YouTubeは、ワクチン誤情報を削除・コロナ関連動画も13万件以上削除

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

YouTubeが、コミュニティガイドラインの誤報対策のポリシー「Misinformation policies」を更新しました。

ワクチンに関する新たなガイドラインに「ワクチンについての誤った情報に関するポリシー」を発表しYouTubeで許可されていないコンテンツの一例として ワクチンの安全性・効果・成分について有害で誤った情報が含まれるコンテンツが削除されるということです。

次のようなコンテンツは、YouTube で許可されていません。

  • ワクチンが次のような慢性的な副作用を引き起こすと主張する:
    • がん
    • 糖尿病
    • その他の慢性的な副作用
  • ワクチンは発病のリスクを軽減しないと主張する
  • ワクチンに、胎生の生体物質(例: 胎生組織、胎児細胞株)や動物由来成分など、ワクチンの成分表に記載されていない成分が含まれると主張する
  • ワクチンに、ワクチンを接種した人を追跡または特定するための成分やデバイスが含まれると主張する
  • ワクチンが人の遺伝子構造を変えると主張する
  • MMR ワクチンが自閉症を引き起こすと主張する
  • ワクチンは人口削減の陰謀の一環であると主張する
  • インフルエンザ ワクチンが不妊症などの慢性的な副作用を引き起こすと主張する
  • HPV ワクチンが麻痺などの慢性的な副作用を引き起こすと主張する

YouTubeでは2020年10月、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の医学的に誤った情報に関するポリシー」を策定しており現在まで13万件以上の動画が それに違反したとして、削除されたという事です。

ワクチンが慢性的な副作用をもたらし感染拡大や感染自体を減らせないと主張したり、含まれる成分に関する不正確または誤解を招くコンテンツが削除される対象になるようです。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

また承認されたワクチンが自閉症やガンや不妊症などの原因になるとか、またはワクチンに含まれる成分がワクチンを受けた人を追跡できると主張するコンテンツなども削除対象になるようです。

ただし一部削除の対象外となるコンテンツもあるようでそれは、科学におけるオープンな議論の重要性を考慮し、ワクチンについての政策、新しいワクチンの臨床試験、過去のワクチンの成否についてのコンテンツは削除されないということです。

また、ワクチンについての個人的な体験談についても、他のコミュニティガイドラインに抵触せず、チャンネルそのものがワクチン接種への躊躇を助長させない限りは、削除されないということです。

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク