこで疑問があります。

もし今回のように新天皇も30年で生前退位(譲位じょうい)されたとしたら皇位継承順位第1位の秋篠宮文仁親王 あきしののみや ふみひとしんのうが、次の天皇に即位されることになります。

しかし30年後となると秋篠宮文仁親王 あきしののみや ふみひとしんのうの年齢は、83歳となられているので現実的では無いような気もします。

果たして高齢を理由に即位を辞退し 皇位継承順位第2位の悠仁親王 ひさひとしんのうに譲ることはできるのでしょうか?

ただそうなると皇太子殿下がされていた仕事は、篠宮文仁親王 あきしののみや ふみひとしんのうが、 されているでしょうから その仕事を経験せずに天皇の地位につかれる事になるので 悠仁親王 ひさひとしんのうも不安を感じられるのではないかと思ったりもします。

それとも篠宮文仁親王 あきしののみや ふみひとしんのうが、高齢で即位されれば悠仁親王 ひさひとしんのうは、皇太子となられる事になり「皇太子」が復活する事になりますね。

宮内庁や政府は、新天皇即位後の事はどう考えているのでしょうね?

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク