iPhoneはウイルスには感染しないがセキュリティソフトは必要!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

iPhoneは、ウイルスに感染しないという話を聞いた事はありませんか?

それは、App StoreにはAppleが審査したアプリしか存在していませんからウイルスを持ったアプリでiPhoneに悪さをするアプリは、審査で排除されます。

そしてiPhone自体にウィルスを防ぐ機能が備わっているからです。

その秘密は「サンドボックス」と呼ばれる仕組みで iOSの設計自体が安全な作りになっています。

「サンドボックス」と呼ばれる仕組みは、子どもが遊ぶ砂場と似ていることからそのネーミングでよばれています。

サンドボックスとは、外部からのアクセスを遮断したアプリ専用の領域でアプリが動くというのものです。

そのため、万が一悪質なプログラムが含まれたアプリがiPhoneに入り込んで動作しても、隔離されたサンドボックスの中での動きとなるため、システムや他のデータに影響を与えません。

なのでiPhoneに ウイルス対策ソフトをインストールしてウイルススキャンしたとしてもサンドボックス内で隔離された状態で動作するので、外側のデータにアクセスすることができずウイルススキャンをすることができないのです。

ウイルスに感染しないと言われていたiPhoneも 2009年にiPhoneを標的とした初のウイルスが見つかりました。

そのウイルスに感染したiPhoneは、通常のiPhoneではなくiOSのプロテクトを破る「脱獄」を行なったiPhoneだったのです。

脱獄というのは、Appleが許可していない非公式のアプリをダウンロードし、使用できるようにする改造の一種です。

スポンサーリンク

しかし現在のiPhoneは、かつて脱獄で初めて可能になった機能をほとんど実装しているため、脱獄をする必要はなくなりました。

このようにiPhoneには、ウイルスソフトは、不必要であるにも関わらずセキュリティソフトが必要だと言われています。

それは、iPhoneにウイルス対策は不要だとして、一方、iPhoneなどのiOSデバイスそのものにワンクリック詐欺やフィッシングサイトなどへの対策機能は備わっていないからです!

ワンクリック詐欺はしつこく不正請求画面を表示してきます。

しかしそれは、ウィルスではなく単なるホームページ上でその様な動作をしているにすぎませんから その時は、ブラウザを静かに閉じればiPhoneには、なんの影響もありません。

フィッシングサイトは、金融機関などのホームページに見せかけた偽サイトで、ウィルスではありませんが、いずれも危険な存在です。

人を騙して そのホームページで個人情報を入力させて情報を盗もうとしています。

そこでセキュリティソフトをインストールしている事で事前に危険なサイトであることを知らせてくれます。

という事でiPhoneは、正規の使い方をしていればウイルスには感染しないがセキュリティソフトは必要であるという事です!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク