ホワイト国を取り消された韓国の暴走が止まらないみたい!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

今回、 日本政府が輸出優遇措置を廃止 しホワイト国の認定を 取り消した事で韓国の 文在寅 大統領は、怒り心頭みたいです。

ホワイト国を取り消されたといっても 輸出を止めたという事ではないのですけどね。

ちゃんと手続きをすれば輸出ができるというのになんで韓国は、大騒ぎするんだろう?

この手続きを ネットのコメント投稿に例えると ホワイト国(Aランク)の読者の人は、「名前」を記入して「コメント」を書いて「投稿ボタン」を押すとコメントが投稿出来ますというモノです。

そしてホワイト国以外(Bランク)の人がコメントをする時は、 「名前」を記入して「コメント」を書いて「投稿ボタン」を押す 前に あなたがロボットではない事を証明するために「いち、に、さん、し」の数字を入力して下さいと ひと手間作業が増えるだけで ロボットで無い事が証明されたらちゃんとコメントができるんですよね。韓国は、このランクになったという事です。あくまでも例えですけどね。

そして(Cランク)になると 「名前」を記入して「コメント」を書いて「投稿ボタン」 を押す前にロボットでない証明をして「メールアドレス」も入力しなくてはなりません。

と こんな感じでランクによって 作業の手間が増えるだけでその作業が滞りなく終わればコメントが出来る、輸出ができるということなんですよね。

それを韓国の 文在寅 大統領 は、輸出を止められたかのように大騒ぎをしてホワイト国(Aランク)に戻せと請求しています。

そして それの対抗処置として韓国も日本をホワイト国からはずすという事です。

スポンサーリンク

また日本製品の「不買運動」に続き今度は、「日本語狩り」が始まったということです。

韓国の学校の中では、日本語由来の言葉が数多くあり「教育(キョイク)」や「学校(ハッキョ)」がそもそも日本語由来で、「教師(キョシ)」「担任(タニム)」「教科書(キョグァソ)」「算数(サンス)」「数学(スハク)」「地理(チリ)」「美術(ミスル)」「音楽(ウムアック)」「班長(パンジャン)」など、日常的な言葉がたくさんありそれを排除するなどほとんど不可能でしょうという事です。

このままいくと韓国は、来年の東京オリンピックもボイコットしそうな感じですね。

昔、日本もオリンピックをボイコットした経験があります。

それは、ソ連のアフガニスタンへの軍事侵攻に抗議して米国のカーター大統領がモスクワ大会のボイコットを西側諸国に呼びかけ、日本政府もそれに追随し最終的に日本オリンピック委員会(JOC)は1980年5月24日、臨時総会を開いて五輪不参加を決めました。

そうなった時に可哀想なのは、スポーツ選手ですね。

オリンピックを目標に練習している選手はホント辛いですよね。

なんか韓国は、どんどん泥沼へと暴走しているように見えます。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク