いじめから我が子を守る母親

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

あるブログ記事で臨時教員をされていたブログの管理人さんが、紹介されていた 20年前の ある中学校での話です。

ブログの管理人さんが、 臨時教員 されていた中学校で毎日教室の前の廊下に立たれているお母さんが、おられたんだそうです。

臨時教員をされていたブログの管理人さんの耳には、その理由について入ってこなかったそうです。

そこで疑問に感じたブログの管理人さんが、学年の主任に理由をお聞きしたそうです。

すると毎日廊下に立っているのは○組の〇〇さんのお母さんで その女子生徒は同じクラスの女子生徒数人からいじめられていたんだそうです。

その母親は、授業中は教科担任の目があるからいじめられる心配がないけど休み時間になると教員の目が行き届かないため いじめられる可能性があるということで 毎日学校へ通い休み時間や教室の移動があるときやトイレに行く時はお母さんと行動を共にするために、授業中廊下で待っておられたということです。

このブログを読んで いじめを受けていた女子生徒のお母さんは、凄いなぁと思いました。

でもお母さんも仕事をしていたら中々毎日は、学校にこられませんよね。

専業主婦であればできるかもしれませんが、そ母親は夫婦で飲食店をされておられたので 仕事をご主人に任せて娘を守るために毎日学校へ通っていたそうです。

スポンサーリンク

いじめを受けていた女子生徒は、母親が学校に来てくれることをどう思っていたのかなぁと思いました。

男の立場から普通に考えると嫌じゃないかなと思ってしまいましたが、女子生徒の立場で考えるといじめを受けていたという事で近くに母親がいる事で心強かったのかなぁ。

毎日母親が学校に行っていたという事は、その女子生徒も嫌では無かったのかもしれませんね。

ただこういう状況で学校は、何の対応もしなかったのでしょうかね?

母親が、毎日学校へ行っていたという事は、学校に期待しても無理だと思ったんでしょうかね。

でも我が子を守るためとはいえなかなかできる行動ではないと思います。

このブログ記事を読んで 本気で我が子を守るということは、こういう事なんだなと感じたブログ記事でした。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク