ラグビーワールドカップ2019!ラグビーの得点の仕組み!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

先週ラグビーワールドカップ2019で日本対ロシア戦を観ました。

ラグビーについては、ルールの方はまったく知りません。

ラグビーについて知ってる事は、敵陣のゴールラインを越してボールを地面にタッチしたら得点になる事とゴールのポールとポールの間をキックでボールが入れば得点になるという事、そしてボールのパスは、自分より後ろの相手にしなくてはならないという事が、ラブビーの試合を観ていてなんとなくわかりました。

ラグビーにつては、まったく興味が、なかったのでテレビで試合があっても見る事はありませんでした。

そんな私が、なぜ今回のラグビーワールドカップ2019を観たのかというと日曜日の9時から放送されていた「ノーサイドゲーム池井戸 潤(いけいど じゅん)が原作のドラマを観てこのドラマが面白くて これでちょっとラグビーに興味を持った次第です。

ラグビーの試合を観ていてボールをパスしながら相手チーム選手を交わし相手ゴールにトライできたときが、観ていてなんとも気持ち良さがあります。

今回日本対ロシア戦では、30-10で日本が勝ました。

サッカーとは、違ってラグビーは、かなりの高得点が、得られるようです。

ラグビーの得点の獲得方法について調べてみました。

ネットでラグビーのルールを見て観ると 「トライ」すると「5点」が獲得できます。「トライ」とは、相手陣インゴールの地面に、ボールを着けるとトライとなります。さらに、トライをした場所から自陣に向かい真っすぐ下がった場所から、コンバージョンキックの機会が与えられます。

スポンサーリンク

そのコンバージョンキックとは、 トライをした位置の延長線上から、ゴールポストにボールを蹴り込みます。ゴールポストのクロスバー上を超えると得点となります。

その場合「コンバージョンゴール」となり「2点」が、獲得できます。

他に得点を得る方法として「ドロップゴール」があります。

これは、 プレーの最中にボールを地面にワンバウンドさせて蹴ることで、直接ゴールポストを狙うことができます。ゴールポストのクロスバー上を超えると3点の得点となります。

あとは、「ペナルティートライ」と「ペナルティーゴール」が、あります。

「ペナルティートライ」 は、7点獲得でき相手チームの反則がなければ、間違いなくトライと認められた場合に限り、ゴールポストの中央にペナルティトライが与えられます。通常のトライと異なり、コンバージョンキックは行いません。

そして 「ペナルティーゴール」 は、3点獲得できます。これは、 相手チームがペナルティを犯した場合、その地点からゴールポストを狙うキックを選ぶことができます。ゴールポストのクロスバー上を超えると得点となります。

「ペナルティートライ」 は、7点 ってスゴイ高得点が貰えるんですね!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク