Filmora(フィモーラ9)でクロマキー合成に挑戦

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

昨年購入した編集ソフト・Filmora(フィモーラ9)でクロマキー合成に挑戦してみました。

クロマキー合成とは、グリーンバックの前で撮影してそのバックに別の背景を入れ込む編集テクニックです。

家には、グリーンバックにできるシートがないので ブルーのシートを使い試してみました。

まずは、撮影する後ろの壁にブルーのシートを貼りその前で iPhone6で自撮りをします。

 

ブルーバック

そして編集ソフトFilmora(フィモーラ9)にそのブルーバックで自撮りした動画を挿入します。

そしてそのバックに映す背景の写真を挿入します。

ちょうど免許の書き換えに行ったときに撮影した新庁舎になった宇和島警察署の写真がありましたのでそれを使いました。

宇和島警察署

これでクロマキーを選んでバックの色は青なのでブルーを選び合成をします。

しかし上手くブルーバックの青色が、透けず黒くなり背景の映像が映し出されません。

 

スポンサーリンク

クロマキー合成 青

普通グリーンまたは、ブルーでできると思うのですが何故か上手く合成ができません。

そこで 今度は、バックの色を赤にして試してみました。

レッドバック

また先ほどと同じくクロマキーを選んで 今度は、バックが赤なので背景の色のレッドを選び合成をします。

今度は、ちゃんと透けてくれました。

クロマキー合成 赤

これで「オフセット」を100%にすればいいのですが、人物の顔色が白黒になりました。

やはり顔は、赤みがありますので影響がでるようです。

あと背景の映像にしわが見える部分があります。

これは、赤のシートに映る影の影響が出てるんだと思います。

やはりバックは、グリーンでシワのないシートを使ってシートに色むらが出ないように撮影しないと上手くいかないようです。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク