ビットコイン増やすのは長時間、減らすのは一瞬!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

先日は、下がる予想が当たり386万円から330万円の値幅でビットコインの数量を増やす事ができました。

この記事を読まれた人の中には、私が56万円も儲けたのと思われた人もおられたようでしたが、そんなことはありません。

1BTC持っていてそれで売買していたらその金額になりますが、私が持っているビットコインの数量は、小数点以下なのでレートで計算するとパチンコで勝った時くらいの金額でしかありません。

ちなみに私は、パチンコはやりませんのでよくわかりませんが(^^;)

今回は、誤解を招かないように実際の数量で説明します。

それでは、私がレート386万円から330万円の値幅を取ったことでビットコインの数量をどのくらい増やす事ができたのかを紹介します。

その前に高い価格で売って 安くなったところで買い戻してなぜビットコインの数量を増やせるのかについてを先に説明しておきます。

例えば386万円のときに持っているビットコイン0.01BTCを売ると38,600円になります。

386万円×0.01BTC=38,600円

次に330万円に下がったときに0.01BTCを買い戻すと33,000円になります。

330万円×0.01BTC=33,000円

38,600円ー33,000円=5,600円の差額が生まれます。

この差額で5,600円分のビットコインを購入できますのでビットコインの数量を増やす事ができます。

今回は私が、保有しているビットコインの約半分強の0.014BTCをレートが386万円の時に売って1週間後にレートが、330万円まで下がった時に0.0164BTCを買い戻しましたので0.0024BTC増やす事ができました。

この時点で私の保有するビットコインの数量は、約0.025BTCに増えました。

なぜ「約」なのかは、0.025のあとに小数点以下8桁まで続きますので「約」としています。

そして上手く予想が当たった事に気を良くして調子に乗ってまた勝負をしてみました。

まだ下がると思いレートが、318万円のときに持っているビットコインを0.014BTCを売って様子を見ることにしました。

スポンサーリンク

また自動オーダーで金額と数量設定をしてセットしてオーダーボタンを押すとなんと 設定した金額になっていないのに329万円のレートで直ぐに約定してしまってしまいました。

「指し値」で注文したつもりでしたが、もしかしたら「成り行き注文」してしまったのかなと頭の中にいっぱい「?」マークがつきました。

この結果0.001BTC減らしてしまい約0.025BTCに増えていたモノが、約0.024BTCに減ってしまいました。

そしてこの損を取り戻そうと思いレートが、¥3,188,000の時に0.016BTCを売りまた下がったところで買い戻そうと思いましたが、翌日起きると私の予想とは、反対に段々とビットコインのレートが、上がって行っていました。

そこで私は、慌てて損を承知で買い戻しまたまたビットコインの数量を減らしてしまい約0.023BTCに減ってしまいました。

0.0024BTCを増やすのに1週間かかりましたが、約0.002BTCを減らすのは早いものです。

やはりチャート分析をよくやらずに感情だけで勝負すると駄目ですね。

そして1月23日にチャート分析してみてまだ下がると見ました。

日足のEMA移動平均線では、上昇トレンドですがもう少しすると短期と中期移動平均線が、交差して下降または、レンジになりそうです。

そして4時間足や1時間足でのEMA移動平均線の大きな流れは、下降あるいはレンジを表しています。

という事で300万円までは、下がると見て300万円で自動オーダーで買の設定をして待つ事にしました。

もしこれが、成功すれば約0.0248BTCまで戻すことができます。

もし予想がハズレて上がって行った場合は、レート3,584,000円まで上がって1時間足で3,584,000円のレジスタンスラインを越えて押し目を付けたらドテンして買いに転じようと思います。

ただし435万円の天井からの右肩下がりの斜め線(ネックライン)を上に抜いて(ブレイクして)いる場合!

果たしてこの予想は、凶と出るか吉とでるか?

ビットコインチャート

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク