70.65%を70%と勘違いして恥ずかしい勘違い!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

宇和島市では、新型コロナウイルス感染症対策「応援給付金」の支給の条件が揃えば一律10万円の支給を受ける事ができます。

先月宇和島市からその案内が届き内容を見てみると前年比で30%以上事業収入(売上)が減少した月があれば10万円の支給を受ける事ができます。

そこで 私も前年の売上と今年の売り上げを調べてみたら30%落ちてる月がありました。

そこで書類をまとめて「応援給付金」の申請をしました。

すると市役所から電話が掛かってきて「応援給付金」の件ですが、「応援給付金」の基準の30%に0.65%足りないので「応援給付金」を受ける対象になりませんという電話でした。

そのあと計算してみると私の勘違いである事がわかりました。

電卓に表示された数字は、70.65%でした。

私は、70%の数字だけを見て前年の売り上げを100%として 今年の売上の少ない月の計算してでた70%を引くと30%になるので要件を満たしてると思い「応援給付金」の申請をしたのですが、実際は、70.65%で0.65%は気にも留めず70%と思い込んでしまった私のミスでした。

ということで去年の売上を100%として今年の少ない売り上げの月から70.65%を引くと29.35%になってしまい30%に0.65%足りません。

スポンサーリンク

ということで私の早合点から0.65%足りなかったために「応援給付金」を受ける事ができなかったという 何ともみっともないお話でした。

こういう時は、小数点以下切り捨てちゃぁいけませんね!

ちゃんと小数点以下も見ないと。(^^;)

申請される方は、お気を付け下さい。

 

 

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク