アルキメデスの大戦を観てきました!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

これは、予告を観て見て観たいなと思っていた映画です。

衣山シネマサンシャイン

昨日松山の衣山シネマサンシャインで観てきました。

アルキメデスの大戦

原作を読んでいないので前情報なしで観ました。

ただわかっている事は、この映画の内容は、実在の戦艦や人物は、登場しますが、内容はフィクションであるということだけです。

アルキメデスの大戦

冒頭から戦闘シーンで戦艦大和が、沈められるシーンから始まります。

今までに無いアイデアの内容の戦争映画でした。

日本と欧米の対立が激化の一途を辿っていた第二次世界大戦前の昭和8年に 日本帝国海軍の上層部は超大型戦艦「大和」の建造計画に大きな期待を寄せていました。

そこに待ったをかけたのは、海軍少将・山本五十六です。

「これからの戦争は航空機が主体になり、巨大戦艦は不要になるであろう」と考えている山本五十六海軍少将は、平山忠道造船中将が計画している無駄に大きい巨大戦艦の建造計画案ではなく、対航空機戦闘を考えた藤岡喜男の案を支持ます。

山本五十六 は、これからの戦いに必要なのは航空母艦だと進言しますが、 上層部は、 世界に誇れる壮大さこそ必要だと考え戦艦「大和」の建造を支持します。

平山忠道造船中将 は、自らの巨大戦艦の建造案「大和」を新型戦艦造船会議で通したいと考え 不当に安い見積もりを会議へ提出しました。

危機を感じた 山本五十六 は、天才数学者・櫂直(菅田将暉)を海軍に招き入れようと白羽の矢を立てますが、櫂 は軍隊を嫌って なかなか 山本五十六 に協力しようとしません。

そこで 山本五十六 は、 「軍艦の増強に際限なく金が注がれ、やがて欧米との全面戦争へと発展してしまう。そんなことはあってはならない!」と、 櫂に訴えます。

櫂は、悩んだ末日本の未来を守るため、海軍への入隊を決意し協力することを決断し平山の計画を阻止するために、 山本五十六 は、元帝大生の櫂 直(かい ただし)を海軍主計少佐に抜擢します。

スポンサーリンク

巨大戦艦の建造案 が、会議で通りやすいように建造費が安く見積もられことに対して裏があるのではと 疑いを抱いていた 山本五十六 は、 こんな予算では、 戦艦大和 を作れない事を証明し不正を暴き大和の建造計画を潰そうと 天才数学者・櫂直(菅田将暉) に不正を暴く任務を与えます。

櫂の数学的能力で、「戦艦大和」建設にかかる莫大な費用を試算し、その裏に隠された不正を暴くことで計画を打ち崩す計画が進められます。

櫂 は、持ち前の度胸と頭脳と数学的能力を活かし、前途多難な試算を行っていきます。

だがそこに、帝国海軍内の 「大和」の建造を支持 する 上層部 という大きな壁が立ちはだかります。

櫂 は、メモ程度の資料から戦艦大和の建造費を割り出すという難問を鉄の使用量から戦艦の造艦費用を割りだす方程式を作って行く過程がドラマとして面白いです。

櫂 に 戦艦「大和」の建造費の不正を暴かれますが、その言い訳でなぜ安く見積もったかの理由を聞くとなるほどと思ってしまいす。

その説明で会議では、戦艦大和の建造に傾きます。

戦艦大和を阻止を考える 山本五十六 はピンチを迎えますが、櫂 は、 難問を解いて行くうちに戦艦大和の欠点を見抜いていてピンチを切り抜けます。

しかしご存じのように戦艦大和は実際に誕生します。

櫂が見抜いた欠点で戦艦大和の建造計画は、潰れたはずなに建造されてしまします。

平山忠道造船中将は、 櫂 に自分の思いを訴えかけます。

それもなるほどな!と思う理由があります。

興味のある人は、映画で鑑賞してみ下さい。

この映画は、お勧めです。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク