母が、入院したことで知った「地域連携室」

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

今回、母が入院したことで「地域連携室」という存在を知りました。

「地域連携室って何?」についてネットで調べてみました

地域連携室って何?

病院や診療所からの連携を担い、退院後の生活暮らしについて相談を受け、地域の福祉施設や介護サービス機関と連携し、患者さまが自分の病態に適したサービスを受けることができるように医療機関、介護施設をはじめ、行政や福祉にかかわる多くの機関とを繋ぐ役割を担っています。

という事です。

地域連携室は、どういった関係の人が働いているのだろう?かについては、

地域連携室 誰がいる?

地域医療連携室は、病院によって規模や仕事内容には違いがあります。 専任のスタッフを置くところもあれば、ほかの業務と兼務させているところもあります。 職種としては、医療事務職、看護師、医療ソーシャルワーカー、精神保健福祉士などがスタッフとして配属され、医師と連携しながら働きます。

という事です。

目的について調べると

地域連携室の目的は?

地域医療連携室は、地域の医師会や医療機関と連携し地域医療ネットワークを整備し、できるだけ当院とかかりつけ医療機関との業務分担を行い、地域の患者さんが安心して継続的医療を受けられるようサービスの向上を図ることを目的としています。

だという事です。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

地域連携室の役割は、

地域医療室の役割は?

地域医療室は、地域の医療機関と当院とを結びつけるための窓口です。 業 務の内容は、地域の医療機関からの「診療情報提供書(紹介状)」を持っ て当院を受診される患者さんのために、あらかじめ予約を取ることです。

という事です。

地域連携室の業務内容は、

地域連携室の業務内容は?

《地域連携室に求められる役割》
紹介受診調整、紹介状・返書を管理する機能
退院調整、退院支援を行う機能
地域連携パスを運用する機能
地域の情報収集や病院を広報する機能
研修会、協議会等を開催する機能
その他、地域との関わりに関する機能(共同診療、登録医、など)

 

地域連携室の必要性は、

地域連携室の必要性は?

地域連携室は、患者と医療機関を繋ぐという重要なポジションに存在する部署です。 患者の健康を包括的に支援し、初診から退院までの調整を行うことは大きなやりがいへと繋がるでしょう。 また、患者だけではなく、病院同士の連携を促し、地域全体の医療をサポートするという重要な役割を担うことも。

という事でした。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク