池袋暴走事故初公判で無罪主張!プリウスに欠陥があったというのか?

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

ニュース記事によると東京・池袋で2019年4月、乗用車が暴走して通行人を次々とはね、母子が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた旧通産省工業技術院の元院長飯塚幸三被告(89)は8日、東京地裁(下津健司裁判長)の初公判で起訴内容を否認し、無罪を主張したということです。

被告は「心からおわび申し上げます」と謝罪した上で「アクセルペダルを踏み続けたことはないと記憶している。車に何らかの異常が発生し、暴走した」と述べたということです。

ということで弁護は被告に過失はないと主張したという事です。

飯塚幸三被告も当初から「アクセルペダルが戻らなかった」っと言って車に原因があるようなことを言っていましたからね。

そしてさらに「安全な車を開発するようにメーカーの方に心かげていただき高齢者が安心して運転できるような外出できるような世の中になって欲しいと願っております。本当に被害者の方に申し訳なく思っております」とも話していたね。

無罪の主張は、これは弁護士の方針なんでしょうかね。

弁護士そして飯塚幸三被告は、運転していたプリウスのせいにするつもりなんですね。

弁護士が、無罪を主張するという事は、飯塚幸三被告の運転していたプリウスに何か欠陥があったことを見つけたということなのでしょうか?

スポンサーリンク

検察側は冒頭陳述で、被告は前の車に近づき過ぎたために車線変更を繰り返し、アクセルを踏み間違え加速、母子に衝突したと指摘しました。

飯塚幸三被告の運転していたプリウスには、イベント・データ・レコーダー(EDR)が、搭載されていたのではないでしょうか?

それを調べたから車には、異常はなかったと警察は言っていたのではないかと思うのですが。

弁護士は、プリウスのイベント・データ・レコーダー(EDR)に運転操作の記録がされていたとしたらその記録を覆すことができるのでしょうか?

それとも飯塚幸三被告の運転していたプリウスには、イベント・データ・レコーダー(EDR)が、搭載されていなかったのでしょうか?

これからの裁判の展開が気になりますね。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク