円高・円安わかり易くする方法!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

ニュースで 急に円高だの円安だのといわれても理解するのにちょっと間をおかなくてはなりません!

まずは、高い安いの基準を どこに設定しているのかですね。

昨日に比べてなのか1週間前に比べてなのか1ヶ月前に比べてなのか過去何日間の平均と比べてなのか?

私の商売では、円高であろうが円安であろうがそれらを気にするような商売ではありませんので円高・円安になれていません。

1ドル100円を基準にして100円よりも高い金額なら円安で 100円より低い金額であれば円高ですね。

でも これが、わかりづらくしている原因なんですよね!

1ドル100円を基準にして100円よりも高い金額なのに安というし100円より低い金額なのに高いというのが、わかりづらいんですよね。

これが、こんがらがる原因です。

私は、円高・円安が非常に苦手で今までは、1$=360円【円安】これを目安にして円高・円安を考えていましたので なのである基準から360円の方へ向かっていると円安なんだなぁと(^^;)

これをドルで考えるとわかり易くなります。

スポンサーリンク

1ドル100円を基準にして 1ドル120円であればドル高ですね。

1ドルが、100円よりも20円高くなっていますからドル高。

そして1ドル80円ならドル安ですね。

1ドルが、100円よりも20円安くなっていますからドル安。

これならそのままですから円高・円安というよりドル高・ドル安という方が素直にわかり易いですね。

あとは、これを変換すれば良いだけです。

ドル高の場合は、円安で ドル安の場合は、円高と反対に変換すればいいだけです。

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク