女系天皇は、遺伝子組み換え食品と同じ!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

現在、愛子内親王殿下を将来の天皇にという国民からの声があります。

私は、今まで歴代の天皇は男系で繋いできているのでその伝統を守って欲しいと思っています。

歴代天皇には女性もいたということで 初めての女性天皇は6世紀末に即位した推古天皇でした。その後再び皇位に就いた2人を含め、飛鳥、奈良と江戸時代に計10代8人の女性天皇が誕生したということです。

これらの前例からして皇室が今のような状況であれば昔ならば「男系女子」の 愛子内親王殿下 が、天皇になられる可能性もあったということです。

しかし今は、女性が天皇に即位することは法律で認められていませんから法律が、改正されないかぎり 愛子内親王殿下 が、天皇になられることはありません。

この女性天皇の話題が出ると「女性天皇」と「女系天皇」の違いがわかっていたない人達もおられるようです。

もし法律が、改正されて 愛子内親王殿下 が、天皇になられ子供が、生まれたらその子供は、男子であれ女子であれ「女系男子」「女系女子」となってしまいます。

今まで歴代 8人の 女性天皇もいましたが、8人とも 愛子内親王殿下 と同じく男系女子であったということです。

男系だったから中継ぎ的に女性天皇として認められたんですね。

そして 8人 の女性天皇の子供は、天皇にはなっていないということです。

スポンサーリンク

なぜ今の法律で女性は、天皇になれないのかを 推測するとたぶん何代か未来に女系天皇が、誕生する恐れを考慮してもし女系天皇が誕生するとそこで王朝の交代となってしまう事を恐れての事のように推測します。

それまでは、2700年にわたって万世一系で歴代天皇が続き一度も王朝交代は行われていません。

男系で繋いできたことでここまで 万世一系 でこられたことは、偶然かもしれませんが、証明されています。

しかし途中で女系になってしまったら将来どんな負の連鎖が起こるかもしれないという心配もあります。

今まで続けてきた伝統を 途中で止めてしまうと天皇家に危機的状況が起こる事は現在証明されています。

まずは、側室制度をやめた事と日本は、戦争に負けGHQによって宮家の数を減らされた事で 現在皇室にとって男系男子の天皇となられる若い男子が1人という危機的な状況となっています。

今まで男系で歴代繋いできた天皇を 女系にしてしまったらそれは、皇室にとって終わりの始まりになるかもしれません!

遺伝子組み換え食品もそれを食べて将来どんな悪影響がでるかわからないから反対する人達も大勢います!

女系天皇も遺伝子組み換え食品と同じで将来皇室にとって どんな悪影響がでるかわからないから今までの伝統を守って天皇は、男系で繋いで王朝を替える事無く続いていく方が良いということですね!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク