自己暗示で人は死ぬことがあるのか?

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

「自己暗示で人は死ぬことがあるのか?」

なぜこんな事を思ったのかというとYahoo!ニュースを見ていてワクチンを接種した翌日に男性が、「虚血性心疾患の冠状動脈硬化症」で亡くなられたという記事を読んでそう思った次第です。

遺族は「ワクチンの接種と父の死に関連があるのではないか?」と不安に思い、警察もまたその男性の死因について外部の医療機関に委託して、検査を行った結果「ワクチンによるアナフィラキシー反応(臓器などにアレルギー反応が出る症状)は確認できておらず、死亡原因とワクチン接種との間には「関連がない」と結論付けられたということです。

この亡くなられた男性は、ワクチン接種をしてから『接種した部分の腕が痛いなあ』とずっと言っていたということです。

そして一緒にワクチン接種した男性の奥さんも接種した腕は、痛かったのでそれほどご主人の腕の痛みは、気にはしていなかったということです。

そこで私が、思ったのはこの男性はずっとワクチン接種をした腕の痛みを気にしていたというこでしたので自己暗示にかかったのかもと想像しました。

スポンサーリンク

ワクチンの治験でも副反応が、でることのない生理食塩水を打っても副反応が、でたという報告があるようです。

これは、治験者が、不安を感じて自己暗示にかかり副反応がでるノセボ効果だと思います。

病も気からと言いますのであまり気にすると身体にも良くない反応が出るようです。

医療機関が検査を行った結果「ワクチンによるアナフィラキシー反応(臓器などにアレルギー反応が出る症状)は確認できなかったという事は、自己暗示にかかりそれが、原因で体調を崩して死に至る事もあるのかなとそんな事を思った次第です。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク