オハイオのジンクスもトランプ大統領で終わりか?

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

アメリカ大統領選の開票が行われ一喜一憂しアメリカ国内では、デモも起きています。

「オハイオを制する者が大統領選を制する」と言われ、1964年以降は同州で負けて大統領になった候補はいない。というジンクスがあるとテレビで紹介されていました。

もしこのジンクスが、あるのならトランプ大統領の勝利ということになりますが、そうは問屋が卸しません。

2020年11月5日22時30分の今の状況では、「バイデン253」「トランプ213」となっていてバイデン氏が270に大手をかけている状況です。

ということでオハイオのジンクスもトランプ大統領で終わりになりそうです。

トランプ大統領は開票結果をめぐり主要4州で裁判を起こしているという事です。

スポンサーリンク

となると選挙の結果が、はっきりするのっていつになるのでしょうね?

各州は11月3日から約5週間以内に、どの候補者が勝利したかを決定させるのは、今回は12月8日が最終期限とっているという事です。

世論調査や学者の予測の多くはバイデン勝利だということだったから私は、トランプ勝利と大穴予想!

今の状況でトランプが、勝利すればホントの大穴ですね!

中国や北朝鮮に対しては、トランプ大統領の方が良いと思うのですがね。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク