新型コロナウイルスでデジタル名刺交換の時代

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

今、新型コロナウイルスの影響で 現金にコロナウイルスが付いて居たらと考える人もでてきてキャッシュレス化にする方が、衛生的ですのでキャッシュレスを導入するお店も増えてきているという事です。

そして会社では、名刺もデジタル化に移行しようという動きのようです。

これも現金と同じで デジタル名刺だと衛生的だという事ですね。

このデジタル名刺とは、スマホで名刺交換をするということです。

名刺って けっこうかさばりますよね。

そして名刺を切らせている時もあったり持ち合わせて居なかったりする事もあります。

しかしスマホで名刺交換ができれば名刺を切らせていたり もちわすれたりという事もありませんね。

そしてデジタルですからかさばりません。

紙の節約にもなりますね。

ここで紹介するデジタル名刺は、「2bsトゥービスデジタルクラウド名刺」です。

2bsデジタル名刺は一般的な名刺アプリとは異なり、PWAを利用したWEBサービスです。

スポンサーリンク

アプリではありませんので端末にアプリをインストールする必要はありません。

一般的なホームページと同様にWEBブラウザで名刺を表示されているだけです。

【なぜPWAなのか】
2bsクラウド名刺をPWAでご提供することで以下のようなメリットがあります。

・一般的な名刺管理アプリのようにスマホ端末にインストールする必要が無く、データもクラウド上に保存されるため、端末への負荷が軽減されます。
・名刺交換の際、受け取る側があわてて名刺アプリをインストールする必要がなく、QRコードリーダで簡単に名刺を表示できます。
・アップデートの必要がなく、常に最新のサービスと機能をご利用できます。
・機種やOSに依存しませんので、スマホをはじめPC、ノートPC、タブレット端末などログインすればあらゆる端末ですぐに利用可能です。
・オフラインに対応しているので、海外出張など、電波が悪い環境下でもすぐに名刺を表示できます。

2bsはとても簡単にデジタル名刺を作成し、ワンタップで表示することができ 相手は名刺に表示されたQRコードを手持ちのQRコードリーダーで読み取るだけです。

そしてクラウドの名刺情報を参照しますので、組織が管理している最新情報を見せることができ 会社やブランドロゴのほか、本人の画像や動画も登録することができるのでインパクトのあるデジタル名刺を簡単に作成することが可能です。

2bsでは組織がメンバーの情報を管理し公認した名刺を発行するので「身分証」を代替すると言えます。

組織が情報を管理運用しますので、QRコードを読み取りクラウドから得た名刺情報は、信用あるものとなります。

※法人番号を持つ組織は、重複登録することができず、無関係の人が2bsを運用することはできません。

スマホでデジタル名刺を無料作成。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク