昔話「せんぐり喰い」って知ってますか?

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

宇和島の方言で「せんぐる」という方言を紹介しました。

この「せんぐる」の意味は、「順に寄せ集める」ことを言います。

するとFacebookのお友達が、 「せんぐり」という言い方もあると言って「せんぐり喰い」という全国で有名だという昔話を紹介して頂きました。

私は、この話は知りませんでした。

「せんぐり喰い」 の「せんぐり」は、「順番に」という意味だそうです。

紹介して頂いた「せんぐり喰い」の話はこういう話のようです。

【せんぐり喰い】

一日中 獲物のクマを山の中を歩き回って探していましたがタヌキ一匹にも出会う事無く今日は諦めて帰ろうとしていた一人の猟師の前にカエルが一匹跳び出してきました。

それを見ていた 猟師 の目の前でカエルがヘビに食われてしまいました。

すると今度は、そのヘビは空から舞い降りてきたタカに食われてしまいます。

そして 次の瞬間タカは自分が撃ち取りに来たクマが取って食べてしまいました。

スポンサーリンク

「しめた~、やっと獲物がおったばい!」と 素早く鉄砲をかまえ、クマを撃とうとしました。

ところが不思議なことに、狩の名人のはずの猟師は、 鉄砲の引き金を引こうにも指に力が入りません。

「ありゃ、ありゃ~、どげんしたこったい?」

そこで猟師は考えます。

「まてよ〜もしここでオラがクマを殺したら次はオラが殺される番にちげ〜ね〜」と

その時、どこからともなく魔物の声が「お前には少しは考えがあったようじゃのう」と響きます。

「ひゃ~」 猟師は、鉄砲を放り出し、山道を転がるように駆け下りていきました。

それからというもの、猟師は二度と猟に行くことはなかったそうで、 猟師のこの話を聞いた村人たちもまた、猟をする人はだれひとりもいなくなったとさ。

「弱肉強食」 & 「輪廻」 &「食物連鎖」の奥の深いお話しを教えて頂きました。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク