インスタントラーメンの元祖争いは実際にあったんだ!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

NHKの朝ドラ「まんぷく」を見られている方ならインスタントラーメンの元祖争いは、ドラマで見られたと思いますが、あのエピソードは、フィクションじゃなくて実際にあった出来事のようです。

ドラマのまんぷくラーメンは、日清食品の創業者の安藤百福氏がモデルとなっていまいます。

実は、安藤百福の他にもインスタントラーメンを作っていた人が居たという事でした。

東名商行の張国文(ちょう・こくぶん)という人です。

張国文 は、日本統治下の台湾で日本国籍を持つ台湾人として生まれ戦前は、歯科技工士として日本に来て戦後は、大阪アベノで中華料理店を作ったそうです。

そして 張国文 は、 中華そばを家庭で簡単に食べられる様にインスタントラーメン味付け乾麺製法を作り「長寿面」として昭和33年(1958年)の春頃に発売しそれと同時に大和通称の陳栄泰が、鶏糸麺を出したそうです。

そのあと数か月後 昭和33年(1958年) 8月25日「まんぷく」のモデルの安藤百福が、「チキンラーメン」を発売したことでインスタントラーメンの3社による元祖争いが起きたという事です。

「まんぷく」のドラマの中でのインスタントラーメンの元祖争いが描かれましたが、その時に安藤百福の役の万平が、元祖を主張する社長に対して「この自信はどこからくるのか?」というセリフを言っています。

この事を知ってるとその自信は、 張国文 もまたインスタントラーメン「長寿麺」を独自に作っていたということだったんですね。

ドラマの中では、まんぷラーメンをスパイして作った事になていましたが、安藤百福が 「長寿麺」 ヒントにしてインスタントラーメンを作ったという話もあるようです。

スポンサーリンク

第1次 南極観測隊に 張国文の作ったインスタントラーメン「長寿麺」を提供していたという事です。

その後 張国文 は、大規模な投資をして工場を拡張する冒険心がなかったので安藤百福は、 張国文 を説得して昭和36年(1961年)に2300万円(約3億円)で味付け乾麺製法を安藤百福に売却したという事です。

これで安藤百福が持っている「即席麺製造法」と 張国文 から購入した「味付け乾麺製造法」2特許を確定させました。

このことで日清食品の安藤百福と 大和通称の陳栄泰が、激しく対立しますが、食糧庁の和解勧告を受け和解します。

こうして 安藤百福は、 日本ラーメン(国際特許管理)特許を設立して特許を1本かし日本ラーメン協会を設立して理事長に就任しました。

そして昭和46年(1971年)にカップヌードルを開発するのだあります。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク