無香料も用途によってはデメリット!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

昔、業務用シェービングソープの無香料タイプを使ってを使って失敗したことがありました。
当時、私のサロンでは無香料タイプのムースを使っていて お客様も無香料タイプを好まれるお客様が多かったです。
なんで新しく発売された業務用シェービングソープの無香料タイプを使ってみることにしました。
するとお客様から 何か臭いというクレームがありました。
シェービングソープは、無香料タイプなので臭うはずがありません。
そうなるとブラシが、臭うのかな?
とブラシの臭いを嗅いでみました。
別にへんな臭いはしません。
無香料タイプのシェービングソープを 自分の顔に泡立ててみると確かに ニンニクのような臭いがします。
しかしこの臭いの原因が、わかりませんでした。
無香料タイプのシェービングソープの匂いをかいでも別にニンニクのような臭いはしません。
そこでメーカーに問合わせてみました。
すると他のサロンでも同じようなクレームが、あったようです。
この原因は、顔に無香料タイプのシェービングソープで泡立てた時に 皮膚の汚れが浮き上がりその汚れの臭いがダイレクトに鼻に入るため臭さを感じるということでした。
匂いのあるシェービングソープは、その匂いで臭みをけしていたので 肌の汚れの臭いをソープの匂いでごまかしているから汚れの臭いは、わからないそうです。
なので汚れの臭いを消すためには、香料は必要なんですね。
なので香料0では、逆に駄目な用途によっては駄目な製品もあるという事です。
このシェービングソープの無香料タイプは、メーカーの失敗作でだったようです。
LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク