はやぶさ2Nasaの先を行く!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

1969年7月20日20時17分 3人の宇宙飛行士を乗せたアポロ11号は、その中の2人の人間を世界で最初に月着陸船イーグルで月に着陸させました。

2人は約2時間15分月面に降りて船外活動をして47.5ポンド(21.5キログラム)の月の石を地球に持ち帰るために採取しました。

月に着陸した2人は、月着陸船イーグルで月から離脱して月を周回していた司令船コロンビアと合流して3人の宇宙飛行士は、無事地球へと帰還しました。

もう50年も前のことです。

当時私は、まだ小学生で子供ながらに思った事は、日本は月に行くなんて絶対無理だろうなとそんな事を思っていました。

あれから50年未だに日本は独自のロケットで人間を宇宙に行かせる事は叶っていません。

まあそのような予算も付けて貰えませんしね!

もう既にアメリカ、ロシア、中国は、独自のロケットで人間を宇宙に送っていますので 今更慌てて自前のロケットで日本人を宇宙に送る必要性もないと思います。

それよりは日本は、日本独自で出来る事で宇宙に挑戦すれば良いと思います。

そして今回はやぶさ2は、小惑星リュウグウへ2回目の着陸に成功しました。

スポンサーリンク

今回のはやぶさ2のミッションは、

  1. 地球の近くの小惑星リュウグウを目指す
  2. リュウグウ 表面に着地して岩石のサンプルを採取する
  3. スペースガンで爆破してクレーターを作る
  4. 着地してクレーターの中の岩石のサンプルを採取する
  5. 採取した岩石を地球に持ち帰る

このようなミッションです。

リュウグウ
画像: JAXA

そして今回は、4番目までのステップが完了しました。

このようなミッションは、まだNASAもやった事がなく世界初となります。

はやぶさ2に遅れて米航空宇宙局(NASA)も小惑星探査機オシリス・レックス で小惑星の岩石を採取して地球に持ち帰る計画 です。オシリス・レックスは「米国版はやぶさ」とも呼ばれています。

あとは、無事に地球へ帰還して小惑星リュウグウで採取した岩石を回収できることを祈るばかりです。

今回は、肉眼で確認できるモノが採取出来ていればいいですね。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク