赤羽駅で逃走する男性は、痴漢それとも冤罪?!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

29日にJR赤羽駅で痴漢行為をしたと思われる30代くらいの男性が女子高生に追われ逃げているところを50代くらいの男性に足をかけられ転倒している動画がTwitterだったかネットの動画で拡散されてました。

逃げる男性は、直ぐに立ち上がりまた走りだし階段を下りて行きそのあとを女子高生が追っかけて行く動画でした。

その動画を見て痴漢を追いかけているのかなと直ぐに想像はつきましたが、果たしてこの逃げてる男性は本当に痴漢をしたのかなと?マークががつきました。

その理由は、以前ネットでは痴漢に間違われたらその場からすぐに立ち去れという情報が拡散されていました。

テレビでおなじみの北村晴男弁護士も逮捕される前に全力で走って逃げる事を推奨していましたので この逃げてる人もそのための行動を取っている可能性もあるのかなと思いました。

北村晴男弁護士

30日の夕方のニュースでは、赤羽駅で逃走していた男性は痴漢を認めたと報道されていました。

痴漢を認めたという事でこれらの一連の起きた事は、正当化されるのかもしれませんが、もしこの男性が冤罪だったらこれらの一連の行動は、どうだったんだろうかと思いました。

女子高生が、男性を追いかける行為はその女子高生達は、痴漢と思い追いかけているから問題ないのかな?

スポンサーリンク

そして逃げてる男性の足を引っかけて男性を転倒させた男性の行為は、逃げているので何か悪い事をして逃げてるんだと思い逃走を食い止めるために足を引っかけて転倒させたという事で問題ないのかな?

そしてこの一連の様子を 撮影して逃げている男性の顔をそのままネットにアップした行為は、これは問題があるような気がします。

この逃げてる男性が、痴漢かどうかは撮影している時点では、わからないと思いますのでアップするにしても 逃げてる男性の顔を隠してアップする必要があったのではないでしょうか。

この逃げていた男性は、痴漢を認めたということですが、やっていなくても痴漢を認める場合もあるという事です。

もし冤罪を主張すれば拘留が長くなるということで仕事にも支障がでるため認めて早く釈放されればあまり公になることもないという事でやっていなくても認める事がある様です。

ただこの逃げてる男性は、もし冤罪の場合でもネットで逃げる様子が、公開され顔までハッキリ映って拡散されていますから冤罪であっても認めてしまった時点で人生終わりのような気がします。

実際に痴漢をしているなら自業自得ですがね!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

川崎19人殺傷事件は防ぐ事はできたのか?

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

また理不尽な事件が起ころりました。

この事件は5月28日、神奈川県川崎市の登戸駅付近で、小学生ら19人が男に刃物で刺されるなどして、東京・多摩市の小学6年生・栗林華子さん(11)と、世田谷区の小山智史さん(39)外交官が死亡し 犯人の 川崎市麻生区の岩崎隆一容疑者(51) は犯行後に自分の首を刺し、死亡しています。

「死にたいのなら人を巻き込まずに自分だけで死ねばいいのに」と思った人も多いと思います。

それが、一般的な普通の感情だと思います。

死亡した岩崎容疑者は、無言のまま最初に小山さんを刺してから、ほかの18人を襲った後、自分の首を刺して倒れるまでの時間が十数秒だったという事です。

凶器とみられる包丁2本は、いずれも刃渡りおよそ30センチの柳刃包丁で、岩崎容疑者のリュックサックの中には、別の包丁2本がワイシャツに包まれた状態で入っていたこともわかったということで計画的犯行だったようです。

犯人は、死んでいますので本当の犯行動機の解明はできませのであくまでも推測での解明となってしまいますね。

岩崎容疑者 は、なぜ犯行を起こした現場を選んだのでしょうかね?

わざわざ電車を使ってまで犯行現場まで行く理由は何かあったのでしょうかね?

事件の内容を知りこの事件は、防ぎようがないなと感じました。

岩崎容疑者 は、無言のまま後ろか切り付けていたようですからね。

スポンサーリンク

防ぎようがないですよね。

このような事件に遭遇したら自分の身は、自分で守らなくてはならなくなりますね。

だからと言ってアメリカのように銃社会にはなって欲しくありませんが、もし日本も銃社会だったら今回の犯人は、刃物ではなく銃を使っていたと想像ができます。

そうだったらまだ犠牲者の数は増えていたんだと思います!

今回の事件を防ぐには、親が自分の車で子供を学校まで送らなくてはならなくなり帰りは、学校側がスクールバスで生徒を 家まで送らなくてはならなくなります。

そして一般人は、護身の為に刃物を持つわけにもいかないので 警察が持っているような警棒を携帯して護身術を身につけておかないとなりませんね。

私の娘が、小学校に入学した時に本気で思ったのは、通学路に防犯カメラを設置して欲しと思いました。

それを思うと日本もイギリスの様に街のいたるところに防犯カメラを設置して今は、AIが カメラ映像を解析し不審者を検知するシステムがあるそうですからそのシステムを導入して危険を知らせられるようなシステムを随時導入していって欲しいと思いました。

最後に、亡くなられました 栗林華子さん、 小山智史さん の御冥福をお祈りいたします。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おしゃれな歯ブラシホルダー

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

昨日脱衣所の洗面台の鏡の裏の歯ブラシを立ててる収納を見ると歯ブラシや歯磨き粉の置き方が変わっていました。

今までは、歯ブラシは歯ブラシ立てに立てて置いてあり歯磨き粉のチューブはそのまま立てていましたが、今回見て観ると置き方が変わっていました。

歯ブラシ立てじゃなく歯ブラシを掛けるようになっていて 歯磨き粉も歯磨き粉のチューブを入れるホルダーに入っていました。

歯ブラシホルダー

スポンサーリンク

なんか見た感じシンプルでお洒落に見えたので思わずiPhoneで写真に撮りブログのネタにしようと思いつきました。

どこで買ったかは、知りませんがたぶん嫁さんが百均で買ったんだろうなと勝手に想像しています。

なかなか使い勝手も良いです(^^)

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

高校生にとったある車の営業マンの対応!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

車のディーラーで「高校生の君になんでカタログなんてあげなきゃいけないの」と言われた。という書き込みをネットで見ました。

酷いディーラーもあるもんだとFacebookでシェアしたら似た経験をしましたというコメントが書き込まれました。

ネットの書き込みだけでなく実際にこういう事ってあるんですね。

実は、この話とは真逆の対応をされた車の営業マンのお話をカットに来店されたお客様から偶然にも同じ日にお聞きしました。

高級外車の展示会に誰が見ても展示されている車を買わないであろうことがわかる高校生が高級車を見ていたそうです。

その高校生が、営業マンに「展示されている高級車のカタログを頂けますか」とお願いしたらその営業マンは丁寧な対応でその高校生にカタログを渡してそのカタログを拡げてその高校生に 親切丁寧にその 高級車 の説明をされたということです。

スポンサーリンク

そして時が経ちその高校生は、医師になり車を購入するときに高校生にも関わらず丁寧な対応をして下さった営業マンを指名して高級車を買ったという事です。

そしてその医師は、友達の医師達にもその営業マンを紹介してその医師の友達も またその営業マンから高級車を買ったという話をされていました。

その時は、高校生で買えない事がわかっていたのにも関わらずその高校生も大人のお客様と同じ対応した営業マンの誠実な対応の結果ということですね。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

私は、橋の下で拾われた子?!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

私は、昭和生まれで子供の頃に父から私は、橋の下で拾ってきた子だと言われた事がありました。

何歳の頃だったかまでは、記憶していませんが確かに言われた事は今でも覚えています。

その時の記憶では、私はあまり驚かず父が嘘をついていると思いましたので 「ウソやろう」とそんな事を言ったような気がします。

あなたは、子供の頃に 親からそんな事を言われた事はありましたか?

この事についてネットで調べてみるとそう親から言われた経験のある人ってけっこういました。

やはり子供の頃に親から 「お前は橋の下で拾ってきた子」だと言われた経験のある人が何人もおられるようですね。

どうもこれって日本全国で言われているようです。

中には、冗談と受け取らずそれを信じて泣いてしまったという人もいました。

でもなんでこんな事を 親は子供に言ったのでしょうかね?

スポンサーリンク

当時それが流行していたのかなぁ?

いろいろ考えてみると そういえば豊臣秀吉とよとみひでよしよどに生ませた最初の子供「鶴松つるまつ」は、一度捨てられてそれを家臣に拾わせるという事をしています。

昔は、「捨て子はよく育つ」などというジンクス、言い伝えがあった からこのような事を 秀吉 は、行ったのだと思います。

それで 「鶴松」 の最初に付けられた名前は、 「棄丸すてまる」といいま すが、 3歳で夭折ようせつしています 。

3歳で亡くなっています ので 「捨て子はよく育つ」という縁起かつぎもあてにはなりませんね。

昔のこのような風習が一度捨てて実の親が拾うと、その子は丈夫ですくすく育つという願掛けが元になって 実際に捨てる事はできませんから言葉だけで言う様になったのかもしれませんね?

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク