異なるワクチンを高齢者に接種するミス

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

私が、心配していましたミスが起きたようです。

東京都足立区は28日、新型コロナウイルスのワクチン接種で、区内の高齢者に対し、1回目と2回目で種類が異なるワクチンを打つミスがあった事が発表されました。

1回目ファイザー、2回目にモデルナを接種したようです。

現時点で体調に問題は生じていないということです。

区によると、この高齢者は今月1日、区内のかかりつけ医で米ファイザー製のワクチンを接種し、今月27日に区医師会館で2回目の接種を受けることになっていました。

ところが、誤って区役所の大規模接種会場に行き、米モデルナ製のワクチン接種を受けたという事です。

2回目の接種時に持参した接種券にはファイザー製の接種済み証が貼付されていましたが、会場の受け付けスタッフも、問診を担当した医師も1回目のワクチンがファイザー製であることに気がつかなかったという事です。

ということは、前回のワクチンがなんであったかの確認は、行っていないという事ですね。

高齢者の帰宅後に家族がミスに気付いてわかったようです。

スポンサーリンク

区は今後、この高齢者に重篤な副反応が起きないかを注視するとともに、数週間後に抗体の有無を確認するとしています。

でも 海外では、異なるワクチンを打つという治験も行われているという事です。

ミックスアンドマッチといってワクチンをミックスさせてより効果のある組み合わせを見つけるということです。

ミックスアンドマッチ

それによると1回目と2回目で種類が異なるワクチンを打つと 免疫効果が上がるという結果も出ているという事です。

 

ただし日本では、1回目と2回目で異なるワクチンを打つことは無いという事です。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク