韓流ブームから嫌韓へ

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

「従軍慰安婦問題」から「徴用工問題」「レーダー照射問題」から日本側からの「ホワイト国除外」そして韓国側からの 日韓の軍事情報包括保護協定「GSOMIA」破棄 そして「竹島軍事演習」と今は、日韓関係は最悪となっています。

今までなら何か問題があると日本側が折れて丸く収めてきていましたが、そうしてきた結果が今の現状です。

なので今回は、日本側から折れる事無く行くとこまで行くしかないでしょうね。

また日本が、途中で折れてしまうと未来永劫韓国は、変わる事が無いでしょう。

第二次世界大戦で鬼畜米英と言っていたアメリカに日本は、こてんぱんに叩きのめされて今では、日米同盟を結ぶ良い関係になっています。

今は、日韓最悪の関係ですが、それでも日韓が良い関係であった時もありました。

2003年4月、『冬のソナタ』がNHK総合テレビで放送されると、日本の中年女性たちを中心に韓ドラブームが訪れました。

そして 冬のソナタ 主演のペ・ヨンジュンが初来日したときは、羽田空港に3500人のファンが押し寄せヨン様ブームが巻き起こりました。

そして ドラマのロケ地の一つ、韓国・チュンチョン市には連日、日本人の観光客が押し寄せるようになったとテレビでも取り上げられていました。

「 冬のソナタ 」が、ヒットした事がきっかけで 気が付くとBS放送では、どこのチャンネルをつけても韓国ドラマが、放送されれるようになっていました。

この頃は、韓国に対して好きとか嫌いとかの感情はなくただ竹島についてだけ何もしない日本政府に腹立たしく感じていました。

また韓国人の考え方は、日本人とは違うという事もよくわかっていませんでしたが、これまでの韓国との問題をニュースで聞くたびにめんどくさい国だなとの思いが増していました。

韓国は儒教の国なので、年長者を敬う意識が日本に比べると非常に高いようです。

韓国人は、中国と日本を見て中国を兄と見て 日本は、弟と見ているようです。

なので日本は、韓国から見て目下と見ているんだと思います。

これを 儒教 の教えに当てはめると 目下の日本は、韓国の言う事を聞くのが当たり前と思っているのかもしれません。

スポンサーリンク

そして戦後の日本人は、「もううるさいから謝っておけ!」という悪い癖がありました。

なので韓国と問題が起きると日本が折れて丸く収めていました。

それが、韓国に勘違いをさせていたのです。

2012年8月10日に当時の韓国大統領である李明博イミョンバクが竹島に上陸したという出来事があり韓国大統領が竹島に上陸したのは、それが初めてでした。

これにより日韓関係は悪化しはじめだしました。

それからいつしか書店には嫌韓本が、並ぶようになりネットでも嫌韓の書き込みが増えて行きました。

この頃、私が気が付いた事は、ネットで 嫌韓 を訴えているのは男性より女性がめだっていた事です。

それで腑に落ちなかったのが、あれほど韓流ブームで騒いでいた女性が、嫌韓になったのかがよくわかりませんでした。

韓国人の男に暴行を受け負傷した日本人女性
出典:Yahoo!ニュースより

しかし今回の 韓国ソウル・弘大(ホンデ)で韓国人の男に暴行を受け負傷した日本人女性 の事件で その理由がわかったような気がします。

あの当時の韓流ブームで韓国へ観光旅行へ行かれた女性が、今回の事件のように韓国人の男からこのような暴行などを受けていた女性が多かったと考えると あの当時嫌韓を訴える女性が多かったという事について腑に落ちます。

「 可愛さ余って憎さ百倍」ということわざもありますからね。

ただこれは、今回の事件で私が感じた事なのでそれには、あたらないかもしれませんが、今回の被害を受けた女性は、10代の親韓YouTuberで韓国の料理や化粧品など色々紹介していたそうです!

今回の事件で日本人 親韓 者を減らしたかもしれませんね。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク