運転記録装置(EDR)の新車搭載を義務化へ!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

国土交通省は、自動車のアクセルとブレーキがどう操作されたかを詳細に記録する装置「イベント・データ・レコーダー(EDR)」を、2022年7月から新車に搭載するように義務づける検討に入ったということです。

2019年4月に東京・池袋で乗用車が暴走して母子2人が死亡した事故の裁判では、旧通産省工業技術院元院長の運転ミスかどうかが大きな争点となっており、EDRの記録が証拠として提出されていることから義務化を進めていくようになったのでしょうね。

EDRは、車の運転手がアクセルとブレーキをどの程度の強さで踏んだか1秒以下の単位で記録され走行速度も1キロ・メートル単位でわかるほか、シートベルト着用の有無といったデータも含まれます。

事故発生前の走行状況を克明に検証するのに役立ち、「車の暴走が運転ミスで起きたのか、車の不具合なのか、特定しやすい」とさています。

もし事故が、起きた場合「イベント・データ・レコーダー(EDR)」を 解析するのは、自動車メーカーではなく第三者が、解析するような仕組みにしておかないと駄目ですね。

スポンサーリンク

そうしないともしメーカー側に不利なことがあった場合隠ぺいされる恐れもありますからね。

「イベント・データ・レコーダー(EDR)」のデータを 消去や改ざんした場合には、重い罰則を科す法律も作る必要がありますね。

そのへんもちゃんと考えているのでしょうかね?

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク